日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
最終戦終了!
2012年10月09日(火) 23:40
最終戦終わって、西村監督の挨拶を見ていて、なんか気持ちがまとまらないので、今日は簡単に。

まぁ、両軍ともにひどい試合だった。

score_20121009.jpg

16安打打って勝てないというのもおめでたい話だし、今年のマリーンズを象徴しているようなゲームだった。
ファイターズは、リリーフが連打させるというのは、らしくないゲームだったと思うけれど。

クリーンナップの3人が猛打賞だったのだが。。。

成瀬の相変わらずの一発病。
初回、2回3者凡退で立ち上がったのに、3回にいきなりホームラン2本で4失点。
シーズン200イニング登板の記録がかかっていたらしく、6回まで投げさせたけれども、なんともシマラない「エース」様の最終試合だった。

伊志嶺がスタメンで出て、タイムリー含むマルチヒットは、何もないまま今シーズン終わるより良かったのではないだろうか。
それにしても、今日のスタメン、外野は伊志嶺、岡田、荻野貴司の3人で外野を守り、角中をベンチに下げているにも関わらず、清田には守備位置がない。
清田はDHでの起用だ。

清田は来季、守備位置ということを考えると、圧倒的に打ちまくるか、もう少し出場機会を増やすべく、ファーストやサードの練習も少しして置いた方が良い。

どうしても納得がいかないベンチの采配で落としたゲームが、個人的には10試合はあったと思うので、ベンチの責任は重いし、西村さんが辞任するのは仕方ないかな?と思う。

監督としての3年間というよりも、ロッテのユニフォームを52年間の人生の半分以上の31年間着続けて、今日、それを初めて脱ぐのだ、ということの方が、西村さんの試合後の挨拶を見ていて重いものに感じた。

パ・リーグ史上初となる、両打ち打者での首位打者。
内野・外野の両方でゴールデングラブ賞を獲得したパ・リーグ唯一の記録。
オリオンズ・マリーンズ通じての31年間のユニフォーム、お疲れ様。

nishimura_geneki_2.jpg

来季誰がやるにせよ、薮田はストッパーとしては、もう賞味期限切れという前提で、補強なり配置転換を考えて欲しい。
益田への過度の期待も禁物だ。
このまま益田がストッパーに横滑りするのが一番良いけれど、慎重に状態を見極めて欲しい。

最終試合終了後の両軍の応援エールの交換というのは、例のゴタゴタがあったとき以外は基本的にいつもやっていると思うのだが、マリーンズファンによるファイターズ・チャンステーマ大合唱と、西村監督を初めとするコーチ選手がグラウンドを一周するときの、レフトスタンドのファイターズファンからの暖かい拍手が印象的であった。

伊志嶺の打点は4月以来
ishimine_20121009.jpg

お疲れ様でした
nishimura_20121009.jpg

62勝67敗15分の5位で全日程終了
marines_20121009.jpg
marines_20121009_2.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<今季の収穫 【コンプガチャの惨状】 | 日々の雑学 | 監督解任報道を受けて>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |