日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
いまさらの「少女時代」
2011年10月05日(水) 22:47
最近ハマっているものは何ですか?
と問われたら、恥ずかしながら「少女時代」である。

いまさら、ではあるけれども、娘が嵐から東方神起に完全に鞍替えし、「ジャニーズなんて馬鹿馬鹿しくて聞いていられない」という状況になり、最近、K-POPのチャート番組を良く見ているのである。
なんとなく私も娘に付き合って娘の解説付きで見ている。

彼ら彼女らは本当に凄まじい完成度だ。

曲も王道POPだ。

娘は主に東方神起の曲を友達に聞かせ、ジャニーズ信者からK-POP信者に転ばせることを最近の生業にしているようだ。

SCHINeeとかKARAとかも凄いと思うけれど、とりあえずまずは少女時代である。

韓国エンターテインメントに関してはドラマも含め、色々偏重だとか、世間は騒がしいし、本当に流行っているのかどうか、踊らされてはいないか、は常に疑ってかかった方が良いとは思うけれど、彼ら彼女らのパフォーマンスをまっすぐに見て感じる感銘というのは、別にどこの国の子だとか、整形してるとかしてないとか、お金がどういう風に動いているなどの外野の野次とは無関係に、実際に「感銘」するのであって、そこには嘘もいつわりも入り込む余地はない。

韓国のドラマに関しては、感情表現が大げさ過ぎて、ちょっと引いてしまう部分があり、今一つ入って行けないのだが、音楽に関しては、楽曲の優秀さと歌と踊りのパフォーマンスは舌を巻くしかない。

今のところ、少女時代のユナ推しである。
yuna.jpg

スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<娘12番をもらう | 日々の雑学 | 神山健二監督新作発表イベント生中継>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |