日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
ガチャガチャの魅惑 Super Junior他
2012年05月14日(月) 22:49
ガチャガチャはどうしてもやってしまう。

といっても、今話題のソーシャルゲームのコンプガチャの話ではなく、昔からあるリアル・ガチャガチャの話。
実際にモノが出てくるヤツ。

昨日は娘がK-Popアイドルグループ、Super Juniorのライブを見に東京ドームまで行った。
物販があるので、17:00開演のライブに、5:30起きで出て行った。
カミさん同伴。
それでも途中売り切れのアイテムもあり、良いタイミングで行けたようだ。

Super Juniorって何者?という方にはググっていただくとして、今回のSuper Show 4というツアーは、ワールドツアーで、昨年のソウルを皮切りに大阪、台北、シンガポール、マカオ、バンコク、パリ、上海、ジャカルタ、東京というツアーの千秋楽だったのだが、さらにこの後、ソウルで2日間アンコール公演が追加されらようだ。

supershow4_1.jpg

supershow4_2.jpg
Yahoo Koreaの写真から

まあ、とにかく、日本で京セラドーム2日間、東京ドーム2日間、20万人動員し、東南アジア、パリでもライブが出来るアーティストは日本人でいるだろうか?
彼らは毎年のようにこの規模のツアーをルーティンでこなしており、Super Juniorだけが特別なわけではなく、日本で少しでも名が知られているK-Popアイドルグループ、ソロ歌手なら、男女問わず、皆こういう感じだ。
SMAPの上海公演が話題になるようでは、スケールが違い過ぎるのである。

K-Popの興隆を苦々しく思っている人もおおぜいいるようだが、別に日本人だけがK-Popに熱狂しているわけではなく、タイや中国、そしてヨーロッパでの支持は絶大だ。
アメリカはなかなか難しいお国柄のようなのだが、アメリカで活動をしていないわけではないが、ヨーロッパとはだいぶ温度差がある。

K-Popアイドルの子たちは一生懸命日本語を勉強しているように見えるかもしれないが、実際には中国語の方に力を割いていて、日本語は片手間だ。
マーケットとしては中国の方が当然はるかに重要だからだなのだが。

中国語版の曲はグループによってはリリースしている子たちもいるけれど、タイやシンガポール、ヨーロッパのファンは、自国語で彼らが歌ってくれることなど、全く思いもよらず、ハングルの歌詞を丸暗記して熱唱するのが当然であるのに比べ、日本では日本語版の楽曲発売がないと、存在していないかのように扱われ、非常に贅沢な環境にあるのだ。
日本でのライブも当然ながら、日本語詞がある曲は日本語で歌ってくれるわけだ。

前置きが長くなったが、そんなSuper Juniorのライブの物販でも、娘が前々から非常に気にしていたのが、ガチャガチャの戦果だ。

Super Juniorは兵役の出入りがあったりして、人数は一定していないが、今回のツアーメンバーが9人いる。
チェーンフォルダーがガチャガチャになって販売されたという、京セラドームでの事前情報があったわけだが、メンバーごとや、全員の写真のものものなど、いろいろガチャガチャには入っている。

娘の贔屓のメンバーがいるわけで、いかにダブりと、それほど好きではないメンバーのモノを引かずに欲しいものだけを集めるかを気にしていたわけだ。
娘はめでたいことに、比較的効率良く、欲しいものが手に入ったようだ。

中央下くらいにある小さなのがガチャガチャの中身
201205140002_R.jpg

中には希望のメンバーのモノがなかなか手に入らず、誰のと誰のを交換して下さい、というパネルを掲げている子もおおぜいいたらしい。

そして、時を同じくして、昨日、私も同じ野球場前ながらも、QVCマリンフィールド前でガチャガチャをやっていた。

選手ごとの名前の入ったブレスレットがガチャガチャになっている
201205140011_R.jpg

私は今まで3回やって、サブロー、大松、今江と引いた。
昨日は今江が出たのである。

また、来場記念ピンバッチも、来場出来なかった人のために、ガチャガチャに投入される。
201205140015_R.jpg

ピンバッチは、今季は私は比較的効率良く集めていて、#18藤岡がダブっただけである。
昨日は#31俊介をゲットすることが出来た。

まあ、物好きな人しかやってないだろうな、とは思う。
昨日は私は内野自由席2階の立って応援して良いエリアのいつものポジションあたりに陣取り、その日ゲットした今江のブレスレットを3番バッターに起用されたことだし、験を担ぐか、と思って手に嵌めていた。

そうしたら、隣席の若い女の子2人連れから、
「すみません。変なこと聞いて申し訳ないのですが、その今江のブレスレットは、何回くらいチャレンジして出ましたか?」
と聞かれた。

3回しかやっておらず、サブロー、大松、そして今日今江が出たんだ、と告げると、「スゴイ!」と感嘆される。
このブレスレットは必ずしも主力選手ばかりでなく、24種類もあって、ホワイトセルのものや、早くも今年のルーキー中後や益田のものも既に入っている。
なかなか贔屓の選手のものが都合よく手に入らず、ガチャガチャを繰り返している人もいるのだろう。
2人連れの女の子のうちの1人は今江押しの子で、今江のブレスレットが欲しくて仕方ないのだが、なかなか出ずに、ヘイデン・ぺンが出たりとかしたという。

隣席の女の子2人とは、仲良く応援しつつ、目出度く勝利し、ホークス戦3連勝、ファイターズ戦最終戦から4連勝で交流戦前をしめた。

上の写真に今江のブレスレットが写っていないのは、勝利の瞬間に、その今江押しの子にプレゼントして来てしまったからである。

彼女は涙を流さんばかりに喜んでいたので、良かったのではなかろか、と思う。
もちろん、相手がおじさんであったら、プレゼントするなどとは考えもしないのは、言うまでもないことである。
きれいな女の子だったのである。

欲しいものがなかなか出ない、ガチャガチャの醍醐味。
ダブりというリスクを犯してまで、どうしてガチャガチャをしてしまうのか。

世にガチャガチャの種は尽きまじ、という話であった。

次は何が出るか。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<良い時代小説が読みたい! | 日々の雑学 | 今日も角中!ホークス戦3連勝で交流戦へ>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |