FC2ブログ
日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
ついにパウル・クレー展!
2011年08月04日(木) 23:09
これも先週の節電休み中の話だ。

今年のゴールデンウィークにスイスを旅行し、私自身はスイス訪問自体は3度目なのだが、首都ベルンを訪れるのは今回が初めてで、ベルン訪問の目的はもちろん、その街自身の魅力であったわけだが、何割かはパウル・クレー・センターを訪問することもあった。

私はクレーが好きだという話は、パウル・クレー・センターを訪れた当日に書いている

ベルンのパウル・クレー・センターはそれなりに作品もあり、パウル・クレー研究の拠点に来られたという意味では満足したのである。

しかし、帰国して諸々の情報により、パウル・クレー・センターの企画でパウル・クレー展が、私がベルンを訪問したときには京都で開催されていたことがわかった。

クレーの展示については過去にも苦い思い出があって、私のただ一度のニューヨーク訪問時に、当然のように勇んでMoMA(ニューヨーク近代美術館)を訪れた。
色々見たい物はあったのだが、第一目的はクレーとカンディンスキーだったのである。
しかし、MoMAを訪れてみると、見事にクレーとカンディンスキーのコーナーだけが閉鎖されていたのである。
文字通り、orzとなった。

「パウル・クレー展 -終わらないアトリエ-」は京都の後、東京の国立近代美術館にも来るという。

どれほどの作品が日本に来ていて、どれほどの作品をベルンで見て来れたのか、確かめずにはおられない。

人気の展覧会なので、土日ではまともに見られないと思い、有休を取ってでも、という意気込みもあったのだが、節電休暇があることになって、会期の終わり間際で心配だったけれども、先週の木曜日28日に行くことにしたのである。

車で中野の実家に行っていたので、朝9時過ぎに中野実家を出て、平日の朝だったから道は込んでいたけれども、甲州街道から新宿通り、半蔵門から北の丸公園へ。
北の丸公園の駐車場は3時間400円という夢のような値段で、平日朝一だと満車にはなっておらず、すっと停められる。

会期の終わりの週だったから、平日といえども油断ならないな、と心配していたのだが、それほどの人手ではなく、やはり朝一に来たのが正解だったようだ。
会社の後輩の子によると、金曜日の夕方に行ったら死ぬかと思うような混雑だったと言ってたので。

おかげさまでパウル・クレーの作品、堪能させていただいた。
ベルンのパウル・クレー・センターから来ているものが9割方だったと思うけれど、個人蔵のものも多く、日本国内の美術館所蔵のものや、MoMA所蔵のものまで集められていて、来日展がなかっら、ベルンのパウル・クレー・センターで全部が見られたかというと、そんなことはなく、この日本での「パウル・クレー展」は非常に良く出来ていたと思う。

クレーの創作過程を、彼が拠点にしたアトリエごとに区切って辿る構成になっていたのだが、非常に良く出来ていたと思う。

ベルンのパウル・クレー・センターにも少なからぬ重要な作品が残っていたことも確認できたし、日本に来ていた作品も見られたし、個人蔵や怨念のMoMAから集められた作品も見ることが出来た。

201107280003_R.jpg
201107280005_R.jpg

当然のようにミュージアムショップで散財をする。

クリア・ファイルやら、一筆箋
201108040001_R.jpg

iPhoneケース
201108040003_R.jpg

またカミさんに叱られるTシャツ
201108040007_R.jpg

もちろん、作品図録も
201108040008_R.jpg
201108040009_R.jpg

クレーが生まれたベルンを旅してわかったことの一つには例えばベルンの街のこんな風景
20110506_okaasan0085_R.jpg
の煙突と屋根の様々な矩形が作り出すリズム感というものが、クレーの作品の根源になっているのではないだろうか。
というようなことである。

クレー展を見終わって、国立近代美術館の工芸館となっている、旧近衛師団司令部の外観
201107280028_R.jpg
を見る。
映画に良く使われている建物だ。

江戸城本丸も久しぶりに散策した。
天守台
201107280020_R.jpg

天守台から本丸御殿跡を望む
201107280017_R.jpg

この日はこの後、午後「コクリコ坂から」を見て、夜は読響の演奏会に行くという多忙な一日を過ごすのである。
スポンサーサイト



別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<清水真弓・玉木優トロンボーン・リサイタル | 日々の雑学 | Tさん邸で太鼓を直す>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |