日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ほぼ絶望に近い3連敗
2012年09月29日(土) 23:06
まだ、あきらめたわけではないですけどね。

でも、札幌での3連戦の0勝2敗1分、今日のバファローズ戦の完封負けは、ムード的にも数字的にも正直難しくなったことは認めざるを得ない。

score_20120926.jpg
score_20120927.jpg
score_20120929.jpg

イーグルスは、今日ホークスとの直接対決に勝って、借金1となったので、貯金4のホークスを捕まえられるかもしれない。
マリーンズは借金4となってしまっている。

ホークスが残り6試合、マリーンズが残り7試合。
もちろん4.0ゲーム差だから、ホークスが全部負けて、マリーンズが全部勝てば、追いつけるのだが、ホークスとの直接対決はもう残っておらず、他力本願であることには変わりはない。

正直な気持ちを言えば、3位に滑り込んでからのCS勝ち上がり、日本シリーズ進出、日本シリーズ制覇は一昨年達成しているわけなので、今季はリーグ制覇を達成してのCS進出を期待していた。
中盤まで首位を走っていたのだから、夢物語ではなかった。

シーズン総括は、全日程を終えてからにするけれども、今日、伊志嶺を1軍登録して、代打で出場させたのを見ても、ベンチもやや目先の勝利よりも、少し来季への布石にウエイトを移して来たか、とも思われる。

そして、ベンチの意向だけでなく、土曜日にも関わらず、わずか10,348人という入場者にもファン心理が現れてしまっているだろう。

今江が7回の守備で、バルディリスの打球を左目の下に当てて負傷し、鈴木大地に交代している。
まさに泣きっ面に蜂、であった。
imae_20120929_3.jpg
imae_20120929_2.jpg
imae_20120929_1.jpg

初回、4回、6回、7回、8回と複数走者を出す場面は再三あったのだが、結局無得点である。
8安打に加え、四死球も5つもらっているのだから、13人の走者を出して無得点ということになる。

見所は5回表の岡田の守備だけだったろうか。
okadayoshifumi_20120929.jpg

最後の一戦まで、残り全部勝つ気概で臨んで欲しいし、そういうつもりで応援するしかない。

それと、ツインズの西岡剛が3年契約の途中破棄を自ら申し出て、退団・自由契約となった。
西岡の獲得にタイガースとマリーンズが名乗りを上げている。
西岡のメジャー挑戦自体については、改めて振り帰りたいと思うが、マリーンズとしては、背番号7を空けたまま待っているということだけでなく、今季シーズン通してショートのレギュラーをつかんだ根元の存在はあるとはいえ、正直、井口のセカンドの守備がきつくなって来ている場面が散見される。

ジョニーも先日解説で井口はそろそろファーストに回った方が良いのではないかと、西岡の件とは関係なく発言触れていたけれども、今季もDHに入って大地が守備に付くこともあった。
井口がメジャーから来る前年は、根元はセカンドのレギュラーを半分くらいつかみかけていたのだから、西岡が戻って来ても、セカンド根元、ショート西岡で、ファーストに井口という布陣で全く問題ない。
大松については、とにかく代打だろうがスタメンだろうが、打率2割を越えてから、初めて論じたいと思う。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<台風の夜 | 日々の雑学 | 今尾恵介 著 「地図で読む日本の昭和」>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。