日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
今季初のサヨナラ勝ち
2011年08月21日(日) 23:35
サヨナラ勝ちは今季記憶にないな、初めてなのではなかろうか? と思っていたのだが、ホントに初めてだった。

開田高原の写真でも紹介しようかと思っていたのだが、記念すべき今季初サヨナラなので。

小野晋吾は良く投げていたと思う。
西口とのベテラン投げ合いになって、意地の勝負という気迫も感じた。

score_20110821.jpg

初回こそ失点するが、6回までリードを保ち、7回浅村にヒットを打たれ、大崎に送りバントを決められたところで、交代。
伊藤にスイッチする。
この判断は微妙だ。
晋吾は好投していた。
この回に連打されたわけでもない。
投球数もまだ100球に行っていなかった。
しかし、6回までは投げきったわけだから、7回伊藤、8回ロサ、9回薮田という、いつものセオリー通りだとも言える。
伊藤ちゃんの登場で、続投の方が良いのにな、嫌な感じだな、と思ったのは結果論かもしれない。
伊藤はいつもそうだけれど、良い球を投げる。
栗山も力強い球で2球ストライクを先行させ、やはり伊藤は良いピッチャーかも、と一瞬思うのである。
いつも思うのである。
球に力はあると思う。

結果、栗山にタイムリー打たれ同点、中島に2ベース打たれ逆転である。
好投の小野の勝ちを消した。

一方の西口は今季最多投球数を越える続投で、打ちあぐねた。

最終回まで来てしまったけれど、西口より牧田の方が何とかなるかも知れないと感じたのは、結果論ではない。
実際、牧田の救援は失敗するケースも多いし、雰囲気としてそう思ったのである。

今江のフォアボールは際どい見極めだったけれど、良く出てくれた。
牧田は少し動揺したように見えた。
ここで福浦が回ってくるのも何かの巡り会わせだろう。
私は、投手打者の左右にあまり神経質にこだわる戦術に懐疑的だ。
例えば左打者にぶつけるのに、ややマシな右投手と、やや劣る左投手どちらにするか、という場合、個々の選手の実力や好不調よりも、ただ左右の問題を絶対視するような起用には懐疑的なのだ。

良いピッチャーであれば左右関係なく抑えるだろうし、良いバッターなら左右関係なく打つであろうと、普段思ってみている。

しかし、牧田については、これは絶対左バッターの方が打ち易いだろうな、と感じている。
打席で実際に牧田の球を見たこともないし、牧田の左右打者別過去成績を調べたわけでもないが、あくまで何となくの感じなのだが。

俊介と違って、牧田はアンダースローだが、パワーピッチャーである。
俊介のような、はぐらかす投球ではない。
打者から見て左下からの球の来る方向に素直にバットが出る左バッターの方が打てる感じがするのである。

で、福浦 ネ申 打ちましたよ。
1・2塁間突破、ライト前ヒット、今江3塁進塁。

ここで、里崎なわけだけれど、今日はスタメン外れて、前の打席にスタメンマスクの雅彦に変わっての代打で、デフォルトの三振、しかも見逃し三振をしている里崎。
ここは1死だったので、外野フライでも同点、最低それぐらいの期待はしたいのだが、なかなか難しいかも、と思っていた。
バットを折ってのボテボテのショートゴロ。
ゴロGoだった今江はホーム突入し、ナカジの本塁送球の判断も間違ってなかったと思うが、セーフ!
9回裏、土壇場同点。

福浦に代走南竜介が送られたが、私が「南は代走より代打に取っておいた方が良いんじゃないか?このあと下位に回るのに代打に出すバッター他にいないだろう。」と言うと、娘は「根元は? 根元はいないの?」と言っている。
娘は何も根元俊一にそれほどの思い入れがあるわけではないのだが、角中とか、田中雅彦とか、渡辺正人を良く知らず、根元は知っているので、知らない選手が出ているのに、根元が出ていないのか?が不審だっただけである。

今日は角中の先発というのも寂しい打線なのだが、8番角中はデッドボールで満塁。
この場面の角中としては最高の仕事をしたと思う。

9番には今日はショートのスタメンは渡辺正人が入っていたのだけれど、ここで代打根元であった。
繰り返すが、左バッターの方が牧田は捉えられる感じがしたのである。
感じだが。

低めの球に当てたバットだったが、セカンドの頭を越えるヒット。
サヨナラである。

根元、もちろん、今季初のお立ち台である。


伊藤が打たれて自分の勝ちが消えた時もポーカーフェースを崩さなかった晋吾がホントに喜んでいて、こちらも嬉しくなる。

今季初のサヨナラ勝ち。
終盤での得点が全然取れない今季、大きな勝利である。
nemoto_20110821.jpg

まだまだ借金はあるけれど、バファローズがずっと付き合って負けてくれていた上に、今日も負けてくれたので、3位は安泰である。

次は福岡でのホークス戦だが、前回の福岡でのホークス戦は勝ち越しており、その次のバファローズ戦をいかに戦うかも重要だ。
唐川は「すぐ戻って来ます」と言っていたが、戻って来るのか? 伊志嶺の扁桃腺炎はいつまでかかるのか? 二軍で滅多打ちにあっているマーフィーを上にあげるようだが、大丈夫なのか?
ヘイデン・ペンはオールスター明けには戻って来るとか言ってたのにどうなっているのか?
大松尚逸はこのまま今季を終えるつもりなのか?
工藤の応援歌は作らないのか?

など気になることは満載だが、とにかく3位にいるのである。
ガンガン行くしかない。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<奈良井宿の風景 | 日々の雑学 | 開田高原3日目 また木曽馬に乗る>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |