日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ドラフト1位荻野、2位大谷入団契約
2009年11月30日(月) 21:20
娘の熱は朝から36℃台になっていたのですが、夜になってまた38℃を超え、まだ安心できません。

ところで今日、マリーンズはドラフト1位指名の荻野貴司外野手(24)、2位指名の大谷智久投手(24)と正式契約しました。

今回奇しくも1、2位指名の両選手が同じトヨタ自動車所属となりましたので、トヨタ自動車のある愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターに千葉ロッテ瀬戸山社長が出向いての入団交渉となりました。

荻野は契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で背番号は「4」。
大谷は契約金8000万円、年俸1500万円で背番号は「14」に決まりました。
(金額は推定)

荻野貴の「4」は今まで付けていた番号で、本人の要望もあり、空いていた番号だったので、すんなり「4」になったようです。

大谷は今季限りで引退した早稲田大学の先輩にあたる小宮山投手の背番号「14」を引き継ぐことになりました。

荻野貴は開幕スタメンへの意欲を表明。頼もしいです。
両選手の活躍期待。

<荻野貴司、瀬戸山社長、大谷>
ogino_ohtani_091130.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
娘、発熱4日目
2009年11月29日(日) 21:07
恐るべし、リレンザの効果。

36℃台まで、下がりました。

元気も出てきて、食欲も少し出てきました。

まだ、咳はしつこく残ってますが、何とか収拾方向です。

しかし、リレンザを処方された時点で、インフルエンザ患者として、7日間は学校を休まないと治癒証明が出ないので、明日以降も欠席です。
別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
娘、高熱3日目
2009年11月28日(土) 22:43
娘は発熱3日目となったが、38℃台、時々39℃を越える熱が続いている。

今日も医者に行ったのだが、これだけ続くとインフル陰性と出てますが、一応併用してみましょうか、ということで、リレンザが処方された。

夕食は少し食べられて、その後リレンザを吸引。

22時現在、37,7℃に。

頓服を使わずに37℃台になったのは発熱以来初めてのこと。

これってリレンザが効いてるってことなのか?

リレンザが効くってことはインフルエンザだったってことなのか?

インフルエンザの簡易検査ってどうなのか?


別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
やはり陰性
2009年11月27日(金) 21:28
娘のインフルエンザ検査、今日もやはり陰性。
うーむ、陽性の方が却ってスッキリしたんだがなあ。
インフルじゃないのか。

しかし38℃台の熱はずっと続いております。
頓服飲んでもあまり効かなくなってきています。

とりあえず抗生剤を処方されて、帰ってきましたが、食事がなかなか摂れない状態が続いております。
カロリーメイトとかアイスクリームとかを少々口にするだけ。

尿に淡白と潜血が見られるので、明日また来て下さい、とのこと。
しかし、スゴイ患者さんの数で、診察も慌しくて、何がなにやら訳がわからないんですよね。

意識はしっかりしているので、まあ容態が急変するようなことはなさそうですが。

学校のクラスはもう6年の最後で、処理しなければいけない課程が詰まってきているので、学級閉鎖は基本的にもうしない方針だとか。
別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
娘、発熱38.5℃!
2009年11月26日(木) 21:05
ついに来たか、朝起きてすぐ計って37.1度だった熱が1時間で38.5℃に。

これはインフルでしょう、ということで、医者に電話してから連れて行きましたが、発症後の時間が早過ぎるんで陽性が出ないかもしれないと看護婦さんに言われながら、簡易検査。

インフル陰性でした。

明日また来てくださいと言われ、普通の風邪の薬を処方されて帰宅。

処方された頓服で熱は37℃台に下がって安定しているので、とりあえず様子見ですね。
食欲が無くて物を食べれないのが心配。

明日どうなるか。
娘のクラスは昨日時点で5人のインフル欠席者がいるので、また学級閉鎖かもしれないなあ。
別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
藤沢周平「必死剣鳥刺し」
2009年11月25日(水) 23:30
藤沢周平の「隠し剣孤影抄」には、
「邪剣竜尾返し」
「臆病剣松風」
「暗殺剣虎ノ目」
「必死剣鳥刺し」
「隠し剣鬼の爪」
「女人剣さざ波」
「悲運剣芦刈り」
「宿命剣鬼走り」
が収められ、

続編の「隠し剣秋風抄」には、
「酒乱剣石割り」
「汚名剣双燕」
「女難剣雷切り」
「陽狂剣かげろう」
「偏屈剣蟇ノ舌」
「好色剣流水」
「暗黒剣千鳥」
「孤立剣残月」
「盲目剣谺返し」

が収められており、このうち「隠し剣鬼の爪」はそのままの題名で永瀬正敏の主演で、「盲目剣谺返し」は「武士の一分」というタイトルで木村拓也の主演で、それぞれ映画化されている。

今度、「必死剣鳥刺し」が豊川悦司の主演で映画化されるという
今回は山田洋次監督ではなく、平山秀幸監督による映画化。

映画化の報に接し、改めて読み直してみたが、短編なのでストーリー的には肉付けの必要と余地があるのは確かだが、ちょっと映像化は簡単ではない作品という感じがしている。

藤沢作品の映画化というと原作のファンからすると、不安8分期待2分という感じで、ドキドキしながら見ることになるわけで、今回もそういうことになるだろう。

公開は来年夏ということだが、過剰な期待をせず、淡々と見たいと思う。

隠し剣孤影抄 (文春文庫)隠し剣孤影抄 (文春文庫)
(2004/06)
藤沢 周平

商品詳細を見る

隠し剣秋風抄 (文春文庫)隠し剣秋風抄 (文春文庫)
(2004/06)
藤沢 周平

商品詳細を見る
別窓 | 時代小説歴史小説 書評日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
川越、入団正式発表
2009年11月24日(火) 23:14
オリックス・バファローズを戦力外になった川越英隆投手は16日のマリーンズのテストのあと、入団内定という情報があったものの、その後どうなったか不明でしたが、今日、入団決定のニュースがありました。

背番号は46。

川越投手コメント
「また野球が出来るという喜びを感じています。川越を獲ってよかったと思っていただけるように与えられたポジションで必死に投げたいと思います。
ロッテは元々、好きな球団。今まで敵として戦ってきてファンの応援を含めた雰囲気が羨ましかった。ああいうところでやってみたいという思いがありました。とても魅力のある球団に入団できて本当に嬉しいです。」

バファローズ時代の全盛時のように先発で使えるのか、セットアップで使うのかわかりませんが、小宮山、高木の両ベテランが抜けた後を上手に埋めてくれると良いな、と思います。

今オフは結構獲りましたね。
支配下登録選手枠が一杯になりそうな感じです。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
薮田復帰
2009年11月23日(月) 21:29
カンザスシティ・ロイヤルズからフリーエージェントとなっていた薮田安彦投手の千葉ロッテ・マリーンズへの復帰が決まったと休団が発表した

手薄だったブルペン陣には絶好の補強。
年俸もそれほど高くなく獲得できたのは大きい。

これでシコースキーが抜けた穴は多少埋まるかも。

薮田が渡米前に付けていた背番号20は服部がもう使っちゃっているので、背番号はどうなるのかわかりませんね。

薮田の復帰は正直言って嬉しい。

左のセットアッパーとして獲得がうわさされていたカルロス・バスケス投手はその後どうなったんでしょうね。
それと、川越も内定の情報があった後、正式入団のニュースがないので、どうなったのか気になるところです。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
U―26NPB選抜―大学日本代表
2009年11月22日(日) 21:56
今日、東京ドームで地味に行われていたんですが、プロ野球のU26(26歳以下)選抜vs大学野球日本代表の試合。
セ・リーグ、パ・リーグ誕生60年を祝う記念イベントでした。

プロ野球側の選手は、

<投手>
大嶺 祐太(千葉ロッテ)
山口 俊(横浜)
唐川 侑己(千葉ロッテ)
前田 健太(広島)
平野 将光(埼玉西武)
大隣 憲司(福岡ソフトバンク)
由規(東京ヤクルト)
金刃 憲人(読売)
久米 勇紀(福岡ソフトバンク)

<捕手>
銀仁朗(埼玉西武)
嶋 基宏(東北楽天)

<内野手>
中田 翔(北海道日本ハム)
坂本 勇人(読売)
田中 浩康(東京ヤクルト)オーバーエイジ
小窪 哲也(広島)
岩 恭平(中日)
新井 貴浩(阪神)オーバーエイジ
根元 俊一(千葉ロッテ)
大和(阪神)

<外野手>
大崎 雄太朗(埼玉西武)
亀井 義行(読売)オーバーエイジ
天谷 宗一郎(広島)
岡田 貴弘(オリックス)
松本 哲也(読売)

・・・の各選手。

オーバーエイジ枠は正直要らないんじゃないか、という気もしましたし、しかも阪神の新井って32歳でっせ。
出てて恥ずかしいだろうと思うんだけどな。
いくらオーバーエイジでも、もう少し若手は居なかったのかという気もします。
が、結果は、プロ野球チームは初回に早稲田大学のハンカチ王子から、その新井がタイムリーを打った1点だけ。

大学チームも1点だけで、1-1の引き分け。
何とも地味な試合結果になりました。

プロ野球U-26ちょっとだらしないんじゃないか、という気もしますが、mixiのマリーンズ・コミュで見に行った人の感想では、大学のピッチャーがみな思いのほか良かった、という意見もあり。

我がマリーンズは大嶺が1イニングを三者凡退に、唐川は走者出すも盗塁死させて3人で終わり、根元は追加点の絶好のチャンスで打席に立ちましたが、三振チェンジ、という内容でした。

プロ・アマの交流試合はどういう形でも良いので今後も続けていって欲しいですね。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
いきものがかり
2009年11月21日(土) 23:23
前から気になっていて、おそらく自分の好みに合うんじゃないかと思いながら、手を出してなかった「いきものがかり」、TSUTAYA DISCUSで借りて聞きました。

ライフアルバムと My song Your songの2枚。

予想通り、私の趣味に合いました。
ヴォーカルの吉岡聖恵は音程の安定感抜群のストレートボイスで、ちからありますね。
吉岡が好きなアーティストとして真っ先にあげているJudy And MaryのYUKIにちょっと似ているところもあるかもしれない。YUKIほどハイトーンではないけれど。

楽曲もジュディ・マリに似てる感じの曲が結構あって、作曲をしているのはリーダーの水野良樹が主で、山下穂尊の曲もいくつかあり、という感じですが。

好感持ちましたが、買ってまで持とうとは思わないかも。
レンタルで十分かな。

ライフ アルバムライフ アルバム
(2008/02/13)
いきものがかり

商品詳細を見る


My song Your songMy song Your song
(2008/12/24)
いきものがかり

商品詳細を見る




別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ローソンのプレミアムロールケーキ
2009年11月20日(金) 22:59
ちょっと前に話題となって、店頭で品切れになるなどの騒ぎになっていた、ローソンの「プレミアムロールケーキ」。

091118001_300.jpg

ふとローソンに入ったら豊富に並んでいたので、買って帰って食す。

クリームは確かに美味い。
しかしロールケーキとしての総合的な完成度としてはどうなんだろう。もう少しスポンジの部分が多い方が、食感としては良いと思うのだが。

「スプーンで食べる」が謳い文句だから、クリームたっぷりなコンセプトはわかるが、ここまでクリームの部分が多いと、生クリームをボールから直接スプーンですくって食べるのと変わらなくなってきて、ロールケーキである必然性が無くなってくる感じもするのだが。

まあ、何にせよ、\150という値段は良い。

しかし、また買うかどうかは微妙だなあ。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
タイガース戦力外の今岡、獲得の方向?
2009年11月19日(木) 22:51
タイガースを戦力外になったかつての首位打者・今岡誠だが、先日の12球団合同トライアウト時にも結局どこからも声がかからなかった。

そんな中、マリーンズは、来春のキャンプに今岡をテスト生として招待するようだ。

ソースはデイリースポーツだけだから、ガセかも知れないが。

タイガースでは2軍でも全然打ててなかったから、正直どうなのか?、という気もするが、心機一転新天地で本領発揮してくれるかも知れない。
内野のレギュラーは難しいにしても、現状マリーンズには代打の切り札的な選手が居ないから、復活して打てるようになっているなら獲っても良い気もする。

16日から行われたテストではバファローズ戦力外の川越英隆投手、元ソフトバンクで四国・九州ILの福岡に所属する山田秋親投手、ホークス戦力外の的場直樹捕手も内定の模様。

フィリーズ傘下1Aレイクウッドに所属していた台湾出身右腕・林彦峰は育成枠での入団が濃厚との情報もあり、さらに、元巨人でレンジャーズ傘下3Aオクラホマのブライアン・コーリー投手、ブルージェイズのビル・マーフィー投手の獲得にも前向き、とのことだが、こんなに補強するなら、シコースキーに金積んで引き留めて欲しかったものだ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
司馬遼太郎「竜馬がゆく」
2009年11月18日(水) 23:21
「坂の上の雲」を久々に読んだ勢いで、同じ棚にあった「竜馬がゆく」を読む。
まあ、来年の大河ドラマが「龍馬伝」だということもあっておさらいのつもりもあった。
読むのはおそらく5回目くらいだと思う。
私の持つ文庫本全8巻には、「竜馬生誕150年」のオビが付いているので、買ったのは1986年ということになるか。大学を出た翌年だ。

1巻~8巻読了。

竜馬という人間の面白さと歴史の不思議さ、を改めて感じる。

毎回思うことだが、勝海舟の人間の大きさを再認識させられるし、陸奥宗光の存在もバイプレーヤーとして非常に良いスパイスになっている。

毎回感動するのは新政府の財政担当として越前藩士由利公正を呼び出しに福井に行くところだ。

司馬遼太郎をまとめて読んだことのない人には入門編として文句無く「竜馬がゆく」をお薦めしたい。

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

竜馬がゆく〈4〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈4〉 (文春文庫)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

竜馬がゆく〈5〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈5〉 (文春文庫)
(1998/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)
(1998/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

竜馬がゆく〈7〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈7〉 (文春文庫)
(1998/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

竜馬がゆく〈8〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈8〉 (文春文庫)
(1998/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る
別窓 | 時代小説歴史小説 書評日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
シコースキー退団決定(泣)
2009年11月17日(火) 22:25
ブライアン・シコースキー投手との交渉が決裂し、退団が決定した

今季は55試合に登板し8勝5敗15セーブ、防御率2・19。
立派な成績ではないか。

これに対し球団はなぜか33%ダウンの来季条件を提示していた。
辞めてくれというようなものだ。
全く理解できない。

一方で未知数の新外国人投手をテストしている球団フロントの気が知れない。

シコースキーはメジャー復帰も視野に入れつつ、日本でのプレイを基本線としているそうだ。

ベイスターズが手を挙げそうな感じだ。
いったいこのオフ、何人ベイスターズに行くのだろう。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
金泰均キム・テギュン入団会見
2009年11月16日(月) 23:11
今日、金泰均(キム・テギュン)が千葉市内のホテルで入団記者会見をした。

日本で実績を残して、メジャーに行きたい、と早くも視線はメジャーに?
まあ、とにかく、ようこそキム・テギュン、ということで、歓迎したい。

競争して4番になれるように頑張りたい、とのこと。

ところで、キム・テギュンの背番号は韓国時代からずっと付けている52番に決まった。
52番は塀内が付けている番号だ、それにともない、塀内には背番号の変更が求められた。

<マリーンズ・オフィシャルサイトより>
塀内選手の背番号が「52」から「16」へ変更となりましたのでお知らせします。
塀内選手コメント.
「いくつか候補がある中から選ばせてもらいました。特に理由はないですが、第一印象でこの番号がいいと思いました。背番号も若くなり、気分一新して来年は頑張りたいと思います。」

マリーンズ・ファンの中ではイジラレキャラとして愛されているヘイポーこと塀内選手。
「打撃の神様」の背番号襲名で一気にブレイクするか?

<西村新監督とガッチリ握手するキム・テギュン>
kim-Tae-gyun_091116.jpg

<マリンスタジアムの公開練習を視察に来て、ファンの声援に答えるキム・テギュン>
kim-Tae-gyun_091116_2.jpg

今日からはその他にもマリンスタジアムで、的場直樹捕手(前ソフトバンク)、クリス・リチャード選手(タンパベイ レイズ)、ビル・マーフィー投手(トロントブルージェイズ)、ブライアン・コーリー投手(サンディエゴパドレス)と、フリオ・ズレータのテストが始まった。
テストは公開だったので、結構見に行った人もいるようで、mixiのマリーンズ・コミュでは感想も書かれていたが、ズレータは柵越え連発だったそうで、「あれは合格なんじゃないのか」という意見しきり。

今年は清水直行の放出で揺れ動き始めたストーブリーグだが、補強も積極的なような気がする。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今年アジアシリーズって無いんだ・・・
2009年11月15日(日) 20:59
うっかり。

今年、アジアシリーズって無いんですね。
ちっとも知らなかった。

代わりに昨日、「日韓クラブチャンピオンシップ」という試合がジャイアンツと韓国のKIAタイガースとの間で、長崎で(なぜ長崎?)ひっそりと行われて、地味にジャイアンツが勝ちましたが、ニュースの扱い小さいですね。

アジアシリーズはコナミがスポンサーから降りて、読売新聞も降りて、今年は休止だそうです。
来年は台湾で開催することが決まっていたのだけれど、それもどうなることやら。

マリーンズのユニフォームには袖に「2005 ASIA CHAMPION」のロゴが入ってるのですが、ジャイアンツは不幸にもASIA CHAMPIONにはなれなかったんですね。

アジアシリーズ、それなりに面白かったんだけどな。残念です。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日の風はすごかった
2009年11月14日(土) 23:24
今日の風はすごかったなあ。
台風並みだったのではないか?

娘は塾に行って、帰路、京葉線が止まっていて、ちょっとパニックになっていたが、まもなく動き始め、大事に至らなくて良かった。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
マリーンズ、韓国代表の4番キム・テギュン金泰均獲得
2009年11月13日(金) 23:39
マリーンズは、韓国プロ野球・ハンファ・イーグルスに所属していてFA宣言をした、キム・テギュン(金泰均)内野手の獲得を発表した。

韓国中央日報の記事

2008シーズンにはホームラン王も獲得し、2009ワールド・ベースボール・クラシックでは韓国代表の4番バッターとして、全9試合で打率.345、3本塁打、11打点の活躍をし、大会ベストナインに選出(一塁手部門では満票)される等、韓国代表の大会準優勝に大きく貢献した選手。

ほぼ毎年4割台の出塁率を残している。
27歳とまだ若く長く活躍してくれそう。

2010~2012年の3年契約で、総額は7億円だそうだ。
これが安いか高いかは、来てみてくれてからの活躍次第だが、期待のできる助っ人誕生だ。

瀬戸山社長は「4番・ファースト」で、と言っているようだが、守備は福浦の方が上でしょう。
DHで良いんじゃないの?キム・テギュンは。

彼は韓国ではずっと52番をつけてプレイしていたが、マリーンズでの背番号はどうなるか。
ベニーの付けていた50番が空いているが。
背番号4番は今年のドラフト1位荻野貴が付けたいって言ってたからな、背番号4番はないだろうな。

16日からのテストにはフリオ・ズレータも参加するようなので、ズレータも獲るのか、外人枠は余裕あるから獲るには獲れるけど、ファーストorDHの人ばかり獲ってもなあ。

<キム・テギュン>
kim-Tae-gyun.jpg

<マリーンズのキャップをかぶるキム・テギュンとマリーンズ瀬戸山社長>
kim-Tae-gyun02.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
マリーンズ、バファローズ戦力外の川越獲得へ?
2009年11月12日(木) 21:50
サンケイスポーツが報じるところによると、マリーンズはオリックス・バファローズから戦力外通告を受けた川越英隆投手(36)の獲得を検討していることが11日、明らかになったそうだ。

今季、クローザーを勤めたブライアン・シコースキーが球団の不可解な査定方式で減俸となって、来季の残留が微妙なこともあり、小林宏之の抑え転向も視野に入れる中で、ブルペン陣の補強として川越の獲得を考えているようだ。

まあ、もし川越が来るなら歓迎したいし、往年の活躍を期待したいものだ。

<川越>
kawagoe.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
iPodかWalkmanか
2009年11月11日(水) 22:29
ポータブル・オーディオ・プレイヤーと言えば、問答無用でiPod、という感じで考えていて2世代、iPodを使っているのだが、SONYのWalkmanの歌詞表示機能にはちょっと心を動かされるものがある。

ポップスのCDはTSUTAYAのDISCUSで借りることが多いので、歌詞カードは見ることが出来ないケースが多い。

次に買い換えるときにはWalkmanも選択肢に入るかもしれない。

walkman.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
森繁久弥の死
2009年11月10日(火) 21:50
いつかはこの報に接するのだろうとは思いつつ、他の人が先に死ぬたびに、森繁の追悼コメントを聞いてきた。
が、ついにその日が来た。本人の番が来たのである。
96歳、大往生である。

私の娘は「森繁久弥が死んだ」と言っても「誰それ?」だった。

昭和は遠くなりにけりである。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
清水直行、ベイスターズにトレード
2009年11月09日(月) 21:16
マリーンズの背番号18、選手会長の清水直行投手が、またも不可解なトレードで、横浜ベイスターズに移籍することが今日正式に発表された。

交換要員は、那須野巧投手と斉藤俊雄捕手の1:2のトレード。

清水の年俸は2億8000万円、対する2人は2人合わせて3000万円という明らかにバランスを欠いたトレード。

清水直行を出すのであれば、レギュラークラスの野手が欲しいところだ。

去年のタイガースとの久保⇔橋本健太郎のトレードに続いて、何とも不可解なトレードだ。

<サンスポの記事引用>
ロッテの清水直行投手(33)と、横浜の那須野巧投手(27)と斉藤俊雄捕手(25)との交換トレードが成立し、9日両球団から発表された。

 清水は「ファンの皆様の応援が僕をここまで育ててくれたと思っています。千葉マリンのマウンドからファンの方々の声援を感じながら投げる事が出来たのは本当に幸せな日々だったと感じています」とロッテ球団を通じてコメントした。

 2年連続で最下位に終わった横浜は、チーム防御率が2年連続でセ・リーグワーストを記録し投手陣の再建が急務になっている。今季2けた勝利を挙げたのは三浦(11勝11敗)だけ。エースと並んで先発の軸となる投手の獲得を目指して編成会議を重ね、2002年から5年連続で2けた勝利をマークした清水を筆頭に調査を進めていた。

 清水は来季が2年契約の2年目で、年俸は4000万円増の2億8000万円。今季は6勝7敗、防御率4.42に終わったが、球団関係者は「三浦に並ぶ先発として活躍が期待される」と話している。(金額は推定)

<さらにサンスポから>
ロッテ・清水、複数年契約中の稀なトレード

 ロッテの清水直行投手(33)と横浜の那須野巧投手(27)、斉藤俊雄捕手(25)の1対2の交換トレードが9日、両球団から発表された。清水はロッテと来季まで2年契約。複数年契約中での放出は極めてまれだ。しかも今季年俸は清水の2億4千万円に対し、那須野と斉藤で合計3千万円。明らかにバランスを欠くが、ロッテの瀬戸山隆三球団社長は「互いのニーズが合った」と述べた。

 清水は今季6勝でも、4千万円増の2億8千万円の来季年俸が保障されていた。ロッテは依然、赤字経営に苦しんでいる。人件費がカットできる上に若手の台頭を促せるだけに、横浜の申し出は「渡りに船」だった。

 一方、横浜は先発陣の強化が最大の懸案。プロ10年間で通算93勝の右腕を獲得するためには金銭的な負担が大きくても、背に腹はかえられなかった。(金額は推定)

 ロッテ・瀬戸山隆三球団社長の話「横浜には何年越しかでラブコールを送ってもらっていた。セ・リーグで勉強して、いずれロッテのために帰ってきてほしい。穴埋めは大変だが、若手にはチャンスを与えられる」

<引用以上>

チームの大黒柱のエースナンバー選手会長の2年契約の途中での一方的なトレードに、マリーンズ・フロントへの不信感は募るばかりだ。

何を考えているんだ。

当事者の3選手には頑張ってもらうことを期待するしかないが、どうも釈然としないものが残るトレードだ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | ↑top
司馬遼太郎「坂の上の雲」読了
2009年11月08日(日) 21:34
先日、読み始めた司馬遼太郎の「坂の上の雲」だが、読むのは3回目くらいだと思う。

主人公と言って良いのか、秋山好古、秋山真之兄弟と、真之の友人正岡子規だが、全編を通してみると、この3人が登場する場面はごく限られている。

日露戦争の期間がやはり重要な舞台となるのだが、陸軍騎兵の長として満州でロシア軍と戦う秋山好古も、海軍の参謀としてロシア艦隊と戦う秋山真之も、実際の戦争の描写に入ってしまうと、彼らの様子の描写に割かれているページ数は非常に限られている。

その意味では主人公は、大山巌とも言え、東郷平八郎とも言え、児玉源太郎とも、乃木希典とも、クロパトキンとも、あるいはロジェストヴェンスキーであるとも言える訳だし、日露戦争の描写の狂言回しとして、秋山兄弟が適任であったか、というと小説の組み立てだけから言えば必ずもそういう立場に彼らは居なかったとも言える。

ただ、「明治という時代」というものを描こうとしたとき、秋山兄弟、正岡子規の3人が主人公である必然性はあったのかな、と思う。

さてNHKはこれをテレビドラマにする、と言っているわけだが、なかなかテレビドラマにはしにくい作品であることを再確認した。
脚本の腕の見せ所だろう。腕並み拝見と言ったところだ。

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
(1999/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)
(1999/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)
(1999/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)
(1999/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)
(1999/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)
(1999/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)
(1999/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)
(1999/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る
別窓 | 時代小説歴史小説 書評日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
日本シリーズ第6戦、うむ残念
2009年11月07日(土) 23:13
うーむ残念。
だらしないぞファイターズ。

ジャイアンツの日本一は悔しい。

score_091107_GF.jpg

今日は練習だったので、リアルタイムで見れてないのだが、とにかく11安打を放ちながら零封というのは情けない。

何とかできなかったものか。
ジャイアンツの先手先手の投手リレーにやられた、という感じもするが、大事なところで、稲葉、高橋が残念な出来だったなあ。
二岡もなあ。金子が元気だったらなあ。
とか、愚痴は尽きない。

これで、今季のプロ野球もおしまいか。
寂しいなあ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ついに学級閉鎖
2009年11月06日(金) 23:32
なかなか、新型インフルの話が聞こえてこなかった娘の小学校だが、娘のクラスがついに学級閉鎖になった。

とりあえず、来週水曜日までとのこと。

大流行に歯止めがかかるのか、かかるなら早くかかってしまって欲しいとも思う。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
日本シリーズ第5戦&ワールドシリーズ
2009年11月05日(木) 21:42
凄まじい試合でした。

ジャイアンツのミスでもらった1点を藤井がよく守って7回まで投げた。
ゴンザレスも中盤は付け入る隙のないピッチング。
重い展開で終盤の継投に入った。

score_091105_GF.jpg

ここからは気魄勝負としか言い様がないが、8回裏の代打大道の同点タイムリーもすごかったが、9回表の高橋信二の勝ち越しソロホームランで、ファイターズに決まったかと思った。

しかし、武田久が締めるはずの9回裏、まさかの今シリーズ不調の亀井が同点ホームラン。
そして阿部慎之助のサヨナラホームラン。
中央大学コンビの2発でジャイアンツが王手をかけた。

ジャイアンツのエラーで与えた先制点だっただけに、試合の流れに響くかと思ったが、ジャイアンツの一発は怖い。

舞台は札幌に戻るがファイターズはもう負けられない。
_________

そして、メジャーリーグではニューヨーク・ヤンキースが27回目のワールド・チャンピオンに決まった。
今日の試合、7得点のうち6打点を叩き出した松井秀喜がワールド・シリーズMVPに選ばれた。
これは素晴らしい偉業だ。めでたい。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
日本シリーズ第4戦
2009年11月04日(水) 22:35
ファイターズが意地を見せた。

八木、高橋尚の両左腕の先発で始まったこの試合、八木は毎回のようにランナーを背負いながらも粘りのピッチング。
高橋尚も悪くはなかったと思うのだが、3回に連打を浴び4失点。

score_091104_GF.jpg

ファイターズは効果的な追加点をあげていく一方で、ジャイアンツはファイターズを上回る13安打を放ち、毎回のように再三塁上を賑わすも、決定打に欠けた。

高橋信二、小谷野が光った。

ファイターズ・リリーフ陣は金森がラミレスに3ランを浴び、ヒヤッとしたが、何とか逃げ切り。

今日はファイターズの一方的な勝利かと思いきや、終盤はドキドキする展開になった。
好ゲームが続く今年の日本シリーズである。

これで2勝同士のタイ。東京ドームでの優勝決定は無くなり、決戦は札幌に持ち越されることが決まった。

日本テレビは勝利者インタビューになっていきなりコマーシャルをガンガン入れ出し、インタビューが全然聞けなかったのが不満。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
日本シリーズ第3戦
2009年11月03日(火) 22:08
東京ドームに舞台を移しての第3戦。

先発、糸数、オビスポは、ソロホームラン3本ずつを打たれ、3-3と両投手微妙な出来。

score_091103_GF.jpg

5回2アウトからジャイアンツにつながれ、2点を失う。
糸数の替え時を誤ったか。

8回表、山口は制球定まらず、デッドボールの田中賢介を牽制悪投で2塁進塁させ、代打森本ヒチョリのショートゴロも一塁悪送球。ノーヒットで1点差に詰め寄る。
ここでもう1本が出て欲しかったが届かず。

しかし1点差に詰め寄った8回裏のファイターズの継投は意味不明。
菊池→宮西の継投はわかるが、第1戦で痛い失点をしている江尻を投入はないだろう。
宮西の続投か、あるいはなぜ金森を使わなかったか。
結果阿部に2点タイムリーを浴び、ダメ押し。
この2点が無ければ最後まで1点差で面白いゲームだったのだが。

まあ、ジャイアンツにミスが多々あったものの、ファイターズも4安打(うち3本はホームラン)ではやはり勝てないか。

明日は八木-高橋尚か?

パ・リーグ・ファンとしては、ファイターズの踏ん張りに期待したい。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
インフル予防接種
2009年11月02日(月) 23:30
毎年インフルエンザの予防接種など、したことがなかったのだが、今年は娘が受験の年ということもあり、カミサンから「今年はお父さんも絶対予防接種受けてね」と厳しく言われ、しかも何だか今年は季節性インフルのワクチンも不足気味だという情報もあったので、今朝、朝一で医者に寄り、季節性のインフルエンザの予防接種をしてもらいに行く。

医者には「あらかじめ予約をして下さい」と書いた張り紙がしてあったが、ダメ元で聞いてみる。
大分長いこと奥で相談していたが、「大丈夫です。出来ます。」とのこと。

在庫と予約者数との兼ね合いがあるのだろう。

無事、季節性のインフルエンザの予防接種は受けられた。

早めにしておいた方が良さそうだ。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
日本シリーズ第2戦
2009年11月01日(日) 21:34
ダルビッシュ強行先発、負けられないファイターズの必死さを見た。

score_091101_GF.jpg

昨日と同じジャイアンツ8安打、ファイターズ12安打。しかし結果は逆になった。

ファイターズは3回の好機を逃さず連打で得点した。

ダルビッシュはもちろん本調子ではなかったが、6回まで投げぬいて試合を作った。
継投の投手陣も素晴らしかった。

4回以降追加点を許さなかったジャイアンツの投手陣もさすがだ。

昨日、今日と好ゲームが続く。面白い日本シリーズになっている。
1勝1敗のタイで、舞台は東京ドームに移る。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。