日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
Secret「POISON」
2012年11月26日(月) 22:42
Secretが韓国で3つめのミニアルバム「POISON」を出したのは9月のことなので、だいぶ前になるが、最近もリード曲「POISON」のミュージックビデオを見る機会が多い。

日本向けシングルだった「TWINKLE TWINKLE」は思いっきり、日本風アイドル楽曲作風に振った曲だったけれど、「POISON」は全く方向性は違うが、なかなか良曲になっていると思う。


Secret 3rd Mini Album - Poison(韓国盤)Secret 3rd Mini Album - Poison(韓国盤)
(2012/09/25)
Secret (シークレット)

商品詳細を見る


Secretはデビュー以来、なんだかんだで曲に恵まれて来ている印象がある。

演者の魅力、実力、努力とは別次元の問題で、タイミング良く楽曲に恵まれるかどうか、というのは非常に大きな問題だ。

過去の日本のアイドル史を振り返っても、松田聖子、ピンクレディ、キャンディーズ。
ものすごいペースでシングルのヒット曲を連発し、今なお歌い続けられているというのは、演者の魅力、力もさることながら、都倉俊一、森田公一、穂口雄右、呉田軽穂こと松任谷由実などの提供した曲と、阿久悠、松本隆、伝説とも言える作詞家千家和也、などの作詞家たちによる楽曲が、演者が坂を駆け上がっていくときに、スパスパっとハマって行ったからこそ出来上がった歴史でもある。

そんなことも思いながらSecretの「POISON」を聞いている。


secret_poison.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<映画「のぼうの城」を見る | 日々の雑学 | ファン感謝デー & G.G.佐藤合格>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |