日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
先発阿部好投、ホワイトセル2連発、だが勝てない
2012年08月08日(水) 23:59
先発の阿部和成は、前回の当番でも、自身は無失点で5回を投げたのだが、降板後逆転されて、プロ初勝利ならず。

今日は8回まで投げたし、内容も良く、何とかプロ初勝利を付けてやりたかった。
4番ホワイトセルのビックリするような2発連続のホームランが出たけれども、その2点しか取れなかった。

score_20120809.jpg

7回の阿部自身のヘルマンからの被弾は仕方ないとして、何とか逃げ切って欲しかった。

9回の益田もこれ以上良いピッチャーがいないのだから、仕方がないけれども。

11回裏1死満塁のサヨナラのチャンスをものに出来なかったのも苦しい。

先発が7回まで3安打と好投し、4番に2本のホームランが出ても勝てない。
苦しい試合が続く。

阿部和成は、高卒5年目なので、今年の大卒ルーキー、益田、藤岡、中後、大地、そして唐川とも同学年なのだが、前回、今回のピッチングを見ると十分に戦力になってくれると思う。

明日も臨時先発と言って良い大谷の先発。

藤岡は2軍で好投し、もう1試合様子を見るということだが、新外国人のマシス、唐川、俊介、内、中後、荻野忠寛、少しずつでも良いから上がってきて欲しい。

昨日ここで、くそみそに書いてしまった古谷拓哉については、私の具申が採用されたのか、本日登録抹消となったが、左バッターを抑えられないという実績はその前のファイターズ戦で立証済みで、抹消は遅きに失した感もある。
そして替わりに上がってきたのが、服部というのも、非常に寂しいところだ。
服部はどうなのか? 木村雄太や松本幸大よりも良い状態なのか。
吉見を左のリリーフとして使ってみるということは考えられないのか。

私自身は投手打者の左右には、あまりこだわるべきではない、前々から指摘しているので、劣った左ピッチャーを左打者に当てるくらいなら、マシな右ピッチャーの方が良いと思っているので、良い左リリーフがいなければ、リリーフの左など1人もいなくても良いと思っているのだが。

好投した阿部和成には、初勝利を付けてあげたかった
abe_20120809.jpg

そして主砲?ホワイトセルの2打席連続ホームランは今日も2本ともすさまじい当たりだった、そして今日4安打で、なんと!打率が.303まであがった。
whitesell_20120809.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<まさに苦闘の勝利 | 日々の雑学 | 古谷拓哉が左バッターを抑えたところを見たことがあるか?>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。