日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
今年もイーグルス戦は苦労しそうだ
2012年03月21日(水) 22:52
昨シーズンの6位、5位対決なので、是が非でもイーグルスには、勝てるチームを作らないと上はないわけなのだが、仙台でなかなか勝てない上に、今季も苦労しそうな気配。

タイガースを戦力外になった下柳は、なかなか引き取り手が現れないまま、イーグルスのキャンプを背番号無しのテスト状態で参加し、やっと91番という番号をもらって登録された。
パリーグにお帰りなさい、ということなのだけれども、この前のオープン戦での中継ぎ登板の時にも抑えられ、今日は先発してきて、6回を投げて、ホワイトセルのソロホームラン1本の1安打だけに抑えられてしまった。

score_20120321.jpg

昨日はグライシンガーの2安打零封の後を受けたリリーフ陣は、中後、益田、伊藤、藪田の無安打パーフェクトリレーで、ホークスに快勝したのだが、今日は先発のヘイデン・ペンは2回に3安打されて失点された以外の4イニングはポンポンと3人で片付け、上々の出来。
ストライク先行するし、大きなカーブが効いていた。

問題はリリーフだろう。
せっかくホワイトセルのホームランで追いついた直後の6回表、松本幸大は今日もダメだった。
いきなり2つの四球を出し、フェルナンデスにタイムリーを浴びる。
毎度毎度の自滅パターンだ。
左のリリーフは、ルーキーの中後に加え、木村が良くなって来ているので、今の松本の状態では、ある程度実績のある古谷の方がはるかにマシだ。
松本幸大を1軍で今の時期これ以上試す意味は少ないように思うのだが。

そして心配なのはカルロス・ロサである。
今日も8回表、同様に今江のタイムリーで追いついた直後、守備の乱れもあったけれど、3安打を浴びて2失点。
きわどいゲームでは怖くて使えないけれど、監督はこのまま昨年同様、藪田の直前のセットアッパーで使うつもりのようだ。

中後、益田のルーキー2人が非常に安定しているので、抑えの形も見直しても良いように思うのだが、どうなのだろうか?

それと、先発候補の現7人から、一人こぼれるわけなので、去年大谷がやっていたようなロングリリーフの役割は晋吾なのかどうか、わからないけれど、その人に期待したい。

勝ちパターンの7回、8回、というのは伊藤、ロサという昨シーズンの形にこだわらず、中後、益田というとことに固定してみても面白いのではないかと思うのだが。

そして、下柳も打てなかったけれど、小山、ラズナーも相変わらず打てない。

ホワイトセルは、今日はホームラン含めて2安打。
サブローも昨日の3ランに、今日も2ベースが出て、少しずつ戻って来ているか。
サブロー本人は、2ベースの前の2つのフォアボールを復調の兆しと感じているようだ。

伊志嶺はこのまま使い続けるつもりのようだけれど、ファールが全然打てないのが気になる。
空を切るか、早打ちで凡打となるかで、粘れる打席が少ない。
本人、監督コーチ、解説者は、揃って結果が出ていないだけで、状態には問題ない、と評価しているのだが、個人的にはファールが打てないのは、気になっている。

ネモのノーヒットは少し気になるけれど、良い当たりは飛んでいるから大丈夫なのか。

昨日ホークス、今日イーグルス、明日ライオンズと、同一リーグ対戦が続くので、実戦モードだけれども、明日は成瀬が予定されているが、開幕投手をかけた意地のピッチングを期待したい。

ヘイデン・ペンは上々の仕上がり
penn_20120321.jpg

ホワイトセルはオープン戦3本目になるホームラン
whitesell_20120321.jpg
まあ、そこそこ働いてくれるのではなかろうか。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<意味不明の継投? | 日々の雑学 | 早稲田大学交響楽団第193回定期演奏会>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。