日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
「青春不敗」のこと
2012年05月22日(火) 23:32
「青春不敗」とは、韓国KBSが製作放送していたバラエティ番組のことだ。

第1シーズンは既に終わっていて、再放送が何度かされている。

娘が見ていたのだが、私もハマってしまって、結局最後まで見て、新シリーズである「青春不敗2」も色々不満はありながらも今のところ見てしまっている。

「青春不敗」は2009年10月から放送が始まり、2010年12月24日まで、1年以上にわたって放送された。

初期メンバーは、

ナルシャ(ブラウンアイドガールズ)
サニー(少女時代)
ユリ(少女時代)
ヒョミン(T-ara)
ソナ(Secret)
ハラ(KARA)
ヒョナ(4minute)
の7人と

MCとして、
アイドル村の村長とて、韓国重鎮俳優のノ・ジュヒョン
ナム・ヒソク(第10回まで)
キム・テウ
キム・シニョン

売れっ子で忙しいアイドルを、田舎の山村に、ほぼ1日のロケに拘束して、農村で農作業をさせるのが骨子の番組だ。

少女時代のサニーやユリにしても、KARAのク・ハラにしても、歌を歌っている以外の姿というのは、この番組を見るまで、知らなかったし、ましてや、T-araやSecret、4minuteなどは、歌とは逆にこっちの番組で、彼女らを見た。

そして、私がK-Popアイドルグループに惹かれるようになったのも、この番組での韓国のアイドルスターたちのバラエティ適性の高さに驚かされたから、という部分も大きい。

日本の歌手や、アイドルというのは、芸人にいじられて、恥ずかしがっていれば、それはそれで番組内での、役割を果たせている部分もあるし、製作側自体が、最初からそういう期待値なのだろうけれど、韓国のアイドルスターたちは、バラエティに関しても、非常に良いい意味で貪欲だ。

芸人から振られなくても、自分からどんどんギャグを振っていくし、自虐ギャグも含め、体当たりで行くところが見ていて爽快だ。

中でも、サニーのバラエティ特性はずば抜けているし、ハラもおとなしい子なのかと思っていたのだが、この番組でのはじけ方はすごい。

芸人MCが触媒にならない場面でも、彼女たち自身のやり取りで、どんどん笑いを取っていく。

ピンチヒッターで来る子たちも非常に面白い。
ユリが休んだ回にスヨンがゲストで来る回があるが、スヨンのバラエティ順応度には、驚かされた。

32回目で、少女時代のサニーとユリ、一番年下だった、4minutesのヒョナが海外での活動が忙しくなって「卒業」し、33回からは、AFTERSCHOOLのジュヨン、f(x)のビクトリア、無名だったソロ歌手のSORIが加入する。

サニーがいなくなった打撃がなかなか埋められなかったし、最年少だったヒョナも非常に面白いキャラだったのだが、新メンバーの3人は、番組内で位置が定まるのに非常に時間がかかった。

それと、番組スタート時から農作業を経験してきた5人と、新たに加わった3人との差がなかなか埋まらない感じもあった。
少女時代という看板を掲げた2人の降板の後を埋めるには、荷が重すぎたとも言えるかもしれない。
初期メンバーの良い雰囲気は最後まで戻らなかった、と言っても良いかもしれない。

それでも、1年以上に渡って、日本の北海道・美瑛でのロケ2回も含め、続いたということは、この番組の根強い支持があったからだろう。
それは、韓国の一般視聴者だけではなく、韓国の芸能界内部にもこの番組のファンが多く、日本やタイなど、海外でも非常に強い支持があったからと言える。

この番組に限らず、韓国のバラエティ番組や、インタビューの類は、日本ではちょっと考えられないくらい、ガチである。
ウィークポイントをどんどん笑いのタネにしていくし、インタビューでも、触れられたくない失敗作や、黒歴史的な部分についても、どんどん切り込んで行くし、答える側も、それを当たり前のこととして、真摯に答えている。
日本のような「お約束」としての「自主規制」がほとんどない。
整形ネタさえ、タブーではない。

そういう意味では見ていて爽快なのである。

seishunfuhai_1.jpg

Youtubeに上がっているものは、徐々にKBSからの指摘で削除されているけれど、まだ断片的には残っているので雰囲気はわかると思う




そして、「青春不敗2」が2011年から、場所を漁村に変えて、スタートする。
第1シーズンの時ほどの新鮮さは望むべくもないのだが、この忙しい時期に少女時代のサニーを再度確保したのは、KBSの並々ならぬ意気込みは感じる。

サニー(少女時代)
ヒョヨン(少女時代)
ジヨン(KARA)
スジ(Miss A)
ボラ(SISTAR)
アンバー(f(x))
ウリ(RAINBOW)
イェウォン(Jewelry)

という8人に
イ・スグン、チ・ヒョヌ、 ブームという男性3人MCの体制で放送が始まった。

先日の第18話で、MCの交代と、アンバー、ウリの「卒業」が発表され、次週予告では、第1シーズンの名MCだったキム・シニョンの復帰があるようだが、アイドルメンバーの2人は補充せず、6人体制でやっていくようだ。
「青春不敗2」はまだ、現地韓国でも放送中の番組なので、今後の方向性や、着地点がどうなるのか、手探りの感はある。


スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:1 | ↑top
<<われらパシフィカン、世界のロッテ! 倒せ セ・リーグ、無敵のロッテ! | 日々の雑学 | 金環日蝕でしたね>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
「青春不敗」とは、韓国KBSが製作放送していたバラエティ番組のことだ。第1シーズンは既に終わっていて、再放送が何度かされている。娘が見ていたのだが、私もハマってしまって、結局最後まで見て、新シリーズである「青春不敗2」も色々不満はありながらも今のところ...
2012年05月23日(水) 03:53 まとめwoネタ速neo

↑top | under↓
| 日々の雑学 |