FC2ブログ
日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
井上靖「夏草冬涛」・「北の海」
2008年02月07日(木) 23:59
娘の国語の受験の出題範囲に物語文として、井上靖の「しろばんば」が出るというようなことが書いてあったので、久しぶり(高校生時代以来かも)に引っ張り出して読む。
「しろばんば」はさておき、「夏草冬涛」「北の海」は面白かった、分厚いがあっという間に2冊読破。

Amazonを見てみると、「夏草冬涛」も「北の海」も上下巻に分冊されているんですね。
私の蔵書は最近の文庫に慣れた目には驚くほど小さい字で、それぞれ1冊に収まっている。

初読時の記憶は全然なかったので、新鮮でした。
エンタテインメントとして優れているなあ。
やっぱりつまらない新作を追いかけているより、しばらく読んでない古典を読むべきですね。

時代が変わっても、優れた作品というのは、新鮮さを失わない。

井上靖の自伝的三部作「しろばんば」「夏草冬涛」「北の海」お薦めです。

スポンサーサイト



別窓 | 読書日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 日々の雑学 |