日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
交流戦明け、3連敗 負けた負けた
2012年06月26日(火) 23:31
イーグルス戦2敗1分で、千葉に戻ってきての、ライオンズ戦。

やー、負けましたなあ。

score_20120626.jpg

岸に手も足も出ず。
岸に対しては、2回に大松の岸の足に当たるピッチャー強襲ヒットがあっただけで、それ以外ノーヒットで7回まで投げられてしまったから、これはもう、準ノーヒットノーランみたいなもだった。
結局、ちゃんとしたヒットは1本も打てず。

イーグルス戦では、勝てなかったもののヒットの本数自体は結構出ていたのだが。

しかし9回に涌井が出てきてくれれば、急にヒット5本打てて、3点返せる。
セーブシチュエーションで涌井なら、捕まえられるということか。
投手が変れば打てるし、点取れるということは、やはり、岸が良かったというなのかことのか。

9回は、根元、サブロー、代打福浦、大松、里崎と、5本ヒットが出て、都合6安打。

今日からしばらく、千葉フランチャイズ20周年記念ということで、CHIBAユニフォームで戦うので、心機一転、仙台の流れを切れるかと思ったのだが。

201206260022_R.jpg

成瀬は初回だけで、39球を要しボカスカ打たれたが、2回~8回までの7イニングは打者3人で全て攻撃終了させていたのだ。
7奪三振と、三振も多かったけれど、立ち上がりが酷かった。
実にもったいない。
naruse_20120626.jpg
20120626_2_0002_v.jpg

9回の中郷の失点は、結果論としては痛いけれど、もっと僅差だったら中郷には繋いでいないと思うので。
成瀬は8回までで124球投げてたけれど、どんどんペースが良くなっていってたので、9回も行かせても良かったんだよな。

CHIBAユニ、ちょっと苦い出だしになった。
早く交流戦明け初勝利が欲しい。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<Blitz Brass 第10回定期演奏会 | 日々の雑学 | f(x) 2nd mini Album 来た>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |