日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
芥川也寸志生誕90年メモリアルコンサートでした
2015年05月31日(日) 23:37
今日は「芥川也寸志生誕90年メモリアルコンサート」でした。

行って良かった。
実に良い演奏会だった。

芥川作品の復活蘇演は、自分自身も相当やってきているのだが、今回のコンサートの演目がまたまた非常にすごい。

大河ドラマ「赤穂浪士」のテーマ曲そのものは、自分でも何度も演奏して来たが、テーマ曲以外の曲の譜面が見つかったとのことで、今回はいくつかの曲から組曲の形で披露された。

テレビ草創期に芥川也寸志が作った様々なテーマ音楽集、など意欲的なプログラミングだった。


Do Re Mi Fa Sol La Si Do (1978)

祝典組曲No.3 marcia in do (1959)

NHK大河ドラマ「赤穂浪士」組曲 (1964)
 メインテーマ
 赤穂
 不吉な予感
 刀傷
 暮れ六つ Canon
 討入り

映画「鬼畜」組曲 (1978)
 メインテーマ(ストリートオルガンによる)
 竹下印刷
 故意か偶然か
 利一と良子
 メインタイトル
 追憶の旅
 断崖
 人間と鬼畜の狭間
 エンディング

バレエ「KAPPA」組曲

<休憩>

NHK幻のテーマ音楽集
 Opening Ending for NHK Television (1953)
 日本の歩み (1950年頃と思われる)
 若い農民のテエマ (1950年前後と思われる)
 学校放送 小学校 ラジオ音楽教室テーマ (1953)
 家庭の音楽テエマ (1950年前後と思われる)
 メロディの流れ 3時半からの音楽 (1952)
 NHK教養大学テエマ (1950年前後と思われる)
 海外の話題テエマ (1952)

小管絃楽のための組曲 (1949)

映画「八つ墓村」組曲
 メインテーマ
 辰弥の回想~多治見家~400年前・落武者惨殺
 惨劇・32人殺し
 青い鬼火の淵
 呪われた血の終焉
 落武者のテーマ

映画「八甲田山」組曲
 メイン・タイトル
 徳島隊、銀山に向かう
 神田大尉の幻想
 谷底、「やむを得ん、登ろう」
 手紙
 凍死者でる
 青森湾だ
 つららの崖
 死せる神田大尉との対面
 終焉

<アンコール>
みつばちマーチ

akutagawa_20150531.jpg

中でも、小管絃楽のための組曲 (1949)は、いかにも芥川テイストの曲で、これが舞台初演とのことだが、今後もレパートリーになっていくのではないか、というポテンシャルを感じる作品であった。

演奏やアレンジに不満がなかったわけではないのだけれども、西さんの企画力にはただただ感謝するしかない。

オーケストラ・トリプティークの編成とオリジナルの再現とのギャップは気になるところはあった。
きゅりあんのアコースティックも地方の多目的ホールの中の下レベルという感じで、あまり良い状態とは言えなかった。
特に気になったのは、打楽器奏者の人数だ。
もう一人居てくれたら、だいぶ良かったのに、と思う面多数。
スネアの刻みを途中で放り出して、最後の最後の一発だけ大太鼓叩く、とか、芥川也寸志のオーケストレーションにはあり得ないのだが、それがやたら多発していたのが、気になって仕方なかった。

劇伴というものは(打楽器は特に)重ね録りしていることも多く、ステージ実演との相違は仕方ないのだが、あと一歩どうにかならなかったか、という気はしている。
スポンサーサイト
別窓 | クラシック音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
辛勝して借金完済
2015年05月29日(金) 23:59
ベイスターズ戦、初戦、雨の中、相手ピッチャーのワイルドピッチが決勝点になり、辛勝。

score_20150529.jpg

50分の雨での中断を経て、遅くまでかかった。

最後、9回表はランナー3塁で、筒香が代打に出て来て肝を冷やしたけれども。

角中が2点目、3点目の2本のタイムリー
kakunaka_20150529.jpg

清田は今日も2安打で、打率を.375まで上げた
kiyota_20150529.jpg

7回、一点ビハインドだったけれども、大谷が登板して、3者凡退に取って、流れが来た
ohtani_20150529.jpg

ベイスターズ打線は本当に怖いけれども、とにかく初戦取れて良かった。

3連勝となって、ついに借金完済、5割復帰。
もう少しかかるかと思ったのだがいい形で交流戦に入れた感じだ。


別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
試合内容はひどかったですが、清田、規定打席到達&首位打者に
2015年05月28日(木) 23:28
6回のビッグイニングで試合は決まったはずが、12-3がセーフティリードにならないというお粗末な試合になった。

score_20150528.jpg

6回の得点を振り返ると、クルーズのホームラン、今日スタメンのサブローの2ベース、田村フォアボール、唐川に変わって代打福浦のタイムリー、清田のタイムリー、大地のタイムリー、角中の2点タイムリー2ベース(悪送球間に3塁へ)、今江のタイムリ3ベース、で、10-3になった。

けれども、結果的にはこれでは足りず、7回の根元の3ベースと田村の犠牲フライ、8回の清田フォアボール、大地2ベースからの今江のセカンドゴロの間に1点、この2点の追加点がなければエラいことだった。

点差が開いたので、金森にスイッチしたのだろうが、エルドレッドのタイムリー、會澤の3ランで4失点、松永にスイッチするが菊池に3ランを打たれ2点差まで詰められる。

結果的に勝てたけれども、9点差を詰められるリリーフ陣では、ゲームメイクできない。

さて、本題は、清田である。
今日は5回打席に入り、ヒット、ヒット、フォアボール、ヒット、フォアボールと全部出塁した。
8回のフォアボールの打席で規定打席に達し、今日の3安打で.368となり、柳田をうわまわったので、いきなりトップに飛び込む形で、首位打者争いに入って来た。

kiyota_20150528.jpg

開幕当初から出ている柳田のこの数字はすごいが、清田もこのまま持続してもらいたい
dagekiseiseki_2015_0528.jpg

柳田、中村晃、近藤健介と左バッターと争うのは大変なことだが、頑張って欲しい。

そして、ついに借金は1となった。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
イ・デウンは不思議と打線の援護に恵まれハーラートップの6勝
2015年05月27日(水) 23:59
イ・デウンはハーラーダービートップに6勝目を上げたのだけれども、毎度毎度、結構失点はしているのである。
それでも、6勝1敗ということで、涌井が5勝5敗で勝ち越しを作れていないのに比べると、運も持っているように思う。

score_20150527.jpg

今日も5イニングで8被安打、うち2本のホームラン打たれ、4失点ではあったのだが、6回表に味方が逆転したので、勝ちがついた。
素晴らしい球も来るのだが、結構打たれるのイ・デウン、なんだかんだで6勝1敗は、貴重な新戦力である。

今日は昨日がひどい試合だったので、打線を入れ替え、2番に角中、3番に今江、4番クルーズ、5番デスパイネ、6番はファースト根元を入れて、鈴木大地を外しルーキー中村奨吾の7番に入れた。

この打線が結構上手く機能し、1番清田、2番角中、3番今江のつながりが良かった。

角中、今江、根元は3安打猛打賞。
清田の連続試合ヒットも続いている。

6回に貴重な2点タイムリー2ベースを打った今江
imae_20150527.jpg

9回に満塁の走者全員を返す3点タイムリー3ベースを打った根元
nemoto_20150527.jpg

イ・デウンは6勝目
rhee-daeun_20150527.jpg

ひどい負け方でスタートした交流戦だが、連敗をせずに今日勝てたのは大きい。
借金はなかなか完済できないが、大きな連敗だけは避けて行きたい。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
5.26 福島原発由来放射能汚染ゴミ(指定廃棄物)処分問題を考える蘇我地区住民集会
2015年05月26日(火) 23:59
「5.26 福島原発由来放射能汚染ゴミ(指定廃棄物)処分問題を考える蘇我地区住民集会」でした。

少しでも拡散したいので、集会宣言全文を転載。

環境省は、この4月24日、突如として千葉県における8000ベクレル超の放射性物質を含んだ指定廃棄物の最終処分候補地を、千葉市中央区の蘇我地区にある東京電力株式会社千葉火力発電所の敷地の一部に選定することを公表した。
この指定廃棄物は、原発の運転に伴って発生する高レベルの放射性廃棄物を除いては、生活環境においていまだかつてない高濃度の放射性セシウム等を含んだ極めて危険な放射性廃棄物であり、人の健康や環境に多大な負荷をもたらすものである。
環境省は、これまで宮城県、栃木県など5県について、一県一か所の最終処分場を建設するとの方針の下で候補地の選定にあたってきたが、いずれの候補地でも自治体の首長はじめ、地域住民等による猛烈な反対運動のため、事前調査すら実施できない状況である。
このように、各地で反対運動が激化する背景には、環境省による候補地選定と公表が「人の健康と環境への配慮」を欠いたまま、秘密裏で選定作業が進められてきたためであり、また、候補地を決めるにあたっての評価項目と実際の選定との乖離や、地域特性を無視した形で進められてきたことに原因している。
今般、環境省が公表した候補地は、地盤軟弱な埋立地であり、津波や液状化等の自然災害が生じる可能性がある危険地帯である。現に2011年3月11日の東日本大震災の時には、地盤の液状化により火力発電所の一部に損傷を生じたとの事実も明らかになっている。しかも、候補地周辺には過去に火災爆発事故を起こした製油所等のコンビナート群があり、専門家からもその危険性について指摘がされてきた場所である。住宅地域からも決して遠く離れていない。また、候補地の沖合には自然豊かな東京内湾の豊かな漁場が広がっており、各種漁業やのり養殖など、かつて江戸前の豊かさを誇っていた海でもあり、風評被害を含めて漁業関係者の被害は計り知れない。
いったい、環境省は県内5000カ所以上の候補地から、なぜ、このような危険な場所を選定したのであろうか。
私たちは、このような危険な場所での危険な処分場の設置を受け入れることは出来ない。そして、未来を担う子どもたちの健康や千葉市民、千葉県民の健康と安全な場所の確保、漁業者の生活権、東京湾の貴重な自然生態系の保全のために、断固として、今回の環境省の提示を絶対に受け入れることは出来ない。
これまでの環境省の候補地選定手法に反対し、一県一か所に設置するとの方針に断固反対する。

1.環境省は、今回示された候補地の選定を白紙撤回すること。
2.千葉市は環境省の候補地選定を受け入れないこと。

以上、集会宣言とする。

2015年5月26日
福島原発由来の放射能汚染ゴミ処分場問題を考える蘇我地区住民集会 参加者一同


houshaseihaikibutsu_20150526_1.jpg
houshaseihaikibutsu_20150526_2.jpg

これまで、各種の反対運動というものには意図的に距離を置いていたのですが、今回は頑張ってみないといけないか、と思っています。
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
菅野よう子楽曲演奏団体Thanks!K創設5周年パーティーでした
2015年05月24日(日) 23:59
この春で、創立?されてから、5週年だね、という話が出て、創立記念パーティーをやろうか、というノリに、我らがさくさんがきっちり現実の形にしていただき、全国から70名近いメンバーが集まり、楽しい会になりました。

5年間の歴史を振り返る、ムービーをさくさんが作って来てきただいて、これも盛り上がりました。

最初のきっかけ、たみおかくんが立てたトピ、2010年2月8日22:25
tamioka_20100208.jpg

私の参加表明は、ちょっと様子見て出遅れ、翌2月9日23:32、25時間後くらいに、105番めで書き込んでいます。
ken_K_20100209.jpg

現在ではもうmixi退会されたり、実質見てない人も多いと思いますが、コミュニティ自体の参加者は300名を越え、逆にmixiに入ってなくて、参加されている方も増えています。

5年間は長ったようで、あっという間でした。
何にも無いところから、ここまでよく出来たと思うと同時に、これからもますます楽しみ。

そして、私に取ってはなにより、クラシックオーケストラをやっていただけでは、絶対に出会えなかった同好の仲間たち、ジャンルや世代を超えた仲間たち、に出会えたことはとてつもない大きな意義があります。

ちょっとおかしな愉快な誇るべき仲間たち。

彼らと談笑できるこの日のパーティーは、居心地がよく、やわらかい笑顔の絶えない会でした。

2015-05-24 193941_R

2015-05-24 185047_R

これからますます盛り上がって行きたい気持ちを新たにしました。
別窓 | 菅野よう子 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
ご当地エネルギー協会の総会でした
2015年05月23日(土) 23:58
5月23日(土)は、ご当地エネルギー協会の総会でした。

一応、全国18の登録団体に、我が社、市民エネルギーちばも加わっているので、総会に顔を出させていただいた。

ISEPの飯田哲也さん、会津電力の佐藤彌右衛門さん、エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議代表で小田原の鈴廣かまぼこ副社長の鈴木悌介さん、北海道グリーンファンド代表の鈴木 亨さん、宝塚すみれ発電代表の井上 保子さん、市民エネルギーやまぐち代表の坂井 之泰さん、(一社) 徳島地域エネルギー代表の豊岡 和美さん、などなどのこの「業界」の著名人の方々とも情報交換でき、非常に有意義な時間でした。

gotouchi_erergy.jpg

都市住民とも農村住民ともガッチリ繋がるコミュニティパワーである、ソーラーシェアリングによる市民発電の意義を少しでもアピールできれば、と思って、「市民エネルギーちば」の現況を説明させていただきました。
別窓 | 自然エネルギー | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
デスパイネ本格覚醒、3連勝
2015年05月22日(金) 23:52
昨日5打数5安打2ホームランだったデスパイネ、今日もすさまじい当たりの2ベース、敬遠のフォアボール、決勝2ランと3打数2安打で、どうも本格的に覚醒したようだ。

score_20150522.jpg

迷いなくスイングしている感じが心強い。

クルーズが好調を維持している間に、デスパイネも着火して、非常に厚みが出た。
2人とも去年もいた二人だけれども、今年は去年とはずいぶん違いそうだ。

先発の古谷は、6回まで1安打ピッチング、7回に2本のヒットを打たれ、6つめのフォアボールを出したところで交代。
ヒットは打たれていなかったけれども、ボール球が多く、フルカウントになるケース、フォアボールは多く、球数が多く守備時間が長く、もう少し大胆に行って良いのではないか、という気がした。
古谷はバファローズ戦ではノーヒットノーランまであと一人というのもあったし、バファローズ戦では好投するイメージはあって、6回までヒット1本無失点というのも、立派なのだが、ポンポンと守備イニングが終わらないので、試合のリズムが悪かったのは否めない。
古谷自身は試合後のコメントで、「1発を打てる人が多い。内を攻めないと、外を狙われたらきつい。散らしながら投げました」、と意識的に散らした、と言っているのだが…
ともかくも零封試合なので、良いことではあるのだが。
6と2/3回で交代だったので、あとアウト一つで勝投手にはなれなかった。

8回は佐藤達也が調子の良い時を取り戻している感じで、角中、クルーズが手が出ない感じで空振り三振し、今江を迎えたところで、頭部デッドボール危険球退場。
準備をしていなかった塚原が投じた2球目をレフトスタンドに運んだ。

これで3連勝
この前の3連勝で借金2まで減らし、その後3連敗して借金5まで戻り、この3連勝で再び借金2。
ホークス、ライオンズとの差も少し詰まって来ただろうか。

明日は金子千尋が復帰戦ということだが、何とか交流戦前のラストカード、借金を少しでも減らしたい。

それと、注目の清田は、4打席凡退で、今日はヒット無しか、と思ったのだが、9回の最終打席にヒットが出た。
何とか続いて欲しいものだ。

デスパイネは昨日の5号6号に続いて7号2ランで試合を決めた
despaigne_20150522.jpg

古谷拓哉、3安打無失点ピッチングも、勝ちはつかず
furuya_20150522.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
CD砲炸裂で、ライオンズ戦勝ち越し
2015年05月21日(木) 23:23
唐川の先発ということで、心配だった今日の試合。

score_20150521.jpg

2回にデスパ、井口の連打の後、ルーキー中村奨吾の3ランホームランが出て、行けそうな感じになった。

唐川は良い時の唐川が戻って来た感じ。
5回まではほぼ完璧なピッチングだった。

3回にはクルーズの10号2ラン。
2桁ホームランが出なかったシーズンもあったマリーンズにあって、5月に10号というのは、すごいことだ。

5回はクルーズがヒットで出て、デスパイネの2ラン。
7回はクルーズ11号ソロ、とデスパイネ6号の連発。

奨吾とCD砲の5発で決めた。

リリーフ陣が終盤失点するのは、このところずっと続いているのだが、このあたりもう少ししまると良いのだが。

デスパイネは今日5打数5安打2ホームラン、昨日の代打での3点タイムリーから6打席連続ヒットということになる。
これで本格始動なのではないだろうか?

クルーズが好調なうちにデスパイネも調子が上がってくると、非常に厚みが出る。

そして、苦しんでいた井口が今日3安打で、これもホッとした。

注目の清田は、初回先頭打者でヒットがでないと、なかなかマルチヒットは苦しく、警戒されてのデッドボール、勝負さけられてのフォアボール、明らかな敬遠のフォアボールと3つの四死球がありながら、8回に2ベースを打って、打たせてくれればヒットは出る好調さを見せてくれた。
5月9日から続いていた連続試合複数安打は途切れたが、6回打席に立って4回出塁しているのだから十分だ。
この好調を維持して、規定打席に打率トップで入ってきて欲しい。

これで借金3まで返して、交流戦前はバファローズ戦3戦を残すのみ。
3つ勝って一気に完済すれば気持いいのだが、まずは一つずつ。

明日は古谷の先発。

涌井、石川、イ・デウン、大嶺祐太、唐川、古谷、と、どうにか6枚揃いそうな感じにはなってきているが、ブルペンは依然手薄である。

中村奨吾の一発はゲームの流れを引き寄せた
nakamura_20150521.jpg

好調を持続、10号11号連発のクルーズ
cruz_20150521.jpg

ついに覚醒したのか?5打数5安打、5号6号ホームランのデスパイネ
despaigne_20150521.jpg

クルーズの好調と陽気さが、デスパイネの気分を盛り上げる
cruz_despaigne_20150521.jpg
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
清田4安打2ホームランで、どうにか連敗止まる
2015年05月20日(水) 23:59
3連勝して、借金を5から2に減らしたところからの、3連敗で借金は2から5へ元の木阿弥。

で、なんとしても負けられない今日の一戦だが、負けている間も清田はずっと好調。
その清田の先頭打者ホームランで試合は始まった。

score_20150520.jpg

清田の最近の成績は
5月9日 5打数3安打
5月10日 5打数3安打
5月13日 4打数3安打
5月16日 5打数4安打
5月17日 4打数2安打
5月19日 5打数2安打
5月20日 5打数4安打

この7試合で、33打数21安打、.636である。
5月1日から8日までは、7試合で5安打しか打っていないので、5月の通算打率は60打数26安打の.433

今日はスタメンを外れたデスパイネが、7回に満塁で代打に出て、走者全員を返す2ベースヒットを打った。
結果的に、ロサも西野も失点したので、決勝点は9回表の岡田の3ベースを角中のヒットで返した1点だったわけだが、清田が試合を牽引していることは確かだ。

今日はデスパイネだけでなく、鈴木大地もスタメンを外れ、中村奨吾がショートに入ってヒットを打った。

イ・デウンはいつものことだが、絶対打てないだろう、という素晴らしい球もたくさんあるのだが、6回にはあっさり同点に追いつかれて、降板後の勝ち越しで、幸運な5勝目。
6イニングで、3失点ぐらいする、というイメージなのだが、完封するんじゃないか?と思えることもある。

ロサと西野は、乱調と言っていいだろう。
益田がダメで2軍にいて、松永も左バッターに打たれる場面が多く、ブルペンに頼れるピッチャーが少ない。
大谷一人では、抑えきれない。
7回の6-3のまま逃げ切らねばならない試合だった。

ともかくも、勝ちは勝ち。

明日の唐川は心配だが、心配してもどうにもならない。

清田とクルーズが好調で、角中と今江もそこそこ、という現状で、こんなに苦しい試合が続くのは厳しいことだ。

清田の覚醒は本当にうれしいことだ
kiyota_20150520.jpg

デスパイネはスタメン外れた今日は大きな仕事をした
despaigne_20150520.jpg

イ・デウンは良いピッチャーのはずなんだが…
rhee-daeun_20150520.jpg


別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
田植えはじめました
2015年05月18日(月) 23:59
本来、先週やるはずだった田植え、諸事情でズレこんで、やっと今日着手。

復田1年めだった昨年は、田んぼの土の凹凸もあって、植えにくいところがたくさんあり、根が浮いてしまうところも多かったのですが、2年めの今年は、田んぼの土はだいぶ安定してきているように思います。
栄養分には乏しいかもしれないですが、いい感じの田んぼになってきました。

メダカたちが泳ぎまわる中での田植えは気持いいものです。

日が長くなったので、18時近くまで作業してましたが、半分くらいしか終わらず、残りは今週のどこかで。

2015_0518_yatsuda_0007_R.jpg

2015_0518_yatsuda_0008_R.jpg

2015_0518_yatsuda_0009_R.jpg

腰痛というか、背筋痛来てますが、明日の方が酷いと思われます。
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
第12回里山シンポジウムin山武 でした
2015年05月17日(日) 23:59
第12回となる里山シンポジウムは山武市での開催でした。

5月18日は千葉県が定めた里山の日なのですが、そこに近い日曜日に毎年開催しています。

satochiba2015_omote.jpg
satochiba2015_ura.jpg

里山と資源循環 子どもにつなぐくらし方 というテーマで、基調講演にスタジオ・ジブリの高畑勲さんをお迎えしました。

2015_0517_satochiba_0034.jpg
2015_0517_satochiba_0037.jpg

フレデリック・バックの「クラック!」、「木を植えた男」の上映会と、西村由紀江さんのピアノミニコンザートもあり、大変充実したイベントになりました。

2015_0517_satochiba_0042_R.jpg

今回、ほとんどお手伝いできず、一般参加者でしたが、お疲れ様でした。
別窓 | 里山自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今季初の3連勝で借金2まで返済
2015年05月13日(水) 23:56
今季初の3連勝、しかもライオンズ、ホークスと上位チーム相手の3連勝は大きい。

借金を5から2まで減らして、完済も見えて来た。

清田がこの3連勝中、3試合連続の猛打賞で、打線を活気づけている。
これで、ほぼレギュラーを取れたと言っても良いのではないだろうか?

今日21歳の誕生日だった田村が5回に同点タイムリーの大仕事。

井口さんが攻守に精細がないのが気になる。

score_20150513.jpg

清田は3打点だったけれども、9番荻野貴司が出塁して、清田が返すパターンが5回、7回の2回あって、今の打撃好調が続いて、なおかつ荻野貴司の状態がもう少し上がってくれば、3番を任せたい感じになって来ている。

涌井は負け数も多いけれども、5勝目で現時点でハーラートップ。

上位3チームとのゲーム差は、まだまだ大きいけれども、カード負け越さず、大型連敗をしないで7月オールスターまで5割近辺にいれば、活路はある。

涌井は打たれる場面もあったこれども、7イニングで8奪三振と良い球も来ていた
wakui_20150513.jpg

清田の3試合連続猛打賞はこの3連勝に直結している
kiyota_20150513.jpg

田村は21歳の誕生日に大きな仕事をした
kiyota_tamura_wakui_20150513.jpg

昨日、台風で中止にして、元々このホークス戦は2連戦の予定だったので、ホークス戦は今日1試合だけ。
明日は試合がなく、明後日からは仙台である。

イ・デウンを再度、上げたけれども、まだまだ先発6枚揃うという状態には程遠く、試行錯誤は続くのだろう。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
匝瑳(そうさ)という地名
2015年05月12日(火) 23:40
今日は「市民エネルギーちば」の匝瑳支店に行ってましたが、匝瑳(そうさ)市って、難しい名前ですよね。

匝瑳市環境協会のサイトには、

読めない!書けない!どこにある?

というコピーが掲げられています。

元々匝瑳郡というの名前で、匝瑳郡自体はものすごく古い地名です。

匝瑳は「そうさ」と読みます。

匝瑳という地名は、現存のものでは、奈良東大寺正倉院に伝わる庸調(ようちょう 朝廷に納めた特産物)に見られる天平13年(741年)の記録が最も古いとされています。

匝瑳という地名の由来は、平安時代 前期の歴史書「続日本後紀(しょくにほんこうき)」によれば、5世紀の終わり頃から6世紀のはじめにかけて、畿内(現在の近畿地方)の豪族であった物部小事(もののべのおごと)という人物が、坂東(ばんどう 現在の関東地方)を征した勲功によって、朝廷から下総国の一部を与えられ、匝瑳郡(さふさごおり)とし、小事の子孫が物部匝瑳氏を名乗ったと伝えられています。

匝瑳の語源については、諸説あって定まっていませんが、発音で「さふさ」という地名があり、「さ」は「狭」で美しい、「ふさ」は「布佐」で麻の意で、『美しい麻のとれる土地』であったとする説や、「さ」は接頭語で、「ふさ」は下総国11郡中で最大の郡であったことに由来するという説があります。
匝瑳の表記は、「さふさ」に縁起のよい漢字を充てたものと考えられています。

なお、漢和辞典によれば、漢字の「匝」は、訓読みで「匝る(めぐる) 」と読み、一巡して帰るという意味があり、「瑳」は、訓読みで「瑳やか(あざやか)」あるいは「瑳く(みがく)」と読み、あざやかで美しいと言う意味があります。


ということで、フサが麻を意味する、というのは、千葉県全体の「総(ふさ)の国」の由来と一緒ですね。

狭布佐を匝瑳にしたのは、「佳字二文字」を当てて書くように、という大宝律令に従ったもので、全国の多くの旧国名・郡名と同様の経緯です。
この大宝律令の佳字2文字、というのは、中国の真似をしようとしたものですが、これによって、多くの郡名が、本来の地名の由来と表記文字の意味が繋がらなくなってしまいましたね。

ともあれ、ぐるっと全体が美しい、という意味を持つ匝瑳という文字が当てられ、『美しい麻のとれる土地』であった、匝瑳(そうさ)で、農業もエネルギーも頑張って行きたいと思っています。

20150512_0001_R.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
「アースデイちば」でした
2015年05月10日(日) 23:03
今日はちば環境情報センターとして、「アースデイちば」に出展しました。

結構、興味を持ってくださる方が多く、楽しい1日になりました。

2015_0510_earthdaychiba_0004_R.jpg
2015_0510_earthdaychiba_0017_R.jpg
2015_0510_earthdaychiba_0008_R.jpg
2015_0510_earthdaychiba_0022_R.jpg
2015_0510_earthdaychiba_0014_R.jpg

もう少しお手軽なテーブルがあった方が良かったですね。
会議室の長机は大変でした。

別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
田起こしでした
2015年05月09日(土) 23:59
今日は田起こしでした。

おおぜい集まっていただき、全部で50名もの参加がありました。
これだけの人数集まると、もう少し復田の範囲を広げたいな、と思ってしまいます。

この日はちょっと涼しく、快適に作業できました。

2015_0509_yatsuda_0044_R.jpg
2015_0509_yatsuda_0052_R.jpg
2015_0509_yatsuda_0054_R.jpg
2015_0509_yatsuda_0076_R.jpg


別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
連敗ストップ!
2015年05月06日(水) 22:54
デスパイネをスタメンから外し、クルーズを4番に今江を5番に入れた打順がハマって連敗ストップ。

石川か涌井しか勝てる投手がいない中、石川で負けてやっと涌井で止まった。

score_20150506.jpg

クルーズは6回表に同点ホームラン、7回には2点タイムリー2ベース、9回にもヒットが出て猛打賞。
クルーズ、これで打点王になったか、と思ったが、中村剛也が今日5打点もあげていて、上回られている。

カード3連敗だけは避けたかったのだけれど、何とかGW最後のゲーム、勝って追われた。

井口もスタメンを外れていたが、7回に代打で、貴重な勝ち越し2ベースを打った。

4勝3敗とやっと貯金が出来た涌井
wakui_20150506.jpg

4番に起用したクルーズが良いところで打ってくれた
cruz_20150506.jpg

決勝は代打井口のタイムリー2ベース
iguchi_20150506.jpg

明日1日休んで、絶好調のライオンズとの対戦である。

前回の4月28日からのマリンでのライオンズ戦はカード勝ち越したのだが、その後ライオンズは6連勝して首位に。
で、5月8日から、またマリンでのライオンズ戦という不思議なカードの並びになっているが、借金返したいので、なんとしても勝ち越したい。

別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日は森の木の伐倒でした
2015年05月03日(日) 23:38
以前から懸案だった、枯死して倒れそうで危険な木の伐倒、自分たちだけで手に余るので、いろいろな方法を検討してたのですが、地主さんご本人が、あちこちのご自分の森の木や、お友達や親戚に頼まれてて、大木の伐倒をされている話しをうかがい、それでは所有者ご本人と、われわれスタッフも手伝ってやりましょう、ということに。

今日は自然観察会だったのですが、もろもろの経緯もあって、朝から木の伐倒の方に参加。

地主さんもこの森に来るのは、10年ぶりとのこと。

結局朝から夕方までかかり、懸案だった道路添いの4本を伐倒。

2015_0503_yatsuda_0009_R.jpg

2015_0503_yatsuda_0012_R.jpg

電線にかからないように伐倒するのが大変です
2015_0503_yatsuda_0015_R.jpg

この木が大変で、これ1本に3時間半くらいかけました
2015_0503_yatsuda_0021_R.jpg

滑車で、山側に牽引し電線にかからないように
2015_0503_yatsuda_0031_R.jpg
牽引しているワイヤーの三角形の中には絶対入ってはいけない、と講習で習います。

絶対に焦ってはいけない作業で、念には念を入れ、安全確認をしながらの伐倒。

谷津田の林縁の樹木は、当然、谷側に傾いて生えているのですが、それを山側に倒さないといけません。

広葉樹の伐倒は、枝の張り方も、重心も複雑で、針葉樹のように、思った方向に真っ直ぐに、というわけにはいきません。
しかも、藤蔓がかかっているので、根元を切って空中にぶら下がってしまうと、処置のしようがなくなってしまいます。
ハシゴをかけて、ワイヤーをかけ、上の方から少しずつ切っていき、重量を少しずつ減らしながら、最後は根元から伐倒しました。

倒した木からは、タマムシの幼虫がたくさん出て来ます。
タマムシは枯死しかかっている樹木に産卵することは知られていますが、こんなにたくさん、というくらい幼虫が出て来ました。
美しい翅を持つタマムシの成虫には、なかなか出会えないのに、幼虫は枯れかけた木の中にはいっぱいいます。
おそらくタマムシは、成虫になれる割合が低いのではないか?などと推測。
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日も田んぼへ
2015年05月02日(土) 21:55
昨日に続いて今日も田んぼへ

畦の補修と、マイ田んぼ内の雑草取りを少し、それからちょっと離れた水路際を刈払機で草刈り、
でした。

日差しが強いですが、日陰の風の心地よさは何ものにも代えがたいです。

田植え直前のこの時期は水面に緑が映り込む貴重な季節です
2015_0502_yastuda_0002_R.jpg

2015_0502_yastuda_0009_R.jpg

2015_0502_yastuda_0015_R.jpg

ぼーっとしているだけでも楽しい季節です。
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
田植えの準備
2015年05月01日(金) 23:59
もう少し寒い時期に頑張っておけば良かった、と毎年後悔する、田植え前。

今日も田んぼを少し整備しました。

イネを植えてしまうと、あんまり中を乱暴にはいじれなくなるので、もっと冬の間に頑張っておけば良かったと、毎年思いますが。

2015_0501_yatsuda_0023_R.jpg
2015_0501_yatsuda_0024_R.jpg
2015_0501_yatsuda_0011_R.jpg
2015_0501_yatsuda_0002_R.jpg
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。