日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
イーグルス戦3連勝、今日も井口!
2015年09月23日(水) 23:48
先発のチェン・グァンユウは良かったけれども、イーグルスのレイも良くて、なかなかチャンスがなかった。

score_20150923.jpg

6回裏、清田の2ベースから、井口がショートへのボテボテの当たり。
井口は激走を見せて、一塁はセーフ。
この間に清田は二塁からホームインするのだが、この清田の走塁の様子は、テレビカメラは全然追っていなかったようで、プレイバックでも、どのカメラにも映っておらず、どのタイミングでどのあたりまで来ていたのか、良くわからないままで残念。
内野安打で二塁からホームインするのだから、普通のプレイではないのだが。

この虎の子の1点を、益田、松永、内、西野がノーヒットで守り切った。
イーグルス戦3連勝。
ライオンズも負けないので、1ゲーム差は変わらずだが。

こういう時期に来て井口は頼りになる
iguchi_20150923.jpg

6回2死で交代したので、あと1アウトで勝ちは付かなかったが、チェンもナイスピッチングだった
chen_20150923.jpg

スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
急遽、コシヒカリの脱穀やりました
2015年09月23日(水) 22:12
お米作り関係のイベントは、基本的には少雨決行で行なっていて、田植えや草刈り、稲刈りも多少の降雨は、却って日差しがない分、楽なぐらいなのですが、脱穀だけは稲が湿っていると出来ないのです。

週末に予定していた、コシヒカリの脱穀ですが、週末の天気が思わしくないので、急遽今日実施ということになりました。

メールに気付いたのが、遅かったので出遅れましたが。

マイ田んぼの分も含めて、30kg袋が17袋以上になりましたので、500kg以上の収量でしょうか?
変な天候の夏でしたが、平年作以上の収量になりそうです。

あとは、10月の古代米の稲刈りと脱穀ですが、今年新しくタネモミを買ってはじめて植え付けた、「紫黒苑」という黒米の成熟が遅く、他の緑米や赤米とタイミングが揃うか、心配です。

この新しく買った黒米は分けつも実の付きも良いので、来年以降も栽培したいのですが、少し工夫が必要かもしれません。
この黒米だけ播種を少し早めて、田植え時に苗を成長させておくと、少しは早められるかもしれません。
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
久々の井口の一発
2015年09月22日(火) 23:29
井口は、当たりが戻りそうで戻らないというもどかしい感じが続いていた。

デスパイネをスタメンから外し、ファーストは投手の左右に関係なく福浦にまかせ、DHとしての井口起用は、結果が求められるわけだが、チームのホームラン自体がヒッサビサであったのだが、初回に3ランというかたちで出たのは大きい。

score_20150922.jpg

清田が2安打目、3ベースを狙って、三塁でアウトになった際、ちょっと無理なスライディングをして、背中を痛め、途中交代して、岡田幸文に代わったのだが、岡田も3安打打って、2人合わせて、3番バッターとしては、4打数4安打。
伊志嶺も今日は初回の井口の3ランに繋がるヒットを打っているので、伊志嶺も使いたいが、岡田を守備の人としてベンチに置いておくのはもったいない気もする。

石川は7回まで投げて、球数も最後まで行けた感じだったが、シーズン残りを中5日で行くと決めているそうで、内容に関わらず、7回までだったらしい。

7回の大地の2ランホームランも大きなダメ押しだった。

井口は初回の3ランホームランの他に6回にもヒット
iguchi_20150922.jpg

ライオンズも勝ったので、ゲーム差変わらずだが、負けずに行くしかない最終盤。

イーグルスは監督の辞任も発表して、若手を試してる起用もある。
ファイターズ戦とホークス戦を多く残しているのだが、C.S.に進むということは、ファイターズとホークスと戦うために進むわけであって、勝てないのなら進む意味がない、とも言えるのだ。

別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
久々の2桁得点
2015年09月21日(月) 22:41
福岡では、絶望的に打てない2試合を体験し、地元に帰って来て、今日のイーグルス戸村も、4試合先発であたって全部負けている苦手の相手。

score_20150921.jpg

初回、古谷が先制されるのだが、1回裏の先頭、荻野貴司がセンターへの打球、牧田は追い付いて抜けてはいないのだが、一気に2塁へ走り、2ベースヒットとして、これで行ける感じが出た。

今日、加藤翔平と交代して1軍に上がった伊志嶺がスタメン2番。送りバントで荻野を3塁に進める。
清田のレフト前タイムリーヒットで同点、クルーズのセンターへのヒットで、すぐに逆転出来たのは大きかった。

古谷は2回は抑えたのだが、3回にフォアボールを2つ出し満塁のピンチを作り、無失点では終わったけれども、内容が良くない、という判断か、4回からは阿部にスイッチ。
ウィーラーに2ランを打たれるが、6回裏に連打で4得点をあげ、8回にも2点追加して、17安打10得点。
7月以来の2桁得点だった。

1.荻野貴司、4打数4安打
3.清田、4打数2安打
4.クルーズ、4打数2安打
6.今江、4打数2安打
7.福浦、3打数2安打
9.大地、4打数2安打
と6人がマルチヒット。

デスパイネをスタメンから外したが、6回に代打でヒット。
良い気分転換になったかもしれない。

荻野貴司
oginotakashi_20150921.jpg

福浦が2009年以来、6年ぶりの盗塁を決め、次の打席ではサードに内野安打も決め、1908本目のヒット
fukuura_20150921.jpg

ライオンズも勝ったので、ゲーム差は変わっていないのだが、まだまだ自力で勝ちを重ねたいところ。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日は森の手入れでした
2015年09月19日(土) 01:22
今日は雨の中でしたが、森の手入れでした。

天気予報的には、止んでくる予報でしたが、結局ずっと降られてましたが、作業の方はだいぶ進捗しました。

いろいろなキノコが生えている時期です。
2015_0918_yatsuda_0003_R.jpg

シュレーゲルアオガエルが、ちょうど目の高さの枝にとまってました
2015_0918_yatsuda_0015_R.jpg

2015_0918_0031 _R

2015_0918_0041_R.jpg
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
シンガーソングライター・岡地サリさんのライブでした
2015年09月17日(木) 23:49
以前から応援しているシンガーソングライター・岡地サリさんのライブを聴きに、高円寺HIGHまで行って来ました。

okachisari_20150917.jpg

ここところ月一回ペースぐらいで、客前に立っている感じの岡地さん。
ステージ上での立ち居振舞いもこなれて来た感じです。

今日は、お一人での弾き語りで、シンセ&ピアノに、これまで披露した楽曲にも、結構作りこんだ打ち込みの音を思い切って入れたアレンジになっていて、同じ曲でも大きく印象が変わっていました。

これまでギター伴奏などを中心にシンプルなアレンジで、メロディーラインを歌い込み、横の流れの魅力が前面に出ていた楽曲に、打ち込みのリズムが刻まれることで、縦のグルーヴ、推進力も出て、立体感のある楽曲になった感じ。
フルバンド編成の雰囲気も想像できるアレンジになっていたように思います。


ステージを重ねるにつれて、歌い込み方にも、良い意味で余裕が出て来た印象。

いっぱいいっぱいではない、メリハリを感じるステージになってきています。

一曲の中のメリハリ。
セットリスト通してのメリハリ。
両方とも感じられたライブでした。
押し引き、と言っても良いかもしれません。

今後がますます楽しみ。
客前での経験を増やすことは、それはそれ自体、血になり肉になっていっているのを目の当たりにしていますが、戦略的に考えると、今後は客層をどうやって広げて行くか、というあたりは、依然として難しいところ。
お手伝い出来る部分は、少しでも協力したいです。
これまでの岡地サリを知らない層に浸透していくために、どういう方法が効果的なのか。

岡地サリさんのTwitterアカウントなどを書いて、フォローしてみてくださいね。というだけでも。
@okachi_sari  オカチサリ

2015_0917_okachisari_0013_R.jpg
2015_0917_okachisari_0016_R.jpg
2015_0917_okachisari_0009_R.jpg
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
コシヒカリの稲刈り、残りを完了
2015年09月15日(火) 23:21
昨日、日没で中断してしまった、マイ田んぼのコシヒカリの稲刈り、今日で完了しました。
微々たる量ですが、それでも収穫の喜びはあります。

2015_0915_yatsuda_0022_R.jpg
2015_0915_yatsuda_0025_R.jpg

イネを刈った田んぼでは、メダカたちが元気よく泳ぎまわっています
2015_0915_yatsuda_0007_R.jpg

古代米の稲刈りは来月ですが、赤米の穂の色はきれいになっています
2015_0915_yatsuda_0013_R.jpg

来年はもっと上手に作るぞ、という意欲が湧いてきます。
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
今日はマイ田んぼの稲刈りを
2015年09月14日(月) 23:59
今日はマイ田んぼの方の稲刈りをやりましたが、作業量甘く見て、出足が遅かったので、暗くなるまでに終わりませんでした。

私たちの田んぼは、皆で一緒に作業する区画と、一つのご家族に作業をお任せし、収穫物も全部占有できる「マイ田んぼ」の制度もあります。
マイ田んぼやってみたい、という方は、大歓迎です。

私の田んぼ(私が持っているわけではなく、私が好きに遊んで良いことにしてもらっている区画)は、田んぼの中を、上の田から、下の田へ、常に水が流れているので、中干しも不可能で、根がしっかりしないので、今年のように風が強かったり、雨が多かったりすると、どうしても倒伏してしまいます。

稲穂が水に浸かって、芽が出ちゃっているところもいくつか。
来シーズンは、どういう品種にしようか?試行錯誤も楽しみのうちです。

2015_0914_yatsuda_0022_R.jpg

2015_0914_yatsuda_0023_R.jpg

脱穀の日は決まっているので、あまり先送りにはできないので、早めに刈ってしまいたいところです。
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
菅野よう子Thanks!Kオケの練習でした
2015年09月13日(日) 23:27
今日は、菅野よう子楽曲演奏団体Thanks!Kオーケストラの練習でした。

演奏する曲も出揃って、今日はホルンパートも4本揃って、充実の練習でした。

My Timpani、今日も出動
2015_0913_korche_0001_R.jpg
まだまだこれからですが、いろいろ整えて行きたいと思います。
2015_0913_korche_0002_R.jpg

K_20151128.jpg
別窓 | 菅野よう子 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
コシヒカリの稲刈りでした
2015年09月12日(土) 23:59
今日はコシヒカリと農林1号の稲刈りでした。
おおぜいの参加者で楽しく作業できました。

さすがに今年は日照不足で、ちょっと出来の方は期待できませんが。

2015_0912_yatsuda_0022_R.jpg
2015_0912_yatsuda_0028_R.jpg
2015_0912_yatsuda_0032_R.jpg
2015_0912_yatsuda_0017_R.jpg

今月下旬に、今日刈ったイネの脱穀、10月に古代米の稲刈り、古代米の脱穀、11月には籾摺り、と秋は農事は忙しくなります。
別窓 | 里山、谷津田、棚田 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
チェン・グァンユウ、ナイスピッチでファイターズ戦勝ち越し&3位浮上
2015年09月03日(木) 23:59
チェンの先発自体が7月以来で久々だし、これまでのチェンのピッチングを考えると、大量援護がないと厳しいか、と思っていたのだが、チェンは7回途中までなんと2安打ピッチング。

score_20150903.jpg

レアードに一発を浴びるが、6回に清田が14号ソロ、デスパイネがフォアボールで出たあと、クルーズのヒットで、一塁走者デスパイネが三塁までナイスランを見せる。
このデスパイネの3塁進塁が大きかった。
続く福浦の当たりはピッチャー吉川がファースト側で捕球するゴロ。
デスパイネにゴロGoのサインが出ていたのかどうかわからないけれども、吉川は目の前に走って来た福浦に吸い寄せられるように駆け寄ってタッチしてしまい、その間にデスパイネはホームイン。勝ち越し。
バックホームという選択肢がなかったのかどうか?
空を突かれたようにデスパイネはホームインしてしまい、一瞬ファイターズ野手が固まってしまったような空隙の中、一塁走者のクルーズがスルスルッと三塁まで進む。
ピッチャーゴロで、サードランナーのホームインは仕方ないとして、球は吉川のグラブの中にずっとあり、どこへも送球してないのに、ファーストランナーのクルーズがサードまで進塁する、というのは、吉川本人だけでなく、ファイターズの捕手、内野手全員が、ポカン状態になっていたとしか思えない。

7回には、荻野貴司のヒットから、角中のバントの構えのところにデッドボール、清田のヒットで無死満塁となって、デスパイネの当たりはレフト線を抜けてフェンスまで行くかと思われたが、西川の好捕で、犠牲フライでの1点。
角中のデッドボールは、結果的には、指2本骨折、今季絶望ということで、痛すぎるデッドボールだった。

チェンは彼自身のキャリアで間違いなく最高のピッチングだった
chen_20150903.jpg

清田の14号は、他のチームに比べたら低い争いだが、クルーズ16号、デスパイネ15号に迫って来ている。
シーズン本塁打20本以上の選手が一人もいないシーズンを何年も過ごして来ているが、今年こそなんとか。
kiyota_20150903.jpg

ライオンズが負けたので、これで3位浮上。
明日からはそのライオンズを地元マリンに迎える。

先週も正念場だと思っていたが、今週はさらに正念場だろう。

別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
大谷翔平を初攻略!
2015年09月02日(水) 23:52
今季とにかく1点も取れていない大谷翔平なのでも、どうにも部が悪い気がしていたのだが、今日の大谷翔平は、立ち上がりから終始制球に苦しんでいた。

初回の立ち上がり、荻野貴司が粘ってフォアボールを選び、角中の2ランホームランが出た。

一方の石川歩は、4回連続敗戦中で、勝敗も8勝11敗となってしまっていたのだが、今日は良かった。

score_20150902.jpg

6回2死から、陽岱鋼にホームランを打たれたのが初被安打でそれまでノーヒットピッチングだった。
この回2死取った後に陽のホームランから3連打浴びて、もう1点を失う。
このあたりが、石川の課題と前々から指摘されている点が露呈した。

6回の表にクルーズのタイムリーで3点目を取れたのは、追い付かれなかったという点で、非常に大きかったが、失点した次のイニング7回表に荻野貴司の第2号ホームランが出て2点差に出来たのも大きかった。

角中の2ランで流れを掴んだのは確かだが、この2点だけでは逃げきれなかったわけで、最近なかなか取れない、中盤終盤の追加点が取れたのは良い流れ。

メンドーサ-イ・デウン
大谷-石川
吉川-チェン・グァンユウ
では、先発の格が違い、下手すると、前回対戦同様に3タテもあり得るかも、と思えたファイターズ戦だったが、今季1点も取れていなかった大谷を攻略しての勝利は大きい。

そして、当面の競争相手であるライオンズも良いゲームをしていたが、延長の末敗れたので、まだ4位ながらゲーム差ナシまで、詰めることが出来た。

こちらの大谷智久が肉離れで、8回は内竜也が行ったのでだが、制球乱してノーアウト満塁のピンチを背負い、これはまた昨日の再現かと思ったのだが、ファースト高濱の好判断で、3-2-6、最後はタッチプレイという併殺と、チャンスに強い賢介を三振に取って、ヒヤヒヤの無失点。
内がいれば、大谷が抜けても、と思っていたのだが、そうは甘くない。

いきなりの角中の2ランホームランで流れを引き寄せた
kakunaka_20150902.jpg

荻野貴司の今季2本めのホームランは7回の貴重な追加点
oginotakashi_20150902.jpg

石川はストレート、変化球ともにコントロールが良かったが、ノーヒッター行けるんじゃないか、という期待は、まだまだ
ishikawa_20150902.jpg

連敗しない、というのが、大事になってくる終盤戦。
デスパイネが当たって来ると楽になるのだが、最近音無しである。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
役者が違う感じがしてしまうファイターズ戦
2015年09月01日(火) 23:59
前回のマリンでの3連戦も、圧倒された感じの3連敗を喫し、ホークス以上に全然かなわない感のあるファイターズ。

年に一回くらいビジター応援に行きたいので、ふと東京ドーム開催のファイターズ戦に足を運んだ。

score_20150901.jpg

結果的には、伊東監督が
伊東勤監督(53)は「今日は言うことがない。最悪の試合でした」と嘆き節だった。
という試合。
itohkantoku_20150901.jpg

ここまでメンドーサが8勝、イ・デウンが9勝というのが信じられない。
大人とこどもという感じだった。

イ・デウンが4四球、リリーフした松永もストレートのフォアボールを出し、藤岡も2つのフォアボールで7つの与四球ではゲームにならない。
ヒットも打たれたけれども、ボールがバットに当たれば、野手の正面に飛ぶこともあるのだから、最低限、振ってくれるところに投げてもらいたい。

レアードの低打率ながら勝負強い活躍ぶりも非常に堪えた。

明日は大谷翔平ということなのだが、開き直ってぶつかるしかないだろう。
石川も8勝11敗と現在、パ・リーグ投手の敗戦王である。
これ以上負けるわけにはいかない。
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。