日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
日本シリーズ第1戦
2009年10月31日(土) 22:46
最後まで緊迫した良いゲームでした。

しかし、ファイターズはジャイアンツを上回る12安打を放ちながら、12残塁とチャンスにあと1本が出なかったですね。

score_091031_GF.jpg

9回裏も先頭打者の田中賢介の奇跡的なプッシュバントが決まり、どうなるかわからない、という展開でしたが、後一歩及ばず。

ジャイアンツに簡単に日本一になられるのも悔しい。明日以降のファイターズの奮起を願う。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
圓楽の死と松井のホームラン
2009年10月30日(金) 22:47
5代目三遊亭圓楽が死んだ。

数年前から病気だったから、驚くことではないが、三遊亭楽太郎の6代目圓楽襲名を来春に控えていただけに、生前襲名にならなかったのは残念である。

三波伸介司会の頃の「笑点」を見て育った僕の世代には、圓楽の死は一つの時代の終わりを告げるもののように感じる。
昭和は遠くなりにけり。

落語での実績を惜しむ声が多く聞かれるが、圓楽は若い頃はタレント業に積極的に進出し、肝心の落語には不熱心で、師匠の圓生に叱られた人である。
圓生と比べては可哀想かもしれないが、正直言うと圓楽の落語そのものは実際のところ、そんなに名人芸という感じは最後まで受けなかった。
ちょっとたどたどしい感じがあったのだ。スーッと流れるようには行かない感じがあった。

いずれにしても三十人を超える弟子を育て、落語協会の分裂事件では師匠の圓生とともに脱会し、苦労をした。

冥福を祈る。

話転じてワールド・シリーズ第2戦はヤンキースが松井秀喜のホームランが決勝点となって1勝1敗のタイに持ち込んだ。
この後のフィリーズの本拠地での3試合ではDHがない。
監督は外野手での起用も考えているとのことだが、今季はずっとDHでの出場だっただけにどうなるか。
今日のホームランを含む2安打が高評価を受け、フィラデルフィアでも先発起用があるかもしれない。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ドラフト
2009年10月29日(木) 21:47
今日はドラフトがあった。

9球団競合か、と言われた花巻東高校の菊池雄星投手は結果的には6球団競合。
今宮にするか迷っていたソフトバンクが今宮に決めたのと、オリックス、千葉ロッテが直前競合回避に出た。
埼玉西武ライオンズの渡辺久信監督が当たりくじを引き当てた。

マリーンズは26日に菊池1位指名を発表していたが、直前の競合回避。
トヨタ自動車の荻野貴司外野手を指名した。
はずれ1位でも取れたかもしれないと思うのだが、俊足好守の外野手獲得は西村新監督がちょうど自分とそっくりいのタイプの選手を獲った形で、西村カラーが出た、ということかもしれない。
3位では大嶺投手の弟、大嶺翔太内野手を指名。チーム60年ぶりの兄弟選手の誕生だそうだ。

結局競合したのは菊池雄星投手だけで、外れ1位以降は競合抽選は無かった。

<読売ジャイアンツ>
1 ○長野久義  外 Honda
2 鬼屋敷正人  捕 近大高専
3 土本恭平  投 JR東海
4 市川友也  捕 鷺宮製作所
5 小野淳平  投 日本文理大
――
育 星野真澄  投 北信越BC・信濃
育 河野元貴  捕 九州国際大付高
育 陽川尚将  内 金光大阪高
育 大立恭平  投 岡山商科大
育 神田直輝  投 群馬大教育学部

<中日ドラゴンズ>
1 菊池雄星×→ 岡田俊哉 投 智弁和歌山高
2 小川龍也  投 千葉英和高
3 中田亮二  内 亜大
4 松井佑介  外 東農大
5 大島洋平  外 日本生命
6 諏訪部貴大  投 Honda
7 松井雅人  捕 上武大
8 吉田利一  捕 奈良産大
――
育 矢地健人  投 高岡法科大
育 赤田龍一郎  捕 愛知大

<東京ヤクルト・スワローズ>
1 菊池雄星×→ 中澤雅人 投 トヨタ自動車
2 山本哲哉  投 三菱重工神戸
3 荒木貴裕  内 近大
4 平井 諒  投 帝京五高
5 松井 淳  外 日大国際関係学部
――
育 曲尾マイケ 外 青森山田高
育 麻生知史 内 日大国際関係学部

<阪神タイガース>
1 菊池雄星×→ 二神一人  投 法大
2 藤原正典  投 立命大
3 甲斐雄平  外 福岡大
4 秋山拓巳  投 西条高
5 藤川俊介  外 近大
6 原口文仁  捕 帝京高
――
育 高田周平  投 北信越BC・信濃
育 田上健一  外 創価大

<広島東洋カープ>
1 ○今村 猛  投 清峰高
2 堂林翔太  内 中京大中京高
3 武内久士  投 法大
4 庄司隼人  内 常葉橘高
5 伊東昴大  投 盛岡大付高
6 川口盛外  投 王子製紙
――
育 永川光浩  投 龍谷大
育 中村亘佑  捕 横浜商大高

<横浜ベイスターズ>
1 ○筒香嘉智  内 横浜高
2 加賀 繁  投 住友金属鹿島
3 安斉雄虎  投 向上高
4 真下貴之  投 東海大望洋高
5 福田岳洋  投 四国九州L・香川
――
育 国吉佑樹  投 秀岳館高
育 小林公太  投 多摩大聖ケ丘高

<北海道日本ハム・ファイターズ>
1 菊池雄星×→ 中村 勝  投  春日部共栄高
2 大塚 豊  投 創価大
3 加藤政義  内 九州国際大
4 運天 ジョン・クレイトン  投 浦添工高
5 増井浩俊  投 東芝
6 荒張裕司  捕 四国九州L・徳島

<東北楽天イーグルス>
1 菊池雄星×→ 戸村健次  投 立大
2 西田哲朗  内 関大一高
3 小関翔太  捕 東筑紫学園高
4 高堀和也  投 三菱自動車岡崎
5 土屋朋弘  投 シティライト岡山
――
育 松井宏次  内 四国九州L・長崎

<福岡ソフトバンク・ホークス>
1 ○今宮健太  内 明豊高
2 川原弘之  投 福岡大大濠高
3 下沖勇樹  投 光星学院高
4 中原恵司  外 亜大
5 豊福晃司  内 鳥栖高

<埼玉西武ライオンズ>
1 ◎菊池雄星  投 花巻東高
2 美沢 将  内 第一工大
3 岩尾利弘  投 別府大
4 石川 貢  外 東邦高
5 松下建太  投 早大
6 岡本洋介  投 ヤマハ

<千葉ロッテ・マリーンズ>
1 ○荻野貴司  外 トヨタ自動車
2 大谷智久  投 トヨタ自動車
3 大嶺翔太  内 八重山商工高
4 清田育宏  外 NTT東日本
――
育 山室公志郎  投 青学大

<オリックス・バファローズ>
1 ○古川秀一  投 日本文理大
2 比嘉幹貴  投 日立製作所
3 山田修義  投 敦賀気比高
4 前田祐二  投 北信越BC・福井
5 阿南 徹  投 日本通運
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:2 | ↑top
司馬遼太郎「坂の上の雲」
2009年10月28日(水) 23:45
坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
(1999/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


NHKで「坂の上の雲」がドラマ化されるというので、何年ぶりかで司馬遼太郎著「坂の上の雲」をまた読み始める。
もうすぐ2巻を読み終わる。

司馬文体は鼻につくところもあるのだが、それさえ気にならなければ、面白いことは面白いのだ。

多分一気に読んでしまうだろう。

NHKのドラマのキャストはこちらに

秋山好古はずば抜けて背が高く、堀の深い顔でヨーロッパ人に間違えられた、という人物だから、阿部ちゃんは適役だろう。

秋山真之のもっくんも、適役と言えるだろう。

芝居として一番難しいであろう正岡子規には、病弱というイメージからはほど遠いが香川照之というのも演技力を考えれば順当なところか。

正岡律は原作ではそれほど出てこないのだが、テレビドラマとしては、やはり女性も欠かせないということで、主要4人のキャストの中に入れられているが、菅野美穂。

父秋山久敬に伊東四郎、伊藤博文に加藤剛、東郷平八郎に渡哲也、高橋是清に西田敏行、児玉源太郎に高橋秀樹、山本権兵衛に石坂浩二と、ベテラン陣も豪華なキャスティングだ。
ナレーションには渡辺謙!

sakanouenokumo.jpg
別窓 | 時代小説歴史小説 書評日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
城島、タイガース入り決定
2009年10月27日(火) 21:04
あっさり決まりましたね。

城島、タイガース入り。

mixiのホークス・コミュは荒れているようですが、ホークスは今年田上がブレイクして正捕手がちょうど出来たところだから、手はあげたけど、タイガースに比べると腰が引けてましたね。

まっ先に声をかけていただいたところを評価してのタイガース選択だったようですから。

城島の縦縞ユニフォームちょっと想像できませんが、頑張って欲しいところです。

ところで田口はどうなるんだろ?
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日からサンシャイン牧場の・・・
2009年10月26日(月) 22:14
今日からmixiアプリのサンシャイン牧場のシステムがちょっと変更になり、レベル10にならないと畜産牧場に行けなかったのが、レベル7から畜産牧場に行けるようになった。

今まで畑だけで少々煮詰まり気味だったので、動く動物を見るのは良い気分転換になる。
別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
アニメ「精霊の守り人」シリーズ見終わる
2009年10月25日(日) 22:08
精霊の守り人 第1巻 (初回限定版) [DVD]精霊の守り人 第1巻 (初回限定版) [DVD]
(2007/06/22)
麻生我等

商品詳細を見る

精霊の守り人 2〈初回限定版〉 [DVD]精霊の守り人 2〈初回限定版〉 [DVD]
(2007/07/25)
安藤麻吹安達直人

商品詳細を見る


精霊の守り人 3 [DVD]精霊の守り人 3 [DVD]
(2007/08/24)
麻生我等

商品詳細を見る

精霊の守り人 4 [DVD]精霊の守り人 4 [DVD]
(2007/09/21)
安藤麻吹安達直人

商品詳細を見る

精霊の守り人 5 [DVD]精霊の守り人 5 [DVD]
(2007/10/24)
安藤麻吹安達直人

商品詳細を見る

精霊の守り人 6 [DVD]精霊の守り人 6 [DVD]
(2007/11/21)
安藤麻吹安達直人

商品詳細を見る

精霊の守り人 7〈通常版〉 [DVD]精霊の守り人 7〈通常版〉 [DVD]
(2007/12/21)
安藤麻吹安達直人

商品詳細を見る

精霊の守り人 8 [DVD]精霊の守り人 8 [DVD]
(2008/01/25)
安藤麻吹安達直人

商品詳細を見る

精霊の守り人 9 [DVD]精霊の守り人 9 [DVD]
(2008/02/22)
安藤麻吹安達直人

商品詳細を見る

精霊の守り人 10 [DVD]精霊の守り人 10 [DVD]
(2008/03/21)
真山亜子安藤麻吹

商品詳細を見る

精霊の守り人 11 [DVD]精霊の守り人 11 [DVD]
(2008/04/25)
安藤麻吹安達直人

商品詳細を見る

精霊の守り人 12 [DVD]精霊の守り人 12 [DVD]
(2008/05/23)
川井憲次安藤麻吹

商品詳細を見る

精霊の守り人 13 [DVD]精霊の守り人 13 [DVD]
(2008/06/25)
安藤麻吹

商品詳細を見る


上橋菜穂子原作の「精霊の守り人」だが、神山健治監督のもと、アニメ化されたDVDをTSUTAYAのDISCUSで借りて見ていたが、今日、最後の4話を見て最後まで見終わった。
NHK教育TVでの放送の時も録画していたのだが、結局DVDになってからまとめて見ることになってしまった。

アニメには原作とは違うエピソードも沢山盛り込まれているが、原作の持ち味を十分に映像化に成功した作品になっていたのではないだろうか。
主人公の女用心棒バルサの魅力もチャグム皇子の成長も十分に表現できていたのではないかと思う。

原作にはさらに続編が、「闇の守り人」、「夢の守り人」、「虚空の旅人」、「神の守り人」、「蒼路の旅人」、「天と地の守り人」、そして番外編とも言うべき「流れ行く者」があるが、続編のアニメ化は難しいのではないか、とも感じた。

何度も繰り返して見たいシリーズである。
DVDが廉価版セットにでもなったら買うかもしれない。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
クライマックス・シリーズ2ndステージ第4戦
2009年10月24日(土) 22:19
決まりましたね。

第4戦は上位チームの地力が出たという感じでしたね、両リーグとも。

セ・リーグ
score_091024_DG.jpg

パ・リーグ
score_091024_EF.jpg

まあ、横綱相撲でしたね。
参りました。

次は日本シリーズ。楽しみですね。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
スゴイ!クライマックスシリーズ2ndステージ第3戦
2009年10月23日(金) 22:31
セ・パどちらのゲームもスゴイ試合だった。

いや、野球って面白いなあ。

ホントにどうもありがとう、4チームの選手。いい試合見せていただきましたよ。

ドラゴンズは3試合連続となる初回先制得点。
2発のホームランで追い付かれましたが、直後の7回表、2点取って、7回裏を高橋聡文が抑えたときには流れはドラゴンズに行ったかと思われました。
しかし、8回裏、浅尾が今日もひどい荒れ球。
井端に信じられないようなエラーも出て、ジャイアンツが逆転。
9回はそのままクルーンに抑えられてしまいました。

score_091023_DG.jpg

これでジャイアンツは王手。
ドラゴンズは頼みのチェンと吉見で落としたのは痛いなあ。

パ・リーグの方は田中将大がよく踏ん張りました。

score_091023_EF.jpg

8回のピンチ良く1点で凌ぎました。
これで、イーグルスは首の皮一枚つながり明日へ。

両・リーグとも、リーグ1位チームがアドヴァンテージ含めて3勝王手。追う2位チームが1勝という状況は同じになりました。

今日のような息を呑むような試合が見られるなら、明日は2位チームに勝ってもらって、1試合でも多く見たいです。月曜日までもつれて欲しいなあ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
クライマックス・シリーズ2ndステージ第2戦
2009年10月22日(木) 23:12
今日もNHK-BSとNHKハイビジョンをザッピングしながら並行して2試合を見る。
主として、ドラゴンズ-ジャイアンツ戦の方を主に見る。

まずは、ドラゴンズ-ジャイアンツ戦。

チェンは今日は球数多く、調子悪かった。
オビスポも良くなかったのだが、つけいることができなかった。

4回のジャイアンツの攻撃は古城のバントヒットから、流れが完全にジャイアンツに行っていたなあ。
代打大道の2点タイムリー2ベースもファールと紙一重だったし、つきがジャイアンツ側に行っていた。
8回に藤井の2ランで2点差まで詰めただけに悔しい。

チェンはこれでCS、2戦2敗。最優秀防御率投手のタイトルが泣く。

score_091022_DG.jpg

さて、一方のイーグルス-ファイターズ戦。

岩隈vs糸数の先発は岩隈の方が有利かと思ったら、糸数が素晴らしかった。
岩隈も悪くはなかったが、イーグルス打線が再三のチャンスを作りながら、14残塁の拙攻でファイターズを助けた。
中でも山崎が抑えられたのが打線が切れてしまって得点能力を発揮できなかった大きな要素だ。
これで、ファイターズは日本シリーズ進出に王手。

明日は田中将大と八木だそうだが、ファイターズに一気に決められるのも悔しいので、部外者としてはイーグルスにも一矢くらい報いて欲しいものだ。

score_091022_EF.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
クライマックス・シリーズ2ndステージ第1戦
2009年10月21日(水) 22:33
いや、今日は日本テレビとNHK-BSとをザッピングしながら2試合を並行して見ておりました。

セ・パ、どちらも下から上がって来たチームに勢いがあるなあ、と思って見ていました。

ドラゴンズは初回難敵ゴンザレスから、森野、和田のタイムリーに続いて、ルーキー野本の3ランホームランでいきなり5点。これは大きかった。

一方の試合、イーグルスも永井は無難なピッチングで、山崎に大きな3点タイムリー2ベースなど出て、これはイーグルス・ペースだな、と思って見ておりました。

ファイターズは小谷野、糸井、金子誠に快音が聞かれず、苦戦の観あり。

2つの試合、違いはブルペン投手陣に出ました。
ドラゴンズもイーグルスも小刻みな継投をしてきたのですが。。。
結果は天と地ほど違ってしまいました。
野球は恐ろしい。

福盛がだらしなさ過ぎ。
9回表に鉄平の2ランが出てダメ押しムードなのに、一人でゲームを壊しちゃった。考えられえない。
これで勢いはファイターズの方にいっちゃうかな。

しかし、先発投手のコマではまだイーグルスに分があるからわからないか。

score_091021_DG.jpg

ファイターズは8回9回で8点の猛攻。
ファイターズもすごいがイーグルスのリリーフ陣がダメ過ぎ、という感じ。
やはりイーグルスは先発投手完投でないと勝てないのか。

score_091021_EF.jpg

しかし、いずれにせよ、ザッピングしながらですが、両ゲームとも非常に楽しませていただきました。

パ・リーグはどちらを応援するともなく見ていましたが、セ・リーグはやはりドラゴンズ贔屓で見ていましたので、CS不振の森野にタイムリーが出て、ブランコにも一発が出て一安心。
浅尾も今日は大丈夫でした。

セ・リーグは明日以降楽しみ。
パ・リーグもまだまだ岩隈、田中の内容次第では面白い展開になると思いますよ。

しかし、ファイターズ・ファンは今日はタマラン!だろうな。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | ↑top
城島の日本球界復帰
2009年10月20日(火) 21:41
シアトル・マリナーズの城島健司捕手が3年契約の残り2年を残して破棄し、退団の意向を固めているという。

出場機会が少なく満足の行く成績があげられないことで、日本球界復帰を考えているようだ。

タイガースが早くも獲得に名乗りをあげているようだが、年俸もそれなりのものを用意する必要があるだろうし、捕手難はどこの球団も抱えている問題だけに、欲しいには欲しいが年齢と年俸の兼ね合いで逡巡するチームも多いだろう。

古巣のホークスも今季は田上がチーム最多本塁打を記録するなど、正捕手として定着したところだ。
田上の出場機会を奪うのもかわいそうだ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
セ・リーグ、CS第1ステージ第3戦
2009年10月19日(月) 23:10
ドラゴンズvsスワローズのセ・リーグ クライマックス・シリーズ第1ステージ第3戦、今日も緊迫感あふれる試合だった。

score_091019_DS.jpg

ドラゴンズ先発の中田は、初回に宮本、青木の2本2ベースで先制されるが、その後は良くも悪くも中田らしいピッチングで5回まで抑えた。

3回に和田の逆転2ランが出て、それ以降、結果的には終始ドラゴンズがリードを保ったのだが、内容的にはちっともドラゴンズ・ペースにならない重い試合展開だった。

ドラゴンズは16安打を打ちながら7点止まりと、再三チャンスを作りながら、毎回の14残塁で、スワローズに流れを持って行かれそうになる。

5回には立浪に嬉しい2点タイムリー2ベースが出た。

継投も、6回は河原、小林正。7回を投げた山井は良かったが、8回の浅尾が大乱調だった。4安打1四球と、よく2失点で切り抜けたという感じだった。
顔面蒼白となり、もう心ここにあらず、という感じで、地に足が着いていない感じだった。

9回岩瀬も2アウトを取ったあとで3連打を浴び1失点。

最後までヒヤヒヤだった。
スワローズの粘りもスゴイものがあった。

まあ、とりあえず第1ステージ突破。良かった良かった。
明後日からのジャイアンツとの第2ステージにコマを進めた。

<代打で2点タイムリー2ベースを打った立浪>
tatsunami091019.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
セ・リーグ、クライマックス・シリーズ1stステージ第2戦
2009年10月18日(日) 23:34
いや、ドラゴンズにとっては重い試合だった。

セ・リーグ最多勝投手の2人、吉見と館山の投げ合いは手に汗握る展開となった。

score_091018_DS.jpg

序盤に2点ずつを取り合い、2-2のまま試合が動かない。

ドラゴンズ荒木はシーズン中、対館山は19打数ノーヒット。
この試合も2打数ノーヒットで、計21打数ノーヒットで迎えた7回、その荒木のバットから決勝のタイムリーが出た。

吉見もよく頑張った。

最後は岩瀬が締め、これで1勝ずつのタイ。
明日に持ち越された。

ドラゴンズは小笠原が来るのか中田がくるのか?
スワローズはインフルエンザの影響もあって誰が来るのかわからない。
スポニチは中田と由規と予想している。

千葉に来るまではドラゴンズファンだった私としては、明日もドラゴンズに勝ってもらい東京ドームに行って欲しい。

<7回タイムリーを放つ荒木>
araki091018.jpg

<ヒーローインタビューの荒木と吉見>
yoshimi_araki.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日はプロ野球・ダブルヘッダー
2009年10月17日(土) 22:01
今日は練習もお休みだったので、クライマックス・シリーズ、パ・リーグ、セ・リーグ、ダブルヘッダーでテレビ観戦。
テレビ観戦も2試合フルに見るとくたびれる。

イーグルスは田中将大が、シーズン中にも無かったのではないか、というくらい素晴らしいピッチング。
そして主砲の山崎の3ランホームランで試合を一気に決め、2連勝でホークスを破って、2ndステージ進出を決めた。

score_091017.jpg

まあ、ここまではイーグルスよく頑張った、というところだが、札幌ではファイターズに意地を見せて欲しい。
出来てわずか5年目の球団に、世の中そんなに甘くないよ、というところを見せて欲しいと思う。
イーグルスに恨みがあるわけではないが、そう簡単に行かれては困る。

しかし、この2試合、1戦目岩隈、2戦目田中と二人とも完投勝ち。ピッチャー2人しか使わずに1stステージを抜けたのはスゴイ。

さて、ナイターはドラゴンズvsスワローズ戦。

1.53という最優秀防御率のドラゴンズのチェンは6回まで素晴らしいピッチングで、手も足も出ないという雰囲気だった。
しかし、7回に落とし穴が待っていた。

score_091017_DS.jpg

青木のタイムリーに続いてデントナの2ランホームランでまさかの逆転。

ドラゴンズは攻撃面でも、5イニング先頭打者を出塁させながら、そのうち一回も得点に結びつけることができなかった。
4回5回の得点は先頭打者の出塁によるものではない。
この辺も投打の噛み合いがいま一つだった。
6番谷繁と7番藤井の打順が逆だったら違っていたかもしれない。

しかし、スワローズは3位とはいえ、シーズン通算成績が5割を切っているチームである。
そう簡単に行かせてはならない。
ドラゴンズは明日、明後日意地を見せて欲しいものだ。
明日は吉見vs館山か。最多勝対決だ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
パリーグ・クライマックスシリーズ第1戦
2009年10月16日(金) 22:00
岩隈、杉内の両エースの対決ということで、ロースコア・ゲームを予想していたが、大いにはずれた。

score_091016.jpg

杉内が初回から、高須の先頭打者ホームランについで、セギノールにも2ランを浴び3失点。
3回にも4点を取られて7失点でノックアウト。まさかの3回での降板。

岩隈も4回に急に乱れ、高須のエラーもあって4点を取られたが、その後ホークスにも痛いエラーが出てイーグルスに追加点を許す。
先発全員安打の12安打、11点とイーグルス打線爆発。

岩隈は5回以降立ち直り、結局6安打完投。

イーグルス、勢いがある。

明日は田中まーくんとホールトンの先発。
イーグルスが一気に決めるか。注目の一戦だ。

セ・リーグもスワローズvsドラゴンズの第1戦が始まる。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
墓が勝手に掘り返されていた!
2009年10月15日(木) 23:35
昨晩、叔母から母あてに電話があり、昨日墓参りをしてきたら、お墓の植栽が無くなっているが、依頼したのか?との問い合わせだったそうだ。

一応お墓の名義上の管理者は私になっているので、母からすぐに私に電話があり、何か霊園に依頼したかと聞かれたが、私にとっても寝耳に水の話だ。

そこで今日、母が早速お墓に行って現場を見、霊園と話をしてきたところ、なんと一列違うところの同じ苗字のお墓の方の依頼を間違えて作業してしまった、とのこと。

植栽は霊園の既定のお仕着せの両脇にある木はどうでも良かったのだが、墓石の左側にかえでの木が植わっていた。

このかえでの木は、亡くなった祖父が盆栽として丹精していたものを、祖父が亡くなった時に、植えたものが活着して二十数年経ったもので、これが掘り返されて捨てられていたのは取り返しが付かない痛恨事だ。
抜いた木はもう処分してしまったとのことだ。

業者は平謝りで、如何様な仕様にも無償で復旧させていただくと言っていたそうだが、他の木を植え直してもらったところで、あのかえでの木は代替できるものではなく、気が治まるものではない。
損害賠償をしてもらいたいぐらいの気持ちだ。

母から電話で、いっそ、下手に他の木を植えるのはやめて、玉砂利を敷いてもらうだけにした方が良いと思うがそれで良いか?と言われたので、私もその方が良いと思う、そのようにしてくれ、と答えた。

祖父のかえでの木は祖父の死後も墓を守る形で生き続けていたので、私たちにとって大切なものだった。
いったいなんちゅうことしてくれてんねや!という気分だ。

祖父と祖母と父が眠り、私も入る予定の墓だが、これから見る度に無念の思いが起こるかと思うとやるせない。
別窓 | 雑感日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
今日は始業式&鉄道の日
2009年10月14日(水) 22:12
今日は娘の後期の始業式。
始業式は体育館に集まらず、テレビを通じて教室でやったそうです。

そして今日は「鉄道の日」
「鉄道記念日」だと思っていたんですが、調べてみると、1994年に「鉄道記念日」では旧国鉄色が強いと言う理由で、「鉄道の日」に改称されていたんですね。

何で「鉄道記念日」だと旧国鉄色が強いのか?は意味不明ですが、ちょっとお役所っぽい呼称から、民間ぽい呼称に変えたということなんでしょうね。

娘に今日は鉄道記念日だと言うと「何で今日なの」と問われ、「日本で始めて新橋-横浜間に鉄道が走った日だからだよ」と答えましたが、これもまた調べてみると正確ではなかったです。

「鉄道記念日」が制定されたのは1921年に東京駅に最初の「鉄道博物館」が出来た日を記念してなんですね。
しかし、この鉄道博物館の開設は鉄道発祥50周年を記念したものだったので、日付は10月14日。
日本で最初の鉄道が開通した日、10月14日と同じになっているわけです。
だからまあ、「日本で始めて新橋-横浜間に鉄道が走った日だからだよ」でも日付としては間違いないでは訳です。

今日、用事があって東京メトロ丸の内線に乗りましたが、15時頃に車両故障があって、ダイヤが乱れていたらしいんですが、私が乗ったときにはもうほぼ回復してましたが、車内アナウンスで、録音された女性のナレーションで「本日は電車に遅れが発生しましたことをお詫び申し上げます」というアナウンス。

プログラムとして用意されているわけですね。遅延のお詫びアナウンスが。
なんか、遅延もルーティンワークの一部として処理されている感じがして、ちょっと違和感ありましたね。
遅延の詫びくらい、車掌の肉声で聞きたいものだと思いましたが、丸の内線はワンマン運転なんでしたね。仕方ないか。

停止信号で止まったときは、「前の列車がつかえています」と肉声のアナウンスがありましたが、あれは運転士がしゃべってるんでしょうね。

別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
バファローズ、カープの新監督
2009年10月13日(火) 21:53
バファローズの大石大二郎監督が今季最下位の引責辞任となり、後任の新監督に元タイガースの岡田彰布氏が就任する。

カープはイーグルスの監督に就任しカープを離れるブラウン監督の後任に野村謙二郎氏を起用する。

野村謙二郎はいずれ指導者として帰って来て欲しかった人材だけに古巣のカープの監督就任は喜ばしいことだ。

しかし、バファローズはOBにもう少し人材がいるだろうに、タイガース色の強い岡田氏とはちょっと意外だった。

しかし、梨田監督も成功しているし、まあチーム生え抜きとか関係ないのかもしれない。

メジャーでは地区シリーズ決定戦で4強が決まった。
アメリカンリーグはツインズを破ったヤンキースと、レッドソックスを破ったエンゼルス。
ナショナルリーグはカージナルスを破ったドジャースと、ロッキーズを破ったフィリーズ。

日本のクライマックスシリーズももうすぐ始まる。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
プロ野球全日程終了
2009年10月12日(月) 22:47
本日のスワローズ-ジャイアンツ戦をもって今季プロ野球の全日程が終了した。

個人タイトルも確定。

セリーグは
首位打者:ラミレス(G)
ホームラン王:ブランコ(D)
打点王:ブランコ(D)
盗塁王:福地(S)

最多勝:吉見(D)・館山(S)
最優秀防御率:チェン(D)
セーブ王:岩瀬(D)
最優秀中継ぎ:山口(G)
奪三振王:ルイス(C)

パリーグは
首位打者:鉄平(E)
ホームラン王:中村(L)
打点王:中村(L)
盗塁王:片岡(L)

最多勝:涌井(L)
最優秀防御率:ダルビッシュ(F)
セーブ王:武田久(F)
最優秀中継ぎ:攝津(H)
奪三振王:杉内(H)

ライオンズがタイトルホルダーが多い割りにチーム成績がいま一つだったように思える。

ドラゴンズのブランコは安い年俸でタイロン・ウッズを大きく上回る働き。素晴らしい外国人を引き当てたと言えるだろう。
チェンの最優秀防御率はそんなに活躍してた印象がないので意外だった。
ダルビッシュの1.73という防御率は素晴らしい。
鉄平は素晴らしい開花をしたと思う。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
トルコとアルメニアの国交樹立
2009年10月11日(日) 16:21
ソ連が崩壊して、アルメニアが独立国となった後も、トルコとアルメニアは国交が無かった。

オスマントルコ時代のアルメニア人居住地域というのは現在のトルコ領のアナトリア半島基部から、現在のアルメニアにかけての地域で、むしろ、現トルコ領の方が主であった。

第一次世界大戦の中、オスマントルコによるアルメニア人の強制移住が行われ、多くのアルメニア人が命を落とした。
アルメニア人はトルコ政府が組織的に行ったジェノサイドだとしており、現トルコ政府は戦時下に起きた不幸な事故であり、組織的な殺戮ではない、という立場を取っている。

第一次大戦に敗戦したトルコ領の戦後処理の領土確定の過程の中で、アルメニア人が多く居住する地域は、セーブル条約では独立を前提としたアメリカの信託統治領アルメニアとして、トルコとは切り離される予定だった。

turkey_001.jpg

しかし、ケマル・アタチュルクのトルコ軍の反転攻勢によって、トルコは領土を拡大し、その既成事実を受け入れたジュネーブ条約でアルメニア人居住区は現トルコ領となる。

隣国同士であるトルコとアルメニアが国交を結んでいなかった最大の理由はアルメニア人ジェノサイドに対する見解の相違だった。
また、アゼルバイジャン共和国内にあるアルメニア人居住区であるナゴルノ・カラバフ自治州の帰属問題もアゼルバイジャンを支持しているトルコ政府とアゼルバイジャンからの分離編入を求めるアルメニア政府は対立関係にあり、これも両国関係を緊張させていた一因だ。

今回のスイス政府の仲介による国交樹立はジェノサイドの問題はとりあえず脇に置き、両国の経済的発展を優先に歩み寄ったという感じだ。

アルメニア人ジェノサイドの問題は国際社会がもっと大きく取り上げも良い問題だと思うが、差し当たり今回、国交が樹立したことで、両国が一歩踏み寄ったことは評価して良いと思う。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ノーベル平和賞
2009年10月10日(土) 23:32
バラク・オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞した。

就任わずか9ヶ月目の受賞に、本人も含め、驚いたようだ。

確かにオバマ氏はまだ結果としての実績を出せているわけではない。

しかし、オバマ氏本人も語っているように、ノーベル平和賞は過去の実績成果だけでなく、ある方向に世界を導くきっかけとして激励の意味で送られることもある。

ノルウェーのノーベル賞委員会のヤーグラン委員長は「この1年間で世界の誰が最も平和を重視したかで選考した。オバマ大統領を上回る人はいなかった」と説明している。

核なき世界の実現へ向けて強いメッセージを出したオバマ大統領の姿勢が評価されたのだろう。

今後のオバマ大統領の動静に注目したい。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
西村新監督正式発表
2009年10月09日(金) 23:27
<スポーツニッポンの記事より>
ロッテは8日、退団するボビー・バレンタイン監督(59)の後任として、西村徳文ヘッドコーチ(49)が昇格すると正式発表した。
八木沢元監督以来、16年ぶりとなる生え抜き監督は「七転び八起きの考えは変わらない」として背番号はコーチ時代と同じ「78」になる。

2年連続Bクラスからの再建へ。新監督は“脱ボビー”を掲げた。
「私の野球をやる。まず1年間戦えるだけの体力を付けること。僕自身が練習で結果を残してきた。量的にはかなり多くなる」

 大きな改革点は4つだ。
(1)メジャー流調整法からの脱却(2)日替わりオーダー撤廃(3)攻守でセオリー重視、データ面含めた細かい野球の徹底(4)自由だったユニホームの着こなしや髪形のチェック、だ。
(1)は他球団からも低迷の一因と指摘された全体練習の少なさ、軽めの調整から一転、7年ぶりに秋季キャンプを復活させる。16日から鹿児島・薩摩川内で行うキャンプでは投げ込みを解禁。アーリーワーク導入など“地獄の猛練習”を課す。

 (2)~(4)も徹底して意識改革を図る。
同時に来季新キャプテンには西岡を指名し「西岡みたいな若い選手にやってもらわないと。チームを引っ張る上で適任」。
常勝軍団形成へ補強ポイントには4番を任せられるパワーヒッター、今季固定できなかった抑えを挙げた。
<引用以上>

投手コーチには西本聖氏、打撃コーチには金森栄治氏
格段に安くなった監督の年俸を選手補強に回せることも大きい。
4番を任せられるパワーヒッターは一応ズレータがテストを受けることになっているようだが、これも不透明だ。
メジャーに渡った小林雅英と薮田は多分、来シーズン、メジャーには残れないだろうから、復帰も視野に入るのかもしれない。

新生西村マリーンズの飛躍に期待したい。

P.S.
今日、スワローズの3位と、イーグルスの2位が決まった。
クライマックス・シリーズも面白くなりそうだ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日は終業式
2009年10月08日(木) 22:32
娘の小学校は、今日前期の終業式。
千葉市は2学期制なので、いつもこのタイミングだ。
6年生になったが、未だに違和感がある。
「はい、通知表」と渡されるが、「お、おう」という感じで驚く。

成績はまあまあ。
5年生の後期の方が良かったんじゃないかな。

◎と○だけの通知表だとはっきり言ってよくわからない。
娘は◎と○しかついてたことがないのでわからなかったが、◎と○と「空欄」があるらしい。
「空欄」は「がんばりましょう」
3段階評価なんだな。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2009年最終戦は完敗
2009年10月07日(水) 21:11
今日はKスタ宮城でのイーグルス戦、今季最終ゲームである。

何とか勝ってボビーの勇退に花を添えたいところだったが、イーグルス永井が素晴らしいピッチングで、3安打完封に抑えられてしまった。

唐川も打ち込まれて8点を取られ、結局0-9で負け。

イーグルスは9日のバファローズ戦で勝つか引き分ければ2位が決定する。

今シーズンは井口の加入があって、序盤はその井口一人の活躍で勝利する試合も多かったものの、中盤以降は井口もペースダウン。それにしたがって、チームもペースダウンしてしまった。
大松は今年は左投手でもスタメンで使ってもらえるようになったものの、昨年のホームラン数を上回ることが出来なかったのは残念。
西岡の低打率にも苦しんだ。
里崎の打撃不振は目を覆わんばかりのものだった。
唯一合格点の活躍を見せたのはサブローだったろうか。
竹原も一時期、完全開花、一軍定着かと思わせたが、大振りが目立つようになり不振に陥った。

投手陣では成瀬が二桁勝利をあげたものの、清水直行、小林宏之、渡辺俊介の3人は一応ゲームを作れていた試合も多かったが、味方の援護無く敗戦を重ねた。

唐川、大嶺はもう一段高いレベルでの活躍を期待したのだが、いまひとつ中途半端な出来に終わってしまった。

ブルペン陣に関してはもはや言う言葉もない。早急な補強が必要だろう。

来季は西村新監督のもと、チームの建て直しにまい進して欲しいものだ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ありがとうボビー・バレンタイン(号泣)
2009年10月06日(火) 23:12
今日は雨の降る中、マリンスタジアムでの今季最終戦。

試合は8回に3点のリードを得たマリーンズが2位確保を狙うイーグルスに勝った。
(結果ファイターズが優勝を決めたんだが、それは今日はどうでも良い)

score_091006.jpg

9回表2アウトからは今季限りでの引退を表明している小宮山が登板。
一球でセギノールをセンターフライに打ち取り、日本記録となる最年長セーブ記録をマークした。

試合後は、小宮山悟投手の引退セレモニー、ボビー・バレンタイン監督のフェアウェル・セレモニー。

小宮山の「またこのユニフォームを着て、ここに戻って来たいと思います」の言葉に感激した。

ボビーは、しみじみと最後の挨拶なので全部日本語で話します、といい訥々ではあるが、一語一語かみ締めながらの日本語での最後のメッセージ。

ボビー泣いていた。
こちらもさすがに泣けた。

ありがとう、ボビー・バレンタイン。あなたのことは一生忘れない。

グラウンド一周では、バレンタイン監督、小宮山とともに、今季でチームを去るベニーもグラウンド一周。
ランペンコーチも一周して挨拶をしていた。
私服でだがバーナムJr、ランビンの両選手も姿を見せグラウンド一周していた。

ボビーの胴上げ、ベニーの胴上げ、コミさんの胴上げ、ランペンコーチの胴上げと続いた。

戦力外通告を受けた高木投手も姿を見せていたが、まだ現役続行の意思のある高木さんには特別なセレモニー・挨拶は無かった。

コミさん、早稲田大学二浪入学、マリーンズのエースとしての活躍、戦力外通告を受けてのベイスターズ入団、メジャー、一年浪人、マリーンズ復帰と、波乱万丈の野球人生、本当にお疲れ様でした。

ベニーも、本当にどうもありがとう。

ボビー・バレンタイン、本当に楽しい野球をありがとう。

<最後の打者一人を小宮山に託すボビー>
komiyama_091006.jpg

<ウイニング・ボールをボビーに手渡す小宮山>
bobby_091006.jpg

<雨の中グラウンドを一周するボビーと小宮山>
bobby_komiyama_091006.jpg

別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
トキ2年目の放鳥無事終了
2009年10月05日(月) 22:55
一昨日3日、放鳥5日目のことだが、残っていた2羽が飛び立ち、予定されていた20羽すべてが放鳥ケージの外に出た。

1羽は茂みに頭を突っ込んで動けなくなったところを保護されて、この個体は再放鳥しないとのことなので、今年は19羽のトキが野生での生活に旅立ったことになる。

放たれた19羽は概ね放鳥ケージの近くにいるようで、昨年、箱から飛び立たせるハードリリースで拍手と歓声にも驚き、四散してしまい、群れを作れなかった反省は今回のソフトリリース方式に生かされたのではないかと思う。

今シーズンこそ、野生での繁殖に期待をしたい。
また、来年以降の放鳥にも期待したい。

<飛び立つ最後の一羽>
toki091003.jpg
別窓 | 里山自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
中川昭一の死
2009年10月04日(日) 21:19
いや、驚いた。
中川昭一氏の死去のニュース

朦朧会見から、衆議院選挙落選、と、まあ大変だったとは思いますが。
まだ56歳、働き盛りです。

今回の死去、どういう原因かまだ良くわからないのですが。

お父様も自殺されているので、何か業を感じますね。

別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2016オリンピックはリオデジャネイロに
2009年10月03日(土) 14:47
順当といえば順当。
2016年オリンピックはブラジルのリオデジャネイロに決定。

東京は当初から必然性が感じられなかったなあ。

オバマ大統領が乗り込んだシカゴが最下位になったのはちょっと意外だった。

            1回 2回 3回
 リオデジャネイロ  26 46 66
 マドリード      28 29 32
 東   京      22 20 -
 シ カ ゴ      18 -  -

別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2年目のトキ放鳥、今日の動き
2009年10月02日(金) 22:51
今日はさらに2羽が飛び立ち、ケージに残っている放鳥トキは2羽に。

また、昨日飛び立ったうちの1羽が、やぶに頭を突っ込み動けなくなっているのが発見され、トキ保護センターではこの1羽を保護した。
この個体を再度放鳥させる予定はないという。
したがって今年の放鳥予定20羽のうち17羽がケージ外に飛び立ち、1羽が再保護、2羽がまだケージに残っているということになるか。

飛び立ったトキは以下の通り
<29日>
10:45 19  ♂ 4歳
13:10 28  ♂ 1歳

<30日>
 6:10 18  ♀ 4歳
      20  ♂ 4歳
      21  ♀ 3歳
 7:15 27  ♀ 1歳
13:00 30  ♀ 1歳
13:20 32  ♀ 1歳
14:15 08  ♂ 3歳
      22  ♂ 2歳
      23  ♂ 1歳
      26  ♀ 1歳
16:45 16  ♀ 5歳

<1日>
 5:45 17  ♀ 5歳(直後に保護)
      25  ♀ 1歳
15:05 24  ♂ 1歳

別窓 | 里山自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 日々の雑学 | NEXT≫\r