日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
西岡剛、阪神タイガースと交渉
2012年11月09日(金) 22:26
今日のタイガースとの交渉で「今日にも阪神西岡誕生」という報道が各スポーツ紙でされていて、「事実上阪神入りは確実」という書き方が各社に見られたのだが、ちょっと風向きが違うようだ。

今日の交渉を終えた西岡は、
「マスコミが先に先に書くことで、戸惑っているところもある。書かれていることが、『えっ』と思わせることもあるかもしれないですよ」

(産経ニュースより)

中村勝広GMは、
対して、直接出馬した中村GMの表情は硬かった。「最大限の誠意を見せた。手応え? 何ともいえませんね」
とロッテフロントのコメント以上にテンションが下がり気味。

加えて、ロッテ、オリックス以外にも複数球団と交渉していたことが判明した。今後は代理人を通じた話し合いとなるとのことで、11月いっぱいに決めるとのことだ。

西岡は
「どういう役目で西岡剛を必要としているかを重視している」と、決定要素が金銭条件でないことを強調している。
(毎日新聞)
とも述べており、鳥谷の去就が不明なタイガースに必ずしも全面的な魅力を感じていないのかもしれない。

タイガースは西岡、西岡と騒いでいるが、冷静に考えれば、私は個人的には西岡より鳥谷の方が色々な面で優れた選手であると思っている。
タイガースが鳥谷の引き止めにどれぐらいの誠意を見せているのかわからないけれど、これだけ目の前で西岡、西岡とGMやフロントがはしゃいだら、鳥谷はどういう気持ちでこれを眺めているのだろうか、と思ってしまう。
鳥谷からしてみれば「出て行ってもらって結構です」と言われているようなものだろう。

鳥谷がFAを行使して、アメリカで結局入団先が見つからず、ロッテ入りというのが、面白いのは面白い。

今日の西岡
tsuyoshi_20121109.jpg
tsuyoshi_20121109_2.jpg

ところで徳澤さんの方との交渉はどうなっているのだろうか?
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<名曲紹介 ルロイ・アンダーソン「ピアノ協奏曲」 | 日々の雑学 | Ailee(エイリー) First mini Album 「Invitation」>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |