日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
今季両リーグ通じてはじめての延長12回だそうだが
2012年07月11日(水) 23:59
score_20120711.jpg

投手戦だったのか?

今季初先発の晋吾は、ファイターズの主軸や当たっている鶴岡からも三振を取り、クリーンナップをノーヒットに抑えての零封だったから、ナイスピッチングだったと言えるだろう。

多田野は確かに良かったけれども、3ボールになる場面も多く、中盤以降は思ったところにコントロール出来ていない印象もあり、打ち切れなかったマリーンズ打線の方に、やや責任が重い感じもある。
マリーンズ打線はきちんと捉えた良い当たりもあるのだが、野手の正面ばかりに行ってしまう。
ファイターズ戦に苦戦している所以ということなのか。

4回、6回、10回、11回は、是が非でも、1点取って欲しかった場面だった。

なかなか噛み合わないものだ。

リリーフ陣は、内が2安打打たれたけれど、無失点に抑えたのは上出来か。

小野晋吾が毎回今日のようなピッチングが出来るかどうかは別にして、105球4安打無失点7奪三振で投げきれる先発ピッチャーが、この時期になって1枚加わった、という事実はめでたいことだろう。

本来、今日は唐川の順番だったのだが、ずらして明日も俊介が予告ということなので、オールスターまでのローテーションもちょっと、予想がつかない感じになってきた。

苦しい9連戦が続く。

オールスター選出はめでたいけれど、角中の当たりに陰りが出ているのも気になるところだ。

非の打ち所のないピッチングだった小野晋吾
ono_20120711.jpg
ono_20120711_2.jpg

まだまだ頼りにしたい、小野晋吾。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<またまたキルフェボンの会 | 日々の雑学 | あまりの敗戦に言葉なし>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。