日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
Ailee(エイリー) First mini Album 「Invitation」
2012年11月08日(木) 23:39

Ailee 1st Mini Album - Invitation (韓国盤)Ailee 1st Mini Album - Invitation (韓国盤)
(2012/10/25)
Ailee(エイリー)

商品詳細を見る


いまだに日本語版のWikiに韓国の新人歌手Aileeエイリーの項目が出来ていないだが、以前ここのブログでも触れたように、Aileeは期待の大型新人である。

どういう形で、どういう曲でデビューするのか、注目していたのだが、デジタルデビューはしていたが、やっと最初のパッケージメディアが出た。

韓国のショップが送料無料で安かったので、頼んでいたのだが、10/31に出荷した、というメールが来て、到着したのは昨日11/7だ。
Air Mailで送られた郵便小包だが、韓国から1週間かかっているのでは困る。
まあ、とりあえず、無事に届いたので良いけれども。

期待が大きかった分、今回のアルバムは「微妙」と言わざるを得ない。

韓国KBSの「不朽の名曲Ⅱ」に出演して見せているパフォーマンスのレベルからすると、もっともっとポテンシャルのあるシンガーであると思う。

「不朽の名曲」という番組は、韓国歌謡界の「伝説」とされる名歌手・名作曲家の曲を若手の歌手がカバーして、ご本人の前で歌い、会場の観客の投票で、毎週優勝を決めて行く番組なのだが、この番組にAileeが登場してきて以来、ちょっと度肝を抜かれていたのである。

日本向けにマーケティングするなら、韓国歌謡界の日本では知られていない名曲をカバーしたアルバムを歌った方がいいのではないか、という気さえしてしまう。

今回のアルバム収録楽曲は、Aileeの持つ魅力とポテンシャルを出し切ったものになっているとは言いがたい気がしている。
パッケージのコンセプト、使われている写真のメイクや表情も、ちょっと私の持つAileeの良さのイメージと食い違うものであった。

プロデュース次第という気がするので、今後が期待されるけれど、その分心配でもある。





楽曲次第、と思うのは、例えばビヨンセのカバー

や、

ホイットニー・ヒューストンのカバーを歌っているAileeを見ると、

もっともっと、魅力が引き出せるはずだ、という気がして仕方がないのである。

「不朽の名曲Ⅱ」の番組でのAileeエイリーはこんな感じだ。




若干フラットする傾向はあるけれど、ステージングと思い切りの良さは新人離れしている。

もっともっと期待したいのである。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<西岡剛、阪神タイガースと交渉 | 日々の雑学 | コーチ陣出揃う>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |