日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
IU(アイユー) 日本デビューシングル発売
2012年03月23日(金) 21:44
やっと、日本デビューシングル発売なのかという気がするが、IU(アイユー)の「Good Day」が3月21日に発売されたので購入した。


JAPAN DEBUT SINGLE 『Good Day』(初回生産限定盤)(Type A)(DVD付)JAPAN DEBUT SINGLE 『Good Day』(初回生産限定盤)(Type A)(DVD付)
(2012/03/21)
IU

商品詳細を見る


iu_20120323.jpg

日本語版のPVもシオフィシャルのものがYoutubeにアップされている。


IUは今年18歳の高校生だけれども、デビューは2008年、中学3年生15歳のときなので、既に3年以上のキャリアがあって、日本デビューはやっと来たか、という感じもする。

韓国の楽曲の発売方法は、一般的にミニアルバムを先行させ、後からその中の代表曲をシングルリリースし、さらにフルアルバム、という流れなので、シングル楽曲の発売がデビューという形にはならないことが多い。

IUの場合は2008年のデビューのあと、チャート上位に入って来たのは、2010年5月に男性ユニット2AMのスロンとのデュエットでの『小言』がチャート1位を獲得し、さらの同年の12月には『良い日(Good Day)』でソロ曲として5週連続チャート1位。この『Good Day』は2011年韓国年間総合チャートで1位となった。

韓国版のアルバムは既にたくさん出ていて、代表的なヒット曲も「マシュマロ」や「Good Day」、さらに「Good Day」よりも最近の「君と私(You & I)」がヒットしているので、一昨年の曲である「Good Day」をいま日本語で聞くと、デビューシングルと言われても、不思議な印象も受ける。
しかしやはりIUの出世曲であり、ラストの「3段ブースト」と呼ばれた高音域は、彼女の代名詞にもなったもので、「Good Day」を飛ばして、今ヒットしているからと言って「You & I」でデビューというわけには行かなかったと思う。

韓国版も一応

「Good Day」のPVは、映像はこのバージョンの他にも、色々なバージョンが作成されている。

高校生と書いたけれども、韓国の学校は3月始まり2月終わりなので、IUことイ・ジウン(李知恩)は、既に2月に高校を卒業している。
いくつかの大学から特例入学のオファーがあったそうだが、IUの事務所によれば、
「IUが今年は大学に入学しないことを決めた。大学に進学したとしても、アルバム活動などでまともに授業に出席できないだろうと判断したためだ」
とのことだ。
「今年は」と断っているのは、日本デビューとか韓国での多忙さとか、まさに重要な時期で、いずれ落ち着いて来たら、考えなくもない、という含みもあるのだろう。
K-Popアイドルたちは、大学に籍を置きながら、休学して活動している子も多い。

デビュー前にオーチャードホールで行われた先行イベント、いわゆるショーケース模様が付属DVDに収められているが、歌の上手さはホントに脱帽である。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:1 | ↑top
<<S響打楽器パート練習 by ISUC先生 | 日々の雑学 | 意味不明の継投?>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
JAPAN DEBUT SINGLE『Good Day』(初回生産限定盤)(Ty...
2012年03月25日(日) 08:50 あれ欲しい

↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。