日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
角中勝也、侍ジャパンに選出
2012年11月06日(火) 22:35
来年春のワールド・ベースボール・クラシックに向けての練習試合という位置づけなのか、色々とドタバタした日本代表「侍ジャパン」だが、今月11月16日、18日にキューバ戦が開催され、今日メンバー発表があった。

マリーンズからは、国際試合初経験の角中勝也が選ばれて、今日の記者会見にもド緊張の面持ちで出席。

samurai_80.jpg

しかしメジャー組が出ないのは仕方がないとして、沢村賞候補となったセ・パの両リーグエースであるマエケン、攝津も選ばれず、パ・リーグ最優秀防御率投手吉川も、最多奪三振の田中将大も選ばれず。
セ・リーグ最多勝投手の内海も選外。

ダルビッシュ云々とかいう以前の問題だろう。
パ・リーグ覇者ファイターズから投手1人を選ぶとして、それが今季1軍半だった斎藤佑樹というのでは、勝つにしろ負けるにしろ、日本代表と呼ぶのも恥ずかしい気がするのだが。
今回のキューバ戦だけを考えれば、2戦しかないのだから、セットアッパーをもっと起用しても良いとも思う。

野手でもパ・リーグ最多安打の内川も選ばれていない。
去就が不明なナカジとかは、まあいいけれども。

山本浩二監督は「若手中心に・・・」とコメントしているが、ベイスターズの荒波とか、ファイターズの増井とかは選ばれても良いのではないか、という気もした。

それでも野手は一応恥ずかしくないメンバーだが、投手はシーズン通して1軍にいられなかった選手も混じり、ちょっと来春の本戦をにらんだ、ガチの「日本代表」という人選には程遠い気がする。

角中選手コメント
「まだ本戦ではないですが、日本代表に選んでいただき大変光栄に思っています。日の丸を背負って戦うのは初めてなので今から緊張しています。一流プレイヤーが集まり、身近でプレーを勉強できるチャンスでもあるので、何かをモノにして自分にプラスになるように頑張ります」


緊張の角中勝也
kakunaka_20121106_2.jpg

代表のユニフォームを披露する、沢村、角中、本多
kakunaka_20121106_4.jpg
kakunaka_20121106_3.jpg
沢村はジャイアンツでは付けられない沢村栄治の背番号を背負う。

No. 投 手
11 山口 俊  YB
14 澤村 拓一 G
15 村中 恭兵 S
16 加賀 繁  YB
17 大竹 寛  C
18 涌井 秀章 L
19 森福 允彦 H
20 筒井 和也 T
21 斎藤 佑樹 F
22 大野 雄大 D
24 今村 猛  C
28 大隣 憲司 H
35 西村 健太朗 G

 捕 手
10 阿部 慎之助 G
27 炭谷 銀仁朗 L
37 嶋 基宏 E
52 中村 悠平 S

 内野手
3 井端 弘和 D
5 松田 宣浩 H
6 坂本 勇人 G
13 堂林 翔太 C
25 筒香 嘉智 YB
46 本多 雄一 H

 外野手
1 糸井 嘉男 F
7 長野 久義 G
8 大島 洋平 D
9 秋山 翔吾 L
55 T-岡田 Bs
61 角中 勝也 M

正直今までの2回優勝は運もあり、出来すぎという気がしているので、過剰な期待はしていないのだが、今回はすったもんだの末、出場することになったのだから、見ている方もプレイする方も、実力を出してやり切った感が感じられるWBCを期待したい。

ヴェネズエラとか、本気でメジャーリーガーを出して来たら、恐ろしいことになるし、韓国ばかりでなく、台湾も恐ろしいし、オーストラリア出身選手のメジャーでの活躍も目につく昨今である。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<コーチ陣出揃う | 日々の雑学 | 西岡剛と交渉>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。