日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
イーグルス戦完敗
2010年08月31日(火) 23:44
勝った時ばかり日記に書いているが、今日はマリンスタジアムに見に行ってしっかり負けたので、一応報告しておく。

score_20100831.jpg

マーフィーと岩隈の先発。

マーフィーは波があるとはいえ、ここまで11勝4敗。チームで最も勝利数勝率ともに良いピッチャーである。

制球に苦しみながら立ち上がるのは毎度のことなのだが、今日は酷すぎた。
3回を投げて、6安打5四球。
2回は押し出しで2点献上。
打ち取ったバッターもほとんど3ボールまで行く感じで、3回しか投げなかったのに、86球を投げた。

岩隈はそんなにすごいピッチングという風には見えなかったのだが、打線は打てない。
というか連打が出ない。

4回からリリーフした上野もいつも期待されながら1軍にあがってくるが、3回を投げて3安打は良いとして、3四球。
5回の3失点は草野フォアボール、嶋フォアボール、聖澤2点タイムリー3ベース、内村犠牲フライ、と、1ヒットで3失点。
8番バッター、9番バッターに連続四球とか、もう意味わからん。

完封かと思われた岩隈は蒸し暑くてバテテしまったそうで、大差も付いたことだし、6回で降板し、7回から継投。

8回に2点返したのはせめてもの救い。

岩隈はこれでプロ通算100勝。
それを知らせる場内アナウンスにはマリーンズファンからも拍手が送られていた。

とにかく、Kスタ宮城で一回も勝てていないこともあるが、イーグルス戦に6勝12敗と6つの負け越し。
ホークスは対イーグルス戦14勝5敗。
ライオンズは対イーグルス戦11勝6敗。
イーグルスとの戦い方の差がここに来て首位争いの大きなポイントになっているのである。

今日で8月も終わり、今日が今年最後の花火ナイターであった。
今週末のファイターズ戦、土日はもうデイゲームである。
酷暑の中のデイゲームになりそうだ。見に行くのも思わず躊躇する。
201008310019_1200.jpg

201008310022_1200.jpg

もう、やる気を無くす試合展開
201008310025_1200.jpg

明日明後日は用事があるので、イーグルス戦は今日だけの観戦となりそうである。

今日は内野応援席という特殊な区画で観戦。
チケットの値段は外野席と一緒で、2階の内野自由席の一番外野寄りのところに、ロープで区切られた一角があり、そこが内野応援席である。
ここでは、立って応援することが許されている。
なおかつ座っていても特に周りの顰蹙を買うこともない。

気分に合わせて、自由に見るのには居心地が良い席なのである。
外野席は壁に囲まれていて風が抜けず、蒸し風呂のようなのだが、内野応援席は2階なので常に風があってその意味でも心地よい。
今晩は特に蒸し暑かったので、外野席ではウチワの動きが激しかったが、2階の内野応援席は適度に涼しい風が吹いていた。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
ローズ・ゼラニウム枯れる
2010年08月30日(月) 22:38
ゼラニウムの仲間は宿根の多年草なので、毎年花を咲かせる。

葉ににおいがあるので、虫にも食われにくく、熱いところの原産なので、乾燥にも強い。

園芸用の普通の花ゼラニウムとは別に、いわゆる「センテッド・ゼラニウム」(においゼラニウム)の仲間は、園芸花というよりも、ハーブの一種として考えられることが多いと思われる。
葉の芳香が魅力で、葉に触るとバラの香りがするローズ・ゼラニウムの他にも、レモン・ゼラニウムや、ライム・ゼラニウムアップル・ゼラニウムなど、果物のにおいがするものもある。
チョコレートミント・ゼラニウムなんていうものもあったりする。

我が家では、普通の園芸用の花ゼラニウムも各色育てているが、特に愛着を持って栽培していたのが、ローズ・ゼラニウムである。

中1の娘が生まれる前からだから、14~5年は経つのではないだろうか。
その間何度かの転居もあり、環境は多少変わっているが、毎年初夏にはベランダでピンクの可愛い花をつけてくれていた。

夫婦ともにそんなにマメではなく、きちんと面倒を見ていた訳ではないのだが、それでも気丈に毎年花を咲かせてくれていた。

今年の夏は猛暑だったので、気をつけていたつもりだったのだが、ダメだ。

ついに枯れた。

201008290001_1200.jpg

多年草とは言っても、木ではないから寿命はある。
猛暑のせいだけではないかもしれない。

寒さには弱いと色々なところに書いてあるが、うちではベランダ放置で14~5年ご無事だった。
根の手入れも本当は毎年してやらなければいけないのだが、ほとんど放置だった。
海外旅行で1週間くらい外出したときも放置だった。

それでも毎年、元気に咲いていたのだが。

うーむ無念。

しかし、差し芽をして発根した子供たちは元気で、ここは第一世代の親はスッパリとあきらめて、子供たち孫たちを育てていくことに気持ちを切り替えるしかない。
同じDNAを持っているわけで。

201008290003_1200.jpg

枯れたのが猛暑のせいではないか、と疑うのは、時期を同じくして、ローズマリーも枯れてきたからである。
ローズマリーはシソ科の常緑低木である。

201008290004_1200.jpg

このローズマリーも5~6年は経つと思う。
ローズマリーも丈夫な植物で地中海沿岸の乾燥地帯が原産だから強い・・・はずだった。

これはもう下から枯れてきているので、まだ緑の残る先端部分を生かし、挿し木で復活させるしかないだろう。

いずれにしても、長年の付き合いだった株が枯れたのは残念だったが、「センテッド・ゼラニウム(においゼラニウム)」の仲間は、葉の香りで楽しめ花も楽しめ、しかも毎年咲くので、ベランダ園芸にはお薦めである。
苗はネットでも買える

<参考画像:ローズ・ゼラニウムの花>
Rose_Geranium.jpg


別窓 | 雑感日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
坂本真綾15周年記念ライブ at 日本武道館
2010年08月29日(日) 21:20
今日は娘がおばあちゃん(義母)のところへ昨晩から泊まりに行っていて、昼間リビングで勉強をしていなかったので、久々にじっくりDVDを見る時間が取れた。

(午後は野球を見ていたけれども、悔しい試合を落とした。)

「坂本真綾15周年記念ライブ at 日本武道館」は坂本真綾15周年記念LIVE「Gift」として、今年の3月31日彼女の30歳の誕生日に、日本武道館で行われたライブを収録したもので、DVD自体は先日8月11日に発売されていて、予約をしていたから、発売日には届いていた。


坂本真綾15周年記念ライブ“Gift” at 日本武道館 [DVD]坂本真綾15周年記念ライブ“Gift” at 日本武道館 [DVD]
(2010/08/11)
坂本真綾

商品詳細を見る


いつも娘がリビングで勉強しているので、なかなか長いDVDを見る時間が取れなくて、今日まで未見だったわけだ。

私にとって、坂本真綾という存在は、第一義的に彼女自身というよりも、菅野よう子楽曲の「演者」の一人として存在している。
あくまで菅野よう子という存在ありきで菅野よう子を通して坂本真綾という存在を見てきた、と言っても良い。

菅野プロデュースを離れた後のアルバムも買ってきてはいるけれども、お前は「坂本真綾のファン」なのか?、と問われると、いや、ちょっと、そこまで彼女のことを知っているわけではない、と躊躇する気持ちが働く。

15歳でCDデビューし、そのキャリアの初期から年齢不相応な活躍をしてきた彼女も、それから人生を倍生きて、今年30歳、デビュー15年となったわけだが、映画の吹き替えの仕事まで遡ると、もっとずっと前から仕事はしているのである。

坂本真綾のアルバムに対する私のスタンスは「菅野楽曲を聞く」というスタンスで、極端な言い方をすれば他の歌手が歌っていればそっちを聞いていたわけで、坂本真綾である必然性はなかった。

とは言っても良い楽曲が多いこともあって、聞く機会が必然的に増える。
坂本真綾の歌い方もルックスも別に嫌いではない。

歌は上手いなあ、と思っていたし、声も好きだった。

しかし、今回ライブのDVDを見て、実は彼女本人の生身の肉声に接したことはほとんど無かったなあ、と改めて思った。
MCでしゃべるところとか、初めて見たのである。

生身の「坂本真綾」という人物に初めて接した気がした。

改めて、歌上手いなあ、と思った。
菅野よう子楽曲はポップではあるが、決して簡単な曲ではない。音の跳躍も多いし、フレージングも難しい。
しかし、ライブでも音程を外さない。安定している。

Gravityでちょっと怪しくなるところはあったけれども、総じてライブゆえの不安定さが全く感じられないのは大したものだと思った。

全てのアルバムを持っていながら、何を今更、と思われるかもしれないが、今日初めて「坂本真綾のファン」になったかもしれない。


別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
杉内KOで再び同率首位
2010年08月28日(土) 22:48
杉内には今年全然勝てていなかったし、吉見が相手では、これはかなり分が悪いな、と試合前は思っていたのだが、その杉内が今日は大荒れで、自滅してくれた。

score_20100828.jpg

いきなり初回表、先頭西岡がレフト前ヒットを打つと、井口にデッドボール、金泰均にフォアボール、福浦にフォアボールで押し出しでまず1点。
今江が犠牲フライを打ち、井口が帰って2点目。
ここで出ました、本当に久しぶり、大松の3ランホームランで、いきなり初回5点。
大松のこのホームランは球団7000号の記念のホームランだそうだ。

吉見はランナーは出すが3回まで無得点に抑える。

杉内は2回、3回とランナー出しながらも切り抜け立ち直ってきたようにも見えた。

しかし4回、的場のレフト前ヒットの後、西岡フォアボール、清田フォアボール、金泰均フォアボールで、またも押し出しで1点追加。福浦にもフォアボールで押し出し2点目、7-0。
ホークスベンチたまらず、ピッチャー・杉内→藤岡
しかし、今江はセンター前へ2点タイムリーヒット。

苦手にしていたエース杉内を3回2/3で降板させ、9-0と楽勝ムード。

吉見も大量援護をもらって、ピリッと投げ抜いて欲しかったが、6回に本多にヒット、盗塁を許し、小久保にタイムリー、さらに連日となる多村2ランを浴び、この回3失点。

7回から古谷にスイッチしたが、古谷は出来不出来の落差が大きいなあ。
長谷川、川崎にフォアボールを出し、本多にヒットを打たれ、1死満塁で、薮田に交代。
しかし今日は薮田も良くなかった。
松田にボテボテのショートゴロを打たれ、本塁間に合わず、1塁送球で、9-5。
小久保のフォアボールを出し、2死満塁。
ここで、多村の当たりは三遊間を抜けようかという打球を西岡が横っ飛びで止めるが、どこへも投げられず、3塁ランナー生還、9-6。
ワンサイド・ゲームかと思った序盤だったが、3点差まで追い上げられてしまう。
薮田は1アウトを取っただけで交代、小野晋吾。
晋吾はペタジーニを空振り三振でチェンジ。

8回も小野が行って先頭柴原にヒットを打たれるが、長谷川ダブルプレイ、田上キャッチャーファールフライと3人で抑えた。

9回は小林宏之。川崎、本多と連続三振で、これは余裕のピッチングかと思ったが、松田にフォアボール、小久保にヒットを打たれ、1・3塁のピンチ。
しかし多村をセカンドフライに打ち取って試合終了。
小林宏之は25セーブ目。中盤までだいぶ差を付けられていたシコースキー30セーブ、馬原27セーブに近づいてきた。

昨日、単独首位に立ったホークスに再び並び、同率首位。

泥沼ライオンズは今日もイーグルス相手にビハインドの展開で8回に3点差を追い付いたが、そのまま延長引き分け、ライオンズとの差はちょっと開いた。
侮れないファイターズも負けてくれた。

明日はヘイデン・ペンと大隣。今季調子が上がらない大隣だけに、何とか攻略してホークス戦勝ち越し、単独首位をものにしたい。

<本当に久々のホームランの大松>
ohmatsu_20100828.jpg


別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ついに出た200歳
2010年08月27日(金) 22:03
今日はマリーンズが負けてしまったので、時事ネタでも。

毎日のように報道される高齢者の所在不明問題だが、長崎県生き死 ・・・(いや、)壱岐市で、200歳になる男性が戸籍上生存していることが明らかになった。
テレ朝のニュースこちら

文化7年、1810年生まれ。
ショパン、シューマンとおない年だ。

これはまた、桁違いにすごい。
もはやジョークのような話だ。

戸籍は住民基本台帳などと違って、遺族などから死亡届けが出ていないと、役所の判断だけでは抹消することができず、抹消には法務省の許可が必要なため、手続きが煩雑だから放置されて来たのだろう。

続々と100歳超の「書類上生存者」が見つかっているが、これからもまだまだ上手が出てくるかも知れない。

別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ヒヤッホウ!首位!
2010年08月26日(木) 23:52
シンジラレナーイ! ライオンズ戦3タテ!

ホークスは馬原が9回にT-岡田に打たれて同点に追い付かれ、そのまま延長引き分け。
マリーンズ 63勝52敗2分 0.548
ホークス 63勝52敗5分 0.548
ライオンズ 65勝54敗0分 0.546

マリーンズ、ホークスと並んで同率首位。ゲーム差無しに3チームだが、ライオンズは3位転落。

昨日も今日も苦しい戦いの中でもぎ取った勝利だった。

score_20100826.jpg

唐川は立ち上がり不安定で片岡にショート内野安打で出塁されると、中島に2ベースを打たれ、初回1点を失う。
2、3、4回も毎回ヒットを打たれるが何とかしのぎ、5,6,7,8回はノーヒット・ピッチング。
初回の1点は悔やまれるが良いピッチングだったと思う。

一方、西口も出来が良く、3回に今江がヒットを打つが4回まで、そのヒット1本に抑え、付け入る隙がない感じだった。
ところが5回、的場、清田を三振に取って2アウトにした後、西岡センター前ヒット、今江ショート内野安打、井口ライト前ヒットで2塁ランナー西岡一気に帰り、同点に追い付く。
続く金泰均もフォアボールを選んで満塁とし、福浦だったが、ここは倒れて同点止まり。

6回も先頭のサブローヒット、大松フォアボール、的場、清田倒れるが、ここで西口交代、岡本篤志に代わるが、西岡フォアボールで、2死満塁のチャンス。しかし今江はセカンド後方のフライ、片岡にキャッチされてしまい、無得点。

8回裏、先頭サブロー、フォアボール、大松ライト前ヒットでサブローは一気に3塁へ。
サブローに代走岡田。
無死1・3塁で的場はスクイズかも、と思われたが強行、空振り三振。的場、スゴイ悔しがり方。
そして出ました、清田。
レフト大島へのフライは結構浅かったのだが、岡田の足が勝り、決勝ホームイン。

唐川完投かとも思われたが、9回は小林宏之。
今日は珍しく3人で抑え試合終了。

厳しい戦いを制し、ライオンズ戦3連勝。
冒頭にも書いた通り、ホークスが勝っていれば2位だったが、引き分けになったので、ホークスと同率首位。
そして明日からはそのホークスと敵地で3連戦。
勝ち越した方が単独首位だ。

<8回裏、清田の犠牲フライで決勝のホームインをした岡田>
okada_20100826.jpg

<6勝はキャリア初、骨折がなければ余裕で2桁勝っていただろう今季の唐川>
karakawa_20100826.jpg

<ヒーロー・インタビューは唐川と、決勝犠牲フライの清田がプロ入り初めてのお立ち台>
kiyota_karakawa_20100826.jpg

今日は、「ブラックブラックナイト」と称して、選手も、スタンドの観客も全部ビジターの黒いユニフォームで戦った。
外野は99%くらい黒い服の装着率だったのではないだろうか。

明日、写真を追加予定。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
お赤飯
2010年08月25日(水) 22:14
こういう風習が今でもどこの家庭でも行われているのかどうかわからない。

特に弟と2人の男兄弟で育った私にとってはまったく未知の世界のことで、なおさらわからないのだが。

今日は大事な日なので、マリンスタジアムなどに寄り道をしないで、早く帰って来いとカミさんに念を押された。

こういうごくごくプライベイトな話題を外部公開しているブログに書くのもどうか、とためらわれるのだが、今日は中学校1年生の娘のお赤飯の日であった。

201008250005_800.jpg

お赤飯と紅白のお刺身
201008250007_800.jpg

思春期を迎える娘は父親がこんなことをブログで公開していることは全く知らないわけだが、本人も何だか無邪気に今日のお赤飯DAYを喜んでいるので、まあ特に気にしなくても良いのだろう。
おばあちゃんとイソイソとケーキを買いに行ったりしたようで、誕生日やクリスマスと同じようなノリで喜んでいる。
塾を休みにしてもらったことも嬉しいのかもしれないが。

これから大人になって、あるいは、私が死んだ後になって、このブログを見つけるかもしれないが、それはそれで良い思い出になるだろう。

そんなわけで早生まれなので、同級生の中では遅ればせながら、という感じだが、大人の仲間入り。男親から見ると、グンと遠ざかる感じの節目であり、ちょっと寂しい気もするのだが・・・。

例の節目には、お赤飯ってやっぱりやるもんなんですか? 女の子の家では?

<ケーキの写真追加>
201008250008_800.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
首位ライオンズ戦、初戦取った!
2010年08月24日(火) 22:35
今日はマーフィー球数多く長い試合でやっと終わり、間に合わないかも知れないので、速報を携帯から。

マーフィー、酷いピッチングだったけれども、何とか凌いで、6回2失点。
よく2点で済んだ。
ストライクが全然入らない。
6回投げて141球、7安打、4与四球。

score_20100824.jpg

ライオンズ先発の許も決して出来は良くなかった。

5回は無死満塁で井口、金泰均が連続三振で倒れ、出ました頼れる男、福浦、1・2塁間の当たりはファースト・フェルナンデスのミットを弾き、ライト前に転々と。2点タイムリーとなって3-2逆転。
ランナー1・3塁。
続くサブローの打席、許はワイルドピッチ、3塁ランナー今江ホームインで、4-2。
そしてサブローには2ランホームランが飛び出しビッグイニング、5得点で6-2。

続く6回も的場フォアボール、西岡左中間タイムリー2ベース、井口レフト前タイムリーヒット、2点追加、8-2。

8回には的場センター前ヒット、的場今日2安打3出塁。
清田ライト前ヒット、無死1・2塁で、西岡だったが併殺。
西岡は今日3安打しているのだが、2回にも1死1・2塁で併殺でちょっとどうなのか。
しかし、3塁にランナー残り、今江はセンター前タイムリーで1追加、9-2。
14安打で西岡、清田猛打賞で、全員安打と行きたかったところなのだが、金泰均のみノーヒット。
金泰均の復活はやはり錯覚だったか・・・。

7回薮田、8・9回古谷が締めて勝利。
9回古谷は2安打打たれ、ライオンズも2桁安打、フォアボール4つだから、2得点というのは、マリーンズが粘ったのか、ライオンズの拙攻か、12残塁。

投げてるところを見てたら、このピッチャーが勝ち投手というのが信じられない感じなのだが、マーフィーが11勝目でチーム勝ち頭。
成瀬は10勝10敗だが、マーフィーは11勝4敗なので、7つの貯金を稼いでおり、チームの9個の貯金のうち7つがマーフィーによるものだ。

ルーキー清田はだんだん調子を掴んで来ている。打率も上がって来た。
荻野が戻ってきても簡単に引っ込めたくない。
現状で荻野が戻って来たら、むしろ外野は大松をスタメンから落とし、レフト7番清田、2番センター荻野で行って欲しいくらいだ。

個人的には的場の3出塁も嬉しい。
打撃がダメだと言われ続けてきた的場の野球人生、何とか今後も奮発してもらいたい。

これで首位ライオンズと2.0ゲーム差。
3タテすれば、と気が逸るが、そのあとにホークス戦も控えている。
着実に差を詰めて行きたい。

<2回ライト前ヒットを放つ的場>
matoba_20100824.jpg

<苦心惨憺のピッチングながら6回2失点11勝目のマーフィー>
murphy_20100824.jpg

<5回2点タイムリーを放つ福浦>
fukuura_20100824.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
娘のバスケットボール試合デビュー
2010年08月23日(月) 23:23
今日は娘の部活の女子バスケットボール部は試合の日で、近くの中学校が娘の学校に来て試合があった。
1年生は全員、今日の試合に交代出場させらてそうで、試合デビューとなったようだ。

娘に「ゴールは決めたのか?」と聞いたら「そんなのあり得ない」。

「でも、シュートは打ったんだろ?」、「全然レベルが違うんだよ。2年生が出てたときはシュートも時々打ったけど、1年生に交代してからは、シュートどころか、敵陣に入る前に全部取られちゃって・・・」

娘の中学の女子バスケットボール部は近隣でも激弱だとは聞いていたが、予想よりも随分と激弱なようだ。

1本のシュートも打てないとは、コートの中でウロウロしていただけ、という感じだろうか。

別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
4連勝ならず
2010年08月22日(日) 22:26
昨日の延長サヨナラ勝ちの勢いで今日も行けるかと思ったのだが、ヘイデン・ペンは荒れ気味の投球。

score_20100822.jpg

初回、金泰均のタイムリーで先制するのだが、直後のイニングにT-岡田にホームランを浴びる。

5回にも金泰均、久しぶりのホームラン2ランホームランで3-1と勝ち越すが、またも直後のイニング、またもT-岡田に2ランを浴びる。

ペンは5回まで悪いながらも粘っていたんだがなあ。

リードに持ち込んだバファローズは7回になんと先日完封をしたばかりの金子千尋を投入、8回平野、9回岸田のリレー。

9回裏は清田フォアボール、西岡ショートエラー、井口フォアボールで2死満塁のチャンスを作り、今日全打点を叩き出している金泰均。
ファーストランナー井口が返ればサヨナラという場面で、ライト線フェンスにまで転がった大飛球はあと5cmというところでファールになった。
あれがフェアゾーンに落ちていれば、井口も余裕で返れてサヨナラだったろうが、2日連続のサヨナラ勝ちとは、そう上手く行かない。
結局、金泰均は三振でゲームセット。

今日はライオンズもホークスも負けたので、詰めておきたかったのだが。

昨日の吉見、今日のペンと先発がしっかりしないと。
ヘイデン・ペンは、良いピッチャーなのか、ダメなのか、未だに判然としないところがある。
コントロールは良くないのは確かなようなのだが。

金泰均がホームランを含む3安打と猛打賞、これは復活の兆しととらえて良いのか?
昨日の大松の3安打も復活なのか?

今日負けたがバファローズ戦は勝ち越しで、3カード連続勝ち越し。

火曜からはライオンズ、ホークスとの対戦。
この2カードが今シーズン死命を決することになるのか。
C.S.進出できるにしても、この時期、一度は首位に立って意地を見せたいものだ。

<5回までは何とかゲームメイクをしていたペンだったが・・・>
penn_20100822.jpg



別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
菅野よう子演奏団体Thanks!Kオケ部門第0回練習
2010年08月21日(土) 23:08
今日は、菅野よう子演奏団体Thanks!Kのオケ部門単独としては始めての練習となった第0回練習。

良い会場が空いていたこともあって、準備不足を承知で、強行開催した練習だったが、何とか曲の練習をすることが出来た。

・さんぽ
・Waste land
・After All

「さんぽ」は、弦楽四重奏+トライアングルなのだが、Flが1stVn代奏、2ndVnは本物+アルトサックス2本、Vaディヴィジ上は本物、Vaディヴィジ下はTrbが代奏(ハ音記号の譜面をその場で渡され読み替えご苦労様)、FgがVc代奏、トライアングルは私本物、というような異様な編成ではあったが、それなりに合奏になった。

4時間あった練習時間、持て余すのではないかと思っていたのだが、結構しっかり練習。

菅野オケ曲の試聴大会とかやろうとして準備していたのだが、時間なし。

初参加のFgかるさんは、色々な意味でThanks!Kにとって貴重な戦力になりそうな予感!

10月の次の練習に向けて、楽しみになってきた。
10月はティンパニ借りちゃうくらいのことができるといいな。

201008210034_1200.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
観戦連勝
2010年08月20日(金) 23:50
昨日の東京ドームに続いて、今日はマリンスタジアムでバファローズ戦観戦。

成瀬、木佐貫の投げ合いは序盤は投手戦で、なかなか点が入らなそうな展開。

しかし成瀬の方が出来がよかったように思う。

score_20100820.jpg

4回裏、今江ヒット、井口の2ベースで2・3塁のチャンスに福浦、頼りになる貴重な2点タイムリーヒット。
続く5回には、清田がフォアボールで出塁。西岡はセーフティ気味にバントを試みるがファースト・カブレラへの小フライとなってしまい、飛び出した清田を刺そうと、ファーストに送球するが、これがそれて、ライト方向へ。
その間に清田2塁進塁で、送りバントと同じ格好に。
今江は倒れるが井口好調、ライト前タイムリーヒット、清田が2塁からホームイン、貴重な3点目の追加点。

成瀬は完封かと思われたが、6回表に大引に2ベース、下山に3ベースを打たれ、1点を失って2点差。

7回裏は1死満塁のチャンスだったが的場、清田連続三振で無得点に終わったのは痛かった。

8回表、成瀬は一輝ヒット、坂口にデッドボールを与えて2死1・2塁となったところで、降板。
代わって上がった小野晋吾が一人で抑えて切り抜けた。

8回も追加点は取れないまま、9回表は2点差で小林宏之。
2安打を打たれて、毎度のことながらヒヤヒヤするが、何とかゲームセット。

成瀬は7回2/3を8奪三振、最後にデッドボールがあったが、無四球で10勝目。先に10敗してしまったから、10勝もあまり喜べないが、とりあえずエースとしての最低限の格好はついた形だろうか。

小野のセットアッパーは今日は3球で仕事を終えたが安定感あり。

金泰均はチャンスでは打てないものの6回に先頭打者として2ベースヒットで出塁。昨日に続いてヒットは出るようになってきたか。

ライオンズがファイターズに逆転負けをしたので、首位との差は縮まった。
このバファローズ戦が終わると、いよいよ、ライオンズ戦。ホークス戦である。
バファローズ戦で取りこぼしたくないし、ライオンズ戦、ホークス戦は絶対に負け越せない。
シーズン最高の踏ん張りどころを迎えていると言っても良いだろう。

<今日も頼れる男、福浦は同期の大塚明にはなむけの決勝タイムリー>
fukuura_20100820.jpg

<まあ、好投だった成瀬>
naruse_20100820.jpg

<リリーフに回った小野晋吾は頼りになる>
ono_20100820.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
久々の観戦快勝
2010年08月19日(木) 23:48
ファイターズは毎年東京ドームでの主催試合をやるのが恒例で、今日までの3試合がそうだったわけだが、マリーンズファンも近いので沢山来る。
さすがにマリーンズファンの方が多いというところまでは行かないが、外野は両方ともほぼ満席で互角、内野を入れて、ファイターズ55%、マリーンズ45%くらいというところだろうか。

今年はイーグルスも東京ドームで主催試合があって、それも見に行ったが、ヴィジターで相手を圧する応援を繰り広げるというのは、マリンスタジアムでの応援とは一味違った面白さがあるものだ。

東京ドームはマリンに比べると、チケットも高く、飲み物も食べ物も高いのだが、年に数回のことで、たまには良いのではないか、と思う。

一昨日はあまりの暑さにめげて参戦断念し、昨日は別件で用事があって行かれず、ヴィジターのユニフォームも着ないともったいないので、今日参戦した。
そういえば、交流戦で神宮に行ったのを忘れていた。ヴィジターは3戦目である。

ファイターズ先発は先週やられた高卒ルーキー中村、マリーンズは復帰2戦目の唐川。

両投手とも序盤は出来が良かった。

score_20100819.jpg

唐川は初回先頭打者の田中賢介にいきなりヒットを打たれるが、そのヒット1本のまま、6回まで投げてしまう。
一方の中村は1・2・3回とヒットは許すが、4回・5回を3者凡退に抑え、終盤まで投手戦かと思われた。
しかし、その中村が、6回今江にセンター前ヒットを許すと、井口、福浦にフォアボールを出し満塁。
6番サブロー、グランドスラム。
投手戦の均衡が一気に崩れた。
7回からファイターズ投手は中村から加藤に代わるが、先頭の的場がヒットで出塁、清田が送って、西岡フォアボール、今江倒れるが、井口の左中間2点タイムリー2ベースヒットが出て2点追加。
続く金泰均にも嬉しいヒットが出たが、2塁走者井口本塁突入するも、森本の好返球でホームタッチアウト。
ファイターズの外野は鉄壁である。
8回には代わったカーライルからサブローフォアボール代走岡田、大松ヒットで1・2塁。
清田のライト前ヒットで2ランナー岡田はホームインするが、1塁ランナーの大松は3塁を狙うものの稲葉からの送球がサードに返って来たときには、まだ2・3塁間の中間くらいを走っていた。
全然ダメである。ファイターズの外野手を甘く見てはいけない。

唐川は7・8・9回、1安打ずつ打たれて4安打だったが、連打はなく余裕の完封勝利。

東京ドームは敵チームのヒーロー・インタビューの音声を場内に流してくれない。
マリンスタジアムでは敵のヒーロー・インタビューもちゃんと場内に放送するのだが。

これでファイターズ戦勝ち越しで、今季年間のファイターズ戦勝ち越しも決定した。

<6回満塁ホームランを打つサブロー>
saburo_20100819.jpg

それと今日、寂しいニュースがあった。
マリーンズの大塚明外野手が、今季限りでの引退と来季のコーチ就任を発表した

試合後の勝利のレフトスタンドでは、「Go!Go!大塚明!」のコールが繰り返されたが、感極まるものがあった。

今日の大塚明のブログにコメントが出ている。

  P、S
  今日の試合後の『GOGO大塚明!』本当にありがとう!


<大塚明、マリーンズ一筋17年、お疲れ様でした>
ohtsukaakira_20100819.jpg
ohtsukaakira_20100819_2.jpg

別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
当たった!サマージャンボ!
2010年08月18日(水) 21:29
釣られた方、ようこそのお運びで。

いや本当に当たったんですよ。







3,000円







3組買ったので、9,000円の投資で、3,900円のバックですが、このところ300円しか出たことがなかったので、ちょっとは嬉しい。

皆さんも同じでしょうけれど、もし3億円当たったら・・・、という妄想代ですね。

会社辞めて、不動産でも買って家賃収入で寝て暮らす、とか、起業した時の会社名は何にしようか妄想するとか、その会社名のドメインが空いているか確認してみる、とかwww、

本当に高額当選が出たら、ブログなどに絶対書きません。
別窓 | 雑感日記 | コメント:6 | トラックバック:0 | ↑top
3・4位対決初戦取る
2010年08月17日(火) 21:45
札幌では分が悪く、前回はマリンでも負け越したファイターズ戦。
今日からはレフトスタンドが黒く埋まる、東京ドームでのファイターズ主催試合。

マーフィーとケッペルの対戦は一週間前と同じ組み合わせで、前回は負けている。
マーフィーは毎度の事ながら立ち上がり、ボール球多く、悪い。

score_20100817.jpg

初回、田中賢介の内野安打、稲葉フォアボール、小谷野の前にランナーを溜めてはいかん!
小谷野タイムリー2ベース。
二岡タイムリーで、2点を先制される。

前回のマリンでのファイターズ戦でも初回に2点先制されて、それが返せず負けている。

徐々に良くなっていくことはわかっているマーフィーだが、今日も2回以降は粘った。

相変わらず、ケッペルが捕らえ切れない打線。
再三チャンスは作るが今日も残塁が多い。

5回に、8番的場のライト前ヒット、2番今江のセンター前ヒットで、2死1・2塁。
井口、ライト・ライン際の2点タイムリー2ベースで同点。
今江が1塁から良く走った。

2-2均衡のまま、8回、またも井口、右中間ソロホームラン。
いわゆるドームランで、東京ドームでなければ出ないホームランだが、今日は井口3打点全部を叩き出した。

追加点が欲しかったマリーンズは8回井口のホームランの後もチャンスを作るが生かせず、9回表も井口敬遠して満塁、4番金泰均勝負を選択という場面で金泰均何も出来ず凡退。

9回裏の小林宏之も2・3塁のピンチを背負いヒヤヒヤしたが、何とかゲームセット。

打線は11安打だが、残塁も11とスッキリとは行かない勝利だった。
マーフィーも7被安打のほかに6与四球あり、結構ピンチは背負って、ファイターズも12残塁。

しかしこれでマーフィーはマリーンズ10勝一番乗り。
外国人投手の2桁勝利は優勝した2005年のセラフィニ以来。
チームは3連勝。
8月10日から、8月26日まで、マリン、マリン、東京ドーム、マリン、マリン、と遠征のない有利な日程を生かして、勝ち上がって欲しい。

荻野貴司の復帰は遅れそうなニュースが入ってきている。
もう現有勢力で戦いきるしかない。

金泰均と大松の不振は深刻だが、清田が結構頑張っている。
今日、宏之の前を投げた小野晋吾も良い。晋吾が8回を投げてくれると安心感が違う。

<決勝のホームランを放つ井口>
iguchi_20100817.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
吉村昭 著「彰義隊」
2010年08月16日(月) 22:52
私が文庫で手に入る著作は全部読んでいるだろうと思われる作家は、まず、藤沢周平、そして吉村昭城山三郎の3人なのだが、偶然ながら3人とも昭和2年生まれで、3人ともこの数年で相次いで他界した。

吉村昭の「彰義隊」は吉村最後の長編小説となった。

吉村の作品は、死や骨に執着した初期作品、特異だが動物小説と言っても良い独自の世界を築き上げた、動物を媒介として織り成す人間模様を描いた一連の小説群、そして戦史小説、工事物というか建設物というかトンネルを掘ったりする物、プロジェクト物という意味では胃カメラの開発を扱った「光る壁」とかもくくって、プロジェクト物と言っても良いかもしれない。
そして、重要な漂流小説。実に沢山の漂流者を小説にしてきており、単に歴史小説の中に大くくりに出来ない重要なジャンルである吉村独自の分野である漂流物。
脱獄や逃亡を扱った逃亡物。
そして、これも結構重要な私小説。
それから、円熟期に精力的に取り組んだ幕末期を中心とした歴史小説がある。

「天狗騒乱」、「生麦事件」、今年大沢たかお主演で映画になる「桜田門外の変」、「北天の星」、「長英逃亡」、「間宮林蔵」、「落日の宴-勘定奉行川路聖謨」などなど、枚挙に暇がない。

その中で彰義隊の話というのは、上野の戦いで敗残した兵が三河島村、上尾久村、下尾久村方面へ逃げており、「あとがき」で吉村自身が述べているように、吉村の生まれ育った日暮里に隣接した地域で展開された史劇であり、編集者からも「彰義隊」はどうか、と何度も勧められ、吉村自身も幼少期から近くの古老から彰義隊の敗残兵が逃げてきた話などを聞いており、常に身近な題材ではあった。

しかし「あとがき」に書いてあることのなぞりになるが、吉村が「彰義隊」は長編にはなり得ない題材だと考えていたのは、実質的に「彰義隊」としての戦争が、上野の山を中心に展開され、敗残が決定的になった前後わずか数日間の出来事であるという点である。

東叡山寛永寺の貫主であり、寛永寺に立て篭もった彰義隊に擁立される形となってしまった、輪王寺宮公現法親王、後の北白川宮能久親王の視点で描いたらどうだろうか、と着想したのが、「彰義隊」長編執筆の動機となっている。

輪王寺宮公現法親王は皇族のしかも僧の身でありながら、彰義隊に担がれ、奥羽越列藩同盟の盟主にも担がれ朝敵となって追われ、しかも明治後も生きて、ドイツ留学もして、北白川宮能久親王、陸軍大将、第4師団長、近衛師団長、となり、北の丸公園に今も銅像が建っている人物である。
Kitashirakawanomiya.jpg

この人物ほど数奇な運命を持った人物も珍しいであろう。

新政府軍による江戸進駐は、勝海舟西郷隆盛の談判が歴史的もクローズアップされており、無血開城されたと理解されているのだが、その裏面史として、彰義隊及び、その敗残兵たち、徳川慶喜、榎本武揚艦隊、奥羽越列藩同盟、会津戦争、箱館戦争がある。
これらをつなぐ重要なキーパーソンとして輪王寺宮公現法親王は重要なポジションにいるのだが、これまで歴史家も歴史小説家も輪王寺宮公現法親王にそれほど着目して来なかった。
その意味では、この吉村昭の「彰義隊」は画期的な幕末裏面史小説と言えるだろう。

今まで相当数の幕末史を扱った小説を読んできて、大抵のことは理解しているつもりだった私だが、この「彰義隊」に描かれている輪王寺宮公現法親王の事跡によって、初めて「ああ、そうだったのか!」と目を開かれる思いをする場面がいくつもあった。

例えば、徳川慶喜が鳥羽伏見の戦いに敗れて、船で大坂から江戸へ敗走する際同行した、備中松山藩主老中板倉勝静(かつきよ)、老中格肥前唐津藩世子小笠原長行(ながみち)、伊勢桑名藩主京都所司代松平定敬(さだたか)らのその後の消息である。
自領に帰って抗戦できた会津藩主松平容保(かたもり)などと違い、板倉勝静、小笠原長行、松平定敬ら、西国に領地を持つ大名は、徹底抗戦を主張しながらも、既に自領はに新政府軍に接収されてしまっており、実質兵力としては役に立たない少ない家臣らを伴って、会津、箱館へと転戦していくのだが、彼らの様子も輪王寺宮公現法親王の視点から活写されている。

「彰義隊」というタイトルから、あの短期間で圧倒された上野の戦いを描いてどうするのだろう、と思っていたのだが、輪王寺宮公現法親王=北白川宮能久親王の事跡は実に面白い。

特に明治後も生き残った人物の変転の数奇な歴史というのは非常に興味深い。

相当すれた歴史小説読みの私だが、久しぶりに実に面白い歴史小説を読んだ。

というわけで、「彰義隊」は実質的には輪王寺宮公現法親王の物語なのだが、なぜ題名を敢えて「彰義隊」としたか、については、吉村昭自身が「「あとがき」で語っているので、ここには書かない。


彰義隊 (新潮文庫)彰義隊 (新潮文庫)
(2008/12/20)
吉村 昭

商品詳細を見る

別窓 | 読書日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
都立大泉高校吹奏楽部OBバンドサマーコンサート2010
2010年08月15日(日) 22:39
さて、今日は毎年この時期恒例なのだが、都立大泉高校吹奏楽部OBバンドサマーコンサートの本番であった。

今年は杉並公会堂大ホール。
客席はガラガラなのだが、OBバンドと高校生現役バンドとの合同演奏をやるので、100人以上が乗るステージがどうしても必要で、毎年大きなホールでやっている。

このイベントは基本的に「踊る阿呆に見る阿呆」で、聴く人のことはあまり考慮されておらず、ステージに乗ってナンボのイベントなのだが、今年は自分のオケの本番とか、菅野よう子演奏団体のイベントと重なったりで、練習に全く出られなかったので、聴くだけになった。

終演後、クラリネットの後輩の女の子の肩を叩いて挨拶をしたら「聴きにきたんですか?」と目を見張られて、今日来れるならどうしてステージに乗らないのか?、という驚き方をされた。
聴きに来るだけなんて信じられない!!、気が知れない!!、ということなのだ。
まあ、確かにそうなのだが、打楽器の後輩が頑張っている姿を見ておきたいと思って行ったのである。

第1部はOBバンドステージ
結構、細部も弱音部も合っていて、例年になく整然とした演奏だったように思う。

今年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲に、後輩のOBである長野雄行氏が書いた、吹奏楽のための民謡「うちなーのてぃだ」が選出されたので、作曲者本人の指揮で、この曲を演奏した。

 フランツ・レハール 作曲/鈴木英史編曲 喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション
 長野雄行 作曲 吹奏楽のための民謡「うちなーのてぃだ」(作曲者指揮)
 ロバート・ジェイガー 作曲 ダイヤモンド・バリエーションズ


第2部は高校生現役バンドが、1曲+コンクールに掛けた2曲を披露する。
今年現役はコンクールでA組もB組も銀賞を取った。
万年銅賞の我が母校としては久々の快挙で、さすがにしっかり音が出ていて良く纏まっていた。

 ジェイムズ・バーンズ 作曲 ファンファーレとアレルヤ
 田島勉 作曲 汐風のマーチ
 アルフレッド・リード 作曲 春の猟犬


第3部は再びOBバンドによるポップス・ステージと最後にOBバンドと現役の合同演奏。

やはり後輩のOBである三浦秀秋氏が、YAMAHAのNew Sounds in Brassのために編曲した「ロコ・モーション」「踊る大捜査線」を編曲者本人の指揮で演奏した。

ここ数年、ポップス・ステージは三浦君の編曲の作品のレパートリーがどんどん増えてきたこともあって、三浦編曲を三浦君本人の指揮でやるのが定番化している。

 キャロル・キング 作曲/三浦秀秋 編曲 ロコ・モーション (編曲者指揮)
 アラン・シルヴェストリ 作曲/マイケル・スウィーニー 編曲 バック・トゥ・ザ・フューチャー
 松本晃彦 作曲/三浦秀秋 編曲 踊る大捜査線 (編曲者指揮)
 

長野雄行氏と三浦秀秋氏はリンク先にあるように、もう名前が表に出てしまっている人物なので、後輩の個人名だが伏字にはしなかった。

合同演奏は、まあ毎年いつも大編成の大音量の曲を選ぶわけだが、今年はワーグナー、ローエングリンから「エルザの大聖堂への行列」。
 
 リヒャルト・ワーグナー 作曲/ルシアン・カイエ 編曲 歌劇「ローエングリン」第2幕より
  エルザの大聖堂への行列


以下、アンコール。

さて、来年は吹奏楽部も創立50周年で、色々と企画が進行中のようだ。
20100815_2011owo50th.jpg

ちなみに、サマーコンサート2011は、2011年8月7日(日)和光市民文化センター・サンアゼリア大ホール

ところで、今日のコンサートで高校卒業以来、全く会っていなかった吹奏楽部同期のSWC氏に会った。
同じく同期のAB氏が「今日、SWCが来てるぞ!会ったか?」と言われたのだが、「でも30年会ってないからなぁ、見てもわかんないんじゃないかなぁ」と言っていたら、その瞬間、SWC氏が目の前に現れ、「わかるなー!」とお互い指を差し合って笑った。
18歳の時以来30年経っているわけだが、人間は雰囲気というのは変わらないものだなあ、と感心した。

20100815_summercon_pro_800.jpg

201008150006_1200.jpg

201008150048_1200.jpg

<終演後ホール前でミーティングをする高校生現役ちゃんたち>
201008150058_1200.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
菅野よう子演奏団体・ビッグバンドセッション
2010年08月14日(土) 22:58
mixi菅野よう子コミュニティ発の菅野よう子演奏団体のセッション。

今日はビッグバンド編の初合わせと、先月に引き続き、ボーカル・バンド・セッション。

ビッグバンド編は、トランペット3本、アルトサックス5本、テナーサックス2本、バリトンサックス1本、トロンボーン1本、と揃い、トロンボーンがもう少し揃って欲しいのだが、結構体裁が整ってきた。

ビッグバンド編成の代表曲と言っても良い、Tank!は、パーカッションがあるのだが、ラテン・ジャズ・ポップス畑のパーカッショニストがまだ現れていないので、私がボンゴを代奏した。

最初の1回は手で叩いたが、それが手の限界。やはり鋼鉄の手のひらを持つポップスジャンルのパーカッショニストの真似は出来ない。
2回目の返しから見栄を捨てて、バチで叩く。
Tank!は難しい曲だが、皆が死ぬほど聴き倒している曲ということもあるのか、初合わせにしては、思ったより形になっていたような気がする。

バンド系では色々な曲をやったが、私は坂本真綾の「奇跡の海」の鈴とサスペンドシンバルで参加。
前回タンバリンでやっていたが、やはり鈴の方が良い。

だんだんその日のセッションさえ楽しければ良い、というノリから、技術的な向上へ踏み込んでいく段階になっていくので、必ずしも楽しいばかりではない、地味な練習にも取り組んで行かなければならなくなってくるだろうし、モチベーションの問題と、楽曲の完成度とバランスを取っていくのが難しくなってくる。

もちろん、自分が担当するフル・オーケストラ部門は、まだまだこれから人集めをしなければならない段階で、頑張らないとならない。

201008140021_1200.jpg

別窓 | 雑感日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | ↑top
あやうくノーヒットノーランorz
2010年08月13日(金) 22:50
酷い試合だった。

昨日は勝ったし、イーグルスには仙台で3タテを食らって、今日は成瀬で、さすがに勝つだろう、と思ってマリンスタジアムへ行ったのだが。

score_20100813.jpg

危ない。6回までラズナーの前に無安打。
7回裏に福浦がやっと1本ヒットを打ってくれたが、それだけ。
怒号とブーイングのマリンスタジアムであった。

成瀬は5回、またもやこんな人に打たれるか、という一発病、今季1本もホームランを打っていない牧田にソロホームランを浴びる。

成瀬も9安打を打たれたから、仕方ないかもしれない。

7月半ばまでは観戦勝率良かったのだが、ホークス戦の3連敗、一昨日のファイターズ戦の敗戦、今日の敗戦と観戦5連敗である。

しかも良いところなしの負け試合ばかり見ている。

昨日の勝ちでリズムついたか、と思ったんだが、なんとかして欲しい。

ラズナーはそれほど良かったようには見えなかったのだが、とにかく全然打てなかった。
ノーヒットノーランを免れたのがせめてもの救い。

明日は、吉見と長谷部、これも心配である。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
唐川復帰 やっと勝利
2010年08月12日(木) 23:09
今日は力尽きて、現地観戦をあきらめて、自宅でTwellviで観戦。

唐川の復帰戦だったので、現地で応援したかったけれども仕方ない。

唐川、もう少し早く戻ってこれるかと思っていたのだが、結構時間がかかってしまった。
5月13日のベイスターズ戦以来、約3ヶ月ぶりの登板。

初回1アウト満塁のピンチを背負うが、糸井、二岡を連続三振で無得点で切り抜け、ちょっとペースが作れたのではないだろうか。

score_20100812.jpg

1回裏、ファイターズ先発の木田は乱調。
今江2塁打、井口ヒットで今江生還。ホームクロスプレイ、ギリギリセーフ。
木田はコントロール定まらず、金泰均、福浦に連続四球で満塁。
大松の打席でワイルドピッチ、井口還って、2点目。
大松は倒れるが、今日サブローに代わってライトスタメンで入っている清田が、センター前タイムリーヒット。
金泰均に続いて、福浦もホームクロスプレイだったが、生還し、4点目。
続く的場にもヒットが出て、岡田がフォアボールを選び、再び満塁で打者一巡西岡2回目の打席、木田が乱調だっただけに、何とかもう少し点が欲しい場面だったが、西岡はファーストゴロでチェンジ。

2回以降も、唐川は毎回ランナーを背負うが、粘りのピッチングで無得点。

2回裏、今江が2打席連続2ベース、井口セカンド内野安打で1・3塁。
金泰均は絶不調、併殺。その間に今江ホームインで1点は追加するが。
福浦にヒットが出るが、大松凡退と、金泰均と大松に当たりが出れば、爆発的に点が入るのだが、どうしたものか。

木田がそんな調子なので、ワンサイドゲームになるかと思われたが、3回裏は3者凡退。
4回からはファイターズは継投に入り、4・5回カーライル、6回榊原にノーヒットに抑えられてしまう。

唐川はピンチを何とかしのいでいたが、5回森本ショートエラー、稲葉ヒット、糸井タイムリーで1点取られる。
西岡はこの数試合、打撃だけでなく、守備も生彩を欠くプレイが気になる。
6回は大野にフォアボール、金子誠に2ベースで2・3塁。
田中賢介はショートゴロに打ち取るがホーム間に合わず、1塁アウトのみで1点取られる。

7回表から継投、左の稲葉から始まるこの回に、左の古谷を起用、小谷野にヒットを打たれるが、左バッターの稲葉、糸井を打ち取り、次の二岡のところで薮田にスイッチ。
薮田の初球はセンターフライ、薮田、1球でこの回を締める。

7回裏、先頭の井口がセンター頭を超え、フェンス最上部、あと10cmでホームランという当たりの2ベースヒット。2回以来のヒットである。
金泰均センターフライ、福浦セカンドゴロの間に井口は3塁へ進塁、大松は敬遠されフォアボール、清田勝負だったが、清田三振、あと1本が出ない。
追加点が欲しいが、なかなか取れない。

8回表は薮田が前の回1球しか投げてないので、薮田続投かと思われたが、小野晋吾。3試合連投である。
小野は8回を抑え、9回小林宏之が抑え、勝利。

唐川に5月以来の4勝目が付いた。
karakawa_20100812.jpg

唐川は自責点1だが、被安打9、与四死球3と、内容的には課題が残った。
安打数はファイターズ12安打、マリーンズ8安打で、まあ投手が良く粘ったとも言えるが、ファイターズの先発木田の乱調に付け込みきれなかった打線にも課題が残る。

これで唐川が先発に1枚加わって、8日に初勝利をあげたヘイデン・ペンとともに、先発陣がやっと整った。
成瀬→吉見→ペン、マーフィー→渡辺俊介→唐川、とようやく8月も中盤に来て、6枚揃った感じだ。

吉見は心配は心配なのだが、前回バファローズ戦で完封をしているので、何とか維持してもらいたい。
シーズン当初予定していた先発投手で残っているのは成瀬、俊介、唐川の3人で、後はシーズン途中からの補強及び先発転向だが、何とかこれで回して行ってもらいたい。
小野晋吾もこのカードから1軍復帰だったわけだが、小林宏之の前を投げるという感じになっていくのだろう。
薮田が不安定で、伊藤は2軍落ちということで、晋吾の存在は心強い。

昨シーズンまでの先発投手のうち、清水をトレードで放出し、小林宏之と小野晋吾をリリーフにする、という大転換をし、大嶺が使えないという計算外があったものの、よくここまで整えたものである。

ヘイデン・ペンはまだ1試合しか投げていないが、25歳と若いので、今後も長くマリーンズでプレイしてくれる投手になって欲しいと思う。

井口が復調気味なので、3番福浦、4番井口にして、金泰均には少し休んでもらっても良いのではないだろうか。
2番岡田、3番今江、4番井口、5番福浦でも良い。

今日はサブローが休んで、里崎は登録抹消されたけれども、野手のほうも厳しいやりくりが続く。
今江、井口、福浦の好調を上手く生かして欲しい。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
勝てんな
2010年08月11日(水) 23:25
地元で連敗が続いているので、観戦勝率がどんどん悪くなる。

今日は渡辺俊介と高卒ルーキー初先発の中村の対決ということで、どう考えても分がいいだろう、とマリンスタジアムに足を運んだ。
mixiもオチていることだし、スタジアムへ行ってしまおうと思ったわけだ。

しかし俊介が調子悪い上に、打線がなかなか中村を捕まえられない。
俊介は結局6回投げて、11被安打、2与四死球、4失点。
ボールが荒れていたし、コントロールが定まらない感じだった。

score_20100811.jpg

打線は中村が降りてから2点を返し、1点差で9回裏、9番キャッチャー斎藤の移籍後初ヒット、2番今江のレフト前ヒットで1・3塁で井口、一打サヨナラの場面。
井口の打球は素晴らしいライナーで外野に飛んで、盛り上がったけれども、レフト森本に追い付かれてしまってゲームセット。
流れ的にはサヨナラの流れだと思ったんだけどな。
残念無念。

高卒ルーキーの初年度初先発初勝利はダルビッシュ以来だそうで、中村、確かに良いピッチャーでしたよ。
5回まで投げて6三振でしたからね。

しかし、開幕以来不動のクリーンナップを守り続けて来て、mixiマリーンズコミュでも、いい加減変えろ、の怒号が飛び交っていた打線。
西村監督、ついに今日決断した。
5番DH福浦、7番レフト大松に入れ替えた。
今季初めて大松がクリーンナップを外れた。
福浦をクリーンナップに入れろ、左投手でも使え、というのは、mixiマリーンズコミュで散々言われていたわけだが、今日は左の林が出てきても福浦に代打を出すことなく最後まで使い続けた。
もっと早くやってくれよ、という感じがしたが、手をつけたことは評価したい。

明日は唐川の復帰戦。
なんとか勝って欲しい。
というか、勝たないとバファローズ戦3連勝の意味が全くなくなってしまう。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
菅野よう子の光栄時代の音源整理
2010年08月10日(火) 23:01
菅野よう子演奏団体の活動が徐々に始まるに従って、昔の光栄時代のゲーム音楽の音源も整理しておきたくて、捜索をする。

初期の光栄のゲーム音楽はサウンドトラックではなくて「サウンドウェア」と呼ばれている。
つまり、当時のゲーム本編では、生音楽がまだ再生できず、ピコピコの電子音しか鳴らなかった時代に、ユーザーのイメージを少しでも補完してもらおう、という目的で、「ゲーム本体のピコピコ電子音を生楽器で演奏してみたら、こんなん出来ましたけど、どうですか?・・・」というCDなのである。
あくまでもゲーム本編の音楽そのものではないので、サウンドトラックではなく「サウンドウェア」。

今では当たり前になっているが、ゲーム本編で生楽器演奏の音が出るようになった時は本当に感激した。
それがワルシャワ・フィルの演奏とかになった時には夢のような世界が開けたと思った。

さてその音源だが、一応「信長の野望」は揃っているような気がする。
「三国志」「大航海時代」「維新の嵐」「蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン」などは、ゲームそのものにあまりハマっていなかったこともあり、集め切っていない。
オークションとかAmazonの中古とかに出ているが、1枚数万単位の値段になっていて手が出ない。

光栄時代の菅野よう子のCDを探していて、行方不明だったCOWBOY BEBOPのOST-2 "No Disc" も無事発見された。

nobunaganoyabou_zenkokuban_800.jpg

nobunaganoyabou_sengokugunyuden_800.jpg

nobunaganoyabou_bushoufuuunroku_800.jpg

nobunaganoyabou_haouden_800.jpg

nobunaganoyabou_tenshouki_800.jpg

ついでにこれも。
chugoku_800.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
「借りぐらしのアリエッティ」を観る (若干ネタバレを含みます)
2010年08月09日(月) 22:48
今日は娘が部活も塾もない数少ない日だったので、私も妻も休みを取り、午前中3人で「借りぐらしのアリエッティ」を観に行った。

映画を見る前に、メアリー・ノートンの原作「床下の小人たち」を事前に読んでいったことは言うまでもない。

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)
(2000/09)
メアリー ノートン

商品詳細を見る


基本的には「小人シリーズ」の第1作「床下の小人たち」だけで良いと思うが、スピラーが登場するので第2作「野に出た小人たち」も読んでおいた方が良い。

野に出た小人たち―小人の冒険シリーズ〈2〉 (岩波少年文庫)野に出た小人たち―小人の冒険シリーズ〈2〉 (岩波少年文庫)
(2004/04)
メアリー ノートン

商品詳細を見る


「小人シリーズ」はこの後、「川をくだる小人たち」、「空をとぶ小人たち」、「小人たちの新しい家」と続く。

映画「借りぐらしのアリエッティ」の脚本の土台となっているのは、第1作「床下の小人たち」だ。

舞台をイギリスの郊外から、日本「どこでも東京の小金井あたりでも良い」(宮崎駿談)に移している。
しかし、小人たちの部屋の内装や調度類は完全に西洋風で、借りぐらしをしている邸も洋館である。
庭に日本庭園っぽい橋がかかっていたり、引き戸の押入れがあったりするところは、日本建築なのだが、ベースは洋館であり、青森にある「盛美園」をモデルにしているそうだが、美しく出来ている。

物語は基本的にこの邸で完結しており、外部との接触もないので、場所を日本に持ってきたことの違和感はそれほどない。

全体を通じて絵は美しかった。
適度に荒れた庭の風景や、アリエッティの家の屋内、人間の住む邸など。

「佳作」だったと思う。
初めの企画段階から「ジブリ作品代表作ベスト10」とかに入ろうとするような野心作ではないのだろう。

宮崎駿がメアリー・ノートンのこの話はどうか、と提案した時点で、原作が大仕掛けな物語ではないから、ちょっと地味な作品になることはわかっていたはずだ。

そういう原作味わいを生かしつつ、原作があくまでもアリエッティ一家の家族の物語として語られるのに対して、この映画の脚本は少し人間の男の子の視点の方に重心を寄せていて、見る方に感情移入をさせやすくしていることに成功している。
そのことによって、ある意味、原作よりも面白くなっている部分もある。

とはいえ、ちょっと物理的にも1時間40分と短いし、もう少しエピソードを増やして、膨らましても良いのではないか、と感じた。
もう終わっちゃうのか、と、物足りない感じがしたのは事実である。

意外だが、ジブリ作品としては初めての海外アーティストの起用だという、セシル・コルベルの音楽も作品の雰囲気にマッチしていて非常に良かった。
日本を舞台にしていながら無国籍な雰囲気になってアリエッティたちの存在が浮いてしまわないのも、音楽が非常に大きな役割を果たしていたように思う。



監督は、今作が初監督となる、米林宏昌。
ジブリ作品では今までずっとアニメーターとして絵を書いていた人物の抜擢である。

米林宏昌起用の背景などは、公式サイトの鈴木敏夫プロデューサーのコメントなどに詳しいので、そちらをご参照いただきたい。

ジブリ作品はあえて声優を使わないで、生身の俳優さんや、下手を承知でトトロのお父さんに糸井重里を使ったりするわけだが、今作も脇役に至るまで生身の俳優さんで固め、声優を生業としている人は起用していない。

それが吉と出る作品も多かったわけだが、キャラクターの絵までをその俳優さん自身に似せた顔にしてしまうのはどうなのか? 
アニメにする意味、というものを考えた時には、本末転倒のような感じも受けた。

ほんの二言三言しか台詞のない、スピラーにまで藤原竜也くんを起用して、藤原竜也くんソックリの顔にしてしまっている。
ハルさんに関しては言うまでもない。
あそこまで似せなくても、という感じはした。

ホミリーの大竹しのぶは正直ミスキャストだったのではないだろうか。
おっちょこちょいで慌て者である設定は原作もそうなのだが、非常に慎重なところもある50歳を過ぎた母の役として、実年齢は年齢相当なのだが、大竹しのぶの声は子供っぽすぎる感じに響くところがある。

ジブリ作品は「紅の豚」の森山周一郎とか、「魔女の宅急便」でキキとウルスラ2役を演じた高山みなみなど、声優を主業とする人も、もちろん沢山起用してきているのだが、話題性や作品の重み付けのために無理やり、生身の俳優さんを起用しようとする傾向が無きにしもあらずで、今作は特にそういう印象があった。

まあでも繰り返しになるが「佳作」だった。
感動したし、楽しんだ。もう一度見ても良い。
未見の方は是非ご覧いただきたい。

karigurashi001.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
オーケストラ・ニッポニカ第18回演奏会
2010年08月08日(日) 21:24
今日は朝まで富士五湖の西湖に、大学オケ打楽器パートのパート合宿に行っていたわけだが、11時頃失礼して日比谷公会堂に向かった。

オーケストラ・ニッポニカの第18回演奏会を聴くために途中で帰ってきたのである。

お目当ては、伊福部昭の管絃樂の爲の音詩「寒帯林」である。

この作品は存在自体は有名だったのだが、1945年に満州国の新京(現・吉林省長春)で山田和男(一雄)指揮、新京交響楽団によって初演された後、楽譜の行方がわからなくなっていた作品である。
北京に存在している、という情報もあったりして、S響でもだいぶ以前から、色々なツテを頼って、楽譜の行方を捜索していた作品であった。

伊福部先生自身は「寒帯林」については、モチーフを他の作品に転用してしまったこともあり、捜索復活蘇演にはそれほど積極的ではなかった。

しかし、元々寡作な伊福部作品である上に、先生が亡くなってしまって、新作の誕生の余地がなくなり、「寒帯林」が見つかれば、という思いは強くなっていた。

そんな中、伊福部家で、長男の伊福部極氏が遺品を整理していたところ、Last Proofと書かれた「寒帯林」スコアの写しが見つかったのである。
「寒帯林」発見の経緯は、こちらの伊福部昭公式ホームページ暫定版をご覧いただきたい。

今日のプログラムは、今年3月でいったん公開停止を余儀なくされた「日本近代音楽館」へのオマージュとして、
深井史郎 組曲「大陸の歌」1941/1943
伊福部昭 管絃樂の爲の音詩「寒帯林」1945
深井史郎 「平和への祈り」四人の独唱者及び合唱と大管弦楽のための交声曲 1949
である。

深井史郎の組曲「大陸の歌」も満州国にちなみ、満州国で初演された曲である。

「大陸の歌」は既にオーケストラ・ニッポニカで2008年8月3日(日)の演奏会で演奏され、「平和への祈り」も2007年3月25日の第11回演奏会「深井史郎作品展」 生誕100年記念、で演奏された曲だが、どちらも私は都合が付かず、聴けていない曲であった。

「大陸の歌」は満州で初演後、日本内地でも演奏されているのだが、「寒帯林」は満州国で初演されたきりだから、今日の演奏が日本初演である。

深井史郎の作品は私自身も、交響的映像「ジャワの唄声」や「パロディ的な四楽章」を演奏していて、その独創性は知っているつもりだったが、今日聞いた2曲も深井の天才と独創性を改めて確認するものだった。

そして、中プロの「寒帯林」、長年探していた伝説の曲がついに音になった、ということで、感激もひとしおであった。

演奏上は全体的には素晴らしく、大成功だったと言えると思うのだが、「大陸の歌」の第4楽章の最後の一発の音がずれて残念。
「寒帯林」の第3楽章の冒頭部分がちょっとバラバラッとなって残念。
「平和への祈り」は第5部の終結部、なぜか大太鼓がずっとタイミングずれていて、今ひとつしまらず残念だった。

「平和への祈り」の独唱と合唱は素晴らしかった。

マエストロ本名徹二も素晴らしかった。

「寒帯林」はもちろん蘇演に感激したのだが、冷静に楽曲として見てみると、耳に付く印象的なフレーズがちょっと乏しく、タプカーラ交響曲や交響譚詩、ラウダ・コンチェルタータや、リトミカ・オスティナータといった第一級の伊福部作品と肩を並べる作品、と評価するには力不足な感じではあったが、日本組曲や日本狂詩曲程度にはレパートリーとして定着していく曲になるのではないだろうか。

ニッポニカの今日の演奏会の全般的な印象として敢えて気になった点を指摘するとすれば、創設以来苦労されてきたメンバーだから、非常に難しい問題なのだが、管楽器奏者のソロの技量の限界というものが、今後このオーケストラが次のステージに進めるかどうかの課題になってきているような気がする。

nipponica_20100808.jpg

<久しぶりの日比谷公会堂>
201008080073_1200.jpg

<大成功だった演奏会>
201008080079_1200.jpg

※昨日の日記にも写真を追加します。
別窓 | クラシック音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
Wオケ現役打楽器パートのパート合宿に参加@西湖
2010年08月07日(土) 21:48
今日は大学オケ現役後輩たちのパート合宿来ている。

OBOGも結構来ているが、さすがに私が最年長だし、現役たちもみんな私の半分以下の年齢になってしまって、もうやめようかな、とも思ったのだが、なんか来てしまった。

打楽器に無垢に真剣に取り組んでいた自分の原点を確認しに来ているようなところもある。

午後のコマは白鳥湖のワルツを1・2年生メンバーでやっていたが、この曲などは約三十年前、わたしが入った頃から、ずっと変わらずやっている練習曲である。

それからエルガー威風堂々第1番。

夜のコマは上級生メンバーで、リエンツィ序曲、ローエングリンの第1幕前奏曲、第2幕婚礼の場面、第3幕前奏曲などをやったはず。
途中参加のOGを迎えに抜けてしまったので良くわからないのだが。

明日はアルペンシンフォニー、シンバルをさらう会、大太鼓をさらう会、トライアングルをさらう会、ワルハラ城の入場、ワルキューレの騎行、ラインへの旅、ティルオイレンシュピーゲル、ツァラトゥストラなど予定。

私は途中で抜けて帰ってしまうが。

Image20100807002.jpg

Image20100807003.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
連敗止まる
2010年08月06日(金) 22:35
やっと連敗が止まった。
それにしても苦しい試合だった。
木佐貫が全然打てない。8回まで3安打。

score_20100806.jpg

成瀬も好投していて、8回まで9奪三振零封。
このまま延長戦かと思われた9回、木佐貫は球数が多かったのが災いしたか、井口、金泰均を打ちとって、2アウトを取った後に、大松フォアボール、サブローフォアボール、福浦フォアボール、3連続四球で満塁。

8番清田の初球、こういう点の入り方があったか、と思わせる、ワイルドピッチ。
3塁ランナー大松の代走岡田ホームイン。
このノーヒットでの1点で今日の成瀬の出来なら十分決勝点かと思い、次の清田の2点タイムリー2ベースはオマケかと思ったのだが、清田、良く打ってくれたよ。3-0。

9回裏、先頭の坂口にヒットで出塁され、その後、荒金三振、後藤の当たりは三遊間抜けたかと思ったが、西岡がスーパーキャッチ、ショートライナー2アウト。
しかし出ました成瀬恒例の一発病、今季25本目の被本塁打となる、カブレラの2ランホームラン。

西岡のスーパーキャッチがなければ3ランとなっていて同点に追いつかれていた。

続く絶好調T-岡田を三振に打ち取り、またもや完封は逃したものの、11奪三振与四死球0で完投、9勝目。
連敗、7で止まりました。

順位のことはもうこの際どうでも良いが、1日にして3位復帰。

しかし、クリーンナップの不振は依然としてヒジョーに深刻。

今江、サブロー、福浦でクリーンナップ組んだほうが良いんじゃないか、と思えるのだが、変えない西村監督。
前監督は変え過ぎる人だったが、西村さんは変えなさ過ぎるな。

明日は心配な吉見先発。
前回登板時に、吉見はもう先発は無理なんじゃないか、と書いたが、どうもまだ先発するらしい。
早く上がって来てくれ、唐川、ヘイデン・ペン。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ついに4位転落
2010年08月05日(木) 22:17
7連敗。4位転落。

今日は西村監督退場のオマケ付き。

先週のホークス戦の時点では、3タテすれば首位に立てる、というところにいたのですが、あれよあれよと、嗚呼7連敗。
一気にバファローズにも抜かれ、今季初のBクラス転落です。

戦力的に考えれば、よくこの戦力で3位にいられたものだ、と不思議に思う部分もあるんですけどね。
もう、今日はスコアボードは貼りません。

でも今季は良い夢見させてもらいました。

唐川、小野、荻野貴司が復活して、新外国人ヘイデン・ペンが使えれば、まだまだ巻き返しはあると信じてますが、先発だけでなく、リリーフ陣含め、投手陣の総崩壊にクリーンナップの絶大な不振が重なって、現状は勝てる感じがしないのが正直なところです。

空元気も出ませんが、残り試合全部負けるということもないでしょう・・・ハハハ・・・。

ファイティン・・・。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
実家に寄る
2010年08月04日(水) 21:41
中野の実家に来ている。
母親のパソコンから書いている。
実家での雑感、もろもろ・・・。

今日は娘が部活も塾も休みだったので、従姉妹のいる実家に来ていて、それをピックアップしに寄り、母と弟一家と夕食を取る。

マリーンズは恐ろしいことになってしまったので、見なかったことにする。

この中野の実家は祖父が戦前に買った家で、死んだ父も私もこの家で生まれ育った。
今は弟一家と母が住んでいるが、長男の私が千葉に住んだのは私の家族の事情なので、すすんで相続権を放棄したわけだが、30年近く暮らした家はやはり懐かしい。

今は私の部屋だったところに姪のお姉ちゃんが、弟の部屋だったところを姪の妹の方が使っている。
父母の寝室だった部屋は弟夫婦の寝室になり、母は祖父母の部屋だった部屋に、と一世代づつきれいにずれているわけだ。

母は民生委員をやっているので、生死不明高齢者の話を母とひとしきりする。

民生委員はもちろん、区役所の要請を受けて、担当区域の住民の家を戸別訪問するのだが、事前に区役所から「民生委員の訪問を希望するか?」聞かれるたうえで、Yesと答えた世帯だけを訪問するのだそうで、民生委員の訪問を希望しない、と区役所に返答した家には行かないのだそうだ。

従って何らかの事情があって、他人の来訪を歓迎しない事情を抱えている世帯があるとすれば、区役所からの事前ヒアリングでNoと答えれば、民生委員の立場としては立ち入れない。

今年は10月に国勢調査があって、これも民生委員にとっては大仕事なのだが、これも3回訪問して不在であれば、返信用封筒と調査用紙を投函してくれば良いのだそうで、後は返信してくれるかどうかは、その世帯にゆだねられる。
不法滞在の外国人とかは、当然返信しないし、把握しきれない。

また、生死不明高齢者のことに関しても、国勢調査では、家族の一人ひとりを玄関まで呼び出して、チェックするわけではないので、住んでいる、と回答されたら、実際にはいなくても、住んでいることになってしまう。

今後、結婚しないままで中高齢を迎える人がどんどん増えてくるので、子供の学校を通じた家族同士のコミュニケーションも減ってくるし、「家族」の把握の問題は益々難しくなってくるだろうとのこと。

実家は姪と母がジャイアンツ・ファンで、弟がタイガース・ファンなので、夕食を食べながら、G-T戦がテレビに映っていたのだが、久しぶりにセリーグの試合を見て、やはり、ピッチャーに打順が回るというのは、代打策、継投策にベンチの采配の妙が出るのと、控え選手の活躍チャンスが多く、やっぱりこの方が面白いんじゃないか、と思ったりした。

娘は同い年の従妹と我が家にはないWiiをやっている。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
菅野よう子演奏団体ミーティング
2010年08月03日(火) 20:34
今日もこれから菅野よう子演奏団体のミーティング。
多岐に渡るジャンルの菅野曲をどのように効率良く、しかも楽しく練習していくかの打ち合わせ。
バンド、ボーカル、ビッグバンドに比べ、やはりフルオケはいろいろな意味でハードル高い。
踏ん張りどころか。

帰宅は日付が変わるかもしれないので、とりあえず。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
映画「必死剣鳥刺し」
2010年08月02日(月) 23:10
野球観戦ばかりにかまけているわけではなく、映画とかも見に行ったりしてるわけだが、私の永遠のアイドル藤沢周平原作の作品は、ここでも何度か書いているように全部劇場で見るようにしている。

豊川悦司主演の映画「必死剣鳥刺し」も先日見てきた。

藤沢周平の「隠し剣孤影抄」、「隠し剣秋風抄」は、孤影抄に8つ、秋風抄に9つの「秘剣」が収められている、連作短編である。
各編の登場人物に関連性はなく、北国の小藩、海坂(うなさか)藩七万石の家中が舞台で、藩主の名乗りが右京太夫ということくらいが共通している点だろうか。


隠し剣孤影抄 (文春文庫)隠し剣孤影抄 (文春文庫)
(2004/06)
藤沢 周平

商品詳細を見る


隠し剣秋風抄 (文春文庫)隠し剣秋風抄 (文春文庫)
(2004/06)
藤沢 周平

商品詳細を見る


既にこの短編集からは「隠し剣鬼の爪」が、山田洋次監督、永瀬正敏主演で映画化され、同じく山田洋次監督で、「盲目剣谺返し」が「武士の一分」というタイトルになって、木村拓哉主演で映画になっている。

山田洋次監督は、藤沢作品映画第1作を「たそがれ清兵衛」で初め、第3作となった「武士の一分」で藤沢作品の映画化は一つの区切りとしたい、と言っていたので、今後はないのだろう。

今回の「必死剣鳥刺し」は平山秀幸監督作品だが、脚本・プロデュースの伊藤秀裕の役割も大きいかもしれない。

映画は概ね台詞などもほとんど原作に忠実に再現されており、その点では好感が持てた。

豊川悦司演じる主人公兼見三左エ門に対して、敵役とも言うべき、津田民部は、原作では主人公兼見三左エ門より年下の三十台半ばで藩の執政入りを果たしているやり手、という設定で、これはこれで、何を考えているかわからない不気味さが際立つ設定で文字では面白いのだが、映像にするとなると、やはり主人公より若い設定では無理がある。
津田民部は岸辺一徳が演じ、好演だったように思う。

ヒロインである三左エ門の義理の姪、里尾(りお)は池脇千鶴が演じていて、過不足ないのだが、どうも私は、三井リハウスガールの8代目池脇千鶴と10代目蒼井優の区別がいま一つはっきりつかないところがあり、どこが池脇千鶴の特徴で、どこが蒼井優の特徴なのか、見極めようとしながら見てしまい、余計なことに気を使った。

重要な帯屋隼人正は吉川晃司がやっていて、よく演じていたと思うが、どうも吉川晃司が時代劇言葉をしゃべると「天地人」の織田信長がしゃべっているような印象から離れられず、他のキャスティングでも良かったのではないか、と思った。

ラストの殺陣は文句なく素晴らしかった。
宣伝文句通り、「映画史に残る」シーンになっていたと思う。

しかし、全体を通じてちょっと物語の展開のテンポが遅く、しんどくなる瞬間が多々あった。
もう少しエピソードを突っ込んで、テンポをアップさせても良かったように思う。

今まで「隠し剣」シリーズの山田洋次作品の2作以外にも、藤沢短編からの映画化は数作あって、原作では24ページというような作品を2時間の映画にした作品もあって、それはそれで、きちんと作品になっていた。

「必死剣鳥刺し」は確かに、余計な話は付け加えていない、という意味では原作忠実なのだが、2時間映画としてのエンターテインメント性としての「間」の問題としては、ちょっともう一工夫欲しかった、という感じもした。

hisshiken_torisashi_003.jpg

hisshiken_torisashi_002.jpg

hisshiken_torisashi_001.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 日々の雑学 | NEXT≫\r