日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
今季観戦第3戦
2011年05月18日(水) 23:19
今季は開幕が遅れた上に、4月は平日デーゲームだったので、物理的に行かれる試合がすごく少なかった。

それでも、開幕試合から2試合は会社を休んで、平日デーゲームに行ったのだが。

その後、スイスに行っていたり、大船渡に行っていたり、先週のライオンズ戦は、応援道具は持って行っていたが、3試合とも雨で中止になった。

そういうわけで、早くも交流戦である。

昨年の日本シリーズカード、ドラゴンズ戦から始まる。

今年のドラゴンズはどうしたことか、非常に弱い。
2割台前半のバッターがずらっと並び、どうしたことか、という状態なのである。
昨秋の日本シリーズでのゲーム運びを思えば、今年のドラゴンズなど一蹴して欲しかったのだが、野球はなかなか上手く行かない。

昨日は雨が降りそうだったので、今日行った。

今日はカミさんの誕生日なのだが、野球に行っても良いか?と聞くと、なんで聞くの? というので、だって誕生日だから。と言ったのだが、あ、そうか、忘れてた。
ということで、一応許可されたと解釈して応援道具を持って出勤。

しかし、早く抜けられるかどうかは、仕事の進捗次第だし、突発的なことがあれば、当たり前だが、野球に行きたいので帰らせて下さい、というわけには行かない。

幸いにして、17時過ぎに会社を脱出し、19時前にはマリンフィールドにいただろうか。

バスの中で戦況をチェックすると、2点先制している。
ヨシヨシと思って、スタンドに入るが、直後に同点に追いつかれている。

マリーンズ先発は吉見。
吉見の先発はもうないんじゃないかと思っていたが、これだけ先発陣が逼迫してくると吉見先発もやむを得ない。
2年連続でドラフトでは俊足野手を獲っているわけで、つけが回ってくるのも仕方が無い。もともと上がって来るべき素材が不足しているのである。

score_20110518.jpg

惜敗、という言葉で表現して良いのか、わからないが、ドラゴンズを上回る二桁安打を放ちながら、初回の2点だけ。

拙攻である。

金泰均が手を痛めて、替わって大松指名打者で先発だったのだが、大松の絶不調ぶりは変わらない。

吉見は全てホームランによる失点で、3点取られたけれども、5回を5被安打で投げきったわけで、それほどひどいわけではない。

ドラゴンズ先発のネルソンも確かに良かったけれども、安打数ではつねにリードしているので、いつかは逆転、と思って見ていた。

大松が大ブレーキである。
初回のネルソンの立ち上がりは問題多く、岡田、伊志嶺連続ヒット、井口は倒れ、4番福浦2点タイムリーヒットで、続く今江ヒット、里崎のヒットで2死満塁。
ここで今日スタメン復帰で期待値高まる大松。

しかし、やはりダメだ。
可哀想だが大松、ひど過ぎる。
5安打連ねて満塁のチャンスにキャッチャーファールフライ。

2回以降は、ゼロ。

結局、私は得点シーンは見られなかった。

観戦勝率.000である。

おとうさんが見に行くと負けるから行かない方が良いと、娘に言われたが。

1点差の拙攻ゲームという意味では昨日の敗戦も
score_20110517.jpg

ドラゴンズを上回る13安打打ちながら敗戦。

どうもいやな感じで交流戦に入ってしまった。

運動不足なので、意識的にジャンプをするようにしていたけれど、攻撃時間短かかった。

次は金土で、マリンフィールドにベイスターズを迎えるが、平日早帰りは1日限度で、土曜日は練習も始まるので、ベイスターズ戦は行けない。

ジャイアンツ戦は混むし、次は月末のスワローズ戦か。

スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<金泰均、大松尚逸、登録抹消 | 日々の雑学 | 大船渡へ車を届ける(その3)>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。