日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
3位浮上らしい
2011年07月16日(土) 23:18
何ともだらしない試合だったけれども、バファローズが負けたので、3位浮上らしい。

2年目の大谷と、杉内の投げあいはどう見ても分が無いだろうと思っていたのだが、大谷は予想以上の素晴らしいピッチングで8回1/3を投げ、1失点。
杉内よりも長くマウンドにいた。

score_20110716.jpg

7安打同士だけれど、杉内は8つの四死球を出し、馬原も1つフォアボールを出したから、9個の四死球をもらっており、満塁の好機が4度あった。
その4度の満塁で、押し出しの1点しかとれず、14残塁。

これだけ若いピッチャーがホークスの強力打線相手に頑張っているのに結果を出せなかった。
勝てた試合だったろう。

杉内の状態が良くなかったから、いつか打てるだろうと思ったのかもしれないけれど、4回の福浦、渡辺正人、里崎の3連打で1死満塁になったときには、南竜介にはスクイズを命じても良かったのではないかと思う。
下位打線の3連打で、9番バッターである。
7回の南竜介の3塁打の後も、一死3塁で、岡田に強行させたのは不思議だ。
なぜスクイズをさせなかったのか。

西村監督は試合後のコメントで、
「ピッチャーはよく頑張ってくれた。打つほうがね…。3回・4回は1死満塁、7回は1死3塁、8回・10回も満塁で得点したのは押し出しの1点だけ。勝たないといけないゲーム。こういうゲームをしっかりモノにしていかないと上には行けない」
と言っている。
いやいや、確かに打たなきゃいけないけど、このゲーム展開で、1死で3塁にランナーがいる場面で、スクイズを試みないベンチワークはどうかしている。

順番から言うと明日は俊介なのだが、月曜日も試合があることを考えてか、上野を予告先発に持ってきた。
ホークス戦、勝なしというのは困るので、捨てゲームとは思いたくないが、今季全く打てていない攝津と、初先発の上野。

8回1/3を1失点と好投した大谷。トヨタ自動車を経ているから、早大の後輩の今年の大卒ルーキーより4つ上の入れ替わりで、一緒にプレイしていないけれど、話題の後輩たちに負けずに、着実に実力発揮して欲しい。
ohtani_20110716.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<上野大樹、プロ初先発・初完封勝利 | 日々の雑学 | どうした成瀬!?>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。