日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
ドラフト3巡目田村龍弘と契約
2012年11月15日(木) 23:41
高校生捕手の指名となったドラフト3巡目、田村龍弘と契約が完了したようだ。

背番号は「45」になる予定とのこと。
戦力外になった松本幸大が付けていた番号だ。

田村くんは捕手の経験は3年生の1年ほどで、それまでは内野をやっていたりしたので、打撃力を期待しての指名ではあるのだが、伊東監督も捕手として育てたい、という意向のようで、こういうタイプの選手は早々に「得意の打撃に専念」という理由でコンバートされてしまうのだが、そこが昨今の「打てる捕手」不足に繋がっているように思う。

阿部慎之助を除けば、12球団で皆無と言ってよい、打てる捕手。

メジャーではクリーンナップに捕手が入っているチームは決して珍しくない。

アマチュア野球の時代から、打撃センスの良い子は、インサイドワークとか負担のかかる捕手から外してしまい、さらにプロ野球でも少々打てると、DHや、ファースト、外野へのコンバート、という流れになってしまった結果、打てる捕手が払底してしまっているのだと思う。

田村くんには、どうか素材としての長打力を生かしつつ、名捕手伊藤監督との出会いを生かして、捕手としても大成してもらいたい。

tamura_20121115.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<侍ジャパン初戦は無四球完封リレー | 日々の雑学 | 明治神宮野球大会 桐蔭横浜大学優勝!>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |