日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
勝つ気があるのか?
2012年08月01日(水) 22:56
先発投手、零封。先制、中押し、13安打。
しかし、ベンチがアホ過ぎて絶対に勝てない。

9回裏追いついても勝てない。

score_20120801.jpg

首位転落し、万策尽きて、急遽2軍から阿部を上げて、先発。
これは、英断だったと思うし、阿部は5イニングを4安打無失点で投げ切った。
ここで、もう何回書いたかわからないが、今季まだ上野にも勝ち星がついていないが、先発好投、味方が先制。
普通流れを引き寄せられるはずだが、なぜ阿部を交代させてしまうのか?
内竜也もファームに落とし、リリーフは枯渇しているのだ。
多少のリスクはあっても、好投しているんだから、引っ張って欲しい。

6回に出てきたピッチャーは、今マリーンズでは、一番マシな左のリリーフなのかも知れないが、左バッターにボカスカ打たれ、3失点、2死しか取れず。
懲罰降格は、もうやり過ぎているので、まだ使うのかも知れないが、左バッターに打たれまくる左リリーフは使いようがない。
無理をするなら、80球しか投げていない先発の阿部を6回もう1イニング引っ張るか、どうせ、6回途中から大谷がイニングまたぎで、投げるはめになったのだから、最初から大谷に2イニング投げさせれば良い。

カルロス・ロサという投手はもはや終わっていると思うのだが、なぜ使うのか全く理解できない。

4番ホワイトセルが3安打、荻野貴司に今季1号のホームランが出て、ルーキー鈴木大地が9回裏に同点タイムリーを打つ、という、投打に選手が素晴らしい活躍をしても、ベンチの継投策がアホ過ぎて、必敗リレーを繰り出す。

もちろん、13安打とは言っても、6番福浦、7番サブロー、8番今江が、5タコなので、ここら辺も課題ではあるのだが。

阿部和成は昨年の1軍起用の3試合では、いい結果が出ていなかったので、5回零封は彼にとって、歴史的な出来事だ。
今季初先発だし、経験もないし、という温情で、早めの交代だったのだとは思うが。
abe_20120801.jpg

ホワイトセル3安打だが・・・
whitesell_20120801.jpg

そして、荻野貴司に、今季初ホームランも出ているのだが。
oginotakashi_20120801.jpg

こういう活躍が勝利に結びつかないのは、実に悪い状態だ。

もはや首位ファイターズとの1.5ゲーム差よりも、3位ライオンズとの1.0ゲーム差の方が近い。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<ナイスゲーム! まだまだ行ける | 日々の雑学 | ペプシ 塩スイカ Salty Water Melon>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。