日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
会社のカフェで「音楽カフェ」
2011年06月01日(水) 23:15
このブログには仕事のことは書かないようにしているけれども、勤務時間外のイベントなので。

ワールド・カフェという対話の手法がある。
詳しくはググっていただきたい。

そのワールド・カフェ方式の対話会を会社のカフェでやった。

社外の人も大歓迎で、音楽について語り合おう、という対話集会だ。

結局、13人も社外からのゲストが来てくれて、私の部の担当役員も出て、アルコール抜きだったけれど、大いに盛り上がった。
カル○ス・ゴ○ン社長の某自動車メーカーの方や、田町の大きなビルの某大手電機メーカーの方や、野○総研の方や、プ○デ○シャ○生命の方とか、サラリーマンではない方とか、いろいろ来ていただいた。

第1ウンド、第2ラウンドは「あなたにとって思い出の一曲は何ですか?」
そのストーリーを含めて話して下さい。

私は以前、ここに書いたことのある曲を挙げた

ウチの会社の社員ばかりだと音楽をプレイしている人間が多くなり過ぎるのだが、他社の方が適度に混ざってちょうど良い感じになったと思う。

第3ラウンドのテーマ「音楽の魅力は何だと思いますか?」は真剣に考えると難しいテーマで、個人的には語り尽くせてない感が残り、宿題をもらった感じだ。
そもそも「音楽とは何だろう」という話になってしまったわけで、その議論も面白かった。

私もクラシック音楽ではない曲を挙げたけれども、世界的なバグパイプ奏者としてスコットランド、アイルランド、カナダなどを股にかけて活躍していることを知られているYさんもバグパイプと全然関係ない曲の話をしていた。

そういうものかもしれない。

社員OBのYさん(イニシャル一緒だな)もクルト・マズアの指揮のロンドン・フィルと第九を歌ったから、その話をしたのかと思ったら、後で聞いたら、それは敢えて挙げなかったと言っていた。

思い出の一曲と言われるともっと個人的な極めてプライベートにまつわる曲が出るものかもしれない。

もちろん、自分のオリジナルの楽曲を挙げる人もいたけれども、忘れがたい思い出と密着した曲というのは、忘れがたい思い出自体がネガティブな出来事であることが多いために、自慢話的にはなりにくいようだ。

最後に所感を述べる時に、もっとちゃんと練習しなきゃいけないと思った、という趣旨の発言をしていた方が社外の方だけれども、いらっしゃったが、私も同じことを感じていた。

ジャンルの違いとかは、全く問題にならない。
共通・共感するテーマが多い。

ワールド・カフェは「対話」自体が目的で、結論やアウトプットを出すことが目的ではない。
なので、触媒として会話が活性化される「お題」は必要だけれども、別に共通理解や意見集約をする必要はない。
むしろ考え方、感じ方の違いを認識できれば、それはそれですごく大事な成果という対話方式だ。

「音楽カフェ」の第二弾の日程も発表され、「映画カフェ」もやろうと言う声も出ていた。

色々な生活背景を持つ人の話を聞くのは楽しい。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:1 | ↑top
<<NHK爆問学問での「再生可能エネルギー」 | 日々の雑学 | しかし負けるなあ・・・>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
2012年08月02日(木) 19:25

↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。