日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
大谷翔平くんについて
2012年12月10日(月) 22:44
花巻東高校の大谷翔平くんのファイターズ入団については、ここまでの経緯については、いろんな人がいろんなことを言っているので、改めてほじくり返すのもつまらない。

ただ、ファイターズは2年連続でドラフト1巡目でビッグ・チャレンジをした、ということは大したことだ、と思う。
悔しがったり怒ったりしている他チームの関係者がいるけれども、自分にも権利はあったのに行使する勇気がなかっただけである。
負け犬が声高に遠吠えしているに過ぎず、吼えれば吼えるほど恥ずかしい話だ。

むしろ、私が大谷くんとファイターズの真価を厳しく興味深く見極めたいと思っているのは、「投打両刀の育成」、という「マニフェスト」に関してだ。

ホントにやるんだろうな?、できるんだろうな?、チームメイトやコーチの理解は得られるのか?
目に見える成果は出るのか?
ということに興味がある。

もはや川上哲治の時代ではない。

中田翔も入団前はどっちで育てるのか?と言われていたし、陽耀勲もアマ時代は投打両刀だった。
金田正一も鈴木啓示も星野仙一も堀内恒夫も名投手はみな打撃もすごかったけれども、やはり余技は余技だったろう。

果たして本当の意味の「両刀」をどこまで完遂できるのか?
使い物になったとして、DH制のあるパ・リーグで、DHを解除して使うのか?
ホントに打撃がすごかったら、非登板日もファーストやDHでスタメンで打席に立つのか?

ソフトボールではDHは「任意の選手に替わって」打席に立つことが認められているが、野球のDHは「投手に替わって」しか起用できない。

もちろん「4番ピッチャー大谷」というようなことがあり得るとは思っていないが、例えば「7番ピッチャー大谷」DH解除(=ホフパワーとかより打てるという期待値)、というようなことが実現したなら、これは面白いなぁ、と思うのである。

個人的には、大谷くんがメジャーで活躍することよりも、ファイターズがDH解除の打線を組むことを想像する方がよっぽどワクワクする。

背番号「11」、メジャー入りまでの「踏み台」に、投打両刀育成、と、心地意良い選挙公約はたくさん並べたけれども、ファイターズ指導陣と大谷くん本人のお手並み拝見という感じだ。

減税と社会保障充実両方やります、と言っているわけだから、見せてもらおうじゃないか、と少々意地悪な気持ちで見ているのだが、消費増税も回避して、景気も良くなって、原発も辞められたら、メデタイ話じゃないか。

どこまでやり切れるのか、「結果」を楽しみに見たいと思っている。

所詮、無理だろう、という風に見ているわけではない。
大谷翔平くんならあるいは出来るのではないか、と思えるので、実現したら面白いな、と思っているのだ。

そういう含みも持たせて、「お手並み拝見」であると同時に、「ようこそ、パシフィック・リーグへ!」という気持ちだ。

ohtani_f_20121210.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
<<第3回早稲田大学交響楽団創立100周年記念演奏会 | 日々の雑学 | Wオケ打楽器OBOG突発忘年会でした>>
この記事へのコメント
わたし的にはこれで(今ははっきり言って人気先行の)佑ちゃんと
中田翔が奮起してくれることの方に期待したいですね。そろそろ
年齢的にもちゃんとチームを引っ張ってくれないと稲葉や金子が
安心して引退できないよ〜v-8
2012年12月11日(火) 10:19 | URL | 某ファイターズファン #-[ 内容変更]

↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |