日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
何もない大晦日
2009年12月31日(木) 21:15
今年は紅白歌合戦は、娘が勉強しているので録画対応。受験明けに見るとのこと。
静かな大晦日の夜である。

本屋で、宮部みゆきの「孤宿の人」が文庫になっているのを発見し購入する。
「孤宿の人」は単行本で出て、話題作になり、ずっと読みたかった作品だったが、なかなか文庫本にならなかったので未読だったのだ。
また読んだら書評を書くつもり。

娘が基本勉強しているのでテレビは録画対応せざるを得ず、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートも録画だ。

そのためにHDDの容量を十分に空けておかなければならず、「坂の上の雲」5話分をDVDに焼く。

もう年越し蕎麦も食べ終わり、所在ない大晦日の夜。「孤宿の人」を読み始める。

皆さん良い年をお迎え下さい。

孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)
(2009/11/28)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


孤宿の人〈下〉 (新潮文庫)孤宿の人〈下〉 (新潮文庫)
(2009/11/28)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
栗きんとんを作る
2009年12月30日(水) 20:52
去年の12月30日のブログを見ても同じ事を書いているのだが、今日12月30日は私が栗きんとんを作る日である。

私の好物であるがゆえに自分で作る。
家で作るおせち料理はこれだけである。

今回は実家に帰らない、というか、娘の塾が大晦日も元旦もあるので、実家に帰りたくても帰れないので、我が家での消費分だけ、と思い、サツマイモ(徳島産金時芋)を4本購入する。

芋は皮をむいて、輪切りにし、くちなしの実とともに煮る。
0912300002_400.jpg

くちなしの実からは鮮やかな色が出てくる。
0912300003_400.jpg

煮崩れる直前くらいまで煮たら、くちなしの実を取り除き、芋を引き上げて裏ごしをする。
0912300006_400.jpg

暖かいうちに裏ごしをした方が良いのだが、この裏ごしが重労働である。
去年のブログを見ると6本の芋を裏ごしており、4本で十分だと書いてあるが、正直今回は4本でもきつかった。

途中何度も休憩を入れながら、なんとか4本分のサツマイモを裏ごしする。
冷めたサツマイモを電子レンジで暖め直したりしてひたすら裏ごしを続ける。

裏ごしされたサツマイモ。ここまでいったらほとんどできたようなものだ。
0912300007_400.jpg

これに、栗の甘露煮のシロップを入れながら弱火で暖めつつ、練っていく。
0912300008_400.jpg

この段階で味見。
栗の甘露煮のシロップの甘さ加減がその時買ったものによって違うので、砂糖を加える必要があるかどうか判断するわけだが、経験的には芋本来の甘さとシロップの甘さだけで十分で、砂糖を加える必要はないと思う。
今回も砂糖を加える必要なしと判断する。

しゃもじで鍋の底を掻いたときに鍋底にしばらく線が残るくらいの硬さまで煮詰める。

栗の甘露煮本体を加え、みりんを少々加え、混ぜる。
最後に塩を少々入れて、かき混ぜればできあがり。

冷えると硬くなるので、熱い時にはちょっと軟らかめかな、というくらいがちょうど良い。

芋に比べて栗が少なすぎたかも知れない。ちょっと見、栗が見えない。だけどちゃんと結構入ってます。
0912300010_400.jpg

後は熱が取れたら、タッパーウエアに移し、冷蔵庫で保管。

ああ、くたびれた。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
相築あきこ
2009年12月29日(火) 23:15
相築あきこ(あいつきあきこ)さんをご存知だろうか。

もう結構な御年で、1967年生まれだから、世代としてはむしろ私なんかに近いかも知れないのだが、気になるCM美女である。

日本生命のコマーシャルのお母さん役や、

ニッスイの「焼きさけあらほぐし」のコマーシャルのお母さん役、

エーザイの胃腸薬「セルベール」のコマーシャルの夫婦の休日編の奥さん役をやっていたりする人だ。

プロフィールを見ると昔は結構ドラマとかにも準主役級で出ていたようだが、最近はCMのお仕事が多い感じ。

清楚な清潔感があって、ちょっと知的な感じがするお母さん役、奥さん役を好演している。

ちょっと気になる女性タレントである。相築あきこさん。

aidukiakiko.jpg

AC公共広告機構の「抱きしめる」というコマーシャルにも出てました。
aidukiakiko_AC.jpg

別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2009大河ドラマ「天地人」総括
2009年12月28日(月) 21:45
HDDプレイヤーに録り貯めていた大河ドラマ「天地人」だが、もうすぐ「龍馬伝」も始まるので早く見終えて消去して、HDの容量を空けておきたかったので「天地人」をまとめて見た。

我が家では日曜20時は娘の嗜好で日本テレビを見ているので、基本大河ドラマは録画対応なのである。

「天地人」のストックの消化がなかなか進まなかったのは、正直言って「面白くない」からであったのだが、この数日かけて終盤の数回をまとめて見て、改めて「非常につまらなかった」ことを再確認した。

先ほど最終回を見終えた。

たいていの大河ドラマは文句を言いながらも、何とか毎年見てきた私だが、今年の「天地人」は正直言って見るのが苦痛であった。

そんなにつまらないなら見るのをやめれば良いようなものだが、文句を言うにも「見ておかなければ」何も言えないという意地で見切ったのである。

何というか薄っぺらいドラマになってしまった。

松方弘樹・徳川家康の悪漢ぶりの演出が安っぽくて、子供向けのヒーロー物の悪役のごとき何のヒネリもない浅薄な単純な悪役になっており、ドラマの奥行きを損じたと思う。

「直江状」を受け取るシーンの家康の悔しがり方とかは、もうコミカルでさえあり、最大の見せ場のシーンが台無しであった。

対して妻夫木直江兼継のヒーローぶりも、何のヒネリもないスーパーヒーローで辟易した。

この作品は原作が文庫本になっていないので、原作を買う気がおきず、申し訳ないが原作を読んでいない。
したがって、このつまらなさが、原作要因なのか、脚本要因なのか、判断すべき指標を持たない。

ああ、しかし、しんどかった。毎話45分が長くて仕方なかった。

来年の「龍馬伝」には期待したいが、NHKのガイドブックを買ってみたが、主要配役のキャスティングが全然決まっていないので驚いた。

寺田屋のお登勢さんでさえ空欄である。

とりあえず初回5回分くらいの登場人物は決まっている、という感じのキャスト・ロールだ。
大丈夫なのか心配になる。

まあ、「龍馬伝」雑感は来年、実際に見てから所感を書きたい。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ラグビー大学選手権敗退!
2009年12月27日(日) 21:43
帝京は強かった。

早稲田は今日2回戦、帝京とあたって4強入りをかけて戦った。

同じ関東対抗戦グループ同士の戦いとなり、今季の対抗戦では早稲田は帝京に勝っている。

昨シーズンは帝京とは大学選手権の決勝で当たり、その時も早稲田が勝って優勝している。

しかし、今年の帝京は1回戦の関東学院戦を、後半ロスタイムの奇跡的なトライで同点ながらトライ数で上回って勝ち上がって来ているし、難敵であることは確かだった。

早稲田20-31帝京

史上2回目の大学選手権3連覇を狙っていただけに、4強進出ならずして敗退することは悔しい限りだ。

同じ関東対抗戦グループからは、この帝京に加え、慶応も明治も今日勝ち上がっている。

対抗戦で優勝していただけに、この敗戦は痛恨である。
慶応も明治も勝ちあがったことを思うと、トーナメントの綾というものも痛感させられる。

soutei_rugby.jpg

4強は帝京、慶応、明治と、あと一校は関東リーグ戦グループの覇者東海大だ。
明治62-29関西学院
慶応33-24法政
東海53-12天理

明治は早明戦での敗北の借りを大学選手権で晴らしたいと言っていたが、それもかなわなくなったわけだ。

正月を迎えずして大学ラグビーが終わるとは何とも無念である。

帝京は次の準決勝では明治と当たるが、今年の対抗戦での明治-帝京戦は0-56という信じられない結果で帝京が明治を破っている。

正月には明治が意地を見せるのか、着実に地力を付けてきている帝京が名実ともに大学チャンピオンの座を手にするのか。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
TBSドキュメンタリー「プロ野球戦力外通告」
2009年12月26日(土) 23:41
先日23日にTBSで放送された「プロ野球戦力外通告-クビを宣告された男達」のドキュメンタリー、録画予約しておいたのだが、HDが一杯になっていて録れていなかった(泣)。

諦めかけていたのだが、mixiの千葉ロッテ・マリーンズ・コミュで、この番組がyoutubeにアップされていることを知り、全編を通して見ることができた。

このyoutubeの映像は恐らくすぐにTBSからのクレームで削除されると思うので、ご興味ある方は、こちらで急いでご覧いただきたい。

今年戦力外通告を受けた選手は約100人、その中で復活を夢見て12球団合同トライアウトを受けたのは42人。

その中でも、このドキュメンタリーで取材されているのが、ソフトバンクを戦力外になった的場直樹捕手、オリックスを戦力外になった山口和男投手、昨年ソフトバンクを戦力外になって今年独立リーグで投げていた山田秋親投手、今年タイガースを戦力外になった今岡誠選手の4名が主だった出演者だった。

このうち、的場と山田は11月16日にマリーンズのテストを受けて入団を決め、今岡は来春のキャンプに招聘してテストをすることになっている。
出演4選手のうち3人がマリーンズに縁ができるかも、ということで興味深く見たのだ。

senryokugai01.jpg

家族とか出てくるので、やはりここに出てきた選手には同情が沸いてしまうし、マリーンズとしても喜んで迎え入れて、活躍を期待する気持ちになってしまう。

・・・が、現実はそんなに甘くないだろうな、とは思っている。
入団する(かもしれない)3選手には頑張って欲しいと思いながら見た。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
サンタは無事にやって来ました
2009年12月25日(金) 23:09
明けて今朝、サンタからのプレゼントは無事届いていました。

「サンタさんからプレゼント来てるよ」とカミさんが朝起こすと、いつもなかなか起きない娘がガバッと起き出し、居間に出て来ました。

おとうさんとおかあさんからのプレゼントは別に用意されていて(洋服)、12月7日にサンタにリクエストした嵐のDVDはサンタクロースから無事に届いていました。

朝はすぐに塾に行って、さっき帰ってきたばかりなので、まだ1曲も見られてませんが、まあ、とりあえずよかった。

来年はもうサンタクロースは来ないことになっているのだけれど、どうするかなあ。
サンタはちょっと逡巡中。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
一応、クリスマス・イヴ
2009年12月24日(木) 23:59
一応、クリスマス・イヴなので、娘が塾の冬期講習の帰りにおばあちゃんと待ち合わせて、チキンとケーキ(ともに予約済み)を買ってきて、お勉強もしながら、合間を縫って、一応クリスマス・ディナー&ケーキ。

0912240001_400.jpg

ケーキは娘の選定。

0912240004_400.jpg

おいしかったです。

さて、娘もやっと寝たので、これから仕込みに入らねば・・・。

果たして明朝、サンタは来ているのでしょうか?
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
天皇誕生日
2009年12月23日(水) 23:32
皆様ご承知と思うが、今日は天皇誕生日である。

ご即位20年、ご結婚50年目の節目の年にあたり、誠に慶賀の極みである。

今日の皇居での一般参賀の来訪者は3万人を超え、平成に入ってから最多の人数だそうで、喜ぶべきことだ。

一般参賀には天皇皇后両陛下とともに、皇太子、同妃殿下、秋篠宮、同妃殿下もお出ましになっていて、これも喜ぶべきことだろう。

今上天皇明仁陛下は76歳になられた。
既に私の父よりも長命しているし、一般企業ならとっくに定年退職で悠々自適に過ごす年齢だが、本当に精力的に公務をこなされていて、頭が下がるばかりである。

akihito.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
サンタクロースから無事に手紙が来た
2009年12月22日(火) 23:10
サンタクロースからの手紙が無事、フィンランドから届いた。

santalettter091222.jpg

ぎりぎりになったので結構焦った。

このサンタクロース・グリーティングカードは日本語も選択できるのだが、あえて英語を選んでいる。
日本語だと嘘っぽいからだ。
それならフィンランド語で、とも思うが、それだと親にも何が書いてあるか意味がわからないので。

フィンランド語だとこんな感じのサイトである
santagreeting.jpg

これでサンタクロースはプレゼントの要望を確かに承った、という受注票代わりに我が家では使っているのである。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ビル・マーフィー投手入団決定
2009年12月21日(月) 21:54
もう、オフの話題も出尽くしたかと思われていましたが、今日発表がありました。
元トロント・ブルージェイズのビル・マーフィー投手(28)入団決定。
背番号は「69」。

貴重な左腕です。

今年、メジャーでは8試合しか投げていないので、どうなのか?
秋のマリン・スタジアムでのテストを見た人からmixi内では「コントロール悪い」という評価もあり、微妙です。

本人は
ビル・マーフィー投手コメント
「マリーンズの一員になれて嬉しく思います。日本でプレーするのは初めてだけど、コーリーからいろいろな話を聞いてイメージは出来ている。
チームからはセットアッパーとして期待されていると思うので、与えられたポジションでストレートを中心とした自分らしい投球をして打者を抑えれるように頑張りたいと思う。」
とのことで、ストレート主体のピッチングなようです。

外国人投手は先発候補の、ドジャースのエリック・スタルツの獲得が難航しているようで、パイレーツのロムロ・サンチェスを獲得するかもしれない、とまだまだ何かありそうですが、そうこうしているうちに結構、支配下選手枠も、外国人選手枠も一杯になってきてしまっています。

元タイガースの今岡も春季キャンプには呼ぶので。

<ビル・マーフィー>
Bill_Murphy.jpg

ところで、マリーンズ・オフィシャル・サイトにあった上記のビル・マーフィーのコメントの中で、
「打者を抑えれるように」
と書いてあるのだが、私は話し言葉における「ら」抜きには、もはや文句を付けるつもりはないのだが、書き言葉での「ら」抜きが最近多くて、これは気になる。
「抑えれる」である。
このマーフィーのコメントの場合、本人が日本語でしゃべったわけではないから、誰かが訳したものだろう。
書き言葉にまで「ら」抜きが浸透してくるとちょっと問題だなあと思っている。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
スペシャルドラマ「坂の上の雲」第4回までを見る
2009年12月20日(日) 21:49
今日で第4回の放送があった「坂の上の雲」。

映像化しにくい作品だよなあ、と前にも書きましたが、今回NHKは力が入ってますな。

日清戦争の戦闘部分も結構迫力あったのではないでしょうか。

小村寿太郎に竹中直人というのも適役。
森鴎外に榎木孝明を起用するあたり、キャスティングには金かけてますね。
石坂浩二の山本権兵衛も良い。

加藤剛は最近あまりテレビで見なくなってしまったから、どこか体の具合でも悪いのかと思ってましたが、今回の伊藤博文役、素晴らしいですね。
加藤剛は歳とっても映画にテレビにもっと出て欲しい人材ですね。

でもしかし、やはり戦争の細かい戦いのやり取りの部分は一気に端折っちゃって、いきなり「(いろいろあって)日本が勝ちました」的な感じに持って行かれた感はありますね。

黄海海戦とか丸っきり端折っちゃているし。

次回の第5回で今年の放送は終わり。

阿部ちゃんは今年大河で上杉謙信をやり、坂の上の雲で秋山好古をやり、と連続のNHK出演ご苦労様です。

香川照之も来年の大河「龍馬伝」では事実上のストーリーテラーになる岩崎弥太郎役で1年間出るわけですから、これもNHKに対しては大貢献ですね。

別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
今更悩む娘の進路
2009年12月19日(土) 23:21
まあ、ちょっと行けるんじゃないか、という親バカの思いもあり、娘には小3から塾に通わせ、中学受験を前提にした勉強をさせてきた。

3~4年生の頃は結構成績も良くて、御三家も十分狙えるとか、塾の先生に言われてその気になっていた部分もある。

しかし、5年生後半から6年生になるに従って他の子の追撃に敢え無く破れ、偏差値は下降の一途をたどっている。
今の成績で合格確実なところ、というと、果たして高い学費を払って行かせる意味があるのか、という学校になってしまう。

算数はコンスタントに結構いい成績を取るのだが、国語が壊滅的で、国語はもう読書量とかがものを言ってくるのでこの時期になると手の打ちようがない。

今更ながら妻と、公立中学に行かせても良いんじゃないか、と話したりしている。
小学校生活の余暇の大半を受験勉強に費やして来ただけに、簡単にそれじゃあ公立に、というのも可哀相な気もしている。

公立に行くのだったら、もっと小学生時代遊んで過ごさせても良かったのに、という後悔である。

せめてもの慰めは今勉強していることは、もし公立中学に行くことになっても、高校受験で無駄になる知識ではないし、大学受験でも無駄になる知識ではない、中学校での勉強、高校での勉強にもきっと役に立つことを学んでいるだろう、ということだ。
理科とか社会とかは受験勉強用に無駄な知識を習うわけではないので、特にそういう側面があると思う。

まあ、あと1ヶ月、頑張ってもらって、一応受験はして、後はなるようにしかならない、ということだとは思っている。
別窓 | 雑感日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
ブライアン・コーリー入団決定
2009年12月18日(金) 21:57
秋にテストを受けて、入団濃厚と言われながら、その後どうなったのか続報がなかったブライアン・コーリー投手(36)だが、今日、入団の正式発表があった。

1年契約で年俸30万ドル(約2700万円)。背番号は「33」

<ブライアン・コーリー投手コメント>
「また、日本球界で投げることになって、とてもハッピーだ。チェンジアップを中心にスライダー、カットボール、カーブと変化球を使ったピッチングが自分の持ち味だと思っている。与えられたポジションでグッドジョブが出来るように精一杯、チームに貢献したいと思っているよ。
巨人戦? もちろん、とても楽しみにしている。交流戦、そして日本シリーズで対戦することが出来たら、こんなに面白いことはないよね。」

コーリー投手は2004年には読売ジャイアンツに在籍、21試合に登板し、1勝1敗、防御率5.48。

1998年アリゾナ・ダイアモンドバックスでメジャー・デビュー。
2004年読売ジャイアンツ、
2006年テキサス・レンジャーズ~ボストン・レッドソックス、
2007年~08ボストン・レッドソックス、
08年途中からサンディエゴ・パドレス、
2009年はレンジャースの3Aオクラホマでプレイ。

マリーンズ・ファンは今シーズン、ブライアン・シコースキー投手の応援時に「ブライアン!、ブライアン!」のコールを送っていたが、ブライアン・コーリーに対してはどうするのか何か「ブライアン!」をそのまま襲名というのは違和感がある気もする。

まあ、何とか活躍して欲しいものだ。

<ブライアン・コーリー>
Broan_Corey.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
パソコン起動せず(焦)
2009年12月17日(木) 22:51
いや、もうだめだ、と思いました。

突然、青い画面になって、シャットダウン。
何度電源を入れても、黒い画面の左上端に白いカーソルがピコピコ点滅するばかり。

いやあ、これはもうだめだ、と思って、サブマシンをLANとプリンタに繋いで、データレスキューセンターの申込書をプリントアウト。

データだけでもサルベージしてもらおうと思ったのでした。

年末の年賀状の時期にパソコンないのは痛いなあ。

ダメもとで十何回目か、電源入れてみたら、あれ、動き始めた。

で、今のところ無事動いてます。
電源落とすのが怖いなあ。
二度と立ち上がらなかったり、という怖さ。

念のためバックアップを外付けHDDに取りました。

ちょうど購入2年、過去の経験からするとそろそろ何かある時期ではあるのです。

別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
吉村昭 著「間宮林蔵」
2009年12月16日(水) 23:59
吉村昭の「間宮林蔵」、3回目くらいだと思うが、読み返す。

間宮林蔵の樺太探検の凄絶な体験に改めて驚く。
案内のアイヌさえも、これ以上北には行けないと同行を拒むのに、林蔵はギリヤーク人に案内を頼みさらに北に向かい、さらにアムール川河口地域へ渡海し、清国の東韃靼地方までも足を伸ばしている。

この樺太探検で間宮林蔵はロシア人にまったく遭遇していない。
ロシアのサハリン進出はこの後のことなのである。

プチャーチンと川路聖謨(としあきら)の談判で日露国境の策定が話題になったときには、ロシア側は樺太はほとんどがロシア領であると主張している。

吉村昭の幕末の作品はそれぞれ登場人物が他の作品にちょこっとづつ顔を出しており、「間宮林蔵」を読み終わった後には「落日の宴 勘定奉行 川路聖謨」も読みたくなり、手にとっている。

間宮林蔵 (講談社文庫)間宮林蔵 (講談社文庫)
(1987/01)
吉村 昭

商品詳細を見る

落日の宴―勘定奉行川路聖謨 (講談社文庫)落日の宴―勘定奉行川路聖謨 (講談社文庫)
(1999/04)
吉村 昭

商品詳細を見る


別窓 | 読書日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
松井秀喜、エンジェルスへ
2009年12月15日(火) 21:59
決まりましたねえ。松井秀喜。

キャッシュマンGMやジラルディ監督の発言から、外野手出場を希望する松井のヤンキース残留は無くなった、と思っていたが。

ロスアンゼルス・エンジェルスと契約。

1年契約の年俸650万ドル。
年俸はこれまでの1300万ドルから半減でしかも単年契約。

外野手としての出場の機会を求めての新天地移籍なわけだが、エンジェルスはゲレロの後釜という扱いを想定しているようだから、そうするとやはりDH。
ゲレロも外野手としての守備機会に固執していたので、それもネックになってFAでの放出もやむなしと考えられているよう。
エンジェルスでの松井の外野手としての起用も微妙なところだと思う。
ソーシア監督ほか、エンジェルスサイドからは松井の外野手起用について特に発言はないようだ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
クリスマスツリーを飾る
2009年12月14日(月) 22:01
数日前のブログで、

> 今年は忙しくてクリスマス・ツリーを出していないのだが、例年クリスマス・ツリーの下に
> プレゼントが置いてあるので、今年はどうしようか?

と書いたが、昨日娘に「今年はもうクリスマス・ツリー飾らなくても良いでしょ?」と言ったところ、

「いいけど、そうするとサンタさんがどこにプレゼントを置いたら良いか、わからなくて困るんじゃないかな?」
と言う。

どうやら、半信半疑ながら、マジでまだサンタを信じているようだ。

というわけで急遽クリスマス・ツリーを飾った。

ラッピングの仕込みも早くやっておいた方が良さそうだ。

別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
今度は早川!ベイスターズへ
2009年12月13日(日) 22:18
早川大輔外野手が金銭トレードで横浜ベイスターズへ放出されるようだ。

スポニチの記事

12月2日には契約更改も済ませ、更改時のインタビューでも来季への抱負として「まだまだ若い子には負けません。オヤジパワーを見せます」と熱いコメントをしていた早川。

バファローズから移籍してきた2007年には西岡、早川の俊足スイッチヒッターの1・2番でコンビで大活躍した。
結局、2007~09の3年間だけのご縁ということになってしまった。

ベイスターズでも外野手でレギュラーが取れるかというと厳しい状況だとは思うが。

34歳という歳もあり、マリーンズで最後を飾る選手だと思っていただけに残念だ。

しかし、ベイスターズは清水直行、橋本将に続いて早川も、とマリーンズから獲り放題だ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日は不調
2009年12月12日(土) 23:59
今日は終日めまいで、体調不良。

寝て過ごす。

うーむ残念。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
年賀状デザイン開始
2009年12月11日(金) 23:30
年賀状の準備に取り掛かる。

書店で2010年用の素材集を買ってきて、写真と組み合わせて・・・とやるわけだが、どうしても毎年同じようなデザインになってしまうなあ。

まあ、仕方ないな。

定点観測報告という意味では毎年同じデザインでも良いのかも。
もらう方は去年や一昨年のといちいち比べないから関係ないか。

一応、今日原案まで作って1枚プリントアウトしたので、これで家族の意見を聞き、来週一杯かけて修正という感じになると思う。

素材集は8888点収録、とか、9000点収録とかなのだが、使えるのはホントに限られているんだよな。
これも仕方ない。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
午後の紅茶スパークリング
2009年12月10日(木) 22:21
マイミクにしてスパークリング飲料愛好家友達でもあるおもてべさんが「午後の紅茶 ティースパークリング」について書いていて、今日スーパーに寄ったら山積みになっていたので、買ってみる。

0912090001_400.jpg

ティー・スパークリング飲料は、リプトンのティースパークリング・ミックスベリーが出ていて、これも結構気に入っていた。

「午後の紅茶ティースパークリング」も早速飲んでみる。

まあ、悪くはない。

が、やっぱりちょっと甘過ぎるかなあ。

スパークリングにするなら、紅茶独特の苦味というか、そういうものがもう少し前面に出ても良いように思った。
これだと、ただのサイダーというか、ジンジャーエールというか、そういうものとあまり変わらず「紅茶である意味」が希薄なような印象を受けた。

リプトンのティースパークリング ミックスベリーの方が好きかもしれない。
やはりフルーツのフレーバーとかに逃げた方が無難に収まるのか。

ところで購入したイオン系スーパーでは、前まで並んでいたカナダドライ・ジンジャーエール・ゼロが陳列されていなくなって、替わりにトップバリューブランドのジンジャーエールが97円で大量に陳列されていて残念であった。
カナダドライもあるのだが、糖類ゼロではない普通のジンジャーエールの方だけになっていたのだ。
トップバリューのジンジャーエールも当然ながら糖類ゼロではない普通のジンジャーエールである。

カナダドライ・ジンジャーエール・ゼロは結構気に入っていたのでがっかりだ。

まあ、冬場はスパークリング飲料への渇望度が夏に比べると低いので、そんなに頻繁には買わないのだが。
別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
カミさんの出張
2009年12月09日(水) 23:03
カミさんが、珍しく2泊3日で出張に出かけた。

宮崎のシーガイアで学会の発表があるとかで、今朝5時に家を出て行った。
なんでも、いくつもある会場で全部で述べ400くらいの発表が行われるそうで、そのうちの一つの発表をうちのカミさんも担当するのである。

苦労して準備していたが、何と言っても全ての会議・発表が英語で行われるとのことで、英語での資料作りと、説明の練習に苦心していた。

カミさんの不在の間、おばあちゃん(義母)が泊まりに来てくれているので、食事とか娘の面倒をみるなどはおばあちゃん任せなので不自由はしていない。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
不祥事勃発
2009年12月08日(火) 21:18
オフの話題も本当はないのが無事太平でよかったんだが、今日8日、以下の内容が明らかになった。
残念なニュースである。

読売新聞より
ドラフト指名の高3飲酒、沖縄県警補導
 
今年のプロ野球ドラフト(新人選手選択)会議で指名され、入団が決まった沖縄県立高校の3年生男子生徒(18)が、同県石垣市内の居酒屋で飲酒したとして、県警八重山署に補導されていたことがわかった。

高校によると、生徒は4日午後11時過ぎから5日午前1時頃にかけ、同級生と計4人で泡盛の3合瓶1本を飲んだという。他の客が「未成年が飲酒している」と同署に通報し発覚。県警は4人を補導した。

 学校は生徒を2週間の停学処分にする。指名した球団の広報担当者によると、生徒とは仮契約の段階で、生徒の管理は来年1月からという。今月9日に入団会見を予定しているが、生徒は欠席させる方針という。
<引用以上>

一応、匿名記事だけど、八重山署って書いてあるんだから、石垣島からプロ入りするのは、我が千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太投手の弟の大嶺翔太内野手しかあり得ないわけで、実名バレバレなんですけど・・・。

明日はちょうど新入団選手会見で、抽選で当たったファンを入れて毎年ホールでやるんだが、当然、大嶺翔太は欠席ということに。

<以下はマリーンズ・オフィシャル・サイトより>
大嶺翔太選手 新入団会見欠席のお知らせ

ドラフト3巡目指名の大嶺翔太選手が明日12月9日(水)の新入団会見を欠席することになりましたのでお知らせします。

大嶺翔太選手コメント
「自分の気の緩みと軽率な行動からファンの方々、そして球団の方々に多大なご迷惑をおかけすることになり、大変申し訳なく思っております。
プロ野球選手になるという事の責任、影響力の大きさを改めて自覚をし、今後は社会人として恥じない行動を取っていきたいと思います。深く反省をしております。大変申し訳ありませんでした。」
<引用以上>

デイリースポーツより>
ロッテ・石川球団副代表は「入団に関しては、まず学校側の処分が済んでから考えたい。もし反省の色が見られなかった場合には、入団させないことも視野に入れ、厳しく対処したい」と話した。
<引用以上>

と、「入団させないことも視野に」との発言もあり。

まあ、沖縄では飲酒に関してはその辺は本土よりもユルイのだとか、まあ、色々風俗習慣の違いもあるんだとは思うが、自分の身分と大事な時期だっていうことを少しはわきまえて行動してもらいたかった。

ダルビッシュの未成年喫煙事件を思い出すが、大嶺翔太にはダルビッシュのように、ぜひ今回のこのニュース以上に紙面を飾れるような活躍をして汚名を返上してもらいたい。

猛省を望む。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今年もサンタは来るのか?
2009年12月07日(月) 22:54
娘は小学校6年生だから、当然友達などとの会話やら、現実問題、世界中の子供にプレゼントを一晩で配り切れるか、という物理的常識の観点からも、サンタクロースは実際には居ないのだ、ということは薄々判っているんだろうとは思う。

しかし、我が家ではサンタクロースはいる!という前提で、サンタクロース宛に手紙を書かせている。

今年の手紙はこれだ。
私信を公開するのは、ちょっとためらうが、娘には内緒だがアップしてしまおう(笑)
大人になって見つけたら怒るだろうな・・・。

santa_letter_20091206.jpg

中学生になるとサンタさんはもうプレゼントをくれないのだ、と説明してあるのだが、最後の部分はそれを心配して書いているのである。

サンタさんからの娘への手紙は、去年もおととしも同じことを書いたと思うのだが、フィンランドから送られてくる。

http://www.santagreeting.net
ここに申し込むと送られてくるのである。
7.25ユーロである。(結構高い)

小学校6年生までサンタさんを信じている(実際には大人のお芝居に付き合ってくれているのだと思うが)というのは実に稀有な話で、いつになったらサンタの秘密をバラそうか、ドキドキしてしまう。

で、嵐のDVDは売り切れになると困るので、実は既にだいぶ前に買ってある。
おそらく娘は今年は嵐のDVDをサンタさんに頼むのではないか、と先回りして予測したのだが、当たった。

後はラッピングを仕込むだけである。

今年は忙しくてクリスマス・ツリーを出していないのだが、例年クリスマス・ツリーの下にプレゼントが置いてあるので、今年はどうしようか?
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ラグビー早明戦
2009年12月06日(日) 22:48
今年の対抗戦グループは、無敗で来た早慶両校だったが、昨日慶応が帝京にまさかの敗戦を喫して、早稲田は今日の早明戦に勝てば対抗戦優勝が決まるという状況。

一方の明治は3敗もしてしまって5位が確定している。しかも今季明治は帝京に0-56という屈辱的な大敗を喫しており、吉田新監督の体制の下でのシーズンだったが、正直言って往年の怖さはない。

楽勝なんじゃないかと思ってテレビを見ていたが、前半、地域・ボールの支配率では明治を上回るものの、2トライ2ゴールを決められ、0-14という状況に。
1PGを決めて3点返してハーフタイム。

さすが早明戦となると、明治は別物になるというのは本当だなと痛感させられる。

後半は明治を無得点に抑え、ほとんど敵陣で試合を進め、逆転で16-14で辛勝。

対抗戦優勝で大学選手権進出に花を添えた。

しかし、緊迫した良いゲームだったと思う。

両チームともリザーブの選手が良く働き、試合が絞まった。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2010ワールドカップ予選組み合わせ
2009年12月05日(土) 22:14
2010年サッカー・ワールドカップ南アフリカ大会、予選の組み合わせ決まりましたね。

worldcup_2010_yosen.jpg

日本の入ったグループEは確かに強敵ぞろいですが、他のグループに入ったとしても、似たようなものでしょう。

ワールドカップの予選突破は本当に難しいことだと思います。

グループDとグループGがすごいかな。
今回セルビアが強いですからね。

あえて言えば、グループCのアメリカの場所に入ってたら少しマシだったかな。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
徳川恒孝著「江戸の遺伝子」
2009年12月04日(金) 22:39
徳川恒孝(つねなり)氏は、徳川将軍家宗家の18代目のご当主です。

長く日本郵船に勤められ、副社長を勤めて、同社顧問になられました。
現在は徳川記念財団を設立され、その理事長を勤められています。
仕事柄、海外勤務も多かった経歴の方です。
学習院大学在学中に語学修行のため2年間イギリスに留学されており、日本郵船での海外勤務以前に英語には堪能でした。

恒孝氏は実は会津松平家の生まれです。
しかし徳川宗家の17代当主徳川家正氏の嫡男徳川家英氏が25歳という若さで亡くなられてしまいます。
その3年後に会津松平家の松平一郎氏の次男として恒孝氏は生まれたのです。
恒孝氏の母、松平豊子さんは徳川家正氏の娘でした。
というわけで、恒孝氏は外孫ながら徳川家正氏の孫という縁にあたり、生まれた当初から、徳川宗家18代目の跡継ぎに、と考えられていたようです。

さて、その徳川恒孝氏、普通のサラリーマンとして過ごされましたから、物書きとしてはもちろん素人です。
研究者としても素人です。

ですが、この著書「江戸の遺伝子」は立派な江戸文化論、日本文化論になっています。
さすが徳川将軍家のご当主、卓見は素晴らしいものがあります。
雑然としたエッセイ風の感想論ではなく、実によく調べられています。
海外でのご経験もご豊富な氏は、海外の文化・文明との比較も自らの体験に基づかれたものです。

下世話な興味としては、元将軍家ならではの内輪話がもっと聞きたかった感じもあるのですが、内容は江戸時代が築き上げた日本文化、日本人のありように真正面から切り込んだ著作になっています。

日本人の「品格」などが問題になっている現在、その問題にも鋭く触れ、循環型エコロジー社会であった江戸時代の仕組みの優れた点も、昨今の地球環境環境問題の視点から評価されています。

一読して日本人であることの誇りを感じさせてくれる著作です。

サラリーマンとしてのお仕事の第一戦から退かれた今、今後もこれに続き、様々な著作を期待してしまいます。

江戸の遺伝子 (PHP文庫)江戸の遺伝子 (PHP文庫)
(2009/12/01)
徳川 恒孝

商品詳細を見る
別窓 | 読書日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
元パイレーツ、ロムロ・サンチェス投手をリストアップ
2009年12月03日(木) 21:46
もう12月の声も聞き、ストーブリーグの話題でブログを書くのもそろそろ限界だよなあ、と毎日思いつつも、不思議と今年は毎日のようにニュースがある。

マリーンズは、07・08年パイレーツでメジャー経験があり、今季はヤンキース傘下の3Aでプレイしたロムロ・サンチェス投手(25)をリストアップしているそうだ。

99マイル(159km)の球を投げる、身長196センチ、体重118キロの巨漢とのこと。

先に報じられた、ドジャースのエリック・スタルツを最優先に獲得に動き、スタルツ獲得が難航する場合、サンチェス獲得に動くようだ。

外国人はちょっと前にベネズエラ出身のバスケス投手も調査に動くと報じられたこともあり、さらに11月のテストで、元巨人でレンジャーズ傘下3Aオクラホマのブライアン・コーリー投手(36)、ブルージェイズのビル・マーフィー投手(28)の入団が確定的という状況であるにも関わらず、まだ新しい名前が出てくる。

補強も楽しみだが、そろそろ早く一段落して欲しいとも思う。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ドジャースの左腕、エリック・スタルツ獲得へ
2009年12月02日(水) 21:11
もう終わりかと思われていた今オフの補強だが、左腕の先発投手として、ロサンジェルス・ドジャースのエリック・スタルツ(29)の獲得を目指しているようだ。

デイリー・スポーツの記事

来季は小林宏之のクローザーへの転向が決定的で、清水直行をベイスターズに出した先発陣は、成瀬、渡辺俊介、小野、唐川、大嶺の5人で回すか、上野、香月等、新戦力に期待して6枚目にするのか、と思われていたが、どうやら、6人目の先発投手を現役メジャーリーガーで補強しようということのようだ。
現状、先発陣の左腕は成瀬だけということもあり、左腕の先発投手は確かに補強のポイントだ。

バレンタイン監督の4億円という年俸が浮き、清水直行の2億8000万円という年俸も浮いたことを原資として、多少値が張っても獲得しようという意気込みのようだ。

今季スタルツは黒田が故障者リストしていた期間、先発として投げ、4勝3敗、防御率4.86。

サンフランシスコ・ジャイアンツ戦で無四球完封勝利もあげている。140km台後半のストレートに加え、コントロールも良いようだ。

29歳とまだ若いし、獲得の際には長く活躍して欲しい。

<エリック・スタルツ>
eric_Stults.jpg

それと、ドラフト4位の新人、清田育宏外野手と契約。
年俸はドラフト1位2位の荻野、大谷と同額の1500万円。
背番号はなんと「1」。期待の大きさが感じられる。

<清田育宏>
kiyota.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 日々の雑学 | NEXT≫\r