日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
大逆転勝利! これはデカい
2012年07月07日(土) 23:17
昨日のグライシンガー、今日の俊介とまさかの先発が2回KO。

今年の俊介は負けたゲームでも最低限、試合は作る形には出来ていたのだが、2回に5本のヒットを浴びて、3回もT-岡田にヒット、北川にフォアボールを与えたところで、中郷に交代。
2回0/3で降板となった。

2日連続で、先発が2回で大量失点する展開は今季はあまりなかっただけに、心が折れそうになる。

score_20120707.jpg

それでも2回裏には、サブローの2ベース、大松のタイムリーで1点返し、3回には井口のタイムリーヒットでさらに1点返す。

俊介の後を受けた中郷は3・4・5回3イニングを投げ、3回には俊介の残したランナーにショートゴロの間に帰られて失点はしたが、3イニングをノーヒットに抑える。
さらにその後を受けた大谷が6回・7回をパーフェクト・ピッチング。
この2人が5イニングをノーヒットに抑えたことで、一時は4-0となった試合の流れを引き戻した。

6回裏には先頭井口のヒット、サブローのフォアボールから、角中のファーストゴロが進塁打となり、1死2・3塁。
今江のセカンドゴロの間に井口が生還して5-3。
大松は今日2本目のタイムリーとなるセカンド内野安打を打ち、5-4と1点差。

バファローズは7回のマウンドにも先発フィガロを上げようとするが、9番清田の打順で、代打福浦が告げられたことを受けて左の吉野に交代。
セオリーとしてはセオリーだが、吉野に替わってくれたことで、個人的には雰囲気として、ここは絶対福浦がヒットを打つ感じしかしなかった。
福浦、みごとにレフト前ヒット。代走荻野貴司。
1番岡田は送りバントを決め、荻野貴司は2塁進塁。

ここで根元である。
バファローズは福浦、岡田、根元と左バッターが3人続くから左の吉野を投入してきたのだと思うが、申し訳ないが、福浦も根元も角中も今季は左ピッチャーを良く打つのである。
この場面も、井口に回す前に、根元は絶対自力で、荻野貴司をホームインさせる雰囲気しか感じなかった。
しかし、まさかホームランとは。。。!!!
根元の逆転2ランホームランが見事にライトスタンドに突き刺さった。

左バッターに打たれ尽くし、次は井口だったので、左腕吉野から香月にスイッチ。
香月は井口にデッドボールを当ててしまうのだが、珍しく温厚な井口が、香月に向かって怒声を発していた。
香月のボール自体はそんなに危険な球には見受けられなかったのだが、この試合を絶対ものにする、という井口の強い気持ちが、思わずデッドボールに対する怒声となったものか。

これでマリーンズのリードとなり、8回には益田。
ここのところ、数試合内容が心配だった益田だが、今日は3者凡退に切って取った。
これで少し益田も自信を取り戻し、気持ちが落ち着いてくれるといいのだが。

そして8回裏、先頭はここまでヒットがなかった首位打者角中。
そろそろ絶対打つ頃だ、という気しかしなかったが、センター前ヒットで、打率.330台をキープ、8試合連続ヒット。
何とか首位打者角中を、オールスターの残り一枠に入れたいので、こちらの「Plus One Dream」投票で、パ・リーグ首位打者の角中勝也に清き一票を投じていただきたい。

えーと、その後、今江が送りバントを決めて、里崎は敬遠気味のフォアボール。
9番には前の回に代打福浦の代走に出た荻野貴司である。
1軍復帰後、なかなか良い活躍が出来ていなかった荻野貴司だったが、ここは、そろそろ荻野貴司が爆発するタイミングだろう、という気しかしなかった。
見事にレフトの頭上をはるかに越える2点タイムリー2ベースで、5-8とした。

9回は内竜也。内もクローザー転向後、走者を許す場面が多く、今日も後藤にヒットを打たれたが、後続を断って試合終了。

西村監督も記者インタビューで、中郷、大谷の2人が大きかったと振り返っていたようだが、中郷に替わってから、9回に内が1本ヒットを打たれただけで、中郷、大谷、益田はノーヒットに抑えたのである。

3回裏にタイムリーヒットを打った時の井口のコメントが「こういうゲームこそ、ものにして行かなければならない」という強い言葉だった。
その言葉通り、投打ともにチーム一丸となって、粘って大逆転した試合だった。

逆転した7回に投げていた、大谷に今季初勝利が付いた
ohtani_20120707.jpg

大松に2本のタイムリー、大松復活は本物か
ohma

代打福浦はヒットを打つ感じしかしなかった。
fukuura_20120707.jpg

そしてその福浦の代走荻野貴司を塁上に置いて、このところ当たっている根元、逆転の2ラン
nemoto_20120707.jpg

8回には、そろそろ打つ感じしかしなかった荻野貴司の特大2点タイムリー2ベース
oginotakashi_20120707.jpg
今季初めての活躍らしい活躍だったのではなかろうか。

ヒーローインタビューには、勝利投手となった大谷、8回タイムリーの荻野貴司、7回逆転2ランの根元
七夕の短冊に「願い事」を
nemoto_20120707_2.jpg
マリーンズの選手たちの中での極端にソックスを出すオールドスタイル・ソックスの3人の揃い踏みであった。

先週の京セラドームでも、あまり良い結果が残せなかったバファローズ戦、2試合連続先発KOは大誤算だが、そういうゲームも、井口の言うように、ものにして行かなければならないのである。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<根元俊一、誕生日おめでとう | 日々の雑学 | イオンモール幕張新都心>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |