日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
清水真弓トロンボーン・リサイタルでした。
2015年01月31日(土) 23:56
今日は、青葉台フィリアホールで、南西ドイツ放送交響楽団首席トロンボーン奏者である、清水真弓さんのリサイタルでした。

前回、紀尾井ホールでのリサイタルの時と比べるのも意味がないくらいに、いろいろな意味でスケールの大きなアーティストになっていたように思う。

アレンジ物を一切排したところも点もプラスだと思うが、トロンボーン「でも」こんなに吹けます、というような、技自慢が前面に出てくる場面は一切ないにも関わらず、トロンボーンという楽器のあやゆるチャームポイントを余すところなく伝える演奏会になっていた。

清水真弓自身のトロンボーンの演奏が素晴らしく成長していることは、もはや改めて書くまでもない、書く意味もない感じ。

何よりステージでの振る舞い、MCぶり、カウントを取るちょっとした仕草などなど、スケールの大きな演奏家になったなあ、という感慨ひとしお。
前のリサイタルの時には、「年齢的な色気が出て来た」というような所管を書いた気がするが、そういう意味では今回は「人間的魅力」に惹きつけられる感じがあったかもしれない。

まずもって、選曲とプログラミングが素晴らしく、プロデュース力の並々ならぬ飛躍を感じた。

聴いたことのある曲は、ヒンデミットのソナタだけなのだが、その他の曲も委嘱新作も含め、モダーンで、クールな曲でありながら、聴衆を楽しませるエンターテインメントである点をはずさない。
はじめて聴いた曲ばかりというお客さんがほとんどだったと思うけれども、どれも素晴らしい曲であったし、演奏であった。

繰り返しになるが、「トロンボーンにしては頑張っている」という楽器のテクニカルな不自由さを聴衆に意識させる場面は一切なく、トロンボーンにしか出来ない表現、チャームポイントを目一杯楽しませてもらった。

フランソワ・キリアンのピアノがリサイタル全体を通じて素晴らしかった。

ゲストのトランペット、ルカス・ゴットシャックも好演。

リチャード・ピースリー:アロウズ・オブ・タイム (トロンボーン&ピアノ)
ジョルジュ・エネスク:レジェンド (トランペット&ピアノ)
ジローラモ・フレスコバルディ:カンツォーナ第3番 (サックバット&オルガン)
ジョヴァンニ・リッチオ:カンツォーナ「ラ・フィネッタ」、ダリオ・カステロ:ソナタ第4番、ジョヴァンニ・リッチオ:カンツォーナ「ラ・ピッキ 」(バロック・ヴァイオリン&サックバット&オルガン)
パウル・ヒンデミット:トロンボーン・ソナタ (トロンボーン&ピアノ)

石川千晶:「Spieilräume」(委嘱作品、世界初演) (トロンボーン&ピアノ)
フランシス・プーランク:インプロヴィゼーション第15番 (ピアノ・ソロ)
エンリケ・クレスポ:トロンボーン独奏のためのインプロヴィゼーション第1番 (トロンボーン・ソロ)
アート・テイタム:タイガー・ラグ (ピアノ・ソロ)
ジャン・フランソワ・ミッシェル:目覚め (トランペット&トロンボーン&ピアノ)

アンコールは把握し切れず。

どれを取っても魅力的な作品だった。

2015_0131_0101.jpg

2015_0131_ 0140

2015_0131_0141_R.jpg

サイン会も大賑わいでした。
2015_0131_shimizumayumi_0033_R.jpg
2015_0131_shimizumayumi_0021_R.jpg
2015_0131_shimizumayumi_0035_R.jpg
スポンサーサイト
別窓 | クラシック音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ニホンアカガエルの産卵、始まる
2015年01月28日(水) 23:59
毎年、2月の谷津田の風物詩、ニホンアカガエルの産卵の季節が来た。

産卵は夜間に行われる。

野球のキャンプインとともに、春の到来を感じさせてくれる。

絶滅危惧種になっているニホンアカガエルだが、この季節に水の溜まった開いた水面が必要で、圃場整備による乾田化と、コンクリート水路化の影響をもろに受けた種だ。

冬期湛水をしてあげれば、斜面林を持った谷津田のような環境は、ニホンアカガエルにとっては、好適な環境。

今シーズンは卵塊数はいくつカウントできるか、楽しみだ。

2015_0128_yatsuda_0015_R.jpg

2015_0128_yatsuda_0014_R.jpg

別窓 | 里山自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
第24回!「キル フェ ボンの会」でした
2015年01月27日(火) 23:41
なんと、第24回だそうですが、「キルフェボンの会」でした。

2015_0127_quil_0007_R.jpg

2015_0127_quil_0002_R.jpg

ストロベリーフェアの最中でしたが、フェア対象のものはほとんど売り切れ。

閉店間際に入る、この「キルフェボンの会」の宿命で、仕方のないところですが。

2015_0127_quil_0009.jpg

それでも、堪能しました。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
新交響楽団第228回演奏会でした
2015年01月26日(月) 00:04
山下一史先生をお迎えして、

ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」
チャイコフスキー:バレエ音楽「白鳥の湖」より抜粋
サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」

というプログラム。

白鳥の湖も、新交響楽団では、なかなか取り上げることがなかった曲なのだが、やはりやって良かった感が強い。
もう少し入れたい曲もあったけれども、フィナーレが演奏出来たので、やはり組曲版をやるのとは、ずいぶん違う。

今回の演奏会に関しては、山下先生の練習での音楽作りに感銘を受ける場面が多かった。
単純で漫然となってしまう部分にどういう風に工夫を凝らすか、というあたり、楽譜を再現する先にある「音楽作り」、もちろん他の指揮者の方も、やっていただいているのだが、「こういう風にしましょう」、と示唆していただけるあたりが非常にわかりやすかった。

今回の「白鳥の湖」は、長くクラシック音楽やってて本当に良かった、という感じがしている。

2015_0125_nso_0015_R.jpg

2015_0125_nso_0001_R.jpg

次回は、なかなかちょっと、どのように聴かせる演奏が出来るか、むずかしいプログラムなので、これはまたこれで、取り組み甲斐がある。
別窓 | クラシック音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
イ・デウン来日
2015年01月24日(土) 20:53
期待せざるを得ない新戦力、イ・デウン投手が来日した。

未知数だけに、イ・デウンの活躍如何にかかっているとも言える今シーズン。

lee-daeun_20150124.jpg

2桁勝利に自信あり、とコメントしているが、まずはキャンプで見てみたいところだ。

背番号も先日、38番に決定した。

デスパイネの背番号が49から54番に変更になったことも良かった。
チェン・グァンユウ投手が49番ということになった。


別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日も田んぼの拡張
2015年01月21日(水) 22:48
今日は天気悪かったのですが、今週行かれる日もなさそうなので、田んぼの拡張作業の続きをやって来ました。

2015_0121_yatsuda_0003_R.jpg

相変わらず、ヨシの根にも悩ませれていますが、どういう経緯からか、結構長い竹が埋まっていて、これを掘り出さないと進捗しない感じです。

長ぐつを履いて田んぼ側から、作業してましたが、さすがに今日は足先の感覚が無くなってきて、1時間ほどで終了にしました。

もう二息という感じですが、春までには何とかなるでしょう。
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
「印旛沼環境団体連合会」の打ち合わせでした
2015年01月19日(月) 21:41
印旛沼に流れ込む最大の流入河川である鹿島川は、千葉市内を源流として、流域は千葉市、四街道市、八街市、佐倉市に渡る。

印旛沼は、千葉県民の水源にもなっている重要な水辺。

印旛沼環環境団体連合会では、3月14日に千葉市若葉区役所隣の都賀コミュニティーセンターで、鹿島川流域を対象に、雨水浸透マス、残土と水質、農地保全、里山保全、などをテーマにシンポジウムを予定している。

その開催に向けての打ち合わせが本日あって、出席して来た。

我々の活動する谷津田も鹿島川の最上流域近くにあたる。

上流から下流まで水域を一体となって、見て行くことは、水辺環境を考える上で非常に重要な視点である。

少しでも多くの目にとまり、話題提起できれば、と思っている。

2015_0119_kashimagawa_0002.jpg
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
オリガの訃報
2015年01月18日(日) 22:30
オリガが亡くなったというニュースが今日、ロシアから伝えられた。

肺がんで44歳での訃報とのこと。

まだロシア語のソースしかないのだが、Wikiも更新されている。

オリガ・ヴィターリエヴナ・ヤコヴレワ(Ольга Витальевна Яковлева)
日本を拠点に活動しているロシア人のシンガーソングライター、と紹介されている。

私が菅野よう子に惹かれた最初の契機は、ゲーム「信長の野望」の音楽だが、数ある好きな作曲家の中の一人ではなく、圧倒的な絶対神となったのは、Origaが歌う、「inner universe」に接した時だったかもしれない。

inner universe


Rise


2009年の超時空七夕ソニックで、彼女の歌う姿を生で見られたのが、今となっては貴重な機会だし、もはやあれが再現できないのか、と思うと、これまた悲しい事実だ。

2013年にロシアでアカペラで歌うオリガの様子がアップされている

あれだけ複雑に作りこまれた楽曲をこういう環境でアカペラで歌って、聞ける形してしまうのは驚きである。

Origaと出会わなかったら、私の音楽人生は、今とだいぶ変わったものになっていただろう。

美しい歌声をありがとう。
origa.jpg
これからも聴き続けます。

ロシア語のニュースをGoogle翻訳しただけのものだが、貼っておく。
オルガ·ヤコヴレヴァVitalievnaはKochenёvoノボシビルスク地域の村で1970年10月12日生まれ。 5年間で、彼自身の歌「戻る」を持つ子どものテレビ番組に参加するよう招待された11年で音楽を勉強し始めました。

音楽(1986-1990)のノボシビルスク大学在学中、様々なテーマのフェスティバルや競技会に参加した。

1990年12月には、札幌市のいくつかの映画祭でロシアの文化を代表する、3ヶ月の民間の招待で日本に来ました。ロード&スカイと契約を締結したと同時に、および1994年5月、すでに日本で歌手や作曲家の経歴を続けた彼らのデビューアルバムを、記録するために東京に来た。

1994年から1999年まで、ラベルに東芝/ EMIは4つのフルレングスアルバム、2ミニアルバムとお気に入りの曲のコレクションをリリースしました。ロシア語アルバム永遠」はオリコン'と歌「Polyushko-フィールドは「人気テレビシリーズのチャンネルTBS青の時代に行われた日本の国民チャートで64番目に起こった。この期間中、ORIGAは、バッキング·ボーカルのプロデューサーとして日本を代表するポップアーティストと様々なプロジェクトに参加し、ラジオやテレビのコマーシャルを手掛け、アコースティックコンサートを行った。

1997年には、一年後に息子アレクセイイランの起源の日本での生活プログラマと結婚した。

2001年には、新曲「赤い太陽は「サウンドトラックオリジナルWOレングスアニメアリーテ姫監督素直Katabutiを行った。

一緒に彼の親友で、2003年に、作曲家菅野よう子(音楽「マクロスプラス」、「カウボーイビバップ」や他の多くの顕著なアニメーションプロジェクト)がアニメシリーズ「攻殻機動隊のための組成インナー宇宙の記録に参加しました:隊STAND ALONE COMPLEX "。シリーズファンタジックチルドレン(2004)のために曲水のまどろみ日本語とロシア語( - "愛の勝利」名のロシア語版)を行った。の第二シーズンに向けて復活の歌とPlayerの日時を記録し、2006年に菅野よう子との継続的なコラボレーション"シングル症候群。」

クイーンズ、オーロラ、彼自身の歌SongwreathのリメイクのアルバムのラベルGemmatika記録ディスクの時代に放出し、自己生産になる。

2008年以来、ボーカリストとして有名な日本のロックアーティストSUGIZOのプロジェクトに参加。日本の外にいくつかのコンサートやツアーに参加。

と亮邦彦(アニメインターナショナル"ファンタスティック子供たちのオンラインゲームアイオン、中国の水のショー天と地)のそのイメージを強化し、「(デジタルpanetariyahでの表示のための永遠のサンシャインスターの物語が映画のためにバックグラウンドミュージック)非凡ミュージシャン姫神での作業"歌手。 ORIGAまた、ビデオゲームファイナルファンタジーXIII-2のためのサウンドトラックに言及した。

秋2013年に歌手はとても高価なオンライン」のサウンドゲームアカデミー」プロジェクトに参加するためにロシアに来た"。"同年、アルバムアモンRaとロシア民謡とアニューレットリメイクしました。 2014年に - 電気プロジェクトXESと協力し、韓国のオンラインゲームHerowarzの音楽の録音に参加した、モスクワ日の出祭りで行われる。

昨年一年半オルガ·ヤコヴレヴァは、重度の癌で苦労。人生の45年間で、2015年1月17日に死亡した。
別窓 | 菅野よう子 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
今日はドンド焼きでした
2015年01月17日(土) 22:44
今日はいつもの谷津田でどんど焼きでした。

木曜日に結構な雨が降って、ちょっと心配でしたが、好天に恵まれました。

毎年、火起こし器を使って着火しますが、例年1時間ぐらいかかるところ、今年は早々に着火。

お正月飾りと、昨年活躍してくれたカカシを炊き上げます
2015_0117_dondoyaki_0014_R.jpg

点火成功した後も、火起こし器の習得は人気ありました
2015_0117_dondoyaki_0023_R.jpg

2015_0117_dondoyaki_0029_R.jpg

ドンド焼きの火にあたると、1年間無病息災であると言われています。

午後は小川を使ったボートレースに子どもたちは熱狂。

森の手入れで出た枯れ枝を山積みにしてあったものを、一生懸命運んで、だいぶ減量できました。

別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日も森の手入れでした
2015年01月16日(金) 23:11
今日も森の手入れ、前回やり残した、斜面の階段作りの続き。

一応、完成しました。
2015_0116_yatsuda_0008_R.jpg
2015_0116_yatsuda_0010_R.jpg

これで、川の対岸の斜面に登る道は整備出来たので、今後はこれを上がった上の森の手入れです。

今日は千葉大生もボランティア体験で応援に来てくれました。
2015_0116_yatsuda_0003_R.jpg

冬枯れのうちに片付けてしまいたいところが、まだまだたくさんあります。

午後は田んぼの畔(クロ)塗り
2015_0116_yatsuda_0018_R.jpg

私は個人的に自分の田んぼの復田作業の続きをやらせてもらいました
2015_0116_yatsuda_0017_R.jpg

ちょっとですが前進。
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
チャド・ハフマンと今季も契約
2015年01月14日(水) 23:36
昨秋に一度自由契約となて、保留選手にしなかったチャド・ハフマン。

ちょっと意外だったが、今季、契約することが発表された。

デスパイネの残留が決まって、右の外野手という意味でもかぶるハフマンの立場はなかなかむずかしいのか、と思われたが。

昨シーズン、伊東監督が選手に向かって「ハフマンのようにプレイして欲しい」と言ったハッスル・プレイが今シーズンも見られるか。

投手野手合計4人の外国人枠があるので、イ・デウン、カルロス・ロサ、クルーズ、デスパイネが1軍にいると、ハフマンは1軍でプレイできないのだが、全ての選手がシーズン通して好調ということも考えにくいので、ハフマンを取っておくことは賛成だ。

hufmann_20140603.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
高田造園さんのダーチャの森を訪問
2015年01月12日(月) 21:28
今日は高田造園さんのお招きで、前に矢野智徳さんによる大地の再生講座を受けた千葉市緑区の高田造園さんのダーチャの森を再訪。

昨年にはなかった、古材と古建具を使った小屋が完成していました。
梁などの構造材や、扉、障子などの建具には、古材を使い、極力リユースに徹した小屋作りは棟梁の技が各所に冴えていました。

今後の山小屋の計画などのお話しもうかがい、森や谷津田の整備のプランもを語る高田さんの顔も輝いていました。

千葉の谷津田の里山の原風景を復活させ、ロシアのダーチャに倣った農的生活、セルフビルドによる古材の再利用、子どもたちの自然体験、などなどを視野においた活動です。

ロケットストーブで作った無農薬野菜たっぷりのお味噌汁、時計型ストーブとお釜で炊いたお焦げ付きの美味しいご飯。
お腹いっぱいにいただきました。

2015_0112_takatsudo_0008_R.jpg

構造材には古材を用いた小屋
2015_0112_takatsudo_0004_R.jpg

今後の利用予定の古材
2015_0112_takatsudo_0003_R.jpg

前回、整備した谷津田の部分、だいぶ落ち着いて来ました
2015_0112_takatsudo_0007_R.jpg

お釜で炊いたご飯を青空の下で食べるのはおしいい!
2015_0112_takatsudo_0017_R.jpg

我々の活動拠点の谷津田からもごく近く、今後打ち合わせや、研修会などに利用させていただけるかも、と我々も期待が膨らみます。
別窓 | 里山自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今年最初の森の手入れでした
2015年01月11日(日) 21:45
今日は2015年、最初の森と水辺の手入れの活動日でした。

いつもの森と反対側の森の斜面、階段作りと、斜面に渡る橋の架け替え。
田んぼの畦なおしと2班に分かれての作業でした。

谷津田保全活動協定を結ばせていただいている地権者さんの森の、枯死木、倒木を使って、階段の整備。
橋用の材の切り出し。

材はふんだんにあるので、選び放題です。

橋は一応完成しましたが、階段作りと、田の畦なおしは、今日は時間切れで完了はしませんでした。

もう一回くらい、活動日が必要かな?と思われます。

2015_0111_yatsuda_0002_R.jpg

2015_0111_yatsuda_0009_R.jpg

2015_0111_yatsuda_0023_R.jpg

2015_0111_yatsuda_0026_R.jpg

2015_0111_yatsuda_0027_R.jpg

だんだんと整備されていくのが気持ち良い達成感あります。
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
復田2年目作業始め
2015年01月08日(木) 23:54
昨年、いつもの谷津田の耕作放棄されていた、小さな田んぼ1枚を、なんとか作付できるまでしたのですが、土が高くなってしまっていた部分は、時間切れで、諦めていたのでした。

今年は5月の田植えまでに、なんとか元の田んぼの区画の形に戻したいと、今日から着手。

ヨシの根が縦横に走っていて、なかなかスコップも入りません。
水分たっぷりの土は、スコップ一杯でも、なかなかの重さ。

今日は谷津田の外がどうだったのか、わかりませんが、谷津田の中はビックリするぐらいポカポカで、風もほとんどなく、良い汗をかきました。

ユンボがあれば10分で済むような作業ですが、スコップと鍬で春先まで格闘するつもりです。

2015_0108_yatsuda_0014_R.jpg


別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
小野不由美 著「十二国記」、本でも読む
2015年01月07日(水) 00:31
ちょっと間が空いてしまいました。
新年です。

先にアニメで見てしまった「十二国記」シリーズ。
後追いだけれども、本でも読んでいる。


魔性の子―十二国記 (新潮文庫 お 37-51 十二国記)魔性の子―十二国記 (新潮文庫 お 37-51 十二国記)
(2012/06/27)
小野 不由美

商品詳細を見る



月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)
(2012/06/27)
小野 不由美

商品詳細を見る



月の影 影の海〈下〉―十二国記 (新潮文庫)月の影 影の海〈下〉―十二国記 (新潮文庫)
(2012/06/27)
小野 不由美

商品詳細を見る



風の海迷宮の岸―十二国記 (新潮文庫 お 37-54 十二国記)風の海迷宮の岸―十二国記 (新潮文庫 お 37-54 十二国記)
(2012/09/28)
小野 不由美

商品詳細を見る



東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)
(2012/12/24)
小野 不由美

商品詳細を見る



風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (新潮文庫)風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (新潮文庫)
(2013/03/28)
小野 不由美

商品詳細を見る


風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)
(2013/03/28)
小野 不由美

商品詳細を見る


とここまで読んで来た。

アニメ版と原作は違っているところもあるし、活字ならでは良さ(登場人物や街の名前の漢字)もあるし、映像ならではの良さ(特に妖獣などのリアリティ)、もある。

とは言え、全てのメディアに言えることだが、やはり原作は読まなかればいけない。

別窓 | 読書日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 日々の雑学 |