日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
オープン戦開始!
2012年02月25日(土) 19:48
球春到来、というのは2月1日のキャンプインの時に書いたのだけれど、他チームと対戦するオープン戦の始まりも、やはりワクテカ感がある。

石垣島から沖縄本島へ移動してのドラゴンズ戦で始まった。

先発は前もって発表されていたけれども、ドラフト2位ルーキーの中後。

まだまだ未知数だけれども、オープン戦の初戦の先発に起用ということだけでも、ベンチの期待の大きさがわかる。

スリークォーターから、サイドまで投げ分ける変則左腕は、右バッターの内側に行くクロスファイヤーが武器で、左腕だけれども対右バッターへの対応も期待されている。

紅白戦での登板では、制球に課題を残し、本人もそれをあげていたのだが、4回投げて、3四球、4失点。
フォアボールはいかんなあ。

オープン戦なんだから、ガンガン打たれても、ど真ん中に投げ込めば良いわけだが、こういう練習のチャンスにフォアボールを出してしまうのは、打たれるより悪い。
溜まったランナーをホームランで返されて、失点にも繋がっている。

ドラゴンズはシーズンでも使うつもりか、イーグルスを戦力外になって、しばらくどこも引き取り手がなかった山崎武司を4番に入れてきたのだが、その山崎に2ランホームランを浴びている。

幸い、ホワイトセルが初回に2ランホームランを打ったりして、常にマリーンズがリードする展開だったので、勝つには勝ったけれども。

score_20120225.jpg

フォアボールを出すピッチャーは、リリーフで使いにくい。
中後は変則フォームなので、本来、先発よりも、手薄なセットアップ左腕として期待したい部分もあるわけだが、フォアボールが多いと、ピンチに起用しにくくなってしまう。

しかし、ドラゴンズは実績ある山井の先発だったわけだから、ドラフト2位ルーキーで負けが付かなかった形は、まあ今日のところはこんなもんか。

08、09のドラフト1位左腕、服部、木村の2人が、今日は2人ともノーヒットで抑えたので、このあたりの中から、通年使える左腕が1軍定着して欲しいわけだ。

ホワイトセルは紅白戦でもチャンスに打点をあげ、初の対外試合の今日も最初の打席に2死3塁から2ランホームラン。

whitesell_20120225_02.jpg

昨シーズンは2死から得点出来る形というのがなかなかなかった。
ホワイトセルは2打席目も2ベースを打って、2打数2安打。
ドラゴンズ投手とは、過去2年の対戦実績があるホワイトセルだが、シーズンに入っても、これくらいの活躍をして欲しい。

課題も残り、期待も持てる、オープン戦諸初戦だったが、形はどうあれ、勝つには勝ったことは大きい。
しかも、ドラゴンズの山井、中田賢という実績ある投手を打ち込み、こちらはルーキー中後、まだほとんど実績のない服部、木村という継投で勝てたことも収穫と言える。

初回ホワイトセルのホームラン、2回根元2ベース、3回サブローの3ベースと、ランナー置いて長打という、昨シーズンなかなかなかった形が出ている。
根元も昨年通して出ていたわけではないから、3人とも、ある意味新戦力と言って良い3人の得点打は大きい。

ショートはまだまだこれから色々試すと思うけれど、早速根元が結果を出していて、昨年よりもハイレベルな争いにはなりそうである。

明日はジャイアンツ戦に、ドラフト1位の藤岡先発予定。
こちらも期待したい。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<ワセキン第12回定期演奏会でした | 日々の雑学 | 「赤羽あんこ」>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |