日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
川上憲伸 ドラゴンズ復帰
2012年01月28日(土) 23:37
アトランタ・ブレーブスとの契約が切れて、今季のプレイ先を探していた、川上憲伸が、古巣ドラゴンズに復帰することが決まったようだ。

背番号はドラゴンズ時代に付けていた11。

ドラゴンズはチェンがメジャーに行ったので、川上が渡米前程度活躍してくれてプラマイゼロという形かも知れないが、将来の指導者の道も見据えると古巣復帰というのは、ドラゴンズにとっても川上にとっても良かったのでないだろうか。

しかし、年俸3000万プラス出来高というのは、ずいぶんと足元を見られた感じもある。
ドラゴンズで3000万と言ったら、山井、小笠原くらい、という評価になる。

アトランタでの3年間は、まったく期待に答えられなかったと言って良いと思うけれども、故障もあっただけに、日本に戻ってきてどれくらいのパフォーマンスを見せてくれるのか。

マリーンズが外国人先発を探しているときに、mixiのマリーンズコミュでは、川上の名前もあがっていたし、グライシンガーも3000万で獲っているわけなので、川上の方が期待できる感じもしてしまうのだが、古巣ということなので、これは納得せざるを得ないようである。

余談ながら、福留孝介はメッツが興味を示しているようである。

メジャーでなかなか思ったような成績があがらない選手も多いのだが、戻って来るタイミングというのも、その後のライフプランを考えると重要だ。

きちんと歓迎されて居場所があるうちに戻って来るというのは、賢い選択だろう。

kawakami_20120128.jpg


スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<T-araもApinkも良いかも | 日々の雑学 | ちくま新書「アニメ文化外交」櫻井孝昌著>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |