日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
競り勝つ! 成瀬11勝目
2012年08月10日(金) 23:59
毎日しんどいゲームが続くが、何とか競り勝った。

score_20120810.jpg

成瀬は持病の一発病が出て、2回にT-岡田に2ラン、5回にスケールズに3ランを浴びる。
6イニングを投げて6失点と内容は非常に悪かったのだが、11勝目がついてパ・リーグ、ハーラーダービー単独トップとなった。

打線は、2回に井口の久々のホームラン、3回にサブローのタイムリーが出て、いったん2-2に追いつくのだが、5回表に成瀬が3ランを被弾したときには、今日もちょっとダメかと思ったのだ。

しかし、その裏すぐに、デッドボールの大地、フォアボールの井口、ホワイトセルはレフト前に落ちるヒットで、満塁。
ここで、角中に走者一掃3点タイムリー2ベースが出て、すかさず同点に。

しかし成瀬はまたも失点。
同点に追いつくと失点を2回繰り返せば、普通なら向こうに流れが行くのだが、6回裏、今日スタメンの青野が2安打目、大地フォアボール、井口フォアボールで、またも満塁となると、出ましたホワイトセル。
走者一掃3点タイムリー2ベースで、8-6。

2イニング連続で3点タイムリーが出るとか、久々に痛快な攻撃だ。

7回に中郷にスイッチして1失点するが、8回益田、9回薮田。
益田はピンチを背負うが何とか無失点に切り抜け、薮田は久々に見る気がする3者凡退だった。

返したランナーの多くが四死球のランナーだが、成瀬の6失点もフォアボールのランナーが2人ホームを踏んでいるし、中郷の失点も四球絡みだった。
トータルではバファローズ投手陣の四死球が大きかったわけだが、2度の満塁の好機にきちんと決定打が出たというのはめでたい。

8-7は辛勝だけれども、勝ち方の格好を云々している時期ではない。

新外国人投手のダグ・マシスは、報道では12日の登板というようなことだったが、明日の予告先発が発表された

苦しい台所を助けてくれるのか、期待したい。

ファイターズが負けたので、首位まで1.0ゲームに戻した。
この時期、順位とかゲーム差とか、あまり問題ではないが、とにかく戦力不十分な中で食らいついて行っているのは大きい。
唐川、俊介、藤岡、内、根元、里崎が登録を外れているわけで、よく凌いでいるというべきだろう。
今日ファーストスタメン起用の青野がマルチヒットだったが、青野の複数安打は2007年以来だそうだ。

内容は悪かったけれども、ハーラートップの11勝の成瀬
naruse_20120810.jpg

なかなかチャンスで打てなかった角中が昨日今日と活躍、3点タイムリー2ベース
kakunaka_20120810.jpg

決定打となった、ホワイトセルの3点タイムリー2ベース
whitesell_20120810.jpg

ホワイトセルは気付けば打率も.313に
whitesell_20120810_2.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<ダグ・マシス、だめかも・・・ | 日々の雑学 | まさに苦闘の勝利>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |