日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ジョナサンの件(続き)
2011年04月28日(木) 23:04
最近、マイミクになっていただいた方に説明しておくと、私のブログを(タイトルだけでも)ザッと眺めると、千葉ロッテ・マリーンズが連戦連勝してるかのごとき錯覚をおぼえるかもしれませんが、野球がない日や、マリーンズが負けた日は現実逃避のために、他の話を書く傾向にありますので、野球ネタが出て来ない日は、マリーンズは負けたんだな、と思っていただいてほぼOKです。

そういうわけで、月曜日に書いた、元ミラノ・スカラ座のティンパニスト、ジョナサンの話の続きです。

月曜日に読響を聞きに行って、読響打楽器陣とジョナサンとの会食に同席させていただいたことを書かせていただきました。

奥様が日本人の方で、イタリアには仕事がないので、日本に来たということを書きましたところ、驚くべき世界の狭さに驚愕いたしました。

私のマイミクにして、高校の吹奏楽部の2個上のトランペットの先輩であるちゃんだいさんが、
「ジョナサンの奥さんって僕の妹だよ」
と言うではないですか!

数年前に、ミラノ・スカラ座のティンパニストのジョナサン・スカリーというプレイヤーを知らないか、とメールで問い合わせたじゃん、と言われ、思い出しました。

確かに聞かれました。

しかし、その時はジョナサン・スカリーという名前は知らず、イタリア人じゃない名前ですね、米英人の名前ですね、とか答えたのを思い出しました。

ちょうどその時がちゃんだい先輩の妹さんがジョナサンと結婚することになった時で、どういう奏者なのか、情報がないか、私のところに聞いてきたということだったようです。

さらにその話にマイミクではありませんが、Facebook繋がりの、はしちゃんが、ジョナサンって知ってる、一緒に仕事したことある、と言ってきました。

はしちゃんがまだ打楽器でご飯を食べていた頃、ミラノ・スカラ座の来日公演で、バンダのエキストラに呼ばれ、ピットで叩いてるティンパニがヨーロッパ人にしては珍しく器用な人だなあ、と思っていたところ、アメリカ人なんだよ、と教えられたとのこと。

読響の首席ティンパニストの紹介で、ミラノ・スカラ座のティンパニストとして、カルロス・クライバーやレナード・バーンスタインともやったことがあるジョナサンと会わせていただいたことだけでも僥倖なのに、その人物の奥さんが知人の妹だとは。。。

ジョナサンの奥さんにして,ちゃんだい先輩の妹さんが経営されている創作和食のお店「ちょぼちょぼ」はこちら

一度、行ってみようと思います。

ちょっと話しただけですが、ジョナサンはものすごく引き出しをたくさん持った人だと思います。
スカラ座のオケは、ウィーンフィルと同じく、オペラのオケであると同時にオーケストラコンサートもたくさんやっており、オーケストラ・レパートリーにも豊富な経験を持っているはずです。
アメリカと独墺の双方の著名な歴史的大先生に習っている経歴も異色です。

せっかくだから、トラとかに出てるだけじゃなくて、首席奏者不在でやってる某国営放送響とか、ゾンダーマン先生の時みたいに、契約で出てもらえばいいのに、とか、どっか客員教授で招かないかな、とか思ってしまいます。
せっかく日本に住んでいるのにもったいないです。

オケのプレイヤーというのはあくまで黒子で、名前がなかなか表に出ないので、ネット上にもジョナサンの情報は乏しいですが、イタリアで2009年にあった、マスタークラスのチラシを発見しました。
jonathsan.jpg
スポンサーサイト
別窓 | クラシック音楽 | コメント:3 | トラックバック:0 | ↑top
<<11連休入りました | 日々の雑学 | 唐川、完全に独り立ちか>>
この記事へのコメント
いや~ビックリでしたね。また、妹の店を宣伝していただき、ありがとうございます。
ジョナサンはオーケストラ・アンサンブル金沢でも仕事があり、ここは打楽器奏者不在なので、契約団員という道もあるらしいのですが、東京にいられなくなるので、今のところトラで通っているそうです。個人レッスン大歓迎だってさ。はっちやマキロンも連れてレッスン見てもらったら?
2011年04月29日(金) 00:00 | URL | ちゃんだい #-[ 内容変更]

いいなぁ。そんな方にレッスン見ていただく機会があれば…。しかし私、エーゴが(-_-;)そんなことで諦めたくないぐらい貴重ですけどね。実際に楽器使ってレッスンしていただけるなら、交通費使ってでも行きたいものですね。
2011年04月29日(金) 00:22 | URL | クロネコトルソ #H4H9F5Us[ 内容変更]

これまたすごいことで。世界は狭すぎです。

んでもまあアラン・エーベルとホッホライナーに師事してるのはこれまた珍しいお方で。

レッスン受けてみたくなりました。
2011年04月29日(金) 00:40 | URL | おもてべ #-[ 内容変更]

↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。