日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
ボリス・チャイコフスキー
2011年09月15日(木) 23:25
久しぶりにクラシック音楽のことでも書こうかと思う。

何せ某チームがむごたらしいことになっていて、触れると傷口が傷むのである。

最近、ハマっているのはボリス・チャイコフスキーである。
ピョートルではない。
Wikiによれば、血縁関係もない。

ボリス・アレクサンドロヴィッチ・チャイコフスキー(1925~1996)

ショスタコーヴィチの弟子である。


Symphony 1Symphony 1
(2007/01/30)
Boris Tchaikovsky、 他

商品詳細を見る


ここにはNaxosのお手軽に入手出来る交響曲第1番をまずあげておくが、他の曲も良く出来ている。

また弦楽オーケストラのためのシンフォニエッタも凝縮された良曲のように思う。

Amazonに在庫がないけれども、HMVでは取り扱っているのだが、弦楽オーケストラのためのシンフォニエッタが収められているこちらのアルバムもお薦めだ。
boris_tchaikovsky.jpg

全般にクラシックのマイナー作曲家はAmazonよりもHMVの方が品揃えが豊富だ。
ボリス・チャイコフスキーの品揃えもHMVの方が圧倒的に多い。

一聴して、もちろん師のショスタコーヴィチに似ているわけだが、旋律の美しさやリリシズムといった点においては、師に迫るところもある。

こむずかしいところはない。
安心して聞ける美しい音楽である。

ちょっと珍しい作曲家の音楽が聞きたくなったら、強くお薦めする。
ボリス・チャイコフスキー。

弦楽オーケストラのためにシンフォニエッタは動画がYoutubeに上がっていたので貼ってみる。

第1楽章


第2楽章


第3楽章


第4楽章

スポンサーサイト
別窓 | クラシック音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<菅野よう子 "White Falcon" ∀ガンダムより | 日々の雑学 | 自力CS進出消滅>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |