日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
コープランド交響曲第3番
2012年08月17日(金) 23:46
アーロン・コープランドという作曲家が好きなのだが、今度のシーズンでコープランドの交響曲第3番を演奏する。
有名な市民のためのファンファーレを第4楽章の冒頭にほとんどまるっと取り込んだ勇壮なシンフォニーだ。

この曲のスコアを手に入れたのはだいぶ前で、1998年のことだ。

この年に後輩の大学オケはワールドツアーに出かけ、

フィリピン
・マニラ フィリピン文化センター
マレーシア
・クアラルンプール プットラー世界貿易センター
シンガポール
・シンガポール ヴィクトリアホール
スペイン
・サンチアゴ・デ・コンポステラ オーディトリオ・デ・ガリシア
・ムルシア オーディトリオ・イ・セントロ・デ・コングレス
・ヘレス テアトロ・ヴィラマルタ
ドイツ連邦共和国(当時)
・ボン     ベートーヴェンハレ
・ノイス スタッドハレ・ノイス
・ポツダム 平和教会
・ベルリン フィルハーモニー
・ニュルンベルク マイスタージンガーハレ
・レーゲンスブルク オーディトリム・マクシマム
・アウグスブルク コングレスハレ
アメリカ合衆国
・ボストン シンフォニーホール
・ワシントンD.C. ケネディセンター
・ニューヨーク カーネギー・ホール
・グラスボロー ウィルソンコンサートホール
日本国
・東京 サントリーホール

という演奏旅行に出かけたのだが、そのときにツアー出かける前に、「何かお土産ほしいですか?」とKK嬢に聞かれ、ヨーロッパのものは自分でも行ってきたこともあって、「
もしアメリカで楽譜屋さんに行くことがあれば、コープランドの交響曲第3番のスコアを買って来て欲しい。代金は払う」、とお願いしたのだ。

アメリカで楽譜屋に寄るヒマがあるかどうか、コープランドの3番のスコアを売っているものか、まったくわからなかったし、冗談半分のようなところもあったのだが、帰国したKK嬢が、「買ってきました」と手渡してくれたのが、このスコアである。

2012-08-17_0005 (2)_R
手書きで書いてあるドル価格を見ると、今ネット輸入で買うよりもだいぶ安い買い物をさせていただいたようだ。
円が高くなっているとはいえ、元のドルの値段が今より相当安い。

結構な厚さで、重たい荷物になったのに申し訳ないことをしたなぁ、と思ったけれども。

そして、そのわざわざアメリカで買って来てくれたスコアを、長年死蔵していたことも申し訳ないことだった。

今回、やっと日の目を見ることになったので、せいぜい恩に報いたい。

スポンサーサイト
別窓 | 菅野よう子 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<三ツ矢サイダー 日本の果実 青森県産王林 | 日々の雑学 | 友人を見舞う>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |