日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
おすすめの教則本
2013年02月15日(金) 23:57
日本ではソウル・グッドマン先生のものほど、一般的ではないのだが、リヒャルト・ホッホライナー先生の教則本もおすすめだ。

ウィーン式Paukenであるから、ティンパニの配置はウィーン式を前提にされているけれども、アメリカ式でプレイされている方にも全く問題ないと思う。

グッドマン先生の教則本と比べて、何が良いかというと、格段に練習曲が「面白い」のである。
曲として良く出来ているので、さらっていて楽しい。

Amazon.deでは入手可能だが、田原町には在庫があるのではなかろうか?

hochrainer_vol1.jpg

小太鼓曲集もお薦めである。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<紅白戦はベテラン健在 | 日々の雑学 | 吉村昭 著「海の史劇」>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。