日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
すばらしい富士山の眺め
2008年11月30日(日) 07:24
朝起きて、眼前にすばらしい富士山の眺め。
<ホテルの部屋から>
0811300002_600.jpg

雲一つなく晴れ渡っております。

午後になっても富士山に雲がかからず、終日頂上まで晴れてましたね。

<天上山公園展望台から>
0811300010_600.jpg

0811300011_600.jpg

この後、オルゴールの森美術館に行き、そこの展示物、演奏にも感嘆する。

昼食は「ほうとう」

・・・しかし、帰路、大渋滞。

上野原で20号に降り、八王子でまた中央道に乗ったのだが、そのまま下を行った方がよかったかなぁ。。。

新宿まで「2時間以上」の表示に力が抜け、石川SAでしばらく休憩。

でも20時頃には無事、家に着きました。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
Wオケ同期温泉旅行
2008年11月29日(土) 15:02
0811290001_600.jpg

今日は毎年恒例の大学オケの同期温泉旅行で河口湖に来ています。
河口湖というと音楽合宿民宿にしか来たことがないので、ちゃんとした温泉旅館は初めてです。

部屋からの富士山の眺望が抜群。

別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
長野(ちょうの)3浪でも巨人入り熱望
2008年11月28日(金) 23:46
マリーンズがドラフト2位指名した長野(ちょうの)久義外野手だが、夕刊フジのZAKZAKの記事では、依然として巨人入り熱望の記事が出ている

マリーンズが提示した契約金1億円、年俸1500万円は、ドラフト1位並みの好条件だ。

マリーンズとしては誠意を見せたわけだが、来年も果たして巨人が指名してくれるかどうかわからないのに、3浪は危険だと思うがなあ。

毎年良い選手が出てくるし、長野は歳をとっていくし、不利になるばかりだ。

プロで野球をやりたいのならマリーンズに来い。
マリーンズ・サポーターは暖かく迎えてくれると思う。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
Mixiの招待制廃止
2008年11月27日(木) 23:21
mixiが来春から招待制を廃止すると言う。

mixi笠原社長インタビュー

SNSは人と人とのつながりが大事というか、招待制に守られている安心感みたいなものがあったのですが、招待制の廃止はmixiに良くも悪くも大きな変質をもたらすことになるでしょうね。
なんとなく不安を感じます。招待制の廃止。

私はオフラインでも面識のある人としかmixiではマイミクにはなっていません。
なので、SNSと言っても、ごく限られた範囲を遊泳をしているユーザーなのでしょう。

ブログもmixi外に持っていますし、mixiへの依存度は少ないかもしれません。

オンラインでしか面識のない人ともどんどんマイミクになっていくような使い方をしている人には、また違ったSNS観があるのだと想像します。

mixiも大きなコミュニティになると、2chと変わらんじゃないか、というような粗暴な書き込みもあるので、招待制の安心感というのはもはや”神話”なのだと思います。
もはや実はどんな人がどういう目的で入って来ているのかわからん状態になっているのだと思います。
成りすましも可能ですし、別アドレスで自分で自分を招待しておいて、書き逃げのような投稿をして退会して、別人として参加することも可能です。

どう変わっていくのか、不安に思う、mixiの招待制廃止の話題でした。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
T内くんに2日連続で出会う
2008年11月26日(水) 23:17
私の大学オケのイッコ下のクラリネットのT内くんに2日連続で出会った。
十数年以上会ってなかったと思うのに奇遇なこともあるものである。

昨日は大学オケの演奏会で出会った。
これも久しぶりだなあ、という感じだったのだが。

今日は娘の塾のお迎えに行き、地元の塾の最寄り駅の駅前で出会った。
T内くんも息子さんの塾の出迎えだった。

広い意味では千葉県民同士だからどこかで出会う可能性は多少高いわけだが、十数年も会っていないのに、全然違う場所で2日連続で出会うとは珍しいこともあるものだ。

T内くん、雰囲気変わってなかったですね。お元気そうでなにより。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
早稲田大学交響楽団第185回定期演奏会
2008年11月25日(火) 22:03
今日は後輩の現役の演奏会に聞きに池袋芸術劇場へ。

バッハ/シェーンベルクのプレリュード
モーツァルト ピアノ協奏曲21番
リヒャルト・シュトラウス 「英雄の生涯」

アンコールにウェーバーのオイリアンテ序曲
というプログラム。

バッハ/シェーンベルクと「英雄の生涯」は9月にも演奏した曲だ。

「英雄の生涯」はずいぶんこなれてきて、安心して聞いていられる。

Vnソロも一皮むけた感じで、思い切り弾いて破綻なし。
2月のヨーロッパ演奏旅行にむけて、さらに良くなりそうだ。

思いの外、てこずっている感じだったのが、バッハ/シェーンベルクだ。
ぎくしゃくした感じがあって、9月からの進歩という意味では、アレっという感じ。
もう少しスッキリカッチリ演らないと格好がつかない曲だ。

アンコールのオイリアンテ序曲も、指揮の山下一史先生との練習が少なかったかな、という印象。
ダメではないが、もっと良くなるはずだ。

2月までの更なるステップアップに期待したい。

で、ただ今、打楽器パートの打ち上げに出席中。
現役は僕の二周り下の同じ干支の子がもう上級生。
私よりも、うちの娘の方が年齢が近い。

うちの娘が大学生になるのもあっと言う間なんだろうな。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
オードリー
2008年11月24日(月) 23:59
若手のお笑い芸人についてあまり詳しいわけではないが、オードリーは面白いなあ。

春日のキャラクターは超絶だが、若林の回し方で春日がイキている感じが良い。

オードリー、面白い。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
夜灯(よとぼし)
2008年11月23日(日) 23:02
毎年この記事を書いているかもしれないが、この時期、地元で毎年、夜灯(よとぼし)というイベントがある。
神社の近くや公園に灯篭をたくさん置いて、夜店とかも出るイベントである。

0811230015_600.jpg

灯篭の絵は地元の四つの小学校の生徒などが書く。

娘の小学校の高学年の生徒は風車を作った。
0811230006_600.jpg

どこに自分の風車があるか、探すのが大変だ。
用意良く懐中電灯を持ってきているご家庭もある。
裏に名前が書いてあるのだが小さくて見づらい。

結局、娘が使った紙の色とデザインの記憶で探し当てた。
これが、自分の作品です。
0811230009_600.jpg

イベントのメイン会場ではヨトボシマンによるヒーロー物の寸劇も行われていた。
0811230004_600.jpg

大勢の人手で盛り上がっているイベントである。毎年スケールアップしている感じがする。
子供の作品がどこかに置いてあるから、家族連れはどうしても見に行ってしまうのである。

屋台でたい焼きとたこ焼きを買って食べる。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
亡命チベット人会議は現行路線維持
2008年11月22日(土) 22:37
インド北部のダラムサラで開かれていた亡命チベット人会議は、中国との対話で自治の獲得を目指す「中道路線」を継続することに決した。

中国側が前向きな対応をしなければ、独立要求を含めた検討に入るとしている。

即時独立要求を求める声は2,3割程度に留まったようで、現行のダライラマ14世の路線を支持する意見が大勢を占めたようだ。

しかし、中国側がチベットの高度な自治に応じる可能性は低く、今後、進展が無ければ、チベット側に過激な意見が台頭してくることも予想される。

亡命チベット人の主張は「ダライ・ラマ日本代表部事務所」のホームページに詳しいので、ご参照されたい。

<チベット国旗>
tibet_national_flag.gif
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
授業参観
2008年11月21日(金) 21:52
カミさんが会社休めないので、行ってくれないか、と言われて授業参観に行って来ました。

理科室で理科の授業。
「てこ」の原理の導入部分の授業でした。

担任は若い男の先生なのですが、いつも感心するのは、字がとてつもなく上手いこと。
書面の字も当然上手なのですが、チョークで板書する字もすごく上手い。
大学時代、教育実習のとき、板書の字が下手過ぎて、生徒からクレームをもらった私としては、本当に板書の字がきれいということには、それだけで頭が下がってしまいます。

実験で砂袋を持ち上げるときは、わいわいがやがやと盛り上がってましたが、席に戻って聞く態勢になると、静かにきちんと聞けていて、今年のクラスはなかなかしっかりしています。

0811210002_600.jpg

別窓 | 雑感日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
そろそろボロが出てきた失言総理
2008年11月20日(木) 21:32
麻生太郎は総理就任前から、色々と失言が多かった人なのだが、総理就任直後は気をつけていたのか、思ったほどの失言は出なかった。

しかし、ここにきていよいよボロが出てきた感じだ。

軽率発言に与党内からも批判の声が出ているが、麻生太郎とはもともとそういう人だ。
知らなかったとは言わせない。
そういう人を総裁選挙で選んでしまったのだから仕方ない。

思わず口をついて出る言葉というのは本音が出るのだと思う。
別窓 | 雑感日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
FA締め切り
2008年11月18日(火) 23:19
FA宣言が締め切られて、9人の候補者がいたマリーンズは全員残留が確定しました。

サブローや清水直行は来オフのメジャー挑戦を語っているものの、とりあえず今オフは残留。

心配しましたが、とりあえず大量流失にならなくて良かったです。

FA宣言組では上原と川上のメジャー挑戦が、動向気になりますね。
横浜の相川捕手と広島の高橋健投手もメジャー希望とのことですが、獲ってくれるとことあるのかな?
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
亡命チベット人臨時総会
2008年11月17日(月) 22:36
チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が招集した亡命チベット人の臨時総会が、インド北部ダラムサラで始まった。

世界各地から集まった代表約500人が今後の路線を討議する。

ダライ・ラマ14世が主唱してきた中国枠内での高度な自治実現の路線が行き詰まりを見せる中、独立追求派が勢力を伸張させるのではないか、という見方がある。

チベット亡命政府が中国国内に住むチベット人を対象に進めてきた意識調査でも、ダライ・ラマ14世の「中道路線」を継続すべきだという答えは12%で、これを大きく上回る29%が「中道路線をあきらめ完全独立を求めるべき」と回答しているという。

しかし、チベット独立と言っても相手は中国である。
そう簡単に実現するわけがない。
チベット人の青年層には中国との関係が進展しない苛立ちが、先のチベット騒乱にも現れていると見られる。

流血の事態だけは避けて欲しいものだ。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
アジアシリーズ決勝
2008年11月16日(日) 22:23
アジアシリーズの決勝は日曜の午後だというのに、どこもテレビ放送をしない。なんという扱いだ。
仕方なく、ネットで試合経過だけを追う。

涌井は素晴らしいピッチングだったが、ライオンズ打線も点が取れない。

両チーム0点のまま、9回裏まで行ってしまう。

その9回裏2アウトから、石井義人がフォアボールで出塁。
続く佐藤が左中間を破るツーベースヒットで、きわどいタイミングだったが、石井はサードを回ってホームへ。
これがセーフとなってサヨナラ勝ち。
劇的なアジアシリーズ優勝となった。

もう少し楽な試合が出来ても良いのでは、という気もするが、とりあえず、日本の優勝が続いたことに一安心する。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
アジアシリーズ、西武失点率で決勝進出
2008年11月15日(土) 23:16
アジアシリーズは、西武、統一(台湾)、SK(韓国)の3チームが2勝1敗で並び、失点率でもって、西武が1位、統一(台湾)が2位、SK(韓国)が3位となって、西武と統一が決勝進出。

統一強いね。
台湾のプロ野球、地力ついて来ましたね。

SKは残念ながら決勝進出ならず。
西武ライオンズにとっては、一回勝ってる統一が決勝に出てきてくれたので、SKよりも気楽に対戦できるかな。
とはいえ、気が抜けない相手ではありますが。

決勝は明日2時から。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
アジアシリーズ
2008年11月14日(金) 22:59
昨日から始まっているアジアシリーズ、全然報道されないので、ちょっと忘れかけてましたが、昨日、韓国のSKに負けた埼玉西武ライオンズ、今日は台湾の統一ライオンズに勝利。

岸が8回を2安打に抑えたが、2-1の逆転勝利と、結構危ない橋を渡っている。

中国の天津には順当に勝つと思われ、韓国のSKと埼玉西武が決勝戦ということになりそうだが、初戦で負けた相手。

オリンピックでも韓国には適わなかったし、アジア・チャンピオンはそう簡単なことではなくなって来ている。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
クリスマス・ツリーを飾る
2008年11月13日(木) 22:07
いつごろからクリスマス・ツリーを飾るべきものなのか、もう少し後でも良いのではないか、とも思ったのだが、娘はもうローソンにもクリスマスの飾りつけがしてあると言う。

お店は近頃はハローウィンの飾り付けをして、ハローウィンが終わると同時にクリスマスの飾り付けにチェンジだから、実質11月に入ったらもうクリスマスモードである。
年賀はがきも発売である。

というわけで、まあ、しまっておくよりも、気分が乗ったときに飾っちゃった方がいいか、と妙に納得し、ツリーを飾る。

0811110001_600.jpg

娘は満足したようで、クリスマス・プレゼントを何にしようか考えている。

我が家には今年もサンタクロースが来るのか?

去年も同じことを書いた気がするが、娘はもう小5である。
サンタクロースが実在しないことは学校の友人などとの会話で先刻承知なのではないか、という気もするのだが、我が家では未だにサンタクロースが来ることになっていて、サンタにお手紙を書かなければサンタはプレゼントを持ってこない。

娘も仕掛けは承知で、形の上で付き合ってくれているのかもしれないが、まあ、表面上はサンタクロースは実在することになっている。

サンタへのお手紙はフィンランドのサンタクロースの元へ届けられ(るという名目で私の引き出しに仕舞い込まれ)、フィンランドのラップランドにあるサンタクロース・グリーティング・センターから、返事のお手紙が送られてくる。
日本語も選べるが、雰囲気が出ないので、例年あえて英語を選択している。

http://www.santagreeting.net/

サンタクロース・グリーティング・センターからも、今年も準備万端ですよ!的なメールが来ている。

おそらく今年も我が家にはサンタクロースが来るでしょう。

0811110008_600_2.jpg


別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
200万カウント突破!私のホームページ
2008年11月12日(水) 21:59
私のやっているホームページのカウンターが、今日、2,000,000カウントを突破しました。

http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

↓今朝
counter008.jpg


昼過ぎ
counter009.jpg

やあ、開設してからずいぶんと経ちましたが、相変わらずのご愛顧をいただいているようで、汗顔の至りです。
最近は全然更新もしてないのに、訪問してくれる人が絶えないのは、ありがたいことです。

生きているうちに10,000,000カウント行くかな?

そろそろ何か更新したいところですね。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
サブロー残留宣言、FA行使せず
2008年11月11日(火) 22:51
嬉しいニュース、サブローFA行使せず、マリーンズに残留宣言。

いやあ、もう少しもめるかと思ったのですが、今日、サブローが残留を正式に発表。
ほっと一安心です。

来年の3月に3人目のお子様も誕生とか。
これで、来オフの渡米も無くなったかな?

何にせよ良かった良かった。

サブローの今日のブログ
saburo003_2.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
ムラヴィンスキーのショスタコ12番
2008年11月10日(月) 23:26
久しぶりにムラヴィンスキー/レニングラードのショスタコーヴィチ交響曲第12番を聞いてみる。

凄絶な演奏である。

私の手元には2種類の録音があって、一つは1984年4月30日のもの。
もう一つはCD現物がどこかにいってしまって確認できないのだが、12番15番の組み合わせで比較的近年発売されたもの。これはi-podに入っている。

1楽章のアレグロの凄まじさは後者の方が数段スゴイのだが、3楽章の打楽器のハジケ方は1984年盤の方がスゴイか。

いずれにしても、もう、こういう演奏は、どこのどんな指揮者が、どんなオケを振っても絶対できない、という感じのする演奏である。

Mixiにレビューを書こうと思ったら、ムラヴィンのショス12は現役盤が全然ないので愕然とした。
継続的に売れると思うんだが、なぜ発売しないのか。

売っていないもの物のレビューは書けないので、ここでいくら賞賛しても買うことをお薦めでできないのが残念だ。

とにかくスゴイ。

以前、武満徹とシチェドリンが何かの雑誌で対談をしていて、武満があの世代の穏健なリベラリストとしては当然の質問の範囲だと思うが、シチェドリンに「社会主義にも良い面もあったんじゃないですか?」という趣旨の質問をしたところ、シチェドリンは「あの社会システムは『恐怖』をエネルギーとして始めて機能する社会システムでした」と答えていた。
それも、漠然とした恐怖心ではなく、具体的現実的な『死の恐怖』でもって動いていたシステムだ、と。

「多少の不都合もありますが、それでもあの時代には決して戻りたくありません」とシチェドリンは答えていた。

ムラヴィンスキーのショス12には、その『死の恐怖』によって初めて到達できているのではないか、とさえ思える、超絶なアンサンブルの正確さがある。
間違えたら殺される、というレベルの正確さである。

こういう演奏に参加したいとは思わないが、この死の恐怖をも感じさせる正確さで怒涛のアレグロを突っ走られると、それはそれで、音楽的にも「力」を持ってしまうのは確かで、強烈な印象を聞くものに抱かせるのである。

ムラヴィンスキーのショスタコ12番、機会があったら是非聞いてみていただきたい。
別窓 | クラシック音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
ライオンズ日本一!
2008年11月09日(日) 23:07
いやあ、第7戦もスゴイ試合でしたね。

ライオンズの怒涛の継投も最後の一戦という感じで、すごいものがありました。

今年の日本シリーズはどちらに流れが傾くということもなく、緊迫したまま最終戦までもつれ込み、ライオンズ、ジャイアンツ双方に思い入れのない、私などにとっても、非常に楽しめた日本シリーズでした。

今日も平尾が決勝点。MVP岸には文句ありませんが、平尾にもあげたいところですね。

G.G.佐藤、ブラゼル抜きと、阿部、高橋由伸抜きでは、やはりライオンズの方が分が悪かったと思いますし、投手陣も先発はさておき、ブルペンはやはりジャイアンツに有利なのは明らかでしたから、ライオンズ良く勝ち抜いたと思います。

アジア・シリーズも頑張っていただきたい。

それにつけても、わがマリーンズ、ポスト・シーズン出たかったですね。
来年は是非とも、ポスト・シーズンでのマリーンズの活躍を祈念したいところです。

ライオンズ・ファンの皆様、おめでとうございました。

lions_20081109.jpg lions_20081109_2.jpg



別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
岸、すげえなあ
2008年11月08日(土) 23:19
日本シリーズ第6戦は、ライオンズが平尾の活躍で得点し、4回先発の帆足のあとを受けてリリーフに立った岸が、完璧な投球でジャイアンツ打線を抑え込んだ。

2日前に完投した岸、今日も5イニングを投げた。若いとはいえ、大したものだ。

これで、3勝同士、第7戦での決着となる。

どちらが勝つか、予断を許さない展開となってきた。

それにしても、時間に余裕あったのに10分以上もCM流して、勝利監督インタビュー、放送しなかったのは、日テレ酷えなあ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
筑紫哲也氏 逝く
2008年11月07日(金) 22:29
父親を癌で71歳で亡くしてからというもの、アラウンド・セブンティの人の癌のニュースは気になってしかたがない。

もちろん、癌の克服、快癒を祈って見つめるわけで、そういう意味では、鳥俊とかも、動向が気になっている。

筑紫哲也氏も、番組内での癌発症宣言とその後の闘病については気になっていた。

しかし残念ながら、本日午後、肺癌のため、73歳で逝去。

父親が71歳で癌で死んでいるので、71歳より若いと早死に、71歳を超えていればまあまあ、もって瞑すべし、という勝手な感覚がある。
その意味では、73歳での癌での死去の報はもって瞑すべし、という部類だ。

私が筑紫哲也氏に気づいた時には、朝日ジャーナルの編集長と言う存在だったが、その後のニュースキャスター転進後も、「ジャーナリスト」とはつまり筑紫哲也氏のような人のことを言うのだろうな、という感があった。

ニュース23でのコメントは、時には、筑紫観の強く入りすぎた、平衡を欠くコメントもあったのは確かだったが、それも、ああ、彼は「ジャーナリスト」だなあ、と思わせる一因でもあったように思う。

ご冥福をお祈りする。


別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ジャイアンツ強えなあ
2008年11月06日(木) 23:20
日本シリーズ第5戦は、涌井も良いピッチングをしていたと思ったのだが、7回に突如の5連打。
大逆転を食らってジャイアンツが勝利。

ライオンズは14安打を打ちながら、効果的な得点が出来ず。
ジャイアンツの鉄壁の中継ぎ陣に沈黙。
上原からしか得点できず、中盤に中押しが全然取れなかったのが、流れ的に良くなかったなあ。

これでジャイアンツは王手。明後日から東京ドームで第6戦、第7戦。
ジャイアンツ有利になってきましたな。
ライオンズ打線の爆発に期待したいが、今日負傷途中交代の中島は心配。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
岸は素晴らしかった!日本シリーズ
2008年11月05日(水) 23:03
日本シリーズ第4戦、ライオンズが岸の素晴らしい完封と、中村の2本の2ラン・ホームランで快勝。
これで2勝同士と、タイに持ち込んだ。

もつれてきたので、面白くなってきた。

中村にも本来の当たりが戻ってきたこともあり、好調の片岡、中島ら、ライオンズ打線対ジャイアンツ投手陣、という図式になっていくだろう。

中継ぎの投手陣の安定感はやはりジャイアンツに分があり、ライオンズは今日のように打線が点を取って、先発投手が頑張るしかない。

P.S.
サブローはマイナーでも良いからアメリカでプレイしたいと、今日の交渉。
どうなるのか、心配。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
小室哲哉の逮捕
2008年11月04日(火) 22:21
華原朋美デビューの頃、私の会社で華原朋美のCDを発売していたので、小室哲哉氏の存在は他人事ではなかった。

過去、一世を風靡した人の凋落というのは、良くある話だが、小室氏ほどの落差を凋落した人は珍しいのではないか。

すべてが思う通りになる環境を経験した人には、思うようにならない世間というのは生きづらかったでしょうなあ。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:1 | ↑top
橋本将残留決定、FA行使せず
2008年11月03日(月) 22:26
今日、橋本将(たすく)捕手と、球団との交渉があり、契約更改をし、FA権は行使しないことが決まった

とりあえず、FA心配組のうち、一人の残留は決まった。ホッとしている。

里崎と橋本の2人の一千級捕手を抱えるマリーンズでは、橋本の出番も限られ、他チームはどこも正捕手不足に悩んでいる現状を考えると、他チームに出れば、正捕手としてフル出場も考えられた橋本。
正直言ってFA行使するんじゃないかと心配していた。
一方でFAして他チームで活躍した方が、橋本にとってはプラスかな、と半ば諦めていた部分もあった。

マリーンズにやり残したことがある、という力強い言葉、しっかりと受け止め、来シーズンも今シーズン以上の活躍を期待したい。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
サブロー、メジャー挑戦?
2008年11月02日(日) 22:04
サブローがメディカル・チェックのために渡米しているのだが、向こうでワールドシリーズを観戦して、メジャーでやりたい気持ちが高まったとのこと

昨シーズンからFA権利を持つサブローだが、、「今は7対3でメジャーに行きたい気持ちの方が強い」とコメント。

FAの交渉はまだこれからだし、メジャー球団にサブローが欲しいと言っている球団があるわけでもないのだが、昨シーズンのFA行使せず、とはちょっと違った交渉になりそうだ。

サブローに去られると確かに痛いが、サブロークラスの選手がメジャーでやれるのか、試してみて欲しい気もする。

日本シリーズは不振のラミレスがサヨナラホームランで決めて、両チーム1勝。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
日本シリーズ第1戦
2008年11月01日(土) 23:01
日本シリーズ第1戦は、厳しい投手戦を制してライオンズが勝利。

涌井は8回まで1安打に抑える好投。
後藤、中島の2本のソロホームランで、2-1で勝利するという内容。

一発のあるライオンズ打線が効果的に得点をした、という感じでしょうか?
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 日々の雑学 |