日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
Y響首席打楽器奏者ISUC先生によるパート練習
2011年06月25日(土) 23:45
今日はS響のパート練習はY響首席打楽器奏者ISUC先生による練習。

今回も秘伝の数々を惜し気もなくご伝授いただいた。

プロコフィエフにおける合わせシンバルと吊りシンバルの叩き分けの考え方。

吊りシンバルのロールのディクレシェンドを効果的にやる方法。

吊りシンバルで、楽に楽器を鳴らしロールをキープできるバチのグリップの方法。

トライアングルのピアニッシモからのロールのクレッシェンドを安心して始められる技。

タンバリンのサムロールでは、親指ではニュアンスがキツすぎる場合の対処法。
なんと中指ロールという技を伝授というか、ご披露いただいた。
これは考え方はわかったが中指ロールはちょっと習得には訓練が必要。

練習後の飲みでも、日本の打楽器界の系譜を俯瞰するものすごいスケールの大きな話を伺えた。
将来の話も。
実名(伏せ字でも)では絶対に口が裂けても書けない貴重なお話の数々を聞けた。

打楽器10人を要する今回の曲では、私は第1シンバルを担当する。
第1シンバル、第2シンバルそれぞれに、サスペンドシンバルと、合わせシンバルが必要である。
201106250041_R.jpg

あ、あと大太鼓でメロディーを奏でる方法とその重要性など。
スポンサーサイト
別窓 | クラシック音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
<<菅野よう子演奏団体Thanks!K第9回オーケストラ練習 | 日々の雑学 | ポポフ、ティシチェンコ、ボリス・チャイコフスキー>>
この記事へのコメント
うらやましいです。シンバル関連の話、私もおこぼれに与りたい・・・。追いコンの時にでもこっそり教えて下さい。
2011年06月26日(日) 01:14 | URL | なおやさ #-[ 内容変更]

私は最後の1行に釘付け...
てか、聞きに行けってことかしら。
2011年06月26日(日) 21:53 | URL | peko #Y5ytZ2ws[ 内容変更]

↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。