日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
くたびれた辛勝
2009年06月30日(火) 22:59
まあ、何とか勝ったから良いようなものの、もう少しどうにかならないものか。
8回、9回、ダメ押し点取りながらそれでも逃げられないって、今日はリリーフ投手総崩れでしたなあ。

score_090630.jpg

11回裏も荻野1点取られるし、さらに2,3塁で中村って、サヨナラ3ランかも・・・、と思ってしまいましたが。

今日のような試合もう少しすんなり勝って欲しいなあ。

11回表は井口敬遠でサブロー3ランホームランが決勝打。

サブロー、これを機にもう少し打たないといかんぞよ。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
重松清「あの歌がきこえる」
2009年06月29日(月) 22:37
あの歌がきこえる (新潮文庫 し 43-14)あの歌がきこえる (新潮文庫 し 43-14)
(2009/06/27)
重松 清

商品詳細を見る


今月の新潮文庫新刊なのにAmazonに表紙写真がない。
写真が載ったら差し替えるかもしれません。


まだ間に合っていないのか。

まあ、それはともかく、重松清の新刊である。

自伝的青春小説と銘打っている。

 いつか街で会ったなら
 戦争を知らない子供たち
 オクラホマ・ミキサー
 案山子
 好きだった人
 旅人よ
 風を感じて
 DESTINY
 いなせなロコモーション
 スターティング・オーヴァー
 さよなら
 トランジスタ・ラジオ

と、曲名が章立てされていて、それぞれの曲が印象的に響く。

私の同学年の重松清の自伝的小説であるからして、登場する曲は主人公たちの中学高校時代と私の中学高校時代は同時代的に存在する。

もっとも、私は中学時代に最も印象深かったのはアリスであったり、ユーミンを本当の意味で知ったのは大学に入ってからだし、ジョン・レノンに至っては掛け違えたまま生涯を追えそうだし、章立てされた全ての曲に同時代的共感を感じるわけではない。

地方の進学校の雰囲気というものも、東京生まれの東京育ちの私には、エキゾチックにさえ感じられる雰囲気だ。

そうは言っても重松の青春小説はキュンと悲しい子供時代からの決別が見事に描かれていて毎度のことながら関心する。

重松得意の「家族」の問題はこの作品ではあまり重要な要素になっていない。
主人公と友人たちの交歓と、大人になっていく過程のドラマ、まあ、要するに青春小説なのだ。

大変面白く一気に読みました。

男子は面白いだろうけど、女子はこの小説をどこまで共感持って読めるだろうか?
別窓 | 読書日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
降雨コールド勝ち
2009年06月28日(日) 21:31
6回裏、今江のスクイズでもぎ取った決勝点の後、降雨コールド。

score_090628.jpg

きわどいゲームでしたが、ファイターズ戦3タテを防ぎ、何とか1勝しました。

オールスターまでに何とか借金を少しでも減らしたい。


別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ホンビノスガイ
2009年06月27日(土) 22:46
東京湾で新種の大粒の二枚貝が爆発的に増えているそうな。
北米原産のホンビノスガイ

今日の朝日新聞夕刊1面に出ている。

おいしいらしい。

首都圏を中心にスーパーや鮮魚店に並び始めているという。

船が姿勢を保つために出し入れする「バラスト水」に幼生が混入し運び込まれたという説が有力だ。

アサリやハマグリに比べてもとても濃いだしが出るという。
ワイン蒸しがお薦めだそうだ。
しかも安い。

生態系に与える影響は心配だが、おいしいらしい。

船橋漁協では既に貴重な収入源になっている。

東京湾では海水中の酸素が欠乏する青潮が発生し、アサリが死ぬ被害が出ているが、ホンビノスガイはしぶとく生き残っているという。

一度食べてみたいなホンビノスガイ。

漢字で書くと「本美之主貝」だそうだ。

honbinosugai.jpg

別窓 | 里山自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ダルビッシュに危うくノーヒットノーラン
2009年06月26日(金) 23:20
交流戦明け第1戦はマリンスタジアムでのファイターズ戦。

ダルビッシゅ相手だけに苦労するだろううとは思ってはいましたが、7回終わってノーヒットとは、どうしようもない。
8回にようやく2本ヒットが出ましたが、得点はできず。
そのまま完封負け。

ダメだなあ。

久々の一軍マウンドの内竜也も、1/3回投げて2失点と結果出せず。

ダルビッシュ早くも10勝目か。うちはシーズン通して10勝出来るピッチャーが現れそうにない。

score_090626.jpg

別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
解散は遠くない
2009年06月25日(木) 22:02
解散は遠くない時期に、との麻生首相の発言。

いよいよその時期ですかね。

都議選とどう絡むタイミングになるのか。

どうせ9月が 任期ですから、もうここまで来るといつでも一緒という気もしますが。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
美空ひばり没後20年
2009年06月24日(水) 23:40
早いもので、今日で美空ひばりさん没後20年。

昭和は遠くなりにけり。ですなあ。

活躍の時期が長いから驚くのだが、享年は52歳。
だから、生きていたとしても、まだ72歳。あまりに早かった死というべきだろう。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
「菅野よう子の全仕事」 MUSIC MAGAZINE7月号
2009年06月23日(火) 20:46
雑誌MUSIC MAGAZINEの最新号7月号は大特集

「菅野よう子の全仕事」

music_magazine_1200.jpg

表紙も菅野よう子が飾り、菅野音楽の分析、ロングインタビュー、さらに仕事別の菅野作品を列挙して、これが大ディスコグラフィーにもなっている。

菅野ファン必携の内容だ。

来月7日に歴史的ライブを控え、その予習用セレクションアルバムを出したこのタイミングで、菅野音楽の真髄に迫る。

ロングインタビューで、光栄のゲーム「三国志」、「信長の野望」の音楽をやっていたのは、やはり学生時代だったことがわかる。
そうでないと、年齢と辻褄が合わないとずっと思っていたのだ。

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2009年 07月号 [雑誌]MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2009年 07月号 [雑誌]
(2009/06/20)
不明

商品詳細を見る


別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
名古屋城天守 木造再建?
2009年06月22日(月) 22:15
名古屋市の河村たかし新市長が、名古屋城の天守の木造再建を言い始めた。

朝日新聞の記事

名古屋城では現在、本丸御殿の木造再建が進められており、その上天守の再建ともなれば、財政的な負担は大変だが、河村市長は名古屋の顔として天守の木造再建には十分意義があるという持論だ。

城郭ファンでもある私は名古屋城の木造再建に大賛成だ。

先の大戦で空襲で焼けるまで、名古屋城には天守のほかに御殿も全部残っており、その価値は姫路城など、及びもつかない大きなものであった。
残っていれば当然世界遺産だ。

詳細な図面や写真も多数残っており、木造再建は十分可能だ。

平成に入って各地で木造による城郭建築の再建が盛んだが、出来上がった再建城郭建築は観光の目玉として地元の大きな財産となっている。

白河、掛川、白石、伊予大洲などの天守や丹波篠山の本丸御殿など、枚挙に暇がない。

天守が残っていた伊予松山城も、天守以外の建物をどんどん再建している。
また、美作津山城も再建の途中にある。

「尾張名古屋は城で持つ」と言われた壮大な名古屋城、是非とも木造での天守再建に踏み切ってもらいたいものだ。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
交流戦最終戦は何とか勝利で終了
2009年06月21日(日) 21:42
交流戦最終戦となる、東京ドームでのジャイアンツ戦。

清水直行が良いピッチングだった上に、西岡、竹原、井口、今江の4人にホームランが出る活発な打線が9点を取り、勝利。

8回に伊藤が亀井、阿部に連続ホームランを浴びたのが余計だったが、最後はシコースキーが締めた。

借金は6となったが、ちょっと連勝があれば返せる借金だ。

来週末のファイターズ戦まで英気を養って奮起を期待したい。

score_090621.jpg

別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
樫本大進 ベルリン・フィル コンマスに
2009年06月19日(金) 22:44
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、今年退任した安永徹氏の後任のコンサート・マスターを募集、審査をしていたが、樫本大進氏の就任が内定したそうだ。

毎日新聞の記事

既にソリストとして世界の一級の活躍をしていいた樫本大進だけに、いまさらオーケストラに就職?というのもアレっと言った感想を持った。

まあ、確かに世界に冠たるべルリンフィルではあるけれども、ソリストとしてやって行った方が良いんじゃないかな?と思ってしまう。

年収はどうなんだろう。ダウンするんじゃないのか?正直なところ。
ベルリンフィルのコンマスの給料知らんけど。
ソリストなら、1ステージ100万円は取れるでしょう。今の樫本大進なら。

まだ30歳だし、箔をつけて、またソリストとして再登場という路線も考えられなくはないが。
別窓 | クラシック音楽 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
今日は桜桃忌
2009年06月19日(金) 13:23
今日6月19日は、太宰治の命日である桜桃忌。

桜桃忌について(三鷹市のサイト)

太宰は誕生日に死んでいるので、今年の桜桃忌は、ちょうど100回目の誕生日にもあたる。

生誕百年となる桜桃忌(毎日新聞の記事)

正確には死体が玉川上水で発見されたのが6月19日で、入水したのは6月13日だそうなので、年譜とかでは死没日を6月13日にしていることが多いが、文学忌としては6月19日が桜桃忌ということになっている。

「桜桃」という作品を亡くなる直前に書いていたことに因んで、太宰治の文学忌を「桜桃忌」と名づけた。

折しも桜桃(さくらんぼ)の季節でもあり、珠玉の短編作品を多く残した太宰に相応しい、良い文学忌名だと思う。

太宰の作品も今改めて読んでみても瑞々しさを失っていない。
文学の力に驚嘆する。

玉川上水は今ではこんな流れで死ぬことが出来るのかという、細々とした流れで、昔はもっと水量が多く流れが速かったとのことだが、
dazai_tamagawa.jpg
太宰と玉川上水が一緒に写ったこの写真を見ても、やはり現在に近い小さな流れのように見える。

享年38歳。
太宰を思い、「走れメロス」の中に収められた「駆け込み訴え」を読み返す。
別窓 | 読書日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
サヨナラホームランでスワローズ戦連敗
2009年06月18日(木) 23:09
延長11回、シコースキーがガイエルにサヨナラホームランを浴び、あえなくスワローズ戦連敗。

しんどいなあ、こういう試合は。

これで交流戦の負け越しが決定しました。

何だかなあ、こんな感じでずっと行きそうだな。

score_090618.jpg

ガイエルってもう10本もホームラン打ってるんだ。
どのチームも助っ人外人そこそこ働いてるなあ。
マリーンズは。。。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
4連勝はならず
2009年06月17日(水) 23:43
やはり調子の良いチームとあたるとダメだ。

神宮でのスワローズ戦はホームラン4本打たれて負け。

今シーズンは一度も4連勝がない。
なんかこんな感じでシーズン終了まで行きそうな感じもしてきたなあ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
さくらんぼ初物
2009年06月16日(火) 23:27
今シーズン初物となる「さくらんぼ」を食す。

思いの他甘い。

バクバク食ってしまった。

季節感が無くなったと嘆くこの頃だが、そうは言ってもその季節にしかない味というものも、まだ確実に存在するのである。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
雷雨
2009年06月16日(火) 22:26
連日、スゴイ雷雨ですなあ。

この時間にお帰りの方はご苦労様です。

明日はどうなるのかな?
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
バレンタイン監督留任願い署名11万人分提出
2009年06月15日(月) 21:51
バレンタイン監督の来季以降の留任を求めて一部のファンが集めていた署名がロッテ本社に提出された。

http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20090615-OYT1T00575.htm

11万人分だというから、よく集めたものだ。

しかし私は正直言って、ボビーの賞味期限は切れたと思っている。
今期は見ていて精彩がないし、5億円の年俸は高過ぎる。
2005年の優勝と、ファンサービスの向上は評価するが、選手起用や采配については、必ずしも賛成できない面も多かった。

ボビーはマリーンズの看板として偉大な功績を残したが、そろそろ脱ボビーをしても良い時機なのではないかと思っている。

と言ってもシーズン開幕前に契約延長をしないことを発表した球団フロントのやり方にも納得はしていない。
こういうことは水面下で進めるべきで、発表してしまってはいけない。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
3連勝
2009年06月14日(日) 22:30
タイガース戦、2タテで3連勝。

1イニング15安打の新記録でスイッチが入ったかと思われる打線が活発。

今日は珍しいスクイズも決めて、小林宏之に今季初めての白星をプレゼント。
竹原決勝3ベースよく打った。

反転攻勢に繋げて欲しい。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
高校のOBバンドの練習に行く
2009年06月13日(土) 22:31
母校の高校の吹奏楽部OBバンドの練習に顔を出す。

久しぶりの母校だ。

現役との合同演奏の練習もしたので、現役高校生とも初顔合わせ。

私の母校は制服がないのだが、驚いたのは現役の女子の2/3くらいが、いわゆる「なんちゃって制服」を着ていることだ。

チェックのスカートに、ピンクとかブルーのシャツに白のベスト、で、ネクタイをしている。

色柄は様々だが、「なんちゃって制服」であることには変わりない。
1/3くらいはジーンズの子とかもいるわけだが。
男子はまあ、そんなに代わり映えのしない格好をしている。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ニッカンスポーツ第1面を飾る
2009年06月12日(金) 23:42
昨日のマリーンズの1イニング打者20人15得点のニュースがニッカン・スポーツの第1面を飾った。

昨日はニュースが多かっただけに、快挙だ。

スキャンしてここに載せようとしたが、さすがに新聞1面のスキャンは手間がかかり過ぎるので断念。

まだ余韻に浸ってますが、明日からはタイガース戦。
気合を入れなおして頑張って欲しいです。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
歴史的勝利に立ち会う
2009年06月11日(木) 22:06
score_090611.jpg

6回裏、1イニング13得点の日本記録を塗り替える1イニング15得点
日本新記録!
48分間、打者20人で12安打4四死球1犠飛1敵失の猛攻で15点を挙げて達成。

マリンスタジアムで歴史的勝利に立ち会いました。

もう誰が打ったかもわからなくなってしまいました。

10打数連続安打というのもプロ野球タイ記録だそうな。

大記録の6回裏を振り返ってみましょう。

2番福浦/レフト前ヒット 無死一塁
3番大松/サードフライ 一死一塁
4番井口/センター前ヒット 一死一三塁
5番橋本将/ライト前タイムリーヒット 8対2 一死一二塁
6番サブロー/フォアボール 一死満塁
7番里崎/センター前タイムリーヒット 9対2 一死満塁
8番ランビン/レフト前タイムリーヒット 10対2 一死満塁
9番今江/フォアボール 11対2 一死満塁
1番早坂/デッドボール 12対2 一死満塁
2番福浦/ライト前タイムリーヒット 13対2 一死満塁 福浦→代走堀
3番大松/ライトタイムリー2ベースヒット 15対2 一死二三塁
4番井口→代打・塀内/ライト前タイムリーヒット 17対2 一死一塁
5番橋本将/センター前ヒット 一死一二塁
6番サブロー/センター前タイムリーヒット 18対2 一死一二塁
7番里崎/センター前タイムリーヒット 19対2 一死一二塁
8番ランビン/デッドボール 一死満塁
9番今江/ショートエラー 20対2 一死満塁
1番早坂→代打・田中雅 /センター犠牲フライ 
<日本新記録達成> 21対2 二死一二塁
2番堀/センター前タイムリーヒット 22対2 二死一二塁
3番大松/ライトフライ スリーアウト・チェンジ

打者20人を送る猛攻。大松は1イニングに3回打席に立っている。

何点か昨日に回わせないか、と思うような試合。
48分間立ちっ放し、飛び跳ねっぱなしの応援もくたびれました。

しかし、レフト・スタンド満員のカープ・ファン、誰一人帰ろうとせず、9回表の攻撃前には
「絶対、あきらめないぞ」のコール。
思わずライトスタンドからも拍手がおきました。

たくさん入ったレフトスタンド・カープファン、応援もすごかった。
0906110002_800.jpg

打席に立つ里崎
0906110003_800.jpg

6回の猛攻に沸き返るライトスタンド
0906110005_800.jpg

貧打に泣いていた交流戦のマリーンズ、今日の猛攻を次以降の試合に繋げて欲しい。
井口の復調と、西岡の復帰が望まれる。
大松は当たってきた。この好調を維持して欲しい。

触れる余地が無かったですが、清水直行は6安打2失点の完投勝利。
大量リードにも最後まで気持ちが切れず、ナイスピッチングでした。

それと忘れそうだが、3回にプロ入り初の満塁ホームランを打った今江が今日の流れを引き寄せたことは間違いない。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日はコメントが見つからない
2009年06月10日(水) 23:16
今日の試合はコメントが見つからない。

どうしようもない試合だった。

7回を6安打2失点で投げきった渡辺俊介が負け投手。
1点も取れないのだからどうしようもない。

別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
空からオタマジャクシが大量に降る
2009年06月09日(火) 22:51
http://mainichi.jp/photo/news/20090610k0000m040033000c.html

石川県で、空からオタマジャクシが大量に降り注ぐという現象が相次いでいる。そうな。

七尾市の中島市民センターの駐車場で4日午後4時35分ごろ、男性職員が地面や車の上に体長2~3センチのオタマジャクシ約100匹が散らばって死んでいるのを見つけた。風は弱く、職員は「バタバタ」という音で気付いたという。

白山市でも同様の現象が。

これはいわゆる愉快犯ではないのかなあ。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
まさかの北川満塁ホームラン
2009年06月08日(月) 22:02
3点のリードを大嶺が守れなかった。
5回裏、プロ入り以来1本もホームランを打ったことのない北川にまさかの満塁ホームランを浴びる。
ゲームはそのまま4-3で負け。

ベイスターズは連敗が止まって何よりだったろうが、マリーンズとしては勝利が手から滑り落ちた。

大松が今日もホームランを打ち、いい流れだっただけに、今日の負けは痛い。

大嶺もまだまだ全幅の信頼をおける投手というところまでは至っていないなあ。

score_090608.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
何とか逃げ勝ち
2009年06月07日(日) 21:46
横浜でのベイスターズ戦、初回の6点は結局守りきれなかったわけだが、結果オーライ、9回に大松のダメ押し2ランが効いた。

初回のランビンの満塁ホームランにはビックリだ。
ランビン使えるのか?わからなくなってきた。

その後の得点は5回の大松の5号ソロと、9回の6号2ランだけ。

ベイスターズに16安打も打たれながらよく勝ったものだ。
ホームランも4本打たれて。

score_090607.jpg

まあ、でも勝ちは勝ち。
何とか連勝してもらいたいところだ。

P.S.
サッカーの日本代表、ワールドカップ出場決定はめでたいニュースだ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
勝てない病
2009年06月06日(土) 23:58
勝てないなあ。

今日のドラゴンズ戦も延長引き分け。

上手くいかないもんですなあ。

7回の集中打は最近になく打線が繋がって、これで勝ったと思ったのだが。

score_090606.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ナゴヤドーム、ドラゴンズ戦
2009年06月05日(金) 22:50
ナゴヤドームでのドラゴンズ戦、初戦は負けました。

ブランコの2ランホームランだけだったんですが、今のマリーンズ打線には2点が重い。

明日は唐川が予想されるので何とか買って欲しいですね。

この3試合0点、1点、1点しか取れてないので、いくら唐川と言えども打線は4点くらいは取って欲しいです。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
藤沢周平「風の果て」(上)(下)
2009年06月04日(木) 22:33
藤沢周平「風の果て」(上)(下)を読み返す。
恐らく五読目くらいだと思われる。

風の果て〈上〉 (文春文庫)風の果て〈上〉 (文春文庫)
(1988/01)
藤沢 周平

商品詳細を見る

風の果て〈下〉 (文春文庫)風の果て〈下〉 (文春文庫)
(1988/01)
藤沢 周平

商品詳細を見る


何度読んでも引き込まれる。
2日間で上下巻一気に読んでしまった。

藤沢周平作品の特長でもあろうが、主人公は清廉潔白なスーパーヒーローではない。
権勢欲をも併せ持つことを認めている。
ライヴァルたちも単純な悪役ではない。

そこらあたりが藤沢作品の魅力であろう。
それと城下の町々風物の描き方の巧妙さというものも作品の魅力の底辺をなしていることは言うまでもないことだ。
別窓 | 時代小説歴史小説 書評日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ジャイアンツ戦は2試合連続、12回引き分け
2009年06月03日(水) 22:48
ジャイアンツ戦は、昨日、今日、2試合連続での12回引き分け。

ぐったり疲れる。

まあ、借金増えないだけ良いんですけど。

相手の投手(高橋尚成、グライシンガー)も良かったので、点を取れないのも仕方がないですが、こちらの投手(渡辺俊介、清水直行)も良いピッチングで何とか勝たせてあげたかったですねえ。

チャンスにもう1本が出ない打線には歯がゆいものを感じます。

井口がちょっと調子落としてるんじゃないか、と見受けられるのも心配。

西岡も無理して代打出場していたが、見ていて痛々しい。

昨日今日のような総力戦になると野手の層の厚さがジャイアンツと比べて見劣りしますなあ。
昨日の代走小林宏之とか、もう涙が出てくる情けなさ。

score_090603.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
パソコン無事復帰
2009年06月03日(水) 07:15
パソコン、無事、復帰しました。

なんだったんだろう。

いくつか、上手く作動しないアプリケーションがあるものの、とりあえず、Vistaは起動しました。
別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
| 日々の雑学 | NEXT≫\r
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。