日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
「のだめ」を観る
2010年01月31日(日) 18:40
ずいぶん出遅れたが、「のだめカンタービレ最終楽章」(前編)を観た。

公開開始から1ヶ月以上経つが、依然として観客は結構多い。
満席とまではいかないが、隣の人と隙間なく並んで座る感じだ。

皆さん「のだめ」映画のご感想として書かれている通りなのだが、玉木くんの指揮の上達ぶりには感心する。

映画は良くも悪くも原作通り。
原作もパリでの前半は主人公が野田恵というよりも千秋真一が主人公になってしまっているのだが、映画でもそんな感じ。
上野樹里ちゃん主演というより、玉木宏主演という感じだった。
アパートや劇場などは非常に良いロケーション場所を探してきていて感心した。

まあ、たぶん後編も見に行くだろう。

劇中で使われた演奏の実際の演奏者のクレジットがエンドロールで流れていたのだが、早くて確認できず、止めて見たいと思った。
誰かネットにアップしている人がいるかも知れないので探してみよう。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
島根隠岐の福来(ふくぎ)茶
2010年01月30日(土) 20:17
島根県の沖合いに浮かぶ隠岐諸島。その海士(あま)町の特産である「福来(ふくぎ)茶」にハマっている。

島のハーブティーと銘打っているが、隠岐特産のクロモジの木を使ったお茶である。

ふくぎ茶のサイトはこちら

スッキリとした清涼感が非常にさわやかなのだ。
ミントティーにもちょっと似ているが、ミントの味とはまた違った清涼感なのだ。

煮出しタイプはクロモジの小枝を煮出す。
これが本来の飲み方はこちらなんだと思う。

ふくぎ茶煮出しタイプ(クロモジの小枝)はこれ
1001300001_600.jpg

1001300003_600.jpg

葉を使って普通のお茶と同様に急須で入れるタイプもある。

ふくぎ茶リーフタイプはこれ
1001300006_600.jpg

1001300004_600.jpg

淹れてみると、こんな感じで、左が煮出しタイプ、右がリーフタイプ。
1001300007_600.jpg

この写真では煮出しタイプは枝をケチって淹れたから、今ひとつ違いが明瞭でないが、煮出しタイプ(枝を使った方)の方がピンク色が濃く出る。

リーフタイプはほんのり黄色い感じ。

味は両タイプとも共通しているのだが、煮出しタイプの方がふくぎ茶独特の風味が強く出る。

ホットでももちろんおいしいのだが、冷たく冷やすとふくぎ茶の清涼感がさらに際立つ気がしている。

東京でも日本橋にある島根県のアンテナショップ「にほんばし島根館」に行けば売っているのだが、私は面倒なので送料はかかるが、海士webデパートで買っている。

試飲していただければハマる人がもっと増えると思うのだが、沖縄の「さんぴん茶」とかが好きな人は合うと思う。

お薦めである。島根隠岐の「ふくぎ茶」。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
マリーンズ2010新ユニフォーム発表
2010年01月29日(金) 21:10
ボビーが辞めて西村新監督になるにあたって、ユニフォームも一新すると言っていたのだが、今日、今シーズンから着る新ユニフォームが発表になった。

uni2010.jpg

まあマリーンズファン以外は、そもそも昨シーズンまでのユニフォームがどのようなものだったか、知らないと思うが、このブログの2008年1月30日のエントリーに写真を載せている。

今季からの新ユニフォームには、マリンブルーを使うとかいう事前情報もあったので、チームカラー自体変わってしまうのかな?と思っていたのだが、心配していたより普通のユニフォームだった。

ビジター(左の西岡が着てるヤツ)はちょっと練習用ジャージみたいな感じで(帽子かぶると印象変わるかも知れないが)、ホームの第2ユニフォーム(中央のサブローが着てるヤツ)は、そもそも今までのストライプ(右の小林宏之が着てるヤツ)の他にあえて設定する必要があるのか?疑問だが、極端に恥ずかしいユニフォームにならなかったのは幸いである。

いずれにしても、レプリカ・ユニフォームの発売も今日から始まり、買わなければならない。物入りなことである。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
結構快適 Google Chrome
2010年01月28日(木) 22:48
皆さまはインターネットのブラウザは何をお使いでしょうか。

私は普通にパソコン買ったときのデフォルトになっている、Internet Explorerを使っていたのですが、昨年末くらいから、Google Chromeを並行して使うようになっています。

Google Chrome、非常に快適なんです。
まず何といってもIEより、表示が非常に速い。

これはあきらかに違います。

しかしデフォルトのブラウザにはまだ指定していません。

Google Chromeだと見られないページ、上手く動作しないサイトがまだ結構あるのです。
Yahoo動画のGyaoなんかがその例で、Google Chromeだと動画が表示されません。
銀行のダイレクト・バンキングとかでもIEでないと動作しないところがあります。
なんかやり方があるのかもしれませんが。

なので完全にIEにおさらばしてGoogle Chromeに乗り換えるというわけにもいかず、両方使っています。
今このブログはGoogle Chromeで開いて書いています。

Google Chrome、結構使えますよ。
お試しあれ
別窓 | 雑感日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
滝川三九郎一積
2010年01月27日(水) 22:06
池波正太郎の「真田太平記」を読み返しているのだが、真田家を巡る人々の中でも新鮮な印象を残す人物は、滝川三九郎一積(かずあつ)である。

滝川一積は織田信長の重臣だった滝川一益の孫にあたる。

滝川一益は羽柴秀吉との政争に破れ、所領を没収され、越前大野に3000石をもらい、越前で死去したとされる。

嫡男の滝川一忠は理由は定かでないが、秀吉によって追放され浪人となる。

滝川一積はこの一忠の嫡男だが、来歴不明ながらも、関が原の戦前後、浪人時代に真田昌幸の娘於菊を妻女とした。
その後、織田有楽長益の斡旋で伯耆米子城主中村一忠に仕官する。

しかし徳川家康に仕えて2000石を得ていた叔父の滝川一時が若くして没し、子の滝川一乗が幼かったため、米子中村家を離れ、一乗の後見人名代として徳川家に仕えることになる。

大坂の陣で戦功をあげ、1000石の旗本として新知を得る。

真田家との縁から、大坂の陣の敵側の主力の将であった真田幸村の娘あぐりを養女として迎え、蒲生郷喜に嫁がせる。

(この蒲生郷喜も調べると面白い一族ですがそれはまたにします。)

後に幕府からこのことを咎められ除封されてしまう。
しかし後に子の滝川一明は300石で召し出され再度幕臣となっている。

滝川一益の孫という出自はあるにせよ、一介の浪人に過ぎなかった滝川一積に娘於菊を託した真田昌幸の考えも謎だが、大坂の陣で敵将であった真田幸村の娘を養女にするなど、真田家との縁は一方ならないものがある。

非常に興味深い人物である。

「真田太平記」の長い物語の中でも、片倉小十郎重綱ともに、異色の存在感と好感を放つ滝川三九郎一積である。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日は「寒梅忌」 藤沢周平命日
2010年01月26日(火) 23:30
今日、1月26日は作家藤沢周平の命日「寒梅忌」である。

寒梅忌に合わせて色々の行事があるのだが、山形県鶴岡では「第11回寒梅忌」が17日、市中央公民館で行われた。

また今日の寒梅忌に合わせ、3月に上映予定の藤沢周平原作の映画「花のあと」の完成披露試写会も開かれた。
記者会見も行われた。

「花のあと」は原作では女性主人公が醜い風貌を持っていることに引け目に感じていることが物語の底流を成しているのだが、映画化ではやはり醜い女性をヒロインにしてというのは難かったとみえて、ヒロインは何と美形中の美形、北川景子さんが演じる。

今年4月には鶴岡市に藤沢周平記念館のオープンも控えている。
別窓 | 時代小説歴史小説 書評日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
「スリーボール、ツーストライク」
2010年01月25日(月) 22:22
今シーズンから、プロ野球のストライク・ボールのコールを、「ボール先行」に変更することが決まったそうだ。
読売新聞の記事

今日開かれた日本野球機構(NPB)の審判部合同会議で決まったそうで、国際大会も増えてきたからだそうだ。
アメリカ(というか日本以外)では元からボール先行だ。

これまでの「ツーストライク、スリーボール」が「スリーボール、ツーストライク」になるわけだ。

スタジアムのスコアボードの表示は「SBO」の順になっているが、NPBとしてはスコアボードの改修は特に求めないそうだ。

しかしテレビの画面表示は簡単に変えられる。
テレビ局はどう対応するのか?

大リーグ中継などではアナウンサーは「スリーボール、ツーストライク」には慣れているので、アナウンサー自身は切り替えられると思う。

しかし「ツースリー」とか「ワンツー」とか省略して成語になってしまっているものの場合は、今までの順番が染み付いていて、ちょっと慣れるのに苦労しそうだ。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
受験は恐ろしい
2010年01月24日(日) 22:06
今日は私は能天気に本番へ出かけたのだが、カミさんは娘を御茶ノ水で行われる塾の直前特訓に連れて行き、それから取って返して幕張でSBYMKHRの合格発表を見に行き、それから柏に行ってSBUR工大KSWの合格発表を見に行き、もしもSBYMKHRが合格していた場合には、もう一度御茶ノ水に戻って娘を途中退室させて、もう一度幕張に戻って学校で記念写真を撮る、という予定だった。

しかしまあ、むずかしいのはわかっていたが、超難関校SBYMKHRは、×でした。

それは仕方ないとして、ICKWが○だったらそもそも受けないつもりだった、完全滑り止めのつもりのSBUR工大KSWがなんと、×!

ステリハ後にカミさんからのメールで知り、恐れおののく。

TH大THの合格がなかったらと思うと本当に恐ろしい。

娘も落ち込み、東京の2月1日校の選択も迷いが出る。

私は能天気に演奏会の打ち上げに出たりしていたのだが、カミさんからのメールで19時から塾で担当の先生と今後の方針について面談をしてもらうとのこと。

打ち上げを途中で抜け出し、帰る。

塾で娘とカミさんと合流し、19時~20時くらい面談。

塾の校長以下、塾の先生たちも娘のSBUR工大KSWの不合格にはショックを受けていた。
滑り止めとしてそもそも塾の先生の提案で受けた学校だったので。

SBKSの不合格を受けて、娘も弱気になり、カミさんもパニクり、昼に塾に電話した時点では、東京の2月1日校を安全圏の学校にしたいような話を先生にしていたようだった。

しかしその安全校に受かったら、THではなくてそちらに行くのか、と問われると、娘はそれはない、という。
であれば、もうTHの合格を持っているんだから、行かないのなら安全校を受けても意味がない、と諭される。

困難は承知で初志貫徹で第一志望のSBYMKHRの二次募集を2月2日に受ける。これを最大目標にして、東京の2月1日校は「受かったら行く」学校にすべき、と言われ当初の予定通りに。

SBYMKHRの二次募集は天文学的に難しいんですが、やれることは全てやっておくということが、もしダメだったとしても、今後悔やむことがないという意味では大事だ、と言われる。

千葉受験は4戦して1勝3敗と不本意な結果になったが、まだ千葉二次募集、東京校受験と先は続く。

THの合格が本当に身に染みるありがたい救いになっている。
別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
受かりました。良かった。
2010年01月23日(土) 12:02
今日は娘とカミさんは千葉受験4日目、SBUR工大KSWに出かけて行きました。
最寄駅からスクールバスしか交通の手段がないとのことで、段々都落ちの気分です。
もう後がない千葉受験という感じ。

私は21日に受けたTHの合格発表を見に学校へ。
インターネットでも発表するのですが、学校での掲示と同じ時刻に発表なので、これは合否どちらにせよ、現地で確認したいな、と思い出かけました。
発表10分前くらいに学校に着いたのですが、驚くほど人が少なく、やはり皆さん当節インターネットで見るのが主流なのかな、と思いました。

正面玄関に定刻に掲示され・・・ありました。良かった。(嬉泣)

千葉で合格出て欲しかったんですよね、東京受験の前に。

これで一安心。

ご心配をおかけしました。
応援下さった皆様にこの場を借りて篤く御礼申し上げます。

まだ昨日受けた超難関校の発表が明日あります。YTYOTKの合判テストでは20%しか出たことがないけれど、奇跡が起きるかもしれないので、明日の発表もあきらめたわけではありません。

まだ東京受験もありますので、娘には最後まで集中力切らさず頑張って欲しいものだと思っています。
東京の2月1日校は今日の結果次第で、チャレンジ校にするか、確実校にするか決める予定だったのですが、これでチャレンジ校受験ということになりそうです。

帰りのバス停でClのTRUCくんご夫妻と遭遇。
TRUCくんのところは残念ながらだめだったそうで、お家から非常に近い上に、奥様の母校でもあるので、本当に残念です。
S大MTDの合格は既に得ているそうです。
ウチも今日がダメだったら、S大MTDの二次試験に出願する予定でした。

しかしTRUC家は下のお嬢さんが明日ピアノのコンクールに出場とのことで、音楽的才能ではTRUC家は凄いですな。

しかし、これで心置きなく今日のゲネプロ、明日の本番に望めるので、私としては一安心です。
http://www.shinkyo.com/01next/208.html

<数字だけなら誰だかわからないから良いだろう・・・>
1001230004_600.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:6 | トラックバック:0 | ↑top
大嶺翔太、やっと入団
2010年01月22日(金) 20:22
昨秋のドラフト会議でマリーンズが3位指名した大嶺翔太だが、昨年12月に飲酒で補導されて、入団契約を見合わせていた。

大嶺翔太は、その後、海岸の清掃や毎日反省文を書くなど、反省の日々を送っていたのだが、今月17日に瀬戸山球団社長が石垣島を訪れ、最終面接を行っていた。

今日、千葉マリンスタジアムで入団会見を行い、正式に入団が発表された。

登録名は「翔太」、背番号は「50」

契約金は4000万円、年俸550万円(いずれも推定)。
年俸は仮契約時点から罰則的な意味で50万円減らされた。

登録名の「翔太」はどうなのだろうか?
ライオンズの菊池雄星投手も「雄星」になったり、スワローズの佐藤由規投手も「由規」で登録されたり、ちょっとブームになっているのだが、スタートは本名通り普通の名前にしてあげた方が良いように感じる。

改名はある程度活躍の目処が立って、自分の意思が表明できるようになってからの方が良いような気がするのだが。

大嶺翔太の場合、兄の大嶺祐太が同じチームにいるので、フルネームで呼ばなければならないから、いずれ自然に下の名前がニックネームになっていくと思うが、その自然の流れに任せた方が良い気がする。

まあ、汚名を着たスタートになってしまったが、先の長い高校生ルーキーである。
名誉挽回のチャンスはいくらでもあると思うので実力で撥ね除けて行って欲しい。

<ユニフォームを着て瀬戸山社長と握手する翔太>
shota_100120.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
無念
2010年01月22日(金) 13:58
今日3日目は、もう記念受験と言っても良いくらい難しくなってしまった有名某校ですが、家から通うのは一番近いのです。
付き添いに行ったカミさんからのメールだと、保護者控え室は講堂が充てられていて、在校生の父兄の方が無料でコーヒー・紅茶・飴のサービスをしてくれていたそうです。これは凄いな。

筆が進みませんが、20日受けたICKWはダメでした。無念。
15時から現地で発表があるのですが、13時にインターネットで先行発表。
12時55分頃アクセスしてみたら、既に公開済みでした。

娘も行きたがっていた学校なので、残念でした。

まあ、今後に期待。

学校での実際の発表をダメと判っていながら見に行くかどうかは、逡巡中。
本当にダメなのか確かめたい気持ちもありますが、もう縁のない学校だと思うと何か行く気も萎えます。
遠いしな。。。
別窓 | 雑感日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | ↑top
千葉受験2日目(2)
2010年01月21日(木) 14:34
さて、終わって帰って来ました。

帰りは臨時バスがどんどん出ていたので、行列はすごく長かったですが、スムーズにさばけていた感じ。

私たちの直前で前のバスが満員発車となったので、無人の次のバスに一番で乗れたので座れてラッキーでした。
このラッキーが結果にも結びついてくれると良いのですが。

娘は明日も続きます。
明日はカミさんが付き添いで、私は合格発表を見に行く&受かっていれば書類をもらってくる役。連日暇無しが続きますね。

明後日も同じような感じで、私はそのままゲネプロ、本番へとなだれ込みます。

今日は本を読もうと池波正太郎「真田太平記 第八巻-紀州九度山-」を持って行ったのですが、気力萎えて読まず、エ○○ルシ○ールカフェでは寝てしまいました。
別窓 | 雑感日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
千葉受験2日目
2010年01月21日(木) 09:42
今日も付き添いです。

千葉受験2日目も、受験日が今日なのはこの学校だけなので、大量の受験者・保護者が集まっています。

TDNM駅で既にバスの行列が凄い。
バス停からペデストリアン・デッキまであがり、後尾は駅の改札付近まで並んでいる。

日常の通勤の人には大迷惑な状態ですが、年に1度だけのことだから、勘弁してもらうしかないか。

行きは4分おきくらいにバスが出ているので通常ダイヤのバスだけでさばいていました。
並びましたが、バスが次々と来るので、案外待たなかったですね。
臨時バス不要というのはこれも長年の経験で把握しているんでしょうね。
帰りは臨時バスが出るそうです。

学校の近くは、最寄の京成OKB駅からの徒歩組の行列も加わり、これまた凄いことになってましたが、まあ、何とかなっちゃうもんですね。

娘が教室に入って行くのを見届け、保護者控え室になっているカフェテリアを覗いてみましたが既に満席。
体育館も保護者控え室になっているのですが、体育館はまさに体育館で、あまりに所在無いので、もう一度バスに乗りTDNM駅まで戻って来てしまいました。
TDNM駅前のエ○○ルシ○ールカフェ、なう。

娘の奮起を期待し待ちます。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
千葉受験初日
2010年01月20日(水) 14:46
千葉の受験は今日からスタートです。

今日は某MKHRにある大規模展示場2部屋を借り切って試験やるので、新聞・テレビなどでもよく報道され、おなじみの某校。

保護者控え室も同会場内のイベントホールが充てられていました。

先日のホテルのようにコーヒー紅茶飲み放題、というわけにはいかず、机も無しで椅子だけでしたが、ちゃんとしたホールの椅子ですからね、環境としてはまず良しとすべきでしょう。

カフェテリアも営業してなかったので、おとなしく控え室で待機してました。

それにしてもあの大人数を混乱なく整然と入場・退場、保護者と待ち合わせさせるノウハウのお手並みには感心しました。

机と椅子とかも借りてこなきゃないけないし、とても学校の日常のスタッフだけでできる事業ではなく、イベント会社とかが手伝っているんでしょうけれど、毎年のノウハウの蓄積も大きいでしょうね。

中学生高校生の在校生も手伝いに来てましたけど。
メインに仕切ってるのはイベント会社の人って感じですね。

今日から3連荘もしくは4連荘。
体調維持に気を使い、何とか乗り切りたいものです。

<両側に各塾の先生が立ち並ぶ中を会場に押し寄せる親子の群れ>
1001200001_300.jpg


別窓 | 雑感日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | ↑top
今日はお父さんも早く寝て下さい。
2010年01月19日(火) 22:17
「今日はお父さんも早く寝て下さい」とカミさんに言われたので、急いで寝ることにする。

明日から千葉県内校の試験がスタートする。

朝が早いので早く寝ろ、ということだ。

明日は経験者の方はご承知の学校だと思うが、非常にたくさんの受験生が受験することで有名な某校で、試験開始にちょうど間に合う時間のバスがどれぐらい混むか予想が付かないので、私が車で途中まで娘とカミさんを送り、そこから鉄道で試験会場の最寄り駅まで行くことにした。

私はその後、渋滞があっても心配ないように、試験会場近くまでゆっくりと車で向かい、駐車場を探して停めて、試験終了を待つ予定。

さすがに今夜は娘もナーバスになっていたが、私もドキドキしている。早く済んでくれないかな。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日はWSOPONの過去ログ整理
2010年01月18日(月) 23:22
WSOPONとは、Waseda Symphony Orchestra Tokyo,Timpani & Percussion OB&OG's Network
の略称で、ウソポンと発音していますが、要はワセオケ打楽器OBOGの集まるサイトです。

メンバーズ限定のメンバーズルーム内にチャットの部屋があって、そこの過去ログを私が個人的に貯めてアップしていたのです。アメリカの無料ホームページのGeocitiesにアップしてあったのですが、先日アメリカのGeocitiesがサービスを終了してしまって、リンクが切れていることに気が付いたのです。

そこで、私の個人サイトの中に収容すべくリンクを張り直してたのですが、片付け物をしていると懐かしいものが出てきて読みふけっちゃったりするものですが、まさにその状態。

1997年からの10年以上のチャットのやりとりを見て、これってある意味ブログだし、SNSの先駆けだったなあ、と改めて感心しながら、内容を読んでしまって、全然はかどりませんでした。

今日は途中で断念。明日の夜も続けます。
別窓 | 雑感日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
ファイターズ投手コーチ小林繁氏の訃報
2010年01月17日(日) 22:02
57歳。今季からファイターズの1軍投手コーチに昇格するはずだった小林繁氏の突然の訃報に驚く。

あの「江川卓事件」の後始末として、ジャイアンツからタイガースに移籍し、22勝を挙げた小林繁氏。
サイドハンドの変則フォームのピッチャーとしては異例の沢村賞を2回受賞。

偉大な投手であった。

梨田監督は昨日(16日)イベントで札幌で小林氏と会ったばかりだそうで、後任人事については「後任の人選は重要だけど、今は考えたくない」とコメントしている。

ご冥福をお祈りする。

kobayashisigeru.jpg

別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
i-Tuneストアでハイチ地震へ寄付
2010年01月16日(土) 21:15
i-Tuneストアから、ハイチでの地震への寄付の呼び掛けメールが来た。

i-Tuneストアで、アメリカ赤十字への寄付ができるという。
i-Tuneストアで楽曲を買うのは慣れているので、それと同じ手続きで寄付ができるというのは便利だ。

早速寄付をしてみた。

ポチッとボタンを押すだけである。
皆様もi-Tuneをお持ちであったら是非試してみて欲しい。

itune.jpg

別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
「目玉おやじ」死す
2010年01月15日(金) 20:47
本来の「目玉おやじ」は死んだ鬼太郎の父親の目玉だけが復活して誕生したものだから本来不死のような気がするが、テレビアニメの「目玉おやじ」の声を、1968年の第一期シリーズ(白黒時代である)から努めてきた、田の中勇氏が逝去された。77歳であった。

余人を以って替え難い声優というものは、ルパン3世の故山田康雄の後をモノマネタレントの栗田貫一が努めていることでも明らかなわけだが。

田の中勇氏の「目玉おやじ」も余人を以って替え難い役であるように思う。

4月からはNHKの朝の連続ドラマで、水木しげる先生の奥様の武良布枝さんが書いた「ゲゲゲの女房」も始まるところだったのだが。
水木先生ご本人は87歳で益々ご健康。

田の中氏の訃報は残念なニュースだ。

medamaoyaji.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
とりあえず一つ
2010年01月14日(木) 14:15
1月11日にお試し受験で東京受験を受けた、某地方中学校ですが、今朝インターネットで合格発表がありまして、一応合格してました。

ここしか合格しなかった場合でも行かない学校ですけどね・・・。

注意書きの書面に発表当初はネットが混み合い繋がりにくくなります、と書いてはありましたが、予想以上の繋がりにくさで、発表開始から1時間半くらい経ってやっと見られました。

まあ、さいさき良く1勝ということで、今後に繋げていってもらえたらなあ、と思います。
別窓 | 雑感日記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ↑top
千代大海引退かぁ
2010年01月13日(水) 20:51
まあ、ここまでよく頑張ったとも言えるが、元大関千代大海が今日引退を発表した。

今場所は関脇に陥落して10勝すれば大関に復帰できるルールだったわけだが、初日から3連敗。

昨日の相撲では魁皇の幕内808勝の新記録更新に花を添える敗戦となって、その完敗ぶりも決断をさせた要因だったとは思いますね。

大関在場所65場所は歴代第一位、立派なお相撲さんでした。

その千代大海が去った今日の4日目は4大関が全員負けるという不甲斐ないことにもなっていて、ニューヒーロー不在の時代はしばらく続くのかな。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:1 | ↑top
アバターすごい
2010年01月12日(火) 21:36
連休は他の用事も多かったですが、見てきました「アバター」。

ジェームズ・キャメロンやってくれますね。
これはスゴイですよ。

3D映画というと、観客の目の前にまでボコっと飛び出してきて驚かせるような仕掛けがあるのが常套手段ですが、ジェームズ・キャメロンはストイックなまでに3Dの効果を抑制して使ってましたね。
もう見ている者を本当に衛星パンドラに連れて行ってくれる感じ。

パンフレットにも「スターウォーズ」の衝撃のことが触れらているけれど、本当に「スターウォーズ」を見たとき以来の衝撃、エンターテインメントのステージが1段上がったという感じでしょうか。

ストーリーは「もののけ姫」みたいな「ナウシカ」みたいな感じで、その点では目新しいところは何もないのだけれど、まあ良くできてますよ。
ディティールへのこだわりが半端ない。

劇場の3Dメガネが油ギトギトでティッシュで拭いても全然取れず、不快でした。
まあ私は自前のメガネ越しに装着するので、直接のバッチィ感は緩和されてますが、それでも気になりましたね。
あれは時節柄、劇場の方で毎回洗浄殺菌をして欲しいですな。

3Dメガネをかけての約3時間というのは確かに肉体的にもタフな映画なんですが、それでもダレルところは無かったですね。

背景とか細部が早くて良く見切れなかったので、もう一回見ても良いかなと思います。

まだまだしばらく公開続くと思うので、未見の方は是非3D上映の劇場でご覧になることをお勧めします。

avater_430.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
やっと帰宅
2010年01月11日(月) 16:11
終わって昼食をとり、やっと帰宅しました。

待ってるだけとはいえ、疲れますな。
子供はテスト受けているわけだから、もっと大変。
ご苦労様でした。

これから連チャンの日とかもあるので、体力勝負というところもあります。
健康には留意しながら乗り切りたいものです。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
そろそろ終わりかな
2010年01月11日(月) 12:28
さて、そろそろ終わりかな。
娘を迎えに行きますかな。

コーヒーを6杯も飲んでしまって、ちょっと気持ち悪くなってしまいました。

読みかけの池波正太郎の「真田太平記」の5巻、6巻を持って来ましたが、5巻は読み終わりました。

前田利家がついに死に、家康の動向や如何にという一番重要な箇所です。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
さていよいよ始まりました
2010年01月11日(月) 09:30
娘の受験、始まりました。

今日は何回かエントリーがあると思います。

今日試験のある学校というと、調べれば学校名わかってしまうと思いますが、東京受験のある地方の学校です。
大会場での受験慣れのためのお試し受験です。

都内某大ホテルの大宴会場を貸し切ってのテストです。

カミさんの会社は国民の祝日が休みじゃないという厳しい会社なので、今日は私が付き添い。

ホテル内の別の宴会場に保護者控え室も取ってあり、コーヒー紅茶無料で、しかも無線LANも繋がるので、他の場所を探さず、ここでおとなしく待つことにします。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
湯島天神代参
2010年01月10日(日) 18:10
さて、もっと早く詣でるつもりだったのですが、ぎりぎりになってしまいました。
湯島天神代参。
湯島天満宮ですね。

娘本人はもう一日も暇がないので、親が代参です。

行ってみたら、代参と思しき家族が多いですね。
受験生本人と思われる人は大学受験の人も含めてあまり見当たらず、私らの年代以上の中年~初老の参拝者多し。
やはり、この時期、受験生本人は勉強しているということでしょうか。

参道は大混雑。
1001100001_600.jpg

すごい人出です。
1001100002_600.jpg

お正月とかはもっとすごかったんでしょうな。

絵馬、お守りの売り場はこの混雑。
1001100003_600.jpg

絵馬を架けるところはもう崩壊しそうな量の絵馬がぶら下がっています。
1001100004.jpg

娘の絵馬もぶら下げました。
1001100006_600.jpg

ほぼ中央部に娘の絵馬があります。
1001100010_600.jpg

人事を尽くして天命を待つ、ということですが、とりあえず尽くせる人事は尽くしておこうと思いまして、湯島天満宮代参いたしました。

別窓 | 雑感日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
宮部みゆき 著「孤宿の人」
2010年01月09日(土) 22:34
宮部みゆきの「孤宿の人」を読む。

正直言って読み進むのがしんどかった。
宮部みゆきの時代モノは、私には肌合いが合わないのかもしれない。
過去の作品も世間で話題になっているほどには没入できないものが多かった。
この「孤宿の人」も発刊後話題になっていた作品である。

四国讃岐にあって、金比羅様の参詣客によって栄える小藩「丸海(まるみ)藩」に幕府の勘定奉行を務めた船井加賀守守利なる人物が罪人となって、配流になって来る、という筋立ては、史実の鳥居耀蔵が讃岐丸亀藩に配流になった件を着想の基点にしていることは作者もあとがきで述べている通りである。

「孤宿の人」は主題・メインテーマが何なのか、いま一つハッキリしない小説であるように思った。
主人公が複数いてそれぞれのエピソードが語られているのだが、各エピソードが有機的に連関していない感じがあるのだ。

ミステリー作家でもある宮部みゆきであるからして、謎解きになっているのかと思うと、結末まで行くとそういう訳でもない。
結局、何が言いたかったのか。
生き残った人物も、死んでしまった人物も何故ゆえにそうなったのか、が得心行く形で提示されないもどかしさがある。

文体もちょっとくどい感じがして肌に合わない。
讃岐のとある小藩の城下町を舞台にしているのだが、登場人物がみな江戸弁をしゃべっているのもいま一つリアリティにかけ、物語に没入できない要素だったように思う。
登場人物が多すぎた感じもある。もう少し刈り込めたのではないだろうか。
花吉、石野、香坂泉などは本当に必要な配役だったか疑問だ。

孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)
(2009/11/28)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


孤宿の人〈下〉 (新潮文庫)孤宿の人〈下〉 (新潮文庫)
(2009/11/28)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

別窓 | 読書日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日は何だか不調です
2010年01月08日(金) 23:06
今日は何だか不調なので、明日の新年初練習に備えて早く寝ます。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
テレビ「3D元年」
2010年01月07日(木) 23:02
今日の朝日新聞の夕刊第一面に、テレビ「3D元年」の見出しが。

ラスベガスで開幕するCEショーが報道陣に先行公開され、各社が3Dテレビを一斉に発表し、3Dの競演状態だったという。

各社はまず北米で今春、3D対応テレビを発売し、年内に日本でも発売したい考えのようだ。

劇場用映画はさておき、普通のテレビ番組まで3Dの番組が本当に出てくるのか疑問なところだし、いちいち普通のテレビ番組を見るのに専用メガネをかけるという行動が一般化するかどうかも疑問なわけだが、3Dに対応したテレビが出るならそれまで待って買いたいという気持ちも起きる。

来年にアナログ停波が控えていて、我が家はまだアナログテレビなのだが、カミさんは朝日新聞の記事を見て「テレビの買い替えは再来年だ」と言い切る。

その前に来年アナログ停波が来てしまうのだが、DVDプレイヤーとAVチューナーを点ければ今でも一応、地デジは見られるのだ。
カミさんはそれで再来年までそれでしのいで、3D対応テレビの価格がこなれて来てから買いだ、というのだ。

テレビを見るのに、テレビとDVDプレイヤーとAVチューナーの3つの電源を入れなければならないのは面倒だが、まあ確かに見られることは見られる。

さて3Dテレビの市場がどうなるのか?注視して行きたい。

「アバター」の映像を使ったPanasonicの展示
pana02.jpg


別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
シーシェパードの妨害船の事故
2010年01月06日(水) 21:51
新聞が伝えるところによれば、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」の妨害船「アディ・ギル号」が日本の調査船「第2昭南丸」と衝突し、大破したそうだ。

捕鯨擁護論者である私の視点からすれば、ざまをみろ、と快哉を叫びたいところだが、シー・シェパード側は日本船側が故意にぶつけてきたと主張しているようだ。
映像を見る限り、アディ・ギル号が第2昭南丸の進路を遮る形で進行したことは明瞭だ。

しかし反捕鯨国の急先鋒でもあるオーストラリアなどの反応も気になるところであり、この事故が反捕鯨運動の妙な火種にならないことを祈る。

<毎日新聞配信の映像>
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 日々の雑学 | NEXT≫\r