FC2ブログ
日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
清水直行復帰、ロイヤルズ薮田は打たれる
2008年02月28日(木) 23:45
今年1月17日に、奥さんを32歳という若さで亡くした清水直行はメンタルの面も考慮して、2軍キャンプでの調整だったが、オープン戦に入って1軍に合流。
今日のホークス戦に2番手として登板、1回を無難に抑えた。

直行の復調を見ると、今年も開幕投手はやはり直行で行っても良いのではないか?という気もする。
ニュースステーションでの試合後のインタビューでは先発への強い拘りを語っていたし、抑え清水という線はないのではないか?

試合はフレッシュな神戸拓光の3ランホームランで3-3の引き分け。
神戸、やはりただものではないところを見せてくれた。
外野手の大松、竹原という、未完の大器争いに神戸も割って入る感じである。いずれも未完なところが残念なところなのだが。

清水直行が先発で行くとすると、

清水直行
小林宏之
渡辺俊介
成瀬善久
小野晋吾
久保康友
の6人は例年通りだが、里崎が今季の社会人ルーキー服部が十分前で行けると語っていただけに、服部を先発に使って、久保が抑えに回るという布陣もありえるか?

バレンタイン監督は川崎を抑えで一人立ちさせたいようだが、直行が先発で投げるとすると、後ろが手薄なのは事実。
荻野もまだ完璧ではないし。
ただ、伊藤も良く、根本も良い、大嶺も戦力となり、田中良平ももしかしたら使える、となると、案外投手陣は大丈夫かもしれない。

一方、海の向こうカンザスシティ・ロイヤルズでは薮田がオープン戦初登板。
3安打2失点の苦いデビューとなった。

果たして薮田クラスの投手がメジャーで通用するのか?半信半疑であるだけに、今後が注目される。

ホークス戦1イニングを投げる清水直行
shimizunaoyuki003.jpg
スポンサーサイト



別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 日々の雑学 |