日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
菅野よう子、紅白歌合戦ゲスト審査員に
2012年12月24日(月) 22:02
菅野さんの音楽プロデューサー氏と10年以上前だが、縁があって話をしたときには、菅野よう子さんのテレビやメディアへの出演オファーはたくさんあるけれど、基本的に断っている、と言われたことがある。

菅野よう子の考え方として、劇伴作曲家はあくまで作品の裏方なので、裏方が顔を表に出して何かをしゃべったりするのは、ちょっと違う気がする、ということだった。
なかなか雑誌などのインタビューも含め、メディアへの露出は知名度に比べて非常に少なかった。

今日、紅白歌合戦のゲスト審査員が発表になった

五十音順で
綾瀬はるか
入江陵介
尾木直樹
桂文枝
菅野よう子
樹木希林
澤穂希
中村勘九郎
日馬富士公平
吉田沙保里

ということで、昨年の紅白歌合戦のオープニング曲「1231」、梅ちゃん先生主題歌「さかさまの空」、NHKの東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」でのNHKへの貢献度が評価されてか、我らが菅野よう子さんが選ばれた。

昨年の紅白歌合戦でオープニングテーマ「1231」を作曲したのに加え、今年は紅組司会が堀北真希ということもあり、企画ゲストで登場する高橋克実、南果歩、松坂桃李とともに「梅ちゃんファミリー」の一員という位置づけもあるのだろう。
そして復興ソングの「花は咲く」のネタもNHK的には、まだまだ引っ張り続けないといけない、という思惑もあろうかと思われる。

そんな流れもあっての審査員起用だと思われるが、個人的にはこれをきっかけに、菅野さんの本領である劇伴での起用がNHKでもっと増えないかなぁ、と思っている。

NHKスペシャル「中国 12億人の改革解放」のテーマ曲以来、なかなかNHKで本業でのお仕事の機会がなかったので、ドキュメンタリーでもドラマでも何でも良いので、少しでも多くの菅野サウンドが誕生すればと思っている。

1994年の曲だから大昔である



kannoyoko_20120308.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 菅野よう子 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<miwaちゃんもいいよね | 日々の雑学 | 大船渡からクリスマスプレゼント到来!>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。