日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
サブロー、人生初のファースト
2012年09月21日(金) 23:31
サブローが、人生初のファースト守備についた。
2001年には一度内野手コンバートされ、セカンドの経験はあるサブローだが、ファーストの守備は初めてである。

守備は無難にこなしたけれども、打つほうも決勝タイムリー含む、マルチヒットと、打撃にも好影響が出たように思う。

今日から足を痛めていたホワイトセルがスタメン復帰したけれども、ホワイトセルの留守の間、ファーストをやっていた大松が極度の不振ということもあり、ホワイトセルをDH、サブローをファーストということにしてみたようだ。

score_20120921.jpg

成瀬は8月10日に勝ってから、5連敗して勝ち星から遠ざかっている。
好投しながら打撃の援護がなかった試合もあったし、成瀬がKOされた試合もあった。
8勝目、9勝目あげるあたりまでは、ハーラートップを争っていたのだが、チームの不振に寄り添って勝ち星から遠ざかる。
持病の一発病も悪化して苦しんでいた。
今日も1回2回は苦戦。

初回裏に角中の同点タイムリー、サブローの逆転タイムリー。

そして、2回は鮮やかだったが、2死走者無しから岡田がセーフティーバント成功。
さらに盗塁成功。
清田のタイムリー2ベースで3点目。

岡田の打撃が最近安定してきており、今日も3打数3安打+送りバント成功。
清田もヒットはこのタイムリーだけだったが、勝負強さと長打が打てるところは魅力だ。

成瀬は3回以降安定し、3・4・5・6回はパーフェクト、7回にスケールズにヒットを打たれたけれども、7イニング投げて3安打1失点。

8回益田は3者凡退。
9回薮田は先頭の李大浩に打たれるが、続くT-岡田、バルディリスを三振に取り、スケールズのファーストゴロでゲームセット。

中押しが欲しかった試合だったが。
3回、5回は先頭バッターがヒットで出塁するが、いずれも併殺。
6回、7回も走者2人を出すが得点出来ず、序盤の3点止まりだった。

サブローは打撃のことを考える余裕がなかった、とインタビューで語っていたが、マルチヒット
saburo_20120921_2.jpg
saburo_20120921.jpg

ファーストミットは、一応自分のをシーズン前に作っておいたそうだが「まさか使うとは思ってなかった」と
saburo_20120921_3.jpg
人生初のファースト守備については苦笑い
saburo_20120921_4.jpg

しかし、相手ピッチャーが右でのファースト先発起用だから、しばらくこの形を試しても良いのではなかろうか。

そもそもホワイトセルはDH前提で獲得した選手だし、大松のコンバートについては、大松の打撃が福浦を上回る保証がない限り、意味がない、とシーズン当初から指摘していた点だ。

2回岡田のバントヒットからの盗塁成功
okadayoshifumi_20120921.jpg
そして、清田の2ベースも良い形だった
kiyota_20120921.jpg

hero_20120921.jpg

雨天振り替えの関係で、このバファローズ戦は今日から月曜日までの4連戦である。
日程はきついが、あと13試合、気力で行ってもらいたい。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<ISUC先生、パート練習でした | 日々の雑学 | 毎日新聞の昭和毎日「昭和の地図」>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |