日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
手術の説明
2011年12月13日(火) 23:27
ブログにはなるべくあたりさわりのない話を書こうとしているのだが、今日はKO病院で、母親の明後日の手術の説明を受ける。

まあ、いろいろと不測の事態も可能性としては考えられるので、あらゆるリスクを並べ立てて、文句はないですね?
という了解を家族から取り付けておかないと、何も出来ないというのが医療現場の実情なのだろう。

インフォームド・コンセントということなのだが、執刀医のK先生は、非常に明解にズバズバと説明してくれて痛快な感じさえあった。

ボクより少し年下だろうと思ったが、弟も自分と同じくらいかな?と感じたようで、叔父はあれくらいの若手の方が良い、脂が乗り切っていて、経験も豊富な感じで自信に満ち溢れている、と評価していた。
叔父も自分もいろいろ病院の世話になって来ている人なので、多くの医者を見てきている。
確かに同症例の執刀経験がたくさんある感じだ。

いろいろな可能性も含め、リスクの話をたくさんしているのだが、なんか安心感があった。
変にオブラートに包まず、丸いモノは丸い、四角いモノは四角い、と言い切ってくれる感じが言いのだなあ、と思った。

手術そのものは、まかせるしかない。

手術後もしばらくいろいろ大変そうで、土日は練習もあるのだが、練習前後には病院にも顔を出さないわけには行かない感じになってきた。

大晦日も病院で迎えることがほぼ確実なので、今年の年末年始は実家に帰ることなく、過ごすことになりそうだ。

これから年末に向けて、いろいろとドタバタしそうだ。

今年は栗きんとん作りも一回休みにするか…
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<グライシンガー獲得? | 日々の雑学 | 母の入院>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |