日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
終盤の逆転で、中後初勝利&2位浮上
2012年04月22日(日) 22:15
昨日の唐川に続いて、今日の藤岡も調子が良くなかった。
ボールが先行し、球数が多い。
思うところにコントロール出来ていない印象。

5回の2点は福浦のエラーによるものなので、最低限ゲームを作った形なのだが、与四死球5というのは、いかにもリズムが悪かった。
ポンポン投げるのは本来藤岡のスタイルでもあるのだが、西口が元々速いテンポでポンポン投げるタイプなので、西口のテンポと比べて、藤岡のモタモタ感が気になった。

しかし終盤での逆転劇などというものは、一昨年はホントにたくさんあったのだが、昨年はさっぱり見かけなかった。
こういうことが起こり得るというだけでも、昨年とは違うチームになっているのか?

score_20120422.jpg

先制されて、5回に追いついたのは、下位打線、8番マッチ、9番岡田、トップに帰っての角中の3連打に、根元が2点タイムリー2ベース。
さらに井口の犠牲フライっで。同点

しかし、既に100球超えなから、7回のマウンドに上がった藤岡が栗山にヒット、ナカジにフォアボールを出してしまい、前2打席三振だった、中村が意地のタイムリーヒット。
ここで、藤岡交代。
大谷が後をしめた。

8回表からは中後。

そして、8回裏、ライオンズはMICHAELを出して来るのだが、井口2ベース、サブロータイムリーヒットで同点。
さらに、福浦にデッドボール。
ここで、岡本篤に交代するが、今江にもヒット、そして、清田が特大の2点タイムリースリーベース。

この回の猛攻で、先発全員安打の11安打。

9回表は昨日同様、藪田が満塁のピンチを自作するが、なんとかゲームセット。

8回表を投げたルーキーの中後にプロ入り初勝利が付いた。

ライオンズ戦の負け越しは痛いなあ、と思っていたのだが、8回に大逆転。
連打で逆転出来ると強い。

ホークスが負けて、2位浮上。
ファイターズは全然負けてくれない。
火曜日から東京ドームで直接対決だ。
まだまだ始まったばかりだけれど、マリンで3連敗したファイターズ戦は、順位の問題はさておき、勢いをつける意味では重要だ。

苦るしいピッチングだった藤岡
fujioka_20120422.jpg

同期の中後に初勝利が付く
nakaushiro_20120422_1.jpg
nakaushiro_20120422_2.jpg

8回逆転決勝の3ベースを打った清田
kiyota_20120422.jpg

角中も今日も2安打で先発起用の結果を出している
kakunaka_20120422.jpg

今日も2軍で復帰のニュース。
内竜也が手術後、初めての登板をして、MAX148キロを出し、一回を三者凡退に抑えるピッチングだったそうだ。
これに内竜也が加わると、ブルペンの厚みはスゴいことになってくる。

ダルビッシュが抜けたファイターズは、吉川が非常に良く、打線も好調で難敵だ。

しかし、ここまで戦って来た印象としては、今年は良い所まで行けるんじゃなかろうか、という感触だ。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:1 | ↑top
<<野生トキの孵化 | 日々の雑学 | 青息吐息のライオンズ戦勝利>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
昨日の唐川に続いて、今日の藤岡も調子が良くなかった。ボールが先行し、球数が多い。思うところにコンていない印象。6回の2点は福浦のエラーによるものなので、最低限ゲームを作った形なのだが、与四死球5というのは、ズムが悪かった。しかし終盤での逆転劇などというも?...
2012年04月22日(日) 22:25 まとめwoネタ速suru

↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。