日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
角中首位打者!
2012年07月01日(日) 21:40
リーグ戦に戻ってから、イーグルス戦●●▲、ライオンズ戦●○○、バファローズ戦▲●と来ていて、今日負けると2カード勝ち無しになってしまうところだったが、苦肉の6枚目先発、吉見祐治が粘ってくれた。

score_20120701.jpg

前回も吉見は5回まで1失点ピッチングだったのだが、結構好投してたものだから、そのまま投げさせたら、6回につかまった。

このブログでは、早めの継投は裏目に出ると、指摘することが多いのだが、今日は6回から継投に入ったマリーンズが吉と出て、先発小松を6回まで引っ張ったバファローズに凶と出た。

今日も吉見は5回表のピッチング内容が良かったので、引っ張りたくなるところを、敢えて荻野忠寛に替えた。

6回:荻野忠寛
7回:薮田
8回:益田
9回:内

で、無失点リレーで初完成。

チームとしてセーブが付いたのは、6月6日のベイスターズ戦以来とのことで、それ以降は、先発完投か、大差で勝つか、リリーフが失敗していたか、のどれかということだったわけだ。

継投が成功したのは、久しぶりだが、荻野忠寛が1枚加わったことは大きい。

打線は4回にサブローのソロホームランが出る。
その裏追いつかれるが、6回に岡田のヒット、根元送りバント、井口のピッチャー強襲ヒット、サブローのフォアボールで、1死満塁。
ここで、角中を迎えて、バファローズは小松を諦めて、左の吉野にスイッチするが、角中はその吉野の初球を、勝ち越しのタイムリーヒット。
吉野は1球で交代。
角中は今季は左ピッチャーも良く打てている。
まだ1死満塁が続き、今江だったのだが、サード併殺でチェンジ。
1死だったから、今江にはせめて自分がアウトになっても3塁ランナーが返れるバッティングをして欲しかった。

一点差で継投に入るのは、正直このところの試合を考えると厳しいのだが、バファローズも今季は苦しいことに、、平野、岸田が例年のように絶対ではない。
負け展開にも関わらず、8回平野、9回岸田で来たのだが、8回平野をとらえて、サブローセンター前ヒット、角中、右中間ワンバウンドでフェンスに当たる2ベース、今江のセカンドゴロの間にサブロー生還、福浦のタイムリーヒットで4点目と、終盤で貴重な追加点を取れた。

角中は今日いずれも得点に絡む2安打で打率を少し上げ、ついにパ・リーグ首位打者に。
kakunaka_20120701.jpg

サブローの先制ホームランも効いたけれど、みんなソロホームランが多いんだよなあ。
saburo_20120701.jpg

吉見は巧みなピッチングだった
yoshimi

8回タイムリーを打った福浦を迎える吉見、今季初勝利
fukuura_20120701.jpg

吉見が加わっても、藤岡をしばらく様子見るとなると、もう一人必要になる。
今日、大谷をリリーフで使わなかったのは、大谷先発への布石なのか?
上野が早く復調してきて欲しい。
晋吾とペンはどうしているのか?
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:1 | ↑top
<<IUの新曲「Every End of the Day」 | 日々の雑学 | 注目の大型新人 Ailee(エイリー)>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
2012年07月22日(日) 14:28

↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。