日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
成瀬は調子が良くなかったけれども、首位!
2012年05月11日(金) 23:59
今季の成瀬は、良いピッチングをしながら、勝ち星に恵まれないというゲームが多かった。

しかし今日はあまり調子が良くなかった。
序盤に味方が4点取って、ホークス先発千賀を1回0/3でノックアウトする展開だったにも関わらず、成瀬は結構球数も要し、内川にホームランを打たれたり3失点して、あまりピリッとしなかった。

ホークスは順番通りなら攝津が来るローテなのだが、千賀を上げて来ていきなり先発させてきた。
カード頭は取りたいから、良いピッチャーで回して行くのが常道なのだが、攝津は明日にずらして来た。
このカードが終わると、交流戦に入るから、3連戦の継続ではなくなるので、ローテを崩しても良いと言えば良いのだが、リーグ勝ち星トップ同士の唐川と攝津をぶつけたい、という意図か。

score

しかしその千賀は、ストライクが全然入らず、3被安打4四球にエラーも絡んで、1回0/3で炎上降板。
千賀は1回0/3で53球も投げているのだから苦しい。
これなら横綱相撲で圧勝するのか、という出だしだったのだが。

チーム打率もファイターズに迫って来ているので、打てる試合では固め打ちして、数字を稼いで欲しかったのだが、2回から急遽登板した吉川をなかなかつかまえられないまま、2回の後続と6回まで、5イニング無失点の抑えられ、ゲームが進んでしまう。
先発をノックアウトしても、リリーフを追撃できない試合が多いのが気になる。

結局、成瀬は6回までで降板、7回中後、8回益田、9回藪田といつもの継投。
益田が1失点してしまうが、このところ終盤に追加点が取れることが多い。

吉川を全然打てなかった打線も、ホークスが嘉弥真、甲藤、と交代させて来てくれたおかげで、7回に貴重な追加点。

千賀のフォアボールとエラーに後押ししてもらった感じもあるのだが、ホークスの9安打を下回る8安打ながら6得点。

中後、益田、藪田も今日はパーフェクト・リリーフではなかったけれども、なんとか逃げ切った。

今江は初回に犠牲フライを打ち、7回には貴重な追加点のタイムリーで2打点。
今日も角中はタイムリーヒットが出た。もはや外野の定位置は確保したのではなかろうか。

これまで成瀬の影で、ラッキーな勝ち星を重ねて来た唐川だけれども、攝津相手にリーグ単独トップの6勝目を目指す。

もう少し打線に活気が欲しいところだ。

今日2打点の活躍の今江
imae_20120511.jpg

角中は今日も7回にタイムリーヒット
kakunaka_20120511.jpg

2回は根元のタイムリーヒット。いい所で打ってくれてる印象はあったけれど、得点圏打率は.346でリーグ5位らしい。
nemoto_20120511.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<ただごとではない、サヨナラ勝ち | 日々の雑学 | 「Facebook 世界を征するソーシャルプラットフォーム」を読了>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。