FC2ブログ
日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
だんだんハマる
2012年03月01日(木) 23:24
えーと、・・・買ってしまいました。

KARAのビデオクリップ集

KARA BEST CLIPS II & SHOWS(初回限定盤) [Blu-ray]KARA BEST CLIPS II & SHOWS(初回限定盤) [Blu-ray]
(2012/02/29)
KARA

商品詳細を見る


と、T-araのニューシングル

Roly-Poly(Japanese ver.)(初回限定盤A)(全3形態購入特典応募券封入)(DVD付)Roly-Poly(Japanese ver.)(初回限定盤A)(全3形態購入特典応募券封入)(DVD付)
(2012/02/29)
T-ARA

商品詳細を見る


どちらも、昨日発売です。

当初は、少女時代はイイな、と思ってはいたものの、その他のグループにはあまり惹かれていなかったのですが、やはり目に映り、耳に入る機会が増えるに従って、やっぱり良くできてるわ、と感心するようになってきているわけです。

中でも今さらながらですが、KARAの魅力に開眼させられた感じで、少女時代とは、方向性が全然違って、もっとわかりやすーい、アイドルポップスなわけです。
アップテンポの曲もバラードもゆるふわな感じです。
何しろ曲が良く出来ています。
どの曲もある種の「既聴感」といいますか、初めての曲も聴いたことある感じのわかりやすさがあるように感じます。

パフォーマンスするグループはK-POPアイドルは、男性、女性ともに本当にたくさんあるので、個々のメンバーのビジュアルの好みは人それぞれだろうと思いますが、この数年のK-POP楽曲の創作としてのパワーというのは、数十年後に振り返ってみたときに、世界の音楽シーンの中でも一つの時代を画することになるのではないか、という気がします。

KARAのクリップは日本語が出ているものは、日本語版が収められており、既に各種の放送で何度も見たことのある映像ばかりでしたが、Blue-rayの威力を厳然と感じたのははじめてのことかもしれません。

映画はフィルムのものが多いので、そんなに劇的に画質というか、画面の質感が変化するわけではないのですが、ビデオのものはすごいですね。

HDの放送の受信画像よりも圧倒的に高画質で、DVDで買うかBDにするか、値段に結構差もあり、ちょっと迷ったのですが、これはBlue-rayにしてホントに良かったと思っております。

201203010005_R.jpg
201203010003_R.jpg

KARAは既に紅白に出たくらいですから、私がどうこう言う以前に、既に評価は定まっていると思いますが、T-ARAもいいですねえ。

少女時代でも感じたことですが、日本語版は日本語版でまあとりあえず良いのですが、結局馴染んで来ると、当たり前の話ですがハングル版の方が歌詞の曲への乗り方が良くて、ビデオクリップも映像が全く違うので、原曲版も欲しくなって来てしまうわけです。

切りがない深みにハマる恐れは多分にあります。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
BACK | 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。